オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
リンクス,ゲーマー向け周辺機器ブランド「Tt eSPORTS」の取り扱いを順次開始。12月中に7製品が登場予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/12/03 13:29

ニュース

リンクス,ゲーマー向け周辺機器ブランド「Tt eSPORTS」の取り扱いを順次開始。12月中に7製品が登場予定

 いよいよ,Thermaltake Technologyのゲーマー向け周辺機器ブランド「Tt eSPORTS」が日本へ上陸する。これは,Tt eSPORTSブランドの販売代理店となったリンクスインターナショナルが明らかにしたもので,12月4日以降,キーボードやマウス,ヘッドセット,マウスパッドなどが,順次,店頭に並ぶ予定だ。

 第1弾として12月4日に登場するのはキーボード製品「CHALLENGER Pro」,ワイヤードマウス「BLACK」,ヘッドセット「SHOCK」,布製マウスパッド「CONKOR」「DASHER」の5製品。価格は順に,7980円,4980円,4980円,2480円,2480円(いずれも税込)となっている。
 中には,2010年3月に開催されたCeBIT 2010の記事にて紹介した製品もあるが,今回の国内販売決定に当たって,改めて各製品を見ていこう。

Tt eSPORTS
CHALLENGER Pro
Tt eSPORTS
BLACK
Tt eSPORTS
SHOCK
Tt eSPORTS
CONKOR
Tt eSPORTS
DASHER


CHALLENGER Pro


Tt eSPORTS
 CHALLENGER Proは,英語104キー+メディアキー8+マクロ登録キー10という配列のフルキーボードだ。キースイッチはメンブレン式。最大20キーの同時押しに対応すると謳われている。
 最大の特徴は,30mm角のファンユニットが付属しており,本体の左上もしくは右上に取り付けられること。「キーボードにファン?」と思う人もいると思うが,指先に風を送ることで,手汗を防ぐのを目的にしているという。

Tt eSPORTS Tt eSPORTS

 また,[W/A/S/D]キーとカーソルキーに交換用の赤いキートップが用意されていたり,[Windows]キーをロックするためのパーツが付属していたり,赤色LEDバックライトを搭載し,明るさを4段階に変更できたりといったあたりも,ゲーマー向け製品らしいと言えるかもしれない。

Tt eSPORTS Tt eSPORTS

●CHALLENGER Proの主なスペック
  • 接続インタフェース:USB
  • 基本キー数:英語104+メディアキー8+マクロキー左端5&右端5
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:3.0±0.3mm
  • 押下特性:60±10g
  • 複数キー同時押し対応:最大20
  • キー耐久性:1000万回
  • ポーリングレート(レポートレート):未公開
  • マクロ機能:あり
  • バックライト:あり
  • サイズ:505(W)×195(D)×27(H)mm
  • 重量:1085g
  • ケーブル長:2m
  • 対応OS:Windows 7/Vista/XP
  • 付属品:30mm角ファン,キーボード用キャリーバッグ,USBケーブル用キャリーバッグ
  • 発売予定日:2010年12月4日
  • 価格:7980円


BLACK


Tt eSPORTS
 Tt eSPORTSのゲーマー向けマウス第1弾となるのが,レーザーセンサー搭載の右手用ワイヤードマウスであるBLACKだ。ボタン構成は,左右メイン,左サイド×2,センタークリック機能付きスクロールホイール,(ホイールの手前にある)DPI切り替え用×2となっている。

 本体サイズは70(W)×120(D)×40(H)mmで,大き過ぎず小さ過ぎずといったところ。重量は公称142gと重めとなっており,必要性はさておき,さらに4.5gの錘(おもり)を最大5個追加できる。
 トラッキング解像度は400/800/2000/4000DPIの選択式で,スペック的にはローセンシ,ハイセンシ問わず対応できそうだ。

