オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Logitech G,第2世代Pro-Gドライバー採用の新型ヘッドセット「PRO X」を発表。マイクの音声にリアルタイムエフェクトをかけられる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/07/09 16:26

ニュース

Logitech G,第2世代Pro-Gドライバー採用の新型ヘッドセット「PRO X」を発表。マイクの音声にリアルタイムエフェクトをかけられる

 北米時間2019年7月9日,Logitech International(日本ではロジクール,以下 Logitech)のゲーマー向け製品ブランドであるLogitech G(日本ではLogicool G)は,ゲーマー向けヘッドセットの新製品「PRO X Gaming Headset」(以下,PRO X)と「PRO Gaming Headset」(以下,PRO)の2019年モデルを7月中に世界市場で発売すると発表した。
 アナログ接続型のPROがベースモデルで,それにLogitech G独自のUSBサウンドデバイスや交換用イヤーパッドを付属させたのがPRO Xだ。北米市場におけるメーカー想定売価はPRO Xが129.99ドル(税別,約1万4100円),PROは99.99ドル(税別,約1万900円)となっている。

PRO Xのヘッドセット本体。ヘッドセット自体はPROも同じで,付属品に違いがある
画像(002)Logitech G,第2世代Pro-Gドライバー採用の新型ヘッドセット「PRO X」を発表。マイクの音声にリアルタイムエフェクトをかけられる

 PRO Xおよび新しいPROヘッドセットは,2018年8月に国内発売となった「PRO Gaming Headset」をベースにしつつ,抜本的な改良を行った製品だ。
 外観は2018年モデルのイメージを残してはいるものの,エンクロージャ側面にはLogitech Gのロゴが刻まれた金属のプレートを貼り付けているほか,ヘッドバンドとエンクロージャをつなぐフォークの部分にアルミニウム合金製の素材を採用するなど,高級なオーディオ向けヘッドフォンを思わせるデザインに変わっている。
 PROは合皮素材のイヤーパッドが1セット付属するだけであるが,PRO Xには合皮素材に加えて布素材のイヤーパッドも1セット添付するそうだ。

画像(003)Logitech G,第2世代Pro-Gドライバー採用の新型ヘッドセット「PRO X」を発表。マイクの音声にリアルタイムエフェクトをかけられる
 ヘッドセット内部における大きな特徴は,内蔵するスピーカードライバーを「G933s 7.1 LIGHTSYNC Wireless Gaming Headset」(以下,G933s)と同じ50mm径の第2世代「Pro-G」ドライバーに変更したことにある。第2世代Pro-Gドライバーは4Gamerのレビューでも高評価を与えていただけに,音質には期待が持てそうだ。

PRO X付属のUSBサウンドデバイス
画像(006)Logitech G,第2世代Pro-Gドライバー採用の新型ヘッドセット「PRO X」を発表。マイクの音声にリアルタイムエフェクトをかけられる
 PRO Xのみの特徴となるが,同製品付属のUSBサウンドデバイスには,2つのポイントがある。まず1つは,「DTS Headphone:X 2.0」ベースのバーチャルサラウンドサウンド再生機能を備えること。もう1つは,Logitechが2018年に買収した米国の高級マイクメーカーである米Blue Microphonesの技術を用いたソフトウェアベースの機能「Blue VO!CE」(ブルー ボイス)という機能を備えることだ。

画像(004)Logitech G,第2世代Pro-Gドライバー採用の新型ヘッドセット「PRO X」を発表。マイクの音声にリアルタイムエフェクトをかけられる
 Blue VO!CEは,マイク入力から取り込んだ声に対して,リアルタイムで各種エフェクトをかける機能である。豊富に用意されたプリセットを選ぶだけで,自分の声からノイズを低減したり低域や高域を強調したり,ラジオから聞こえるDJの声に似たエフェクトをかけるといったことが可能となる。
 好みに合わせて,エフェクトを細かくカスタマイズすることも可能だ。

Blue VO!CEの設定画面。プリセットを指定して声にエフェクトをかけるだけでなく,自分で細かくエフェクトをカスタマイズすることも可能だ
画像(005)Logitech G,第2世代Pro-Gドライバー採用の新型ヘッドセット「PRO X」を発表。マイクの音声にリアルタイムエフェクトをかけられる

 Blue VO!CEの機能は,Logitech G製品向け統合設定ソフトである「Logitech G HUB」(以下,G HUB)に統合されている。さらにPRO Xの場合,G HUBに組み込まれたヘッドフォンのイコライザ機能を利用して,プロゲーマーやほかのユーザーが作成したイコライザのプロファイルを,自分のPCに取り込んで利用したり,逆に自分のプロファイルをアップロードしたりもできるとのことだ。

 Logitech G製ヘッドセットの通例どおりなら,遠からず国内販売も行われると期待できるので,新PROシリーズに興味を惹かれた人は発表を待とう。

●表1 PRO XおよびPROの主なスペック
PRO X PRO
基本仕様 USB,アナログ接続両対応タイプ,密閉型エンクロージャ採用 アナログ接続タイプ,密閉型エンクロージャ採用
公称本体サイズ 195(W)×94(D)×138(H)mm
公称本体重量 約320g(※ケーブル含まず)
公称ケーブル長 約2m(4極3.5mmミニピン,インラインリモコン付き),約1.5m(4極3.5mmミニピン,インラインマイク付き)
接続インタフェース USB,4極3.5mmミニピン×1,3極3.5mmミニピン×1 4極3.5mmミニピン×1,3極3.5mmミニピン×2
搭載ボタン/スイッチ インラインリモコン付きケーブル:マイクミュートスイッチ,音量調整ダイヤル
インラインマイク付きケーブル:マイクミュートボタン
主な付属品 USBサウンドデバイス,布製イヤーパッド,ブームマイク,インラインリモコン付きケーブル,インラインマイク付きケーブル,3極3.5mmミニピン分岐ケーブルなど ブームマイク,インラインリモコン付きケーブル,インラインマイク付きケーブル,3極3.5mmミニピン分岐ケーブルなど
対応ハードウェア PC,PS4,Xbox One,Switch,アナログ接続対応モバイルデバイスなど
保証期間 2年間
価格 129.99ドル(税別) 99.99ドル(税別)
ヘッドフォン部
周波数特性 20Hz〜22kHz
インピーダンス 39Ω
出力音圧レベル 91.7dB(SPL/mW)
スピーカードライバー Pro-G 50mm
マイク部
方式 コンデンサ型
周波数特性 100Hz〜10kHz
感度 未公開
インピーダンス 未公開
S/N比 未公開
指向性 単一指向性(カージオイド)
ノイズキャンセリング機能 あり 未公開

Logitech Gの当該プレスリリース(英語)

ロジクールG 公式Webサイト


  • 関連タイトル:

    Logitech G/Logicool G

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日