オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
鉄拳6公式サイトへ
読者の評価
72
投稿数:4
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
鉄拳6
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
9月3日にいよいよ全国公開されるフルCGアニメ映画「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」の内覧試写会に行ってきた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/07/04 20:08

イベント

9月3日にいよいよ全国公開されるフルCGアニメ映画「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」の内覧試写会に行ってきた

鉄拳6
 本日(7月4日),映画「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」のマスコミ向け内覧試写会が東京都内で実施された。

 「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」は,日本では2011年9月3日に公開予定のCGアニメ映画だ。シリーズ累計販売本数4000万本以上の対戦格闘アクション「鉄拳」シリーズを題材にした,「鉄拳」シリーズ初の長編フルCGアニメーションで,世界観はシリーズそのままに,個性あふれるキャラクター達によるオリジナルストーリーが描かれる。


映画「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」公式サイト

鉄拳6
鉄拳6 鉄拳6
鉄拳6 鉄拳6

【『鉄拳 ブラッド・ベンジェンス』ストーリー】

中国拳法の達人である女子高生リン・シャオユウの元に、三島一八率いるGコーポレーションのアンナからある依頼が舞い込む。

それは京都のインターナショナルスクールへの潜入スパイ作戦、そして、そこに通う神谷真という男を調べるというものだった。

しかし、真は自殺願望を持つ青年で、シャオユウの追跡をことごとくけむに巻く。さらに学園で出会った謎の少女アリサにも翻弄され、捜査は行き詰まっていく。そんな中、真が何者かに誘拐されてしまう事件が起きる。

真を助けるため、シャオユウはさらなる捜査に乗り出すが、そこには三島財閥という巨大な陰、風間仁、三島一八、そして、今は亡き三島平八の欲望入り乱れた血なまぐさい陰謀が隠されていた…。

 本作品の監督は,「鉄拳5」「鉄拳6」でCGディレクターを務めた毛利陽一氏で,映像制作は「APPLESEED」「バイオハザード ディジェネレーション」などを手がけたデジタル・フロンティアが担当する。脚本は,「カウボーイビバップ」「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」などで知られる佐藤 大氏によるものだ。
 そのほか,本作品の音楽は,「タクティクスオウガ 運命の輪」や「戦場のヴァルキュリア3」など,数々のゲーム音楽を手がけている崎元 仁氏率いるベイシスケイプが担当するなど,豪華スタッフが参加している。
 また,日本語版キャストに関しても,以下のようにゲーム同様の声優陣が起用されている。なお,宮野真守さん演じる神谷 真は,映画オリジナルのキャラクターとなる。

・リン・シャオユウ(坂本真綾さん)
・アリサ・ボスコノビッチ(松岡由貴さん)
・神谷 真(宮野真守さん)
・三島一八(篠原まさのりさん)
・風間 仁(千葉一伸さん)
・ニーナ・ウィリアムズ(田中敦子さん)
・アンナ・ウィリアムズ(渡辺明乃さん)

鉄拳6
鉄拳6
 ネタバレを避けるためにストーリーに付いては割愛するが,筆者が実際に観た限り,非常に間口が広く,「鉄拳」シリーズを知らない人でも楽しめそうだという印象を受けた。
 もちろん,ゲームでは描かれていないようなキャラクターの一面であったり,ゲーム版の技がアクションシーンで使われていたりと,「鉄拳」のプレイ経験者なら,思わずニヤリとしてしまう部分も多く盛り込まれている。
 バトルシーンはCGアニメ映画ならではといえるスピード感あふれるもので,3D立体視との相性も良く,非常に見応えあるものになっていた。ストーリーもテンポよく進んでいくので,93分の上映時間は,あっという間に過ぎてしまった感じである。

 「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」は,2011年9月3日から全国主要都市の映画館で上映予定となっている。ちょっとばかり先の話だが,興味を持った人はぜひ劇場に足を運んでみてほしい。

鉄拳6

関連記事:
鉄拳シリーズ初のフルCG長編アニメ映画「鉄拳 BLOOD VENGEANCE」の制作が決定。北米では2011年夏,日本では9月3日に劇場公開予定
フルCG長編アニメ映画「鉄拳 BLOOD VENGEANCE」,主要キャラクターや声優陣に関する情報が明らかに。映画オリジナルキャラも
デビル因子の正体とは? 「鉄拳 BLOOD VENGEANCE」のセリフ入りトレイラーが公開に


[企画・製作・原作]株式会社バンダイナムコゲームス
[制作]株式会社デジタル・フロンティア
[監督]毛利陽一 「鉄拳5」「鉄拳6 BLOODLINE REBELLION」
[脚本]佐藤大 「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「交響詩篇エウレカセブン」
[配給]アスミック・エース エンタテインメント株式会社
[公式サイト]http://tekken-bloodvengeance.com/

[コピーライト](C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc.

9月3日(土)、新宿バルト9ほか全国3D公開

映画「鉄拳 ブラッド・ベンジェンス」公式サイト


  • 関連タイトル:

    鉄拳6

  • 関連タイトル:

    鉄拳6

  • 関連タイトル:

    鉄拳6

  • 関連タイトル:

    鉄拳6 BLOODLINE REBELLION

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2014/12/11)
鉄拳6(通常版) 特典 アーケード用スペシャルアイテム「拳闘気(赤)」ダウンロードパスワードカード付き
Video Games
発売日:2009-10-29
価格:5800円(Amazon) / 840円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月22日〜01月23日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月