※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2019
号外No.3
東京ゲームショウまとめ読み!9月13日〜15日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
プロゲーマーの第一人者は今のeスポーツに何を思う
ウメハラ氏インタビュー
観覧者が殺到したステージイベントをレポート
さらなる新要素が明らかに
「DEATH STRANDING」
召喚獣はすぐに帰らない
「FINAL FANTASY VII REMAKE」
TGSに集結した海外タイトル
The Outer World
Vampire: The Masquerade -
Bloodlines 2
ダンジョンマンチーズ
期待のスマホアプリプレイレポート
妖かしレストラン
ガール・カフェ・ガン
悪魔城ドラキュラ Grimoire of Souls
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ChinaJoy 2011

このページの最終更新日:2011/08/04 00:00

rss

ChinaJoy 2011
 中国最大のゲームショウ「ChinaJoy 2011」が上海新国際展覧中心で本日(7月28日)開幕した。かつてはゲームの展示会だけだったが,別会場での開発者会議やゲームビジネス会議,アウトソーシング会議などの関連イベントを併催していった結果,最近では世界でも有数の規模のゲームイベントに成長した。

 今年は,展示会場が1棟増えてB2Bブースが新設されるという規模拡大を行っており,市場の勢いを感じさせる展開となっている。これまでは立ち並ぶ展示会場のうちの3棟で展示,4棟めで物販やイベントなどが行われていた。1棟あたりの大きさは,幕張メッセの1棟よりも何割か広く,面積的には展示会部分だけで東京ゲームショウクラスのイベントになったといってよいだろう。
 本音をいうと,うるさいことこのうえないイベントなので,静かなB2Bブースができたのは,素直に喜ばしい。

 ChinaJoy 2011は7月31日までの4日間開催され,一般参加者の多さでも注目すべきイベントとなっている。出展されるのはほとんどがオンラインゲームであり,もちろん新作発表もされるが,現行サービスが行われているタイトルでのイベントなども多く行われる。むしろ,試遊機は少なめでイベントがメインだ。

ChinaJoy 2011 ChinaJoy 2011

 今年のChinaJoy全体を見ると,武侠系オンラインゲームが多めで,2Dや2.5Dゲームが非常に多い。それらに混じって意欲作も垣間見られるので,中国ゲーム業界の現在を感じられるような,傑作や怪作(?)などを紹介していきたい。中国産以外のゲームについても,最新情報が追えるものはレポートする予定なのでお楽しみに。


  • このページのURL:

キーワード

下線

[CJ 2011]お待ちかね,ChinaJoy会場から厳選した美女を取り揃えてコンパニオン写真集を掲載

[CJ 2011]お待ちかね,ChinaJoy会場から厳選した美女を取り揃えてコンパニオン写真集を掲載

 お待たせした。ChinaJoy 2011会場でみかけたコンパニオンの写真集+αをお届けしよう。過去最大規模で開催されたChinaJoy 2011は,コンパニオン数もおそらく過去最大を記録? しているかもしれない。その中から厳選した224枚+αを掲載し,さらに今回はオマケもつけてみたのでお楽しみに。

[2011/08/04 00:00]

[CJ 2011]エースコンバットオンライン!? と勘違いしそうな「DeadSix」最新プロモムービーを4GamerにUp

[CJ 2011]エースコンバットオンライン!? と勘違いしそうな「DeadSix」最新プロモムービーを4GamerにUp

 「ChinaJoy 2011」のB2Bエリアに,韓国の開発会社GPAXのブースが出展されていた。同社は,オンラインフライトシューティング「DeadSix」の開発元で,同作の中国での代理店を探すために,ブース出展を行っていたようだ。同ブースで流されていた「DeadSix」のプロモーションムービーを入手し,4GamerにUpしたので,その内容を確認してみよう。

[2011/08/03 15:22]

[CJ 2011]なぜペンギン? Snail Gameの新作「Penguin's War」はいろんなキャラで戦うイマドキのTPS

[CJ 2011]なぜペンギン? Snail Gameの新作「Penguin's War」はいろんなキャラで戦うイマドキのTPS

 Snail Gameの新作TPS「Penguin’s War」は,ペンギンをはじめとしたさまざまなキャラクターが登場するアクションシューティングゲームだ。カバーアクションを多用しての戦闘や豊富なゲームモードなど,イロモノ志向のゲームにしては結構本格的な内容となっている。

[2011/08/02 18:11]

[CJ 2011]多元宇宙でありとあらゆる世界を内包する「Infinite World」,可能性も無限?

[CJ 2011]多元宇宙でありとあらゆる世界を内包する「Infinite World」,可能性も無限?

