オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
DOOM 4公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ジョン・カーマック氏がid Softwareのモバイル部門の閉鎖を発表。今後は「DOOM III BFG Edition」や「DOOM 4」の開発にフォーカス
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/08/07 14:17

ムービー

ジョン・カーマック氏がid Softwareのモバイル部門の閉鎖を発表。今後は「DOOM III BFG Edition」や「DOOM 4」の開発にフォーカス

 2012年8月2日〜5日,テキサス州ダラスで開催された「QuakeCon 2012」において,id Softwareのジョン・カーマック(John Carmack)氏が行った基調講演の様子を収めたムービーが公開された。id Softwareの現状や将来をカーマック氏が実に3時間半にわたってタップリと語ったものだが,その中で語られた興味深いトピックをいくつかピックアップしてみよう。

「QuakeCon 2012」公式サイト(要年齢認証)


 カーマック氏はまず,2011年にリリースされた「RAGE」PC/PlayStation 3/Xbox 360)について「我々の目指したことは表現できた」としつつも,とくにPC版のドライバに関連したバグが当初,多発したことを公式に謝罪した。またカーマック氏は,「RAGEの世界観がFalloutと混合されたことが残念だった」と語り,環境とのインタラクションをさらに深めた「RAGE 2」の開発を提案したものの,社内では結局“次のプロジェクト”,つまり「DOOM 4」でそれらを実現することに決定したと語っている。

DOOM 4

 正式な制作発表は行われていないものの,今や公然の事実になっているDOOM 4の制作についてカーマック氏は,現在開発中の「DOOM III BFG Edition」PC/PlayStation 3/Xbox 360)のプロジェクトが終わり次第,RAGEと同じ「id Tech 5」エンジンを使用して制作するとしている。これに関連して,半ばカーマック氏の趣味でスタートさせたモバイル部門を閉鎖し,今後はDOOM 4の開発に専念することも講演中に明言された。
 タイトルは発表されていないが,「id Softwareとしては最後となるiOS向けのゲーム」がすでに完成しており,それをもってモバイル向けのゲーム開発は終了。DOOM III BFG Editionのリリース後,同社の開発スタッフのほぼ全員がDOOM 4に投入されることになるとカーマック氏は語る。

DOOM 4

 興味深いのは,基調講演の長い時間を使ってカーマック氏が「Oculus Rift」を熱く語っていることだ。2012年8月2日に掲載した記事でもお伝えしたように,Oculus Riftはクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で発表された新しいヘッドマウントディスプレイで,カーマック氏は「2012年は,バーチャルリアリティが復活した年として記憶されるはず」と語る。 Oculus Riftは,QuakeCon 2012でもデモが行われており,すでにDOOM III BFG Editionの対応が明らかになっている。カーマック氏がしゃべり続けるだけ(もちろんすべて英語)というムービーだが,id Softwareに興味のある人は見てほしい。
  • 関連タイトル:

    DOOM 4

  • 関連タイトル:

    DOOM 3 BFG Edition

  • 関連タイトル:

    DOOM3 BFG Edition

  • 関連タイトル:

    DOOM3 BFG Edition

  • 関連タイトル:

    RAGE 日本語版

  • 関連タイトル:

    Rage

  • 関連タイトル:

    Rage

  • 関連タイトル:

    Rift

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2015/05/19)
DOOM 3:Resurrection of Evil 日本語マニュアル付英語版
amazon
Software
発売日:2005-04-05


4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月15日〜11月16日