オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Mad Catzが香港企業として復活。第1弾製品はマウスとマウスパッド,キーボード,ヘッドセットに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/01/05 18:03

ニュース

Mad Catzが香港企業として復活。第1弾製品はマウスとマウスパッド,キーボード,ヘッドセットに

新生Mad Catzの公式Webサイトより
Mad Catz
 2017年3月の破産から1年足らず。2017年末の予告どおりに,Mad Catzブランドが復活を果たした。新会社は,香港に拠点を置くMad Catz Globalで,復活に合わせて「R.A.T.」マウス8製品と「G.L.I.D.E.」マウスパッド5製品,「S.T.R.I.K.E.」キーボード2製品,「F.R.E.Q.」および「E.S.」ヘッドセット3製品を発表している。
 現在のところ,アーケードスティックに関する情報はない。


 目玉製品扱いになっているのはワイヤレス&ワイヤード両対応マウスと充電台,専用マウスパッドがセットになった「R.A.T.AIR」で,基本コンセプトはLogitech G(日本ではLogicool G)「POWERPLAY Wireless Charging System」の新生Mad Catz版といったところだ。充電台側のマウスパッドは交換可能で,ユーザーは320×270mm以下のサイズであれば好みのマウスパッドを組み合わせることもできるという。
 搭載するセンサーはPixArt Imaging製の「PMW3360」とのこと。Mad Catzのマウスらしく,かなり細かくハードウェアをカスタマイズできるようである。

R.A.T.AIR。製品情報ページは1枚の画像という仕様で,ちょっと不安になった。なお,マウスパッドの互換性に関する言及はないが,おそらく対応するのは布系およびプラスチック系だろう
Mad Catz
公式サイトより,シンプルなワイヤードマウス「R.A.T.1+」(左上)とLEDイルミネーション付きマウスパッド「G.L.I.D.E. CHAMELEON」(右上),メンブレンスイッチ採用キーボード「S.T.R.I.K.E.4」(左下),インイヤー型ヘッドセット「E.S.Pro+」(右下)。いずれも製品情報ページは縦長の画像が貼ってあるだけだった
Mad Catz Mad Catz
Mad Catz Mad Catz

 新しい経営陣が率いているという新生Mad Catzは,間もなく開幕するCES 2018で,新製品を展示するとのことだ。具体的な販売計画や,アーケードスティックの復活があるのか否か,日本市場への参入予定といったところが明らかになるのを期待したい。

新生Mad Catz公式Webサイト(英語)

  • 関連タイトル:

    Mad Catz

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月