 北京趣遊天際網絡技術はChinaJoyのB2Bブースで,同社初のタイトル「無限世界 − Infinite Worlds」を展示していた(実物展示ではないが)。さまざまな種類の世界を集めた「無限世界」で目指すものはなにか,「Perfect World」のプロデューサーでもあった同社CEOのCe Zeng氏から話を聞くことができたので,さっそく紹介したい。

[2011/08/01 19:02]

[CJ 2011]合体要素はまだ実装されないものの,CABALの市場を継ぐSF MMORPG「驚天動地II」がプレイアブル展示

[CJ 2011]合体要素はまだ実装されないものの,CABALの市場を継ぐSF MMORPG「驚天動地II」がプレイアブル展示

 ChinaJoy 2011会場のMOLIYO(摩力游)ブースでは,MMORPG「驚天動地II」がプレイアブル展示されていた。同社CEOの陳 友正氏から話を聞くこともできたので,同作の開発状況や中国での評判,今後のアップデート方針などについて紹介していこう。

[2011/08/01 15:40]

[CJ 2011]実写ドラマをそのままゲーム化? 麒麟遊戯のMMORPG「水滸伝」は,想像以上に大規模な作品だった

[CJ 2011]実写ドラマをそのままゲーム化? 麒麟遊戯のMMORPG「水滸伝」は,想像以上に大規模な作品だった

 ChinaJoy 2011に出展している麒麟遊戯のブースでもっとも目立っていたのは,MMORPG「水滸伝」の展示だった。同作は,中国の実写ドラマを原作とした2.5Dグラフィックスの新作MMORPGなのだが,原作ドラマとの大がかりな連係により,現地のゲーマーから注目を集めている。

[2011/08/01 00:00]

[CJ 2011]中国産MMORPGとしては“かなり頑張ってる”グラフィックス。完成度を増した「Myths & Heroes 3(天驕3)」がプレイアブル出展

[CJ 2011]中国産MMORPGとしては“かなり頑張ってる”グラフィックス。完成度を増した「Myths & Heroes 3(天驕3)」がプレイアブル出展

 3D MMORPG「Myths & Heroes 3(天驕3)」が,ChinaJoy 2011会場の光字遊戯ブースとObject Softwareブースで出展されていた。4GamerではChinaJoy 2007の取材時に初めて紹介した本作だが,4年の時を経て,どれほどの進化を遂げたのだろうか。さっそく紹介しよう。

[2011/08/01 00:00]

[CJ 2011]新クラス「Engineer」が発表された「FireFall」。開発元のRed 5 Studiosに日本展開などを聞いてみた

[CJ 2011]新クラス「Engineer」が発表された「FireFall」。開発元のRed 5 Studiosに日本展開などを聞いてみた

 元Blizzard Entertainmentの開発者が2005年に立ち上げたデベロッパRed 5 Studiosは,同社が2011年末にリリース予定の「FireFall」を,ChinaJoy 2011に出展している。本作の担当者に,FireFallの展開や,日本市場について聞いてきたので,その内容をお伝えしよう。

[2011/07/30 23:48]

[CJ 2011]「変形金剛Online」,Transformersを題材にしたMMORPG登場! 変形は当然として,合体もアリ?

[CJ 2011]「変形金剛Online」,Transformersを題材にしたMMORPG登場! 変形は当然として,合体もアリ?

 玩具に始まり,アニメに映画に展開する「Transfomers」だが,中国のNetDragonが開発している「変形金剛Online」は,そのTransfomersを題材にしたMMORPGだ。プレイヤーは,自分だけのロボットを作り上げて,宇宙人やほかのプレイヤーと戦っていくことになる。詳細についてはまだ秘密の部分が多いが,ゲームの概要についてChinaJoy会場で聞くことができた。

[2011/07/30 23:07]

[CJ 2011]ここまでやるか? ついに完成「九陰真経Online」。発表会での直撮りプレイムービーを掲載

[CJ 2011]ここまでやるか? ついに完成「九陰真経Online」。発表会での直撮りプレイムービーを掲載

 Snail gameの本格武侠MMORPG「九陰真経Online」がついに完成し,この夏からサービスが開始される。ChinaJoy 2011の会場では,発表会形式でゲームの特徴などが紹介されていた。というわけで,会場で上映されていたムービーを直撮りしてきたので,いくつか掲載した。ちょっと変わったこだわりがあちこちに見える本作は,果たしてどんなゲームに仕上がったか。

[2011/07/30 20:31]

[CJ 2011]流れるようなスキル発動と“DIY”が特徴。光宇遊戯の対人MMORPG「天魔伝説」を紹介

[CJ 2011]流れるようなスキル発動と“DIY”が特徴。光宇遊戯の対人MMORPG「天魔伝説」を紹介

 ChinaJoy 2011の光宇遊戯ブースに,「天魔伝説」というファンタジー風のMMORPGが出展されていた。本作は2.5Dタイプのグラフィックスが特徴的な,対人戦をメインコンテンツとするMMORPGで,流れるようなスキル発動や,キャラの個性を演出するための各種要素がウリとなっている。

