オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Fable II公式サイトへ
読者の評価
77
投稿数:15
レビューを投稿する
海外での評価
90
Powered by metacritic
Fable II
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC07#18]Peter Molyneux氏が語る「Fable 2」の新要素。三つの「愛」でプレイヤーの心に残る作品に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/03/09 19:00

ニュース

[GDC07#18]Peter Molyneux氏が語る「Fable 2」の新要素。三つの「愛」でプレイヤーの心に残る作品に

 「ポピュラス」「Dungeon Keeper」「Black & White」など,その都度革新的な試みを多く盛り込み,個性的なゲームを世に送り出してきたPeter Molyneux氏。そんな彼の新作RPG「Fable 2」に関するセッションが,3月8日(現地時間)にGDCの会場で行われた。「Innovations in Fable 2」というタイトルのセッションで,Fable 2に実装される,いままでにない要素をMolyneux氏が紹介するという内容だ。
 Fable 2は,箱庭的世界を冒険する自由度をウリにしたアクションRPG「Fable」(邦題:フェイブル)の続編。武器,衣装,モンスターの追加や世界の拡張といった,続編として当然の要素はしっかり抑えられているという本作だが,Molyneux氏は,Fable 2をゲーマーの心に残る作品にしたいと考え,「愛」というテーマにスポットを当てた要素を追加することにしたのだという。



 Molyneux氏が語るには,「愛」は三つの要素で構成されており,その一つ目に挙げたのが「家族愛」である。本作でのプレイヤーは,ゲーム内で結婚,出産ができ,家族を持てるようになるのだという。
 二つ目は「世界に対する愛情」。これは,プレイヤーが守りたくなってくるようなゲーム内世界を構築するという話で,ゲームをクリアをするためにいやいやクエストを引き受けるような状態にするのではなく,プレイヤーの行動に適切な反応をする世界を作り上げ,プレイヤーが愛情を感じられるようにするとのことであった。

 「愛」をテーマにした要素の中でもっとも特徴的なのは,氏が三つ目に挙げた「動物への愛情」という要素だろう。Fable 2では,プレイヤーがゲーム内で犬を飼えるようになるとのことで,その犬と一緒に冒険を繰り広げていくようになると,Molyneux氏は語る。 この犬は,従来のゲームのペットのようなオマケ要素ではなく,かなりプレイヤーに親密な存在。まだ詳しい作り込みは行われていないという話だが,冒険をしていく上で,犬は非常に有意義な,あるいは欠かせない存在になるとのこと。
  Molyneux氏が見せてくれたデモプレイでは,氏が操作する男性キャラクターが犬に対して威嚇を行うと,犬が体全体でおびえている様子を表現していたり,プレイヤーが投げたボールをうれしそうに取りに行き,ボールを咥えてしっぽを振りながら戻ってくるなどの場面が紹介されたのが印象的。このデモプレイのバージョンでは,とりあえず犬という要素を入れただけであり,氏曰く「グラフィックスのクオリティなども含めてまだまだ未完成」との話であったが,犬の表情や動きなどにはリアリティがあり,犬好きプレイヤー(?)の心を鷲づかみにするには,すでに十分なレベルであるような感触すらある。
 このデモプレイで,筆者個人がとくに犬に対して「キュン」ときた場面は,プレイヤーのために一緒に戦ったあとで怪我をしてしまい,足を引きずりながら戻ってきたシーンだ。Molyneux氏のデモプレイでは,そこで走れなくなった犬をそのまま置いて遠くへ逃げてしまったのだが,それでも主人の元へ向かってひたすらに歩いて行くという姿は何か心打たれるものが。とくに犬は好きではないという人も,これには「愛」を感じてしまいそうだ。
 犬は,索敵,戦闘補助,道案内(ミニマップ)など,さまざまなな冒険の補助をしてくれるほか,ゲーム内にあるパズルを解く鍵になることや,犬と遊ぶミニゲームも用意されるという話。さらに犬は,プレイヤーの育て方/接し方によって違った成長をしていくらしく,そこの作り込みいかんによっては,氏の「Black & White」のときのように,ゲームの進行とは別にひたすら犬と戯れるというプレイヤーも続出しそうな気配である。



 また「愛」に関する講演のあと,もう一つの本作の特徴として挙げたのが,ゲーム内にでてくるあらゆるものが売買の対象になるというシステムである。それこそ,石畳の道を構成している石からダンジョン,家,お城までなんでも取り引きが可能だというから凄い。これがシングルRPGである本作にどう影響してくるのかはやや疑問だが,とりあえずお金さえ貯めれば城主にもなれるなど,前作では表現しきれなかった感のある「自由度」を,さらに突き詰める方向性なのかもしれない。

 最後にMolyneux氏は,現段階では明かせないが,まだ隠してある驚くべき要素がある,と述べた。ヒントとして「私の友達になり,Fable 2をプレイしていれば,私の犬に会えるでしょう」と語っていたことから,オンライン機能を使う可能性が高そう。気になるところではあるが,このあたりは続報を待ちたいところ。

 ちなみに本作は,現在Xbox360版の発売が発表されているのみで,PC版発売はアナウンスされていない。とはいえ,Molyneux氏が率いるLionhead StudiosはMicrosoft傘下のデベロッパ。前作がPCでも発売されていたことなどを考えると,本作のPC版が出る可能性は,決して低くはないだろう。ゲームの続報と共に,PC版発売のニュースにも期待したいところだ。(noguchi)

  • 関連タイトル:

    Fable II

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月24日〜08月25日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月