オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
コール オブ デューティ ブラックオプス公式サイトへ
読者の評価
68
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
80
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

コール オブ デューティ ブラックオプス

コール オブ デューティ ブラックオプス
公式サイト http://www.square-enix.co.jp/codbo/
発売元 スクウェア・エニックス
開発元 Treyarch
発売日 2010/11/18
価格 オープン
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
68
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 主にマルチの感想 30
    • 投稿者:run(男性/30代)
    • 投稿日:2011/02/17
    良い点
    ・爆発物弱体化。これによりグレラン、RPG祭になりにくくなった。
    ・シアター。上手い人の立ち回りが参考に出来る。
    ・エンブレム。人それぞれで面白い。
    ・オンラインのPT招待、参加が楽になった。
    悪い点
    ・回線が悪い。少し改善。(発売前に気付く問題)
    ・使う武器が皆一緒。折角武器がいっぱいあるのに、使うのはファマス、ガリル、クリンコフばかり。
    ・リスポーン位置。少し改善。(発売前に気付く問題)
    ・購入方式がつまらない。わざわざポイント使ってまで使えない武器をアンロックしない。
    ・スナイパーの覗き込んだ時のブレ。突スナもやりにくくなったし、通常のスナイプもやりにくい。
    ・ストパ廃止で倒しにくい。
    ・ゴーストの人が多い。(前はストパがあり、バランスが取れていた)
    ・マップが狭い。その為立ち回りなどが決まってしまいすぐ飽きる。
    ・フリーズが多い。私の場合、フリーズして更に階級が1に戻った。これで更にやる気がなくなった。
    ・Perkのチャレンジが面倒。わざわざ普段行かないルールに行かなきゃ行けないのはいかがな物か。
    総評
    オンラインメインに遊ぶ人にはおすすめ出来ません。
    オンラインにおいてはMW、MW2、WAWよりも劣化しています。
    まったくの期待ハズレでした。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 3 2
  • 7000円の価値はない 30
    • 投稿者:Moco(男性/20代)
    • 投稿日:2011/02/15
    良い点
    多彩な武器が登場し、高い水準のグラフィック。
    悪い点
    ゲーム中に映像のカットが多すぎて、萎えました。
    ストーリーもIWのようなインパクトがなく、物足りなかったです。

    マルチはクソゲーとしか思えません。とにかくキャンパーが多く
    それをサポートするアイテム、クレイモアとモーションセンサーの存在で
    パーク3はHacker必須。武器バランスも偏っており、スナイパーは趣味武器と化し
    FAMASさえあれば他は必要ありません。MAPも少なく、バランスが悪い。
    リスポーンシステムは必ず敵の後ろか、近くに設定されるため
    続けて殺される可能性があり、なぜ残った味方の近くにリスポンしないのか謎です。

    やりこみ要素としてプレステージシステムがありますが
    アンロックに苦労するパークも全て初期化されてしまうため
    よほど忍耐があるユーザーじゃない限り挑戦したいと思わないでしょう。

    総評
    なぜ友人がFFAしかやらないのか疑問でしたが、プレイしていくうちに
    こんなリスポーンシステムじゃTDMなんてしないよな・・・と納得。

    爆破モードのS&DもMAPバランスが悪く、やっていて楽しいと感じませんでした。

    正直買って損したと思ってます。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 1 1 2
  • やはり初代COD.UO.4を抜くことはできなかった作品 50
    良い点
    ・HITBOX(当たり判定)のシビアさがMW2から復活
    ・MW2で廃止されたリーンの復活
    ・武器のバランスの良さ
    悪い点
    ・スナイパーが不利
     ・ピストルがプライマリーにかてるような性能の武器がない(例4のDE、MW2のマグナ ム)
     ・クイックチェンジをconfigからつくれない
     ・ボルトSRは一丁しかない
    ・弾が消えるような現象にかられてしまう
    ・MAPがCT有利T有利とバランスが良くはない
    総評
    さすがtryarchというべきかシングルとしてはWAWと同じ満足感がある
    マルチはたのしいがクラン戦からかんがえるとPROMODの完成を待つのみ
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 4 3
  • お勧めできるゲーム 80
    • 投稿者:ruumu(男性/20代)
    • 投稿日:2011/01/09
    良い点
    シングル

