オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Diablo III公式サイトへ
読者の評価
67
投稿数:73
レビューを投稿する
海外での評価
89
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
マフィア梶田の二次元が来い!:第108回「バーバリアンに転職したいマフィアのハック&スラッシュ依存症」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/05/18 19:44

連載

マフィア梶田の二次元が来い!:第108回「バーバリアンに転職したいマフィアのハック&スラッシュ依存症」


「刀語」の“鑢七花”役や「妖狐×僕SS」の“反ノ塚連勝”役でお馴染みの声優・細谷佳正さんとパシャリ。スタイリッシュなイケメンなのにピュアな感性をお持ちで,私男だけど興奮しちゃう……
 突然ですが,明日から上海へ行ってまいります。仕事なんですけど,とりあえず呼ばれたものの,現時点で何をすればいいのかまったく聞いておりません。人生,いきあたりバッタリだから楽しいよね。
 そもそも,海外赴任の多かった親父の仕事の都合で上海でオンギャーと生まれ,中学卒業までは向こうの日本人学校に通い,日本と中国を頻繁に行き来していた俺にとっては里帰りみたいなもんです。俺が帰国子女だって言っても誰も信じてくれないのはなんでや! 顔は関係ないやろ!

 とはいえ随分と久しぶりなので,今では上海の街並みも,俺が暮らしていた頃に比べると大きく変化しているんでしょうな。もしかして「鬼哭街」みたいな感じになってる? サイボーグマフィアとか,電磁発勁を使う殺し屋とかが跳梁跋扈してるのかな? マジ怖いです……。あ,でも幼女型ガイノイドは欲しいです。お土産として売ってないですかね。そこんとこ,どうなんですかね虚淵老大!!



 RADIO 4Gamerの第111回では,前回に引き続き「デリしこ!」の模様をお届け。しこりん(岡本信彦さん)やラジガメスタッフの協力により掃除は終わったので,お便りを読んでから2人でツイスターゲームをしました。なんだこのラジオ(驚愕)。
 2週続けて濃厚な内容になってしまいましたが,次回からはいつもの超正統派大人気ゲーム番組に戻るので,ノーマルの方々もご安心ください。




Diablo III
 おいおい原稿なんか書いてる場合じゃねぇよ! だって「Diablo III」が発売されたんだぜ!? 止めるんじゃねぇ! 俺はバーバリアンに転職するんだ! これからは悪魔共をぶっ殺して手に入れたレアアイテムで生計を立てるんだよ!! クソみてぇなリアルにサヨナラバイバイだぜヒャッハーーーーーーー!!!!!! 
……ごめんなさい。ちゃんと仕事します。ゲームライターらしく原稿書きます。ちょっとテンションが高まりすぎたんです。本心じゃないんです。ライターはやめません。やめませんからね。干さないでッ! 「Diablo III」も仕事の一貫としてプレイしているんです! ちゃんと連載に活かすから(後付け)!

 はい,というわけで「Diablo III」の話。伝説的タイトルの最新作ということで今さら説明するまでもないんですが……マジで面白いんですよこれが。以前にも連載で語ったと思うんですが,俺はずっと「Diablo」シリーズに興味津々だったものの,タイミングを逃してプレイしたことがなかったんです。だから,本作からのデビューになるんですが……さすがハック&スラッシュの王様やね。

Diablo III

 敵を倒しながらダンジョンを突き進み,ボスの待ち構える部屋を目指すという非常にオーソドックスなゲームデザインなのに,まったく飽きが来ない。同じクラスでも,スキル構成次第で戦い方がまったく違ってくるというカスタマイズ性の豊かさが,プレイをマンネリ化させないんですよ。レベルアップするたび,スキル同士のシナジー(相乗効果)を考えてビルドを組んでいくのが楽しくてたまらないです。
 ソロプレイでも十分に楽しいのですが,やはりMORPGの醍醐味といえば協力プレイ。さまざまなクラスのスキルが乱れ飛ぶ戦闘は大迫力かつ歯応え満点です。敵の強さはパーティメンバーの人数に合わせて変化するので,常に適度な緊張感が保てるのが素晴らしいですわ。

Diablo III
 しかし何と言っても,この手のゲームにおける最大の楽しみといえば,アイテム漁りですよ。ランダムに特殊効果が付加された魅惑的な装備品の数々は,プレイヤーを果てしなき欲望の世界へと誘います。青ネーム(マジック)や黄ネーム(レア)のアイテムを発見するたび,興奮のあまり全身の血流が速くなるかのようなこの感覚……一度味わったら病み付きですね。今この瞬間,もし神に「『Diablo III』やめますか? それとも人間やめますか?」と問われたら,俺は間違いなく人間をやめることを選んでしまう。そのくらい依存性の高い,甘美な猛毒ですよ。

Diablo III
 しかもタチの悪いことに,本作は周回プレイを重ねて難度が上がるたびに,ドロップするアイテムの性能が上昇するんです。ぶっちゃけ,最初にプレイすることになるNormalはチュートリアルにすぎず,その次のNightmareからが本番といっても過言ではない。さらにさらに,その上にはHellとInfernoが控えていて……ンモー! 廃人にする気か! 俺はすでに回し車の中で走り続けるハムスターだよ!

 ごめんな,しこりん,ラジガメのみんな……せっかく掃除してもらった部屋が……もうすぐ毒液の詰まったペットボトルで埋まってしまいそうだよ(とてもいい笑顔)。そうすることで邪悪なるディアブロを打ち倒し,世界を救えるというのなら……俺は喜んでボトラーという罪の王冠をいただこう!! さぁみんな,剣を取れ! 共に悪魔の陰謀を阻止するのだ! 俺達がヒーローだ! フヒヒヒヒヒヒヒ!!!!

  • 関連タイトル:

    Diablo III

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/01/24)
Diablo III (輸入版)
Book
発売日:2012-05-15
価格:4060円(Amazon)
amazonで買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日