オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[CJ 2011]グラフィックスに自信あり。自社製ゲームエンジンで次世代の表現に挑むMMORPG「夢境之城」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/07/29 15:12

ニュース

[CJ 2011]グラフィックスに自信あり。自社製ゲームエンジンで次世代の表現に挑むMMORPG「夢境之城」

夢境之城

百遊のAndy Yu氏
 中国の百遊(BAIYOU)が制作するMMORPG「夢境之城」(City of Dream)は,数々のタイトルが並ぶ「ChinaJoy 2011」会場でも,ひときわグラフィックスの美しさが目を引く作品だ。
 最近の,いわゆる「次世代MMORPG」と呼ばれるゲームでは,例えば「TERA The Exiled Realm of Arborea」「Unreal Engine 3」「The Tower of AION」「CryENGINE」のように,実績のあるゲームエンジンをライセンスして制作する場合が多い。
 だがこの夢境之城では,百遊が独自開発したものが使われているという。

 今回のChinaJoy 2011から新たに設置された,B2Bブースで,百遊のLicensing G.M./Senior V.P.を務めるAndy Yu(以下,Yu)氏にゲームに関する話が聞けたので,紹介しよう。とりあえず,その前に本作のプロモーションムービーを見てほしい。

「夢境之城」公式サイト


 ムービーでも確認できるが,夢境之城は西洋ファンタジー風の世界が舞台だ。キャラクターのモーションやエフェクトなど,ちょっと気になるところはあるのだが,背景のグラフィックスはかなり見事だ。
 独自開発されたというゲームエンジンは「ATGEO」という名前で,夢境之城もこのATGEOが作り出す画面の美しさが最大のウリになっていると,Yu氏は語った。

夢境之城
夢境之城 夢境之城
夢境之城 夢境之城
夢境之城 夢境之城
夢境之城 夢境之城

 ともあれ,必要なスペックとしては,2009年頃に発売されていたミッドレンジのPCで十分にプレイできるとのこと。公式サイトの推奨環境には,CPUとしてPentium DもしくはAMDのデュアルコア以上が挙げられ,メインメモリは2GB以上となっている。

 ゲームの内容については,次のとおりだ。まず,プレイヤーキャラクターに特別な種族は用意されておらず,職業ごとに男女の見た目が設定されている。職業としては,公式サイトに「Warrior」(戦士),「Assassin」(刺客),「Magician」(魔法師),「Worship」(祭祀)の4種類が挙げられているが,会場ではそのほか,キャラクター作成画面に弓使いらしきキャラクターも登場しており,Yu氏によれば,やはり5種類とのこと。

夢境之城
「Warrior」(戦士)
夢境之城
「Assassin」(刺客)
夢境之城
「Magician」(魔法師)
夢境之城
「Worship」(祭祀)

 ゲームシステムとして「対人戦」や「生産システム」などといった,一般的なMMORPGに見られる要素は盛り込まれており,さらに,中国国内のプレイヤーのさまざまな意見を取り入れていく予定だ。また,各国のパブリッシャと意見の交換を行って,それぞれの地域で必要とされるシステムも取り入れていくという。

 対人戦について話を聞いたところ,「背景のグラフィックスが美しいので,気持ちよくPK(Player Killer/Killing)できます」とのこと。意味がちょっと分かりづらいのだが,中国では“PK”という言葉に対人戦(PvP)も含んでいるので,おそらくこちらのことを言いたかったのだろう。対人戦は,レベル10から可能になる。

 このほか,本作ではギルドが所有できる土地をかけての,ギルドvs.ギルド(GvG)戦が行え,そのためには,所有権を奪いたい側から「挑戦状」を送り,相手がそれを「受ける」必要があるという。なかなか受けてもらえないのではないかという気がするが,実はギルドにはレベルが設定されており,GvGを行わないとレベルが上がらない仕掛けだ。
 ギルドレベルが上がることでメンバーへのいろいろな強化効果が与えられ,また建設できる施設が増えるといったメリットもある。そのため,断り続けるわけにはいかないのだ。

夢境之城
夢境之城 夢境之城
夢境之城 夢境之城

 夢境之城は現在,中国でクローズドβテストを行っている段階だが,2011年中には日本でのサービスも行いたいとYu氏は言う。もっとも,パブリッシャはまだ決まっていないとのことで,具体的な話ではないのだが,Yu氏は日本だけでなく,さらに世界各国で本作を発表したいと語っていた。

 確かに最近の中国のデベロッパの作品は,技術面で進歩したものが増えてきたように思う。ただ,実際に本作を会場で見た印象を言うと,キャラクターメイキングの自由度など,あともう一歩と感じる部分も少なくはなかった。技術面だけでなく,そういった部分が,これからどのように進んでいくのか,今後も中国デベロッパの動向に注目したい。

夢境之城
夢境之城 夢境之城
夢境之城 夢境之城
  • 関連タイトル:

    夢境之城

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月18日〜01月19日