    グラフィック:非常に高い水準で、現在のところ最高レベル

    ストーリー:重厚な作りでゲームの各所に伏線が散りばめられており、謎解きのような楽しさがあることに加え、ゲーム中に度々挿入されるフラッシュバック等の演出も良い味を出している。

    第二次世界大戦時代のステージ:レゾノフが第二次大戦終結後、ナチスの科学者と兵器を確保するためナチス残党のキャンプを攻撃するステージが用意されており、おなじみのMP40,PPSh-41といった銃が使用可能で、WaWや初代、2などをやっていた人には嬉しいのではないのでしょうか。



    マルチ

    高いカスタム性:マルチでは武器にオプションを取り付けたり、Perkによりプレイヤーキャラに能力を付加したりできる、それぞれの種類も豊富で色々とカスタマイズを楽しめる。

    バランスの調整:GLやグレネードといった爆発物の威力が高すぎ、GLを使用するとサバーからキックされるといった措置も取られていた以前までのシリーズと比較して爆発物の威力が低くなっており、バランスがよくなっている。

    おまけ:ゾンビモードと謎のミニゲームがあり、本編とは少し変わった遊び方ができお得感がある。
    悪い点
    シングル

    AI:特に目立った問題はないが、COD4以降進歩がなく接敵すると、その場で撃つ、遮蔽物に隠れながら撃つ、突撃、の3択程度しか行動の幅がない。 側面、背面に回りこんだり待ち伏せするといったテクニカルな行動を行うようなAIを実装して欲しかった。

    一本道:ストーリー上の演出を多く挿入するためか、攻略に自由度が乏しく決まったを進むだけしか出来ない場面が多い。

    無限湧き:敵が無限に湧き出てくる場所がいくつかあるが、場所によってはAKを構えた複数の敵の間を走りぬけることを強要されることもあり、特に一箇所ほとんど運に任せて突っ込むしかない場所が存在し、難易度ベテランだと何度もリトライすることになるためストレスが貯まる。


    マルチ

    作業感がある:小さめのマップである程度まとまった人数がプレイした場合、単調なゲームとなる。 小さめのマップでは敵との遭遇ポイントが基本的に分かっているため、同じ場所でグレネードやスタンを投げ同じ場所に突撃するといったことを繰り返すことになり、長時間プレイすると飽きてしまう。

    キルストリーク:キルストリーク自体はゲームを盛り上げる要素として良いと思うが、リスポン地点にミニガンを打ち込み続ける、ナパームで火の海にしておく等リスポン狩りが容易に出来るようなものは個人的に好みではない。



    総評
    FPSとして総合的に高いレベルで完成されており、時代背景がベトナム戦争時代というのも新鮮で良く、FPS初心者からベテランまで幅広くおすすめできる内容となっている。 ただ、ストーリーをよく理解する上で本作をプレイする前に、WaWが未プレイであるなら、プレイしておくほうがよりよく楽しめるだろう。
     また、銃での打ち合い以外にも、戦闘艇、ヘリ、ブラックバードでのミッションがありビークルに乗るのが好きな人には嬉しい要素だ。

     
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 4 4
  • 悪くはないが、良くもない。 60
    • 投稿者:あーくす(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/29
    良い点
    ○キャンペーン
    ・ボリュームのあるストーリー(とはいえ、北米版なので初めは訳無しでさっぱりでしたが)

    ・それなりにイイグラフィック

    ・CoDならではのはっちゃけ感(ボートやヘリで無双とか)

