オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
真・女神転生IMAGINE公式サイトへ
読者の評価
59
投稿数:120
レビューを投稿する
準備中
真・女神転生IMAGINE
連載「悪魔が来たりてコンゴトモヨロシク」
二周年記念特設ページ
「チェインオブカース」特設ページ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/12/18 21:29

プレイレポート

「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介

画像集#001のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
 コンシューマ用ゲームとして人気を博した「真・女神転生」シリーズを原作とする,MMORPG「女神転生IMAGINE」(以下,IMAGINE)。日本国内で開発されているタイトルということもあり,かなり早いペースでのアップデートが行われている本作だが,12月20日には,「3心合体」やクランレベルの実装,エピソード Act.13の導入など,ゲーム性をより豊かにする大型アップデートが行われるという。
 今回4Gamerでは,本作の開発元であるケイブにお邪魔して,それらの内容をテストサーバー上で確認させてもらった。ケイブ オンラインサービス部 IMAGINEプロジェクト開発マネージャーの寺本雅裕氏に,アップデート内容の解説を受けながらの取材となったので,内容の正確さ/密度は保証済みだ。本作のプレイヤーは,次期大規模アップデートを予習するという意味合いを込めて,本稿に目を通してほしい。


三つの心が一つになるとき

より強大な仲魔が生まれる


画像集#002のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
3心合体のテストプレイには,メールマガジンや「カタン・セレクション」でお馴染みの,GMカタン氏も協力してくれた
 まずは,新たなフィーチャーである「3心合体」について紹介していこう。まず,旧来からの女神転生シリーズのファンならば,「3心じゃなくて3身じゃないの?」と思ったかもしれないが,これは書き間違いではない。IMAGINEでのサンシンガッタイは,従来の女神転生シリーズのそれとは,名称だけでなく,システムそのものも変化しているのだ。
 3心合体のシステムとは,パーティを組んだ3人のプレイヤーが1体ずつ仲魔を提供し,合体して1体の仲魔を生み出すというもの。しかし,誕生した仲魔を手に入れられるのは,そのときの「HOST」(3心合体を開始した人)だけで,残りの2人が提供した仲魔は(合体が成功すれば)もちろん消滅する。MMORPGならではの悪魔合体システムといえるが,少々ハードルが高いと感じる仕様でもある。

 もちろん,3心合体の協力者2名(GUEST)に,メリットがまったくないわけではなく,HOSTから報酬が支払われる。報酬は,特定のアイテムやマッカが指定されているわけではなく,HOSTが自由に決められる仕組みだ。
 また,実際に確認できたわけではないが,寺本氏の話によると,HOSTが用意した報酬のほかにも,ランダムで「素材悪魔に関係する何か」が手に入ることがあるという。

画像集#003のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
ついにロキが登場。力と魔力の高さは,さすが「魔王」といったところか。レベルアップで習得するスキルの内容が気になる
画像集#004のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
「オーディン」の愛馬としても有名な「スレイプニル」。騎乗はできるようになるのだろうか?

画像集#005のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
大規模アップデートの内容を分かりやすく解説してくれた,ケイブ オンラインサービス部 IMAGINEプロジェクト開発マネージャーの寺本雅裕氏
 ある意味,プレイヤー対プレイヤーの交渉術が要求されそうな3心合体だが,その利用価値は極めて高い。単純に3体の仲魔を合体させるわけだから,生み出した仲魔が継承するスキルの総数はかなりの数になるし,「魔神」や「破壊神」といったシリーズでおなじみの「超特級」の悪魔達は,3心合体による特定の悪魔の組み合わせでしか誕生しないという。新たな合体法則や特定の組み合わせを探す楽しみも,より大きなものになりそうだ。

 プレイヤー同士のコミュニケーションが楽しめるMMORPGならではの要素が凝縮したような試みではあるが,ロンリーウルフなソロプレイヤーの中には,3心合体に協力してくれる仲間が見つけられなかったり,報酬などの交渉でトラブルが発生するのではないのかと心配する人もいるかもしれない。
 しかし寺本氏によると,「もちろん,3心合体をスムースに楽しむためのシステムを開発中です」とのことなので,いずれは誰もが気軽に楽しめる悪魔合体システムになりそうだ。仲間にした悪魔を合体させ,より強力な仲魔を作り出すという,メガテンシリーズならではの魅力を拡張するシステムであるだけに,今後の展開にも注目していきたい。


仲間と共に育て,強めていく絆


画像集#006のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
 次に,クランシステムの拡張で実装されるクランレベルについて紹介しよう。これはクランメンバーの個々人が所持する「クランポイント」の合計に応じて,クランのレベルが上がっていくというシステムだ。クランポイントは継続的にゲームにログインしたり,プレイヤーキャラクターのレベルが上がったりすると加算されていく。将来的には「クランクエスト」と呼ばれるクエストをこなすことによって,ポイントを獲得できるシステムも実装されるとのことだ。
 なお,継続的なログインによって獲得できるクランポイントは,クラン加入後でないと獲得できないが,レベルによって獲得できるクランポイントは,クランに加入しなくても貯まっていくので,高レベルのプレイヤーキャラクターがクランに加入すれば,それだけでクランレベルが上がることもあるだろう。

