オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
グラスホッパー・マニファクチュアがMobageに参入。TGS前夜祭「GRASSHOPPER 1st COLLECTION」の模様をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/09/15 02:14

ニュース

グラスホッパー・マニファクチュアがMobageに参入。TGS前夜祭「GRASSHOPPER 1st COLLECTION」の模様をレポート

 グラスホッパー・マニファクチュア(以下,GhM)は9月14日,同社が手掛けるタイトルを披露するイベント「GRASSHOPPER 1st COLLECTION」を,六本木のダイニングバーOPERAで開催した。

 これはGhMが,国内外のパブリッシャーやデベロッパ,メディアなどを招待し,最新作を紹介するというイベントで,スタートとともにステージに上がったのは,もちろんGhMのCEO須田剛一氏だ。「東京ゲームショウの前日のお忙しいこのタイミングに,スケジュールを割いていただいたみなさんに感謝いたします! これから弊社が発売する8つのタイトルをここで紹介しますが,本当はみなさんにお酒とお食事を楽しんでいただくのがこのイベントの目的なんです。ぜひ楽しんでいってください」と挨拶した。


「僕はパーティは“ゴールド”だと思っています。プレスのみなさん,ぜひ僕が履いている金の靴の写真を撮っていってください(笑)」と,足元を見せる須田氏
シャドウ オブ ザ ダムド シャドウ オブ ザ ダムド

 ここからはGhMが近日中にリリース予定のタイトルラインナップが映像とともに紹介された。それらを順に紹介していこう。


シャドウ オブ ザ ダムド(PS3/Xbox 360

会場にも試遊台が用意されたシャドウ オブ ザ ダムド。変形する武器であり,相棒でもある髑髏ジョンソンの存在が面白い
シャドウ オブ ザ ダムド
 9月22日にエレクトロニック・アーツより発売される,PS3/Xbox 360タイトル。クリエイティブプロデューサーに三上真司氏を迎え,須田氏がシナリオを担当,そしてサウンドは山岡 晃氏が手掛ける,アクションアドベンチャーだ。北米版は発売済みだが,日本版では浅野忠信さん,栗山千明さん,我修院達也さんといった豪華キャストが吹き替えを行っている。東京ゲームショウ2011ではセガブース内のエレクトロニック・アーツコーナーに試遊台が展示され,9月18日の13時20分よりセガブースのイベントステージで須田氏と山岡氏,そしてゲストに浅野忠信さんと我修院達也さんを迎えたトークイベントが開催される予定だ。

「シャドウ オブ ザ ダムド」公式サイト



ヱヴァンゲリヲン新劇場版-サウンドインパクト-(PSP)


ヱヴァンゲリヲン新劇場版の名シーンやサウンドを体感できるリズムアクションゲームだ。GhMが手掛けるキャラクターゲームというのも興味深い
シャドウ オブ ザ ダムド
 映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」及び「破」の世界を目と指と耳で体感できるリズムアクションゲーム。9月29日にバンダイナムコゲームスより発売される予定で,プラットフォームはPSPだ。30曲以上の音楽をバックにリズムアクションが楽しめる。なお,現在PSP版とほぼ同じ内容のiPhone版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版-サウンドインパクト-Lite」が,iTunes Storeで配信中だ。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版-サウンドインパクト-」公式サイト



LOLLIPOP CHAINSAW(PS3/Xbox 360


チアリーダーがゾンビを笑顔で倒していくという凄まじいセンスに注目。TGSでも注目が集まりそうな1本だ
シャドウ オブ ザ ダムド
 GhMと角川ゲームスがタッグを組んで,2012年にPS3及びXbox 360でリリース予定のタイトル。チェーンソーを持った美少女(チアガール)がゾンビを倒していくという,ポップでキュートな新感覚のゾンビアクションだ。東京ゲームショウ2011では,ソニー・コンピュータエンタテインメントのブースで映像出展,マイクロソフトブースでは映像とともにプレイアブル出展される予定となっている。

「LOLLIPOP CHAINSAW」公式サイト



SINE MORA(シネモラ)(PS3/Xbox 360


イベント開場ではトレイラー映像が公開されただけだったが,TGS会期中のGhMのプレゼンでは試遊台も用意されるとのこと
シャドウ オブ ザ ダムド
 今回のイベントで国内初お披露目となる,横スクロールタイプの弾幕系シューティングゲーム。ハンガリーのデジタル・リアリティが開発を担当し,GhMはステージデザインとサウンドを手掛けており,コアなゲームファンからカジュアルゲーマーまで楽しめるという。
 PlayStation Network 及びXbox LIVE アーケードで配信予定だが,リリース日や価格などはまだ未定。東京ゲームショウ2011での一般展示はないが,9月18日に幕張のホテルで行われるGhMのプレゼンテーションで内容などが公開される。その模様は4Gamerでもお伝えする予定だ。