    ・WaWの話も若干絡めたり、シリーズをプレイしている人には嬉しい

    ○マルチ(ゾンビ含め)
    ・何より、ワンマン、デンクロ(ソニックブーム)、コマンドー、ストパの廃止。これによって、ようやく「FPS」が出来るように

    ・SGやSRの性能調整がイイ感じ。MW2のAA-12のような馬鹿連射SGはないし、インタベのような謎の当たり判定のSRが無くなった

    ・ドミネであれば「旗を取った回数」「守った回数」などが表示されたりして、「ゲーム」をしない連中、定点待ち等の把握が容易になった

    ・コンバットトレーニングという、敵AIを相手にマルチ練習が出来るモードがあってイイ。FPS初心者はまずここで慣れるべき

    ・マップの広さはイイ感じ。MW2の頃のような広すぎて籠るだけのマップは無くなった

    ・普通のゲームモードの他に、CoD4の頃のように3・5・7キルストで戦うものや、ガンゲーム(敵を倒す事に武器が切り替わっていく)などの面白モードもある

    ・武器や装備、Perkが全てポイント解除制になって要らないのを無理に使う必要が無くなった

    ・エンブレムを弄ったり、オリジナリティが出せる

    ・ゾンビはフレとやると楽しい。VC使ってワイワイできる

    ・DeadOpsも同様。ミニゲームだけど楽しい。追加DLCじゃないのも◎
    悪い点
    ○キャンペーン
    ・ベテラン難易度が難しめ(それでもWaWやCoD4ほどではないと思うが)
    敵の無限湧き地点がいくつかあり、チェックポイントを押さえて行かないと延々撃ち続けるだけになることも

    ・北米版ではゴア表現が多め。自分は嫌いではないが、そういうのがNGな人は日本語版で。(ただし、その件がカットになると話として分からなくなるかも?)

    ・銃声はマルチも含め、基本的に軽い感じ。自分は気にしませんが、ミリオタで「銃声が〜」とか気になっちゃう人はそこんとこは覚悟しましょう。(あくまで、「ゲーム」ですしね)

    ・映画的要素が強いです。「少数の特殊部隊」が「大勢の敵軍」をぶっ倒すようなシーンが多い。そういうのが嫌いな人はおススメしないかも。

    ○マルチ
    ・回線ゲー。その割に、回線の悪いことが多い。最初5本でも「なんか当ててんのに死なないな」って思って見ると、2本とか1本だったりする時も。回線の本数とかも、今作はあまりあてにならない。

    ・リスポン位置がおかしい。待ち対策で「強制的に」敵の後ろに湧くようになってるようだが、そのせいでリスキル狙いが居たりする。また、この湧き方のせいで前線の向きがあっちこっちするのでトーチが使い辛いことも。(簡単に裏に入られて消されるとか。同じ理由でSAMタレットやセントリーもあっさり壊されることが多い)

    ・マップはイイ感じなんだが、一部は修正の余地ありかも。狭すぎてゲームモード次第ではわっちゃわっちゃして死にまくり…なんてことも。

    ・ハードラインが強すぎる。特にプロ解除すると投下系物資ならケアパケに関わらず、何でも中身を変えられるようになって連キルしなくても案外上級キルストが連発したり。また、パーティでバンバンレーダーやカウンター回されるとゴースト以外で身動き取れなくなる。(逆にパーティ全員でゴーストとか勘弁ですけど)

    ・プレステにあまり魅力がない。また、プレステに入ったら武器はアンロックレベルとか無く、どれもお金さえあれば解除できるようにすればいいのに、結局Lvに到達しないと解除できないのも×

    ・MW2で慣れてるとストパ無しでの戦闘がダルい。遠距離での殺し損ね、貫通での殺し損ね等。今作ではAIM速度と言うよりは、AIM精度(当て続ける技術)が重要。なので、MW2の頃の感度でやるとgdgdになることも。威力はストパ込みの威力設定にすべきだったんじゃないかなと思ったり。これも回線ゲーだと言われる所以。あと、「当て続ける」必要があるので、待ちが有利すぎる状況も多い。

    ・試合のバランスを取ると言う事を考えると、デスストは残すべきだった。野良でチーム戦してると、下手な人に死なれまくってどうにもならない試合展開になることも多数。ペインをHP3倍とかじゃなく2倍にするとかでもいいから、デスストは残すべきだったと思う。逆にキルストはそんなにたくさん作る必要はなかった。

    ・プレステするとエンブレムをまた一から作り直すのがダルイ。(レイヤー等は残りますが、保存機能がないので細かく作り込んだエンブレムはプレステする度に一から作り直すのは面倒)
    総評
    総合してみると、タイトル通り「悪くもないが、良くもない」
    キャンペやゾンビは特に気になる点はない。まぁ良いんじゃない?って感じ。

