オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
コール オブ デューティ ブラックオプス公式サイトへ
読者の評価
68
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[Gamescom]大作を並べたActivision Blizzardのブースで,「Call of Duty: Black Ops」のプレイシーンが一般向けに初公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/08/19 14:21

ニュース

[Gamescom]大作を並べたActivision Blizzardのブースで,「Call of Duty: Black Ops」のプレイシーンが一般向けに初公開

コール オブ デューティ ブラックオプス
 Activision Blizzard傘下のパブリッシャ,Activisonが欧米で2010年11月9日の発売を予定している,「Call of Duty: Black Ops」PC/PlayStation 3/Xbox 360,邦題「コール オブ デューティ ブラックオプス」)だが,もちろんGamescomでも最も注目されるタイトルの一つとして,Activision Blizzardのブースで多数の来場者を集めている。今回も,2009年のGamescomに引き続き,実際にプレイしているシーンを巨大スクリーンで見せるという趣向だが,ブース内に設けられたシアターの周囲は高い壁ですっかり覆われており,内部は撮影禁止。2008年に発売された「Call of Duty: World at War」PC/PlayStation 3/Xbox 360)のときは,プレイアブルデモを展示していたのだが,2009年からはこのスタイルになり,いつもながら,メディア泣かせだ。


 ちなみに,巨大なActivision Blizzardのブースには,このCall of Duty: Black Opsのほかに「Diablo III」と「World of Warcraft: Cataclysm」のプレイアブル展示が行われており,最近発売されて赤丸付き急上昇中の「StarCraft II: Wings of Liberty」を含め,実に華麗というか豪華なラインナップを持ったメーカーだと思う。

コール オブ デューティ ブラックオプス コール オブ デューティ ブラックオプス

コール オブ デューティ ブラックオプス
 さて,シアターで見られるプレイシーンは,実をいうと,6月に開催されたElectronic Entertainment Expoでメディア向けにプライベートルームで公開された内容,つまり,特殊部隊がウラル山脈の奧に作られたソビエト連邦の秘密基地に潜入して破壊するというものだった。とはいえ,普通はメディアしか見られないものを,一般の来場者が見られるのだから,Gamescomはなかなかすごいような気もする。日本でやってくれると便利でいいんだけどなあ。

コール オブ デューティ ブラックオプス
 まずは,アメリカ空軍の超高空偵察機,SR-71ブラックバードの発進シーンだ。パイロットとなったプレイヤーがタイミングよくスティックを操作すると,ブラックバードは離陸し,ウラル山脈の上空に達する。地上には,すでに特殊部隊のチームが潜入しており,彼らに目的地を告げ,そこへ移動させるのがブラックバードの仕事。レーダーを見ながら,適切なポイントをクリックするという,ちょっとRTSをやっているようなブラックバードのシーンと,地上部隊のシーンが目まぐるしくスイッチし,観客を引き込んでいく。
 ブラックバードのコクピットがすべてアナログ計器であるところが,ゲームの背景となる1960年代の雰囲気を何気なく表している。
 ブラックバードの指示に従って,最初の目標に突入。中にいる敵をすべて無力化すると,ブラックバードは成層圏の彼方に姿を消し,以降は地上のシーンになる。

コール オブ デューティ ブラックオプス
コール オブ デューティ ブラックオプス
 チームメンバーは4人いるが,相変わらず名前や所属などは確認できない。中に一人,黒いアイパッチの兵士がおり,あまり根拠はないのだが,ストーリー上で重要な役割を果たすことになりそうだ。
 8月5日に掲載した記事にも書いたように,潜入任務で有効なのが新登場の兵器「クロスボウ」である。パトロール中のソ連軍兵士を音もなく倒すだけでなく,先端に爆薬を装着して,複数の敵をまとめて吹き飛ばすことも可能だ。ただし,潜入が敵にばれると,もうスニークはできなくなるので,ミッションの後半ではクロスボウの出番はない。敵の落としたAK-47アサルトライフルを拾って,血路を開いていくことになる。
 ラペリングによる窓からの突入,狭い室内での撃ち合い,危機一髪の脱出劇など,見どころ満載で,初めて見るドイツのギャラリーにとって,15分程度のミッションがずいぶん短く感じられたのではないだろうか。二度目の私もそうだったので,たぶんそうだ。

コール オブ デューティ ブラックオプス
 ちなみに,シアターの入り口にはモニターが置かれ,そこでCall of Duty: Black Opsのマルチプレイシーンを編集したプロモーションムービーが流されていた。ムービーを見る限り,本作でも,Call of Dutyシリーズらしいハイテンションなマルチプレイが楽しめそうだ。
 とくに,新登場の武器であるテレビカメラ付きのラジコンカーが面白そうで,敵の背後にこっそり近づいて爆発させたり,カメラを使って敵の位置を確認したりと,使い方いろいろ。アイテムなのかPerkによるものなのかは不明だが,そのプロモーションムービーが公開されているので,ここに掲載した。そういえば,Call of Duty: World at Warで出てきたモード「Nazi Zombies」も意外なほど高い人気を獲得しており,デベロッパであるTreyarchが,マルチプレイでもその実力を発揮し始めたようだ。


「Call of Duty: Black Ops」公式サイト(要年齢認証)

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプス

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプス

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月19日〜01月20日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月