オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ゲーマー向け“片手用フルキーボード”「Warrior Xxtreme」が2008年2月発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/12/25 21:15

ニュース

ゲーマー向け“片手用フルキーボード”「Warrior Xxtreme」が2008年2月発売

 ゼネラルオートサービスは,Wolfking製左手用キーパッド「Wolfking Warrior」の上位モデルとして,「Wolfking Warrior Xxtreme」を発表した。非常に特殊な製品なのだが,まずはそのイメージを見てもらえればと思う。

左右でキーがダブっているのがポイント。記事タイトルではフルキーボードとしたが,よく見ると,いくつか機能系のキーが省略されていそうな気配である。「ほぼフルキーボード」といったところ
Wolfking

 4Gamerのレビュー記事でWolfking Warriorを知っていた人なら,おそらく「Wolfking Warriorをベースにした変則的な両手用キーボード」と思うだろう。正直,筆者もそう思ったのだが,これはあくまで左手用キーパッドとのことだ。

 もう少し細かく見てみると,FPSで使われることが想定される[W/A/S/D]キーを中心に配置された本体左側は,ほとんどWolfking Warriorそのまま。同製品からマルチメディアキーを除いた52キーが,Wolfking Warriorとまったく同じ配列で並んでいる。
 なら右側は何なのかというと,ここには「右手でマウスを握りながら,左手一本でテキストチャットを行うためのキー」,計47個が用意されている。乱暴にまとめるなら,英語キーボードを中央で割って,“左側を上,右側を下”に配置し直し,さらに余ったスペースへ方向キーやエンターキーなど必要そうなものを押し込んだ,といったところか。右側を使いこなすには,相当慣れないといけないような気がするが,意地でもマウスから手は離したくないという人にはアリなのかもしれない。

 Wolfking Warrior Xxtremeは2008年2月20日発売予定。価格は9429円(税込)とかなりお高めで,人を選ぶのは間違いないが,左手用キーパッドを探している人,そしてキワモノ系デバイスが好きな人は,その名と発売日を憶えておくのも悪くないだろう。なお,このほか主な特徴は以下のとおりだ。

  • メンブレンスイッチ搭載
  • USBクラスドライバで動作し,ドライバのインストール作業不要
  • ワイヤードタイプ。USBポート×2のハブ機能搭載
  • キーボード表面はピアノブラック塗装。側面はマットラバー加工済み
  • オン/オフ可能な青色LEDバックライト内蔵
  • 本体中央上部にマルチメディアキーを搭載
  • 1年間の代理店保証付き
  • 関連タイトル:

    Wolfking

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月25日〜04月26日