マウス表面はラバーコート済み。親指を置く部分にはラバー製と思われるグリップが設けられている
Tt eSPORTS Tt eSPORTS

●BLACKの主なスペック
  • 基本仕様:レーザーセンサー搭載ワイヤードタイプ
  • 接続インタフェース:USB
  • ボタン:左右メイン,左サイド×2,センタークリック機能付きスクロールホイール,解像度設定変更用ボタン×2
  • トラッキング速度:90IPS
  • フレームレート:未公開
  • 最大加速度:50G
  • トラッキング解像度:400/800/2000/4000DPI
  • USBデータバス:16bit
  • USBレポートレート(ポーリングレート):500Hz
  • リフトオフディスタンス:未公開
  • 本体サイズ:70(W)×120(D)×40(H)mm
  • 重量:約142g(※ケーブルの有無は不明)
  • マウスソール:テフロン加工
  • ケーブル長:約1.8m
  • 対応OS:Windows 7/Vista/XP
  • 付属品:キャリーバッグ
  • 発売予定日:2010年12月4日
  • 価格:4980円


SHOCK


Tt eSPORTS
 SHOCKは,密閉型のエンクロージャを採用したとされるワイヤードタイプのヘッドセットだ。スピーカードライバーは40mm。ヘッドバンド部は,エンクロージャの上側あたりで折り曲げられる構造を採用することにより,折り畳んでコンパクトに持ち運べるようになっている。イヤーパッド部には柔らかいベルベット素材を採用し,耳とイヤーパッドが接触して痛くなるのを防止しているという。
 左エンクロージャ部につながっているブームマイクは,無段階での位置調整が可能。機構は明らかになっていないが,ノイズキャンセリング機能も搭載されているとのことだ。

Tt eSPORTS Tt eSPORTS

 なお,CeBIT 2010では上位モデル「SHOCK One」も発表されていたが,今回の国内販売ラインナップには含まれていない。

●SHOCKの主なスペック
  • 基本仕様:アナログ接続ワイヤードタイプ
  • 本体サイズ:未公開
  • 重量:約340g
  • ケーブル長:未公開
  • 接続インタフェース:3.5mmステレオミニピン
  • 搭載ボタン/スイッチ:インラインボリューム&ミュートコントローラ
  • 付属品:キャリーバッグ
  • 価格:4980円前後
  • 発売日:2010年12月4日
《ヘッドフォン部》
  • 周波数特性:20Hz〜20kHz
  • 感度:114dB±3dB
  • インピーダンス:32Ω
  • スピーカードライバー:直径40mm
《マイク部》
  • 周波数特性:100Hz〜10kHz
  • 感度:-45dB±3dB
  • インピーダンス:2.2kΩ
  • 指向性:あり
  • ノイズキャンセリング機能:あり


CONKOR,DASHER


 CONKORとDASHERは,どちらも420(W)×320(D)×4(H)mmというサイズの布製マウスパッドだ。違いは表面の素材にあり,前者は適度にマウスとマウスパッドの抵抗が発生するクロス素材,後者は抵抗を抑えるシルククロス素材が採用されているとのこと。
 位置付けとしては,正確なコントロールを求めるのならCONKOR,素早いマウスの動きを求めるのならDASHERといったところだろうか。
 裏面の仕様は両製品とも共通で,滑り止めのラバー加工が施されている。

Tt eSPORTS
CONKOR
Tt eSPORTS
DASHER

 なお,今回紹介した5製品以外にも,2010年12月中旬には,いわゆる“Cherry黒軸”スイッチを採用したキーボード「MEKA G1」と,インイヤータイプのヘッドセット「ISURUS」の発売も予定されている。つまり,12月中にTt eSPORTSブランドの製品が一気に7つも登場するわけだ。
 PC自作市場で一定の地位を固めているThermaltake Technology。そんな同社のゲーマー向け製品が,日本のゲーマーにどう受け入れられるのか,注目していきたい。

Tt eSPORTS
MEKA G1
Tt eSPORTS
ISURUS

リンクスインターナショナル公式サイト

  • 関連タイトル:

    Tt eSPORTS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月12日〜12月13日