    問題はやはりマルチだろう。
    良い点も多いが、悪い点もそれに次いで多い。
    個人的には嫌いじゃないが、イマイチ好きにもなれない感じ。
    MW2はクソゲーだの何だのいいつつ、結構やっていたが、BOは何かやる気がしない。
    MW2からワンデン、スカデン、ゲームしない定点プレイヤーが居なくなれば、たぶんMW2のが面白い気がする。

    まぁなんとも中途半端な、煮え切らない感じではある。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 1 4 4
  • BO 北米版 80
    • 投稿者:甘楽(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/29
    良い点
    ・キャンペーンの内容がすごくいい
     今までやってきたゲームで一番よかったかも

    ・グラフィックが綺麗だった。特にレズノフなど
     汗の表現などがすごくいい

    ・オンの招待が楽になった。
     セレクト一つで招待できるので楽

    ・ゴア表現
     北米版なので規制がなくていい。(人によってはデメリット)

    ・オンのトレーニングモード
     練習になるので良い。

    ・BGMの良さ
     WaWはやってないので使い回ししているのか分かりませんが、BGMがすごくいい。
    悪い点
    ・MW2と比べて、ラグが酷くなった
     先に撃っているのに普通に撃ち負ける。外人と普通にあたる。なにもやっていないのに感染されて回線が悪くなる

    ・Perkのチャレンジ
     ハードラインなどのプロなどはすごくいいとおもうが、チャレンジを達成するのがだるい。他の人がいっているように3つするのに時間がかかる。

    ・ステージの狭さ
     ステージが狭く、待ちやクレイモアがたくさんある(いる)。

    ・リスポン位置のおかしさ
     リスポンするとすぐ後ろに敵がいたり、近くに敵がいたりする。(ステージが狭いのも原因かと)
    総評
    キャンペーンはすごく良かった。
    オンでは対策が必要と思う(MGOみたいに外人をのけるなど)。
    総合ではオフが70、オンが10といったところでしょうか。私てきにはオンが快適になるまですごく満足はできないとおもいます。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 4 3
  • 映画のようなゲーム 65
    • 投稿者:oneisan(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/29
    良い点
    ・キャンペーンのシナリオがすごくいい
    演出だけでなくまるで映画のようなストーリーでとても引き込まれた
    ・操作が簡単
    乗り物だけでなく銃の反動も扱いやすい範囲に抑えられているので初心者でも遊びやすいと思う
    ・グラフィックがきれい
    それほどPCに負担をかかっていないと思うがそれでもグラフィックがきれいだった
    悪い点
    ・演出がグロテスク
    人を切ったりする演出がかなりグロいので耐性のない人にはきつそうだ
    ・グラフィックのみの「リアル」さ
    銃の反動やゲームシステム的に爽快感を重視しているので果たして「リアルか?」と言われるとさほどでもないという感じがする
    総評
    個人的にOFPやARMAが好きなのでピョンピョン飛んだりするマルチプレイには完全に馴染めなかった。
    ただ1人プレイ用のゲームとしてみるとすごく出来がよくてマルチをしないのであればリアル系が好きな人でも十分楽しめるゲームだと思う。
    とにかくこのゲームはキャンペーンの出来がものすごく良く、それだけのために買ってもいいというほど良かった。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 3 3
  • 主にマルチの感想 90
    • 投稿者:少佐(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/28
    良い点
    グラフィックは悪くありません。

    全体的に武器の性能のバランスが良い。使う人次第。

    特に爆発物・狙撃銃の性能のバランスが良い。

    自分オリジナルのエンブレムを作成できて、武器に付けれる。

    多彩なゲームモードとマップ。

    ゾンビモード。難易度は高めで面白い。

    攻撃ヘリを操縦可能。

    メインウェポンをいろいろとカスタマイズ可能。
    悪い点
    データが巻き戻ることがある。1時間無駄になることもあります。

    リスポーン地点が時々酷い。レーダーを見ると、敵の背後を取る形でリスポーンすることがあります。逆もまた然り。

    プレステージの特典が微妙。

    エンブレムを複数保存できない。

    PC版でフレンドとパーティーを組めない。
    総評
    前作と比べてフレンドとパーティーを組めないのは残念ですが、前作から退化している部分はそれくらいだと思います。

