オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
World of Tanks公式サイトへ
  • Wargaming.net
  • 発売日:2011/04/12
  • 価格:基本プレイ無料
読者の評価
81
投稿数:76
レビューを投稿する
準備中
World of Tanks
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Taipei Game Show 2014」が台北市で開催。初日の模様を写真中心にレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/01/24 17:31

イベント

「Taipei Game Show 2014」が台北市で開催。初日の模様を写真中心にレポート

 2014年1月23日〜27日,台北市のTaipei World Trade Centerで台湾最大のゲームショウ,「Taipei Game Show 2014」(以下,Taipei Game Show)が開催されている。その模様を,まずは写真を中心にお伝えしたい。
 ちなみに筆者は基本的にTaipei Game Showに出展しているWargaming.netのブースおよびイベント取材を目的としているので,どうしても同社ブースの写真が多いことはご了解いただきたい。

どう見てもマインクラフトの画面写真だが,これが会場となるTaipei World Trade Center
World of Tanks

「Taipei Game Show 2014」公式サイト



Taipei Game Show,ここが見どころ


会場は吹き抜け構造になっている
World of Tanks
 Taipei Game Showは台湾最大のゲームショウだ。来場者数や出展者数を単純に比較すれば,東京ゲームショウよりもコンパクトだが,イベント会場自体は相当広いという印象。
 出展ブースとして目立つのは,やはりPlayStation 4を擁するSony Computer Entertainment(正確にはSCET=Sony Computer Entertainment Taiwan)で,それ以外では,大量の試遊台と大型ステージを設置したWargaming,e-SportsのGarena,そしてモバイルゲーム「神魔之塔」を大ヒットをさせたMad Headというところだろうか。

イベントが終わり,会場がまもなく閉鎖されるという時間になっても,「神魔之塔」ブースはこの盛り上がり
World of Tanks
World of Tanks
台湾で大人気「神魔之塔」の画面
World of Tanks
「神魔之塔」のグッズ展開

 とくにMad Headのブースは,もはやブースというよりもイベントスペースとでも言うべき広さで,対戦イベントやステージイベントで終日盛り上がっていた。ゲーム内クレジットがもらえるというインセンティブもあったにせよ,試遊台は長蛇の列で,台湾における「神魔之塔」,ひいてはモバイルゲーム人気の強さを感じさせるものだった。

終了時間が迫り,この頃には入場ができなくなっていた。それでも試遊台には行列
World of Tanks

 SCEブースで目立っていたのは,もちろんPlayStation 4だ。台湾では2013年末に発売されたばかりであり,多くのユーザーの関心を集めていた。またPS3,PS Vita,PS Vita TVの試遊台も多数設置されており,こちらも活況だ。

PC版の試遊台スペースは2か所あって,どちらもかなり広い
World of Tanks

Xbox 360版「World of Tanks」の試遊台。かなりの人気
World of Tanks
 Wargamingブースの試遊台では,PCおよびXbox 360版の「World of Tanks」がプレイできたが,個人的に最も目を引かれたのは,タブレットでプレイできる「World of Tanks Blitz」だった。これについてはのちほど,開発者インタビューを含めて詳しくレポートしたい。ともあれ実際にプレイしてみた感触は文字どおり「タブレットで遊べるWoT」だった。
 操作系に少しクセがある(バーチャルパッド特有の感覚)こと,ローディングに時間がかかりがちなことは多少ひっかかったが,WoTファンならば期待すべきタイトルだ。また,「WoTには興味はあったけど,正直,いまさらディスプレイの前に座ってゲームとかあり得ないんで……」という人にとっても,Blitzは良いチャンスになるだろう。

Wargamingのブースでは「戦車レゴ」の展示も。右は日本の90式
World of Tanks World of Tanks
「World of Tanks Blitz」の画面。これがタブレットでプレイできる。拡張パーツなどのギミックが実装されているのも分かる
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
Wargamingが用意したノベルティグッズ。これは……傘?
World of Tanks
小さな子もWoTを熱心にプレイ。母親がうしろで見守っていた
Taipei Game Show限定でWargamingが配布しているノベルティグッズの数々。この青いTシャツは日本でも欲しい人が多いはず
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks World of Tanks

 ちなみに,Taipei Game Showで行われる「World of Tanks」のイベント,「Tank Master Asia」の決勝戦が映像配信サイトTwitchでネット中継されるという連絡を現地で受けた。開始時間は台湾時間で1月25日15:00(日本では同16:00)とのこと。トップクラスの戦車乗りがどのような戦いを繰り広げるのか興味のある人は,以下のリンクからチェックしてみよう。

Twitch「World of Tanks: Season 2, Playoffs」



 さて,会場を回って感じたTaipei Game Show全体の印象は,以下の3点だ。

・据え置き機がまだ強い
 e-Sportsを含め,PCやコンシューマ機でガッツリゲームをプレイする,という文化は依然として根強い。

・モバイルゲーム躍進中
 そうはいっても,「神魔之塔」を始めとして,モバイルゲームのブースも増えたとのこと。実際,「神魔之塔」ブースに詰めかけた人波を考えると「台湾にモバイルゲームのブームが来ている」という観測は否定しがたい。

・e-Sportsが強い
 これには,台湾における「ほかのプレイヤーと対戦する」というゲームスタイルの強さを感じる。e-Sportsに限らず,一見してカジュアルな雰囲気なのに,よく見ると対戦系のゲームだったというケースもある。「神魔之塔」でも,対戦イベントが非常に盛り上がっていたのが印象的だった。

・ゴハンがおいしい
 食事は大変おいしい。だがこれは,ゲームともTaipei Game Showとも直接関係ないうえに,4点めだった。

こちらは「猟命師」なるゲームのステージイベント
World of Tanks World of Tanks
会場ではパッケージゲームの販売も行われていた。日本ではなかなか見なくなった規模の巨大ワゴンセール
World of Tanks
World of Tanks
DOTA系の新作。対戦型ゲームの人気は高い
World of Tanks
見たことがあるタイトルもちらほら
Logitechブースでは「League of Legends」の対戦が行われていた
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
Taipei Game Showの公式マスコット。これはキモ……いや,カワイイ
World of Tanks
軍のブースもあった。新兵のリクルートを行っているとのこと


台湾旅行をプランするなら


会場近くにある「台北101」。タイトル通りの101階建てで,建造当時は世界で最も高いビルだった。実際高い
World of Tanks
 台湾は,日本から飛行機で4時間。旅行先としても人気のスポットだ。
 Taipei Game Showは,それを主目的として出かけるには,東京ゲームショウクラスが「当たり前」の日本人にとっては,ちょっと力不足かもしれない。だが台湾旅行のプランの一部として組み込むのであれば,ゲーマーにとっては非常に良い選択肢になるだろう。

 「海外旅行でゲームかよ!」と言われそうだが,せっかくの海外旅行だからこそゲームイベントに行く,それがゲーマーというものだ,たぶん。今年はさすがに間に合わないだろうが,来年以降,検討してみてはいかがだろうか。

World of Tanks World of Tanks

「Taipei Game Show 2014」公式サイト

  • 関連タイトル:

    World of Tanks

  • 関連タイトル:

    World of Tanks: Xbox 360 Edition

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Generals

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Blitz

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Blitz

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月17日〜02月18日