画像集#007のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
エンブレムを作れば,クランにより愛着を抱ける。当分はエンブレム作成を目標に頑張ってみるといいだろう
 クランレベルが上がると,クランメンバー全員にメリットが与えられる。レベル1ではダンスエモーションを習得,レベル2では経験値とエキスパートポイントの獲得量が5%アップ,レベル3ではHP/MPの最大値や運が1上昇するうえ,クランエンブレムの作成が可能になる……といった具合だ。
 なかでもとくに気になる「エンブレムの作成」は,大きく分けて「シンボル」と「ベース」という二つ要素を組み合わせて行い,カラーリングや背景デザインなども設定可能だ。
 完成したエンブレムはクラン名の横に表示される。エンブレムはクランマスターを通じていつでも編集可能なので,最初のデザインで深く悩む必要はなさそうだ。

 なお寺本氏の話では,エンブレムのシンボルとベースは随時追加されていく予定だという。いずれは,レベルの高いクランしか使えないような,特別なエンブレムデザインを追加したい,という構想もあるようだ。

 ちなみに,クランメンバーが抜けた場合,そのメンバーが所有していたクランポイントも消滅してしまう。クランポイントの状況によっては,メンバーの脱退でクランのレベルダウンもあり得るようだ。
 そういった事態を避けるためにも,クランマスターは,これまで以上にクランの運営/管理をしっかりと行う必要があるだろう。クランの雰囲気作りのために,そして豊富なクランスキルの獲得のために,メンバー全員でクラン活動を盛り上げていきたいところである。

メンバーのレベルが高ければ,クランを作った時点でいきなりレベル3に。高レベルプレイヤーキャラクター中心のクランなら,アップデート直後に多くのクランスキル効果が得られそうだ
画像集#008のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介 画像集#009のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介


秩序と混沌,その分かたれし道


画像集#010のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
 最後に,次期大型アップデートで追加される新エピソード,Act.13について紹介しよう。前回のエピソードでは,セツとアズラの出生が明らかになり,ますますの盛り上がりを見せている本作のストーリー展開だが,今回のAct.13も,なかなか興味深い物語が味わえそうだ。

 ネタバレになってしまうのであまり詳しいことは書けないが,今回,プレイヤーはLAWの「メシア教団」と,CHAOSの「ガイア教団」の,どちらかの使者になることを選択しなければならず,どちらかを選択した時点で,Act.13の展開が大きく変わる。一つのキャラクターでは,一方のルートしか体験できないようなので,慎重に選択しよう。
 また,このエピソードでは,小さいながらも新たなマップが追加されるほか,今まで中に入れなかった,「カテドラル」と「風雲城」にも入れるとのこと。

ユダと道灌,同じ老人でも随分と印象が違う。彼らの精神世界にも,その性格の違いが良く現れているようだ
画像集#011のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介 画像集#012のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介

 エピソードを進めていくと,「LAWルート」を選んでいれば,カテドラルでメシア教の大司教“勤勉なるユダ”に,「CHAOSルート」を選んでいれば,風雲城でガイア教団の大僧正“剛毅なる道灌”に会い,プレイヤーは彼らの精神世界へと赴くことになる。
 ユダの精神世界では「ウリエル」,道濯の精神世界では「スルト」が出現するそうなのだが……そこから先は,プレイヤー自身の目で確かめてほしい。

精神世界で遭遇する大天使「ウリエル」と,魔王「スルト」。これほど強大な力を持つ「悪魔」が出現するとなると,攻略も一筋縄ではいかないだろう
画像集#013のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介 画像集#014のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介


2008年のIMAGINEはどう変わる?


画像集#015のサムネイル/「女神転生IMAGINE」,12月20日に導入される大型アップデートの見どころを紹介
寺本氏の言う「あっと驚くような展開」とは,一体なんなのだろう。2008年の女神転生IMAGINEからも,目が離せそうにない
 毎度のことながら,今回も興味深いアップデートでプレイヤーを楽しませてくれそうなIMAGINEだが,プレイヤーとしては来年以降の展開にも興味津々だろう。
 寺本氏によると,来年1月には,仲魔に乗れるようになる「騎乗システム」が実装されるほか,詳しくは書けないのだが「戦闘以外の要素」も充実させていきたいとのこと。もちろん,新マップや新たな悪魔なども適時導入される予定だし,もしかしたら,来年夏頃にはあっと驚くような展開があるかも……ともいっていた。うーん,気になるなぁ。
 ともあれ,今後もIMAGINEの世界は,どんどん広く,深くなっていきそうだ。12月20日のアップデートが無事に完了することを祈りつつ,さらなる新情報の公開にも期待したい。

  • 関連タイトル:

    真・女神転生IMAGINE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月24日〜11月25日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月