    撃ち合いが多く、手榴弾やロケット砲が飛んでくることもありますが、大きな脅威ではありません。

    エンブレムを凝る人は凝っていて見ていて面白いです。

    リスポーン地点がちょくちょく変わるおかげか一方的に押し込まれるゲームになりづらいですが、上記のような弊害もあります。

    シングルは分かりませんが、マルチは面白いと思います。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 4 4
  • マルチ 前作に比べて 80
    • 投稿者:Steel(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/19
    良い点
    ・武器のカスタマイズのバリエーションが増えた。
     武器に好きなカラーリングを選べる。タグも付けれる。
     前作のAA-12のようなショットガンの性能を抑えてある。

    ・爆発物の耐性が良くなった。
     フラグやセムテの爆発範囲が狭くなっている。(グレランやRPGも)

    ・ナイフの射程が前作に比べて少し短い。
     前作のような瞬間移動のようなことがない。


    悪い点
    ・スナイパーのワンショットキルが難しくなった。
    ・たまにリスポン位置がおかしいときがある。
    ・マップが全体的に前作より縮小してある。
    ・まだ回線が悪いためエラー落ちがある。
    ・このシリーズをやっている人が多く(猛者)FPS初心者にはきついところがある。でもだいたいそうゆうもんです。あとは慣れるしかない。
    総評
    前作のような爆発物の脅威が少なくなったのでいいと思います。
    本当の意味で打ち合いでの戦闘が激しくなっていたので良い。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 3 5
  • オフのみの感想 95
    • 投稿者:sou(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/17
    良い点
    ・グラフィック(PC版)は非常にきれいです。人工物は標準的なレベルですが、
     自然物、特にジャングルのステージやヘリを操縦して渓谷を下るシーンが
     とても美しく描写されています。


    ・ゲームプレイの部分ではCoDのお約束的な部分、スローモーションの
     突入、乗り物での逃走、上空からの支援などがちゃんと用意されています。
     また、最高難易度もストレス無くクリアまでいけるバランスだと思います。
     (たくさん死にますが、一つのところで詰まることがない)


    ・ストーリーテリングに関して。メインの操作キャラクターであるメイソンの
     回想形式で大部分が語られます。ネタばれなので書きませんが、
     「ああ、そういうことだったのか」と思わせる演出で、2週目にプレイした時に
     色々な細かい伏線に気づきました。


    ・舞台設定が冷戦・ロシア・キューバ・ベトナムと、好きな人にはたまらないと
     思います。一人称視点でマクナマラやケネディと話します。


    ・キャンペーン+マルチ対戦に加えてゾンビモードとDead opsというミニゲームが
     用意されています。どちらもなかなか出来がよく、ボリューム的にも満足です。
     


     
    悪い点
    ・最後のステージがあっさりしています。あまり難しくないのと、CoD4やMW2ほどの
     劇的な展開があるわけではなく、「あ、これで終わりか」という感じです。


    ・シリーズの特徴ですが、効率の良い動き方をしないと延々と戦い続けるはめになる
     ポイントがあります。最高難易度では闇雲に前に出れば死ぬので、死にながら
     動きを覚えていくようなゲームが嫌いだとストレスになるかもしれません。


    ・グレネードが弱いです。敵の近くで爆発したはずなのに生きてること多し。
    総評
    マルチ対戦はまだあまりやっていないのでバランスなどに言及できるレベルでは
    ありません。レビューは専らキャンペーンについて記述しました。

    全体的に見れば、キラータイトルの最新作として十分なクオリティとボリュームだと
    思います。ストーリーに関しては、前作MW2がドラマチックでオムニバスな展開
    だったとすれば、今回はストイックで、よりメイソンという個人にフォーカスしている
    感じです。