ブラック・ナイト・ソード(PS3/Xbox 360


 PlayStation Network とXbox LIVE アーケードで配信予定のアクションゲームだ。プレイヤーは黒の騎士“ブラックナイト”となり,剣の精“ブラック・ヘレボルス”とともに,不思議な世界へと足を踏み入れていく。多彩なステージギミックや謎をクリアしながら,悪の姫君の住む城を目指す,正統派の横スクロールアクションゲームとなっている。
 絵本のようなアーティスティックな世界観と,生オケ劇場風のサウンドと演出,そしてブラック・ヘレボルスを実体化させて解き明かすステージギミックなどが見どころだ。東京ゲームショウ2011ではSINE MORA同様にプレゼンテーションが行われる。

シャドウ オブ ザ ダムド
SINE MORA及びブラック・ナイト・ソードでGhMとビジネスパートナーを組むデジタル・リアリティのCEO アンドラス・ペラー氏。「このような機会に作品を発表できてとても嬉しい」とコメントした
シャドウ オブ ザ ダムド
影絵のような美しいグラフィックスで展開されるアクションゲームだ。さまざまな仕掛けを解いていくのが面白そう


SUDA51'S SDATCHER


シャドウ オブ ザ ダムド
スクリーンで設定画が公開となったSUDA51'S SDATCHER。小島監督の公式ブログ「HIDEBLOG」で配信中だ
 KONAMIの小島秀夫監督の公式Webラジオ「ヒデラジ」の配信300回記念として制作されるラジオドラマがこの「SUDA51'S SDATCHER(スダッチャー)」だ。小島監督の名作「SNATCHHER(スナッチャー)」をリスペクトし,須田氏が手掛けたオリジナルシナリオに豪華声優陣を迎え,サウンドは山岡晃氏が担当する。SNATCHHERの舞台となったネオ・コウベシティの前日を描いた全7話のオリジナル作品となっている。


 続いてGhMの新事業が,同社COOのデラトロベ・ヘンリー氏より発表された。同社があらゆるプラットフォームでゲームを提供するためのプロジェクトとして,ディー・エヌ・エーが運営する「Mobage」に参入し,2011年冬よりスマートフォン向けのソーシャルゲーム「FROG MINUTES for モバゲー(仮称)」「人間 vs. ゾンビ(仮称)」「エイリアンバスターズ」の3タイトルをリリースする予定だ。


シャドウ オブ ザ ダムド
COOヘンリー氏(写真左)とディー・エヌ・エーの取締役である小林賢治氏。小林氏は「GhMさんとMobageが提携することでグローバル展開を推進して,日本のメーカーがスマートフォンの市場を席巻していきたいと考えています」とコメントした
シャドウ オブ ザ ダムド
GhMの山岡 晃氏(写真右)「モバイルのソーシャルゲームをグローバルに評価いただけるものをみなさんに早くご提供できるよう,私達もがんばってまいりますので,ぜひよろしくお願いします」と挨拶し,3人で握手をかわした

 イベントの最後に発表されたのが,「DIABOLICAL Pitch」(ディアボリカル ピッチ)だ。Xbox 360のKinectに対応したピッチングアクションゲームで,元プロ野球のピッチャーが廃墟と化した夜の遊園地を舞台に,迫りくる敵を倒していくというゲームだ。もちろん元ピッチャーなだけに,モノを投げて戦っていくのだ。なお,本作も東京ゲームショウ2011のマイクロソフトブースに出展される。

会場にもプレイアブル出展されたDIABOLICAL Pitch。ピッチングだけでなく,キックなども交えて戦える
シャドウ オブ ザ ダムド シャドウ オブ ザ ダムド

 以上をもって「GRASSHOPPER 1st COLLECTION」のプログラムはすべて終了となり,以降会場ではカクテルパーティが開催され,来場者同士が談笑する場として解放された。ここで紹介されたいくつかのゲームは,上記でも触れたとおり15日からの東京ゲームショウでも公開される。さらに詳しい情報をお伝えする予定なのでお楽しみに。

シャドウ オブ ザ ダムド
マイクロソフトスタジオズジャパンのスタジオマネージャー,リチャード・ニューマン氏は「須田さんと組んでこのようなゲームが作れて嬉しく思う」と,DIABOLICAL Pitchについてコメント
会場には,TGSのために来日した海外のゲーム関係者が多く招待されていた
  • 関連タイトル:

    シャドウ オブ ザ ダムド

  • 関連タイトル:

    シャドウ オブ ザ ダムド

  • 関連タイトル:

    ヱヴァンゲリヲン新劇場版-サウンドインパクト-

  • 関連タイトル:

    LOLLIPOP CHAINSAW

  • 関連タイトル:

    LOLLIPOP CHAINSAW

  • 関連タイトル:

    SINE MORA(シネモラ)(仮称)

  • 関連タイトル:

    Sine Mora

  • 関連タイトル:

    Black Knight Sword

  • 関連タイトル:

    Black Knight Sword

  • 関連タイトル:

    Diabolical Pitch

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月15日〜09月16日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月