オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ブリッツクリーグ2 日本語版公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
75
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ズー,WWIIストラテジー「ブリッツクリーグ2 日本語版」を6月23日に発売
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2006/05/19 16:30

ニュース

ズー,WWIIストラテジー「ブリッツクリーグ2 日本語版」を6月23日に発売

 ズーは,「ブリッツクリーグ2 日本語版」(原題 Blitzkrieg II)を,6月23日に発売する。価格は8190円(税込)。

 本作は,2003年11月に発売されて人気を博した,第二次世界大戦ストラテジー「ブリッツクリーグ」の続編で,アメリカ軍,ドイツ軍,そしてソ連軍のいずれかを指揮し,フィリピン,硫黄島,トブルク,モスクワ,スターリングラード,アルデンヌなどで展開した,歴史に残る戦いの数々に挑むという内容。合計68ものキャンペーンミッションが収録されているほか,新たに「援軍要請システム」が採用されている。
 これは,プレイヤーが,歩兵,戦車,航空機などの援軍部隊の出動を要請できるシステム。援軍部隊のユニットは,戦闘を繰り返して経験を積むことによって“スキル”を取得し,戦闘能力などが向上する仕組みになっている。援軍を要請できる回数は限られているので,どのタイミングで実行するかによって,その後の状況がさまざまに変化するわけだ。ミリタリーRTSによくある「偵察機要請」「砲撃要請」などよりも,さらに踏み込んだものと考えてもいいだろう。



 また,LANやインターネットを介して8人までのプレイヤーが参加できるマルチプレイモードを搭載しており,対戦成績によってプレイヤーの「レベル」と「階級」が上下する「ラダーゲーム」というゲームモードが,新たに追加されている。

 援軍要請システムやラダーゲームの採用に加えて,ユニットの数も増え,250種類に及ぶ兵器と,60種類の歩兵が登場するとのことで,シングルプレイ,マルチプレイ共に,その面白さがアップしているといえそうだ。
 前作のファンだが,続編は英語版しかなかったので手が出なかったという人は,ぜひ注目してほしい。

 すでにデモ版(英語版)がリリースされており,当サイトでも紹介済みだ。日本語版の発売日を指折り数えつつ,遊んでみてはいかがだろうか。(山)

  • 関連タイトル:

    ブリッツクリーグ2 日本語版

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月