    シリーズ未経験の方には、CoD自体が一見の価値があるゲームなので強くお勧めします。

    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 5
  • 思うところはあります。 85
    • 投稿者:パーラー(男性/30代)
    • 投稿日:2010/11/19
    良い点
    ・綺麗な映像
    FPSとしては並以上の出来だと思います。
    ・映画みたいな展開
    ドラマチックでサスペンス的な要素も含まれてたりして、かなり良く練り込まれてます。
    また、いろんな映画のオマージュを感じさせる要素もあったりしてニヤっとできます。
    このゲームの伝統でしょうか。ここは好き嫌いもある場所かもしれません。
    ・前作WAWより表現的に進化している。
    前作から考えるととても良い感じに収まっています。
    ・字幕が洗練されている!
    此処です、大事です。
    前回のスクエアエニックスによるローカライズは非常に苦しい出来映えでした。
    誤訳や話の流れから来る意味が不明、直訳過ぎて全く伝わらない等等、今回はかなり良い出来になっています。
    強いて難点を言うならロシア語がわからない点でしょうか。
    悪い点
    ・マルチプレイにおける快適度が悪い
    マルチプレイは未だ数回ですがラグや変なカクつきが酷く、もう少し何とかなるのを待った方が良さそうです。
    ・敵が多すぎる
    こちらは小数、あちらは多数、そういう場面が多々有ります。
    まぁゲームですからそういうこともあるでしょう。
    問題は、留まると延々と出てくる敵と撃合いをしてしまい、弾がどんどん無くなりジリ貧状態に。おそらく無限沸きというわけではないのでしょうが。
    敵を倒す→即前進→遮蔽物に隠れ味方の前進を待つ、かなり無理を強いられ、其れが元でやり直し。イヤになる場面がかなりあります。まぁ難易度が高い場合だけかもしれませんが。
    ・進行不能になるバグが結構ある
    狭い場所でNPCに挟まれ動けなくなったり、あるステージで急いで進むとNPCが消えてしまい、進行が不可能になってステージ最初からやり直しなど、これはバージョンアップ待ちですね。
    総評
    全体的に見ると良くできていると思います。
    ラ○ボーや地獄○黙示録、ジョン・○ーな気分に浸れます(笑)
    少々ゴア表現が有りますので人を選ぶゲームではあると思いますが、映画のような表現なんかは結構万人に受け入れられるんじゃないでしょうか。
    ただ、ゲーム的な出来映えで言うとModern Warfareの方がスピーディでストーリーの内容やBGMなんかも良かったですが、この辺りは好みの問題でしょう。
    あと、おまけのゾンビゲームがかなり面白いので是非やってみるべきです。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 4 4
  • マルチのみ 30
    • 投稿者:たらお(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/19
    良い点
    シングルは興味ないのでマルチのみの評価です。

    ・CoDポイント(ゲーム内通貨)で銃などをカスタム出来る。
    しかし銃のアンロックはLV制なのであまり意味がない。
    悪い点
    ・とにかくステージが狭い。
    一番小さいステージだと、片道1車線の通りを挟んだ向いが敵陣。
    あまりにも狭い+入り組んでいる為、銃よりナイフをメインにした方が強い。

    ・強者支援機能 キルストリーク
    連続killをする程、呼び出せる兵器が強力になるため強者は無双状態。
    総評
    シングルは、なかなか好評なようだけど
    自分の場合はマルチをメインで考えていたので、かなり残念な作品。
    ゲーム的には鯖の選べないMW2の方がまだ楽しかった気がする。

    やり始めて数時間で飽きたFPSは初めて。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 1 1
  • なんかちがう 50
    • 投稿者:kiriha(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/17
    良い点
    ・ストーリー
    時期的なものやキャラクターとの絡みは良い
    悪い点
    ・カット
    シングルプレイ中に嫌なほど出てくる。ミッションの区切りとして見るがこれが長く萎えてくる。

    ・キャンペーン中の斜め上要素
    ハインド鹵獲したりミニガンを一人で運用するなどのMW2とはちがった吹っ飛び方

    ・マルチの陣営の意味
    見た目以外に何も無い、CoD4から続くことだが陣営が分かれてるならクラスに対応した装備を設定してカスタマイズするようにしてほしい

    ・ランクサーバーの設定固定
    レンタル形式となり割れ防止との機能と見られる、しかしランクサーバーには既存ルール以外の設定ができず、細かいものは非ランクサーバーに限られる
    総評
    シングルの出来はカット以外そう不満を漏らすほどではなかった。欲を言えば銃声のちゃっちい感と、今までにあった戦車長や航空機のガンナーなどのちょっとしたミッションが、今回は指示を出すだけのものでこれ自体短く、ハインドは完全にいらないためこれらは残念と思う。