[2011/07/30 15:25]

[CJ 2011]「聖闘士星矢 ONLINE」直撮りプロモムービーをアップ。ゲームの詳細は……いまだ不明

[CJ 2011]「聖闘士星矢 ONLINE」直撮りプロモムービーをアップ。ゲームの詳細は……いまだ不明

 ChinaJoy 2011会場の完美世界ブースでは,「聖闘士星矢 ONLINE」のプロモーションムービーが上映されていた。それを直撮りしたムービーを4Gamerに掲載したので,興味のある人はぜひチェックを。ゲームの詳細については現時点で不明だが,ムービーを見る限り,開発作業は確実に進んでいる模様である。

[2011/07/30 00:00]

[CJ 2011]グラフィックスに自信あり。自社製ゲームエンジンで次世代の表現に挑むMMORPG「夢境之城」

[CJ 2011]グラフィックスに自信あり。自社製ゲームエンジンで次世代の表現に挑むMMORPG「夢境之城」

 中国のデベロッパが開発するさまざまなオンラインゲームが出展されている「ChinaJoy 2011」会場。正直,技術の程度はまちまちといった印象だが,ときおりハイレベルなグラフィックスが目を引く作品が紹介されていたりする。自社製ゲームエンジンで次世代の表現に挑むMMORPG「夢境之城」も,そんなタイトルの一つだ。

[2011/07/29 15:12]

[CJ 2011]海外展開を前提にして作るとこうなる? MMORPG「War of Glory」に見る炎龍科技の方法論

[CJ 2011]海外展開を前提にして作るとこうなる? MMORPG「War of Glory」に見る炎龍科技の方法論

 ChinaJoy 2011の成都炎龍科技ブースでは,MMORPG「War of Glory」が展示されていた。もともとセキュリティ関連ツールの会社だったという同社の2作目となる本作は,海外進出を念頭に置いて開発された西洋ファンタジーもののMMORPGだ。今回,同社が開発にあたって取り入れている方法論がなかなか興味深かったので,ゲーム内容と合わせて紹介しよう。

[2011/07/29 14:02]

[CJ 2011]「Dungeon Keeper Online」は,MMORPGとRTSの二面性を持つオンラインゲームだった。NetDragonブースでプレイアブル出展

[CJ 2011]「Dungeon Keeper Online」は,MMORPGとRTSの二面性を持つオンラインゲームだった。NetDragonブースでプレイアブル出展

 MMORPG「Dungeon Keeper Online」に関する,NetDragon WebsoftとElectronic Artsとの契約締結が発表されたのは2008年のこと。ChinaJoy 2011のNetDragon Websoftブースで,ついに本作がプレイアブル出展された。MMORPGとなった「Dungeon Keeper」は,果たしてどんな作品なのか。さっそくその内容をレポートしよう。

[2011/07/29 00:00]

[CJ 2011]完美世界,MMORPG「ユグドラシル」の日本展開を発表。シーアンドシーメディアが2011年夏に正式サービス開始予定

[CJ 2011]完美世界,MMORPG「ユグドラシル」の日本展開を発表。シーアンドシーメディアが2011年夏に正式サービス開始予定

 完美世界は本日,上海で開催されているChinaJoy 2011会場で,同社のMMORPG「神鬼世界」の日本展開を発表した。日本版のタイトルは「ユグドラシル」となり,2011年夏にシーアンドシーメディアによって正式サービスが開始される予定だ。北欧神話ベースのMMORPGに興味がある人は,「ユグドラシル」というタイトルに注目しておこう。

[2011/07/28 21:14]

[CJ 2011]中国最大のゲームショウ「ChinaJoy 2011」が上海で開幕。ゲームの消費側から供給側へと変貌する,巨大市場の現在を見る

[CJ 2011]中国最大のゲームショウ「ChinaJoy 2011」が上海で開幕。ゲームの消費側から供給側へと変貌する,巨大市場の現在を見る

 中国最大のゲームショウ「ChinaJoy 2011」が,7月28日から31日までの4日間,上海新国際展覧中心で開催されている。ChinaJoyは,年々規模が拡張され,最近では世界でも有数のゲームショウに成長した。今年も現地から,中国ゲーム業界の現在が感じられるようなゲームを中心に紹介していく予定だ。もちろん,中国産以外のゲームの情報もお伝えするのでお楽しみに。

[2011/07/28 21:10]

「BLAZBLUE」,中国最大規模のゲームショウ「ChinaJoy 2011」に出展へ

[2011/07/26 15:17]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月14日〜09月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月