    マルチではParkに対爆用のものがあるためストレスに感じるものは少なく、テディケットサーバー復活、他等のMW2のユーザーの不満を開発が違うながらも拾ってくれたのは嬉しい。
    ただ、ランクサーバーの設定のことからあまり長続きの期待ができない、というのもある。
    また現在、やられた敵の裏や敵の目の前にPOPするなどの状態にありはやくパッチが欲しい状態になっている。


    最初期にはPCパーツとの相性やサーバーのことから、MW2とは違った返品したい気分になった。しかしユーザーの設定の変更による対処や改善のアップデートと見られるものなどから悪くは無いものとなっている、ゾンビモードもありブランド名としては日本でも知られているものであり知り合いを誘い遊ぶには良い物だろう。
    ただしCoDを無印からやっている身としては、MW2を「コレジャナイ」とした場合BOが「なんか違う」というのが正直な感想。MOD開発ツールが早く配布されて欲しい。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 3 4 3
  • FPSではなく映画 60
    • 投稿者:piyu(男性/20代)
    • 投稿日:2010/11/16
    良い点
    ・グラフィックは綺麗
    技術的には枯れたエンジンのはずなのですが、テクスチャがよく作り込まれているせいかなかなか綺麗です。(遠景を見ると手抜きですが…)

    ・シナリオの作り方も良い
    冷戦時に起こった様々な事件について、なかなか意外な背景で描き出しています。
    小説にすれば売れるかもしれません。
    ただし日本人にとってはキューバー危機以外はあまりに馴染みが薄いかもしれません。

    ・銃がいっぱい
    シナリオ上冷戦時、或いは大戦時の比較的古い銃ばかりですが、銃マニアにはこれだけでも楽しめるのではないでしょうか。
    悪い点
    非常に無意味やたらにカットシーンが多いです。プレイ時間の半分は有りそうなくらい。
    フラッシュが点滅したり、結構頭が痛くなるようなムービーが多い気もします。

    そしてFPSな場面については、CoD4以上に「工夫すると楽にこなせる」場面がありません。
    FPSな場面の半分は強力な武器で敵を薙ぎ払う的なもので、残り半分はひたすら隠れてる敵を出て行って撃つだけのゲームです。
    これはFPSではなく、FPS風ミニゲーム付き一人称視点映画なのかもしれません。

    また明らかにアメリカのドラマの24の影響を受けた、(でも24以上に)なかなかにグロい拷問や殺し方、そしてその描写(傷口等)が複数出てきます。
    この点、少々やり過ぎな気がします… 自分は比較的耐性があるほうだと思っていましたが、ちょっと引いてしまいました。
    プレイしたのは北米版なので、日本版では恐らくカットされるのでしょう。

    最後にダメだしをすると、このゲーム、プレイし終わって感動はしませんし涙も出ません。
    そういうストーリーじゃないので仕方がないといえば仕方がないのですが、音楽も汎用的過ぎて印象に残りませんし、最初から最後までプレイヤーは孤独で、救われません。
    映画的なゲームを目指すなら、CoD4のようにそういうところを入れないとちょっと…
    総評
    前評判が高かっただけに少々期待しすぎた面があるかもしれません。
    或いはCoD4の印象が強すぎたのかもしれません。

    ゲームとしての完成度はそれなりに高いので、プレイする価値はあるでしょう。
    ただ安くなってから買うというのでも十分な作品です。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 3 3 4
  • Treyarch製CoDは進化している 85
    良い点
    まず始めに戦場の臨場感を伝える演出が非常に素晴らしいと感じた。
    今作は近代戦という事もあり、Treyarchが送り出したCoD3・WaWと比べると敵味方自分共に弾幕の量もあがっており銃撃戦は一層派手になっている。
    特にミニガンやグレネードランチャー、機銃を扱う所では演出、音楽も相まって所謂脳汁が溢れでてくる程だった。今までが二次対戦物だった事もあり、広い戦場では弾も良く考え良く狙いながら撃たなければいけなかったが室内戦が増えた事で弾をばら撒きながら前進していく爽快感も生まれた。
    また、各イベントで乗り込む兵器の操作は簡単かつ反応の良いもので素直に「シューティングゲーム」としての完成度が高く、銃を撃つ操作からなんら違和感なくスムーズに移行する事ができた。
    元々スクリプトで敵が湧きまくるゲームなのでその毛色はCoD4から強かったが、強いカバーポイントで延々と撃ちまくり、敵が全滅した所で前進する…というシーンは少なく、前の敵を排除したらすぐ手前のカバーポイントまで走り、それまた少し前の敵を倒したら更に前のカバーポイントに進む…という能動的な行動を取らなければならないシーンが多かったのは個人的に○。
    制圧前進している感覚は全シリーズ中一番かもしれない。
    悪い点
    とはいえ、今までのシリーズ通して「敵を全滅させてから前へ」がプレイスタイルだった人には相当にストレスを感じさせる湧きでもある。何分、NPCから送られる指示が不足していたり、指定されたポイントの真上に移動すると蜂の巣にされたりで初見では意味もわからず死に続けるか、不毛な撃ち合いをするかの二択を迫られるシーンが多数登場する。
    何よりもそういった前進しなければならないシーンに限って先行したNPCが敵を撃ち漏らしたりグレネードを放置したりしていると、再び前のチェックポイントからのやり直しなので「スクリプトでガチガチのゲームの癖に」ランダム要素によって死んだり死ななかったりするのはCoD3から続くTreyarch製CoDの悪い点だろう。(CoD4はその点綺麗すぎてプレイヤーが関与する場所が少ない気もしたが)
    加えて苦労してやっとこさクリアした場合もロード画面やステージの繋ぎに流れるフラッシュバックの連続の様な映像に目と頭をやられ、休む間も無く戦闘に駆り出される事で疲労感も強くなる。ステージも視界が開けてて見やすいシーンは少なく、半分近くが爆煙と砲撃による揺れで前方もまともに確認できず、ゲーム終盤では臨場感でお腹いっぱいになる始末だ。
    搭乗兵器によるメリハリで何とか誤魔化せてるものの、白兵戦の演出のバランスはもう少し考えて欲しかった。
    総評
    ちなみにマルチの方はあまりプレイしていないので本レビューではあまり触れない。
    これだけは…というのをあげるとするならば現在、日本でのレンタルサーバーですらPing100越えが普通で致命的とは言わないが弾をバラ撒かなければ相手を倒せない所もある。この辺りは今後のアップデートで改善されると良いが…。

    とはいえCoD全体で考えた時の前作、MW2がちょっと残念な出来だった事もあり今作は凄く楽しめた。PC版ではリーンももちろん備わっているのでカバーを取りながら弾をばら撒く事でよりスムーズに格好良く進行できるし、一本道ではあるものの進行パターンの幅を必ず3つぐらいは用意してくれているので各々がやり易い道を探せるのも良い点だった。
    しかし「とにかく弾を撃ちたい!」というFPSに求める要素が所々強化されたは良いものの、その反面「CoDらしさ」も悪い方向に強化されたがために演出、ムービーが長くなってしまいプレイ時の満足度はかなり相殺されてしまっている。
    オマケにどうやらPC版はOSがXPでATIのグラボを使っているとプレイできなかったり、Nvidia製でも相性が悪ければエラーが起こって起動自体が駄目…なんてこともあるようでより一層敷居が上がってしまっている。私は幸いにもスムーズにプレイできたがPC版を購入する時にはそこの所よく注意しないと痛い目を見るのかもしれない。


    相変わらず綺麗な作品が作れないTreyachだったが、徐々に尖った所が見えてきたので今後の作品にも期待できるようなゲームだった。CoD自体が二次戦、近代戦、現代戦とネタを消化してきてしまっているので今後どの時代、どの場面のストーリーを選ぶのかが気になる所だ。
    プレイ時間
    5〜10時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月20日〜06月21日