お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2022/12/05 08:00

インタビュー

[インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く

JOGAとの基本合意書にサインをしているフェサール王子
画像集 No.001のサムネイル画像 / [インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く
 世界がFIFAワールドカップで盛り上がり,日本がドイツを破った興奮冷めやらぬ11月25日,サウジアラビアのフェサール王子がサウジアラビアeスポーツ連盟(SEF)の代表として来日し,JOGA(日本オンラインゲーム協会)とMOU(基本合意書)を締結した。
 締結するという情報はその2日ほど前に聞いていたのだが,eスポーツ連盟がなぜJOGAと? SEFとJeSUは大変に分かりやすい提携だが,それがJOGAとなると,ちょっと話は異なる。なんの意図があって,どういう目的で結ばれたMOUなのだろうか。

画像集 No.010のサムネイル画像 / [インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く

 ここ1,2年,日本のみならず世界のゲーム業界において,サウジアラビア全体の注目度は確実に増してきており,そんな中でのMOU締結はその詳細が気になる。フェサール王子に,MOUについてのお話を聞く時間をいただけないかとアプローチしてみたところ,ご快諾いただけた。
 調印式が終わって次の場所に移動するまでのほんの10分ほどのインタビューではあるが,その様子をお伝えしよう。

関連記事

JOGAとサウジアラビアeスポーツ連盟がMOU(基本合意書)を締結ーーー両国のクリエイターが協力して,さまざまなIPを生み出せるようにしたい

JOGAとサウジアラビアeスポーツ連盟がMOU(基本合意書)を締結ーーー両国のクリエイターが協力して,さまざまなIPを生み出せるようにしたい

 投資や買収,eスポーツなど,ここ2,3年,ゲーム業界で大きな存在感を示しつつあるサウジアラビアが,JOGA(日本オンラインゲーム協会)とMOUを締結した。また一歩,日本とサウジアラビアの関係が強くなった印象だ。※13:30,プレスリリースを追加しました。

[2022/11/29 12:49]

His Royal Highness (HRH) Prince Faisal bin Bandar bin Sultan Al Saud,フェサール王子
画像集 No.002のサムネイル画像 / [インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く
4Gamer:
 お久しぶりでございます。本日は,わずか10分ほどの時間しかないにもかかわらずお時間をいただけて,本当にありがとうございます。

フェサール王子:
 古い友人ですからね(笑)。
 最初にお会いしたのは確かEVO Japanですが,実はそれが私の最初の「ゲーム関係の仕事の国際出張」だったんです。

4Gamer:
 え,そうなんですか? ちょっと意外です。

フェサール王子:
 サウジアラビアeスポーツ連盟の会長として,最初の訪問でした。

4Gamer:
 そうだったんですね。まさかあの来日がそんな重要な意味を持っていたとは……。
 そういえば,スポーツといえばワールドカップおめでとうございます!

※本インタビューが行われたのは2022年11月25日。24日には2−1で日本がドイツを,22日にはサウジアラビアも2−1でアルゼンチンを,それぞれ破っている

フェサール王子:
 そちらこそです!

4Gamer:
 いや本当にそうですね(笑)。お互い勝てて嬉しいです。

フェサール王子:
 サウジと日本の両国は,共に逆転勝利を見せましたが,たゆまぬ努力の結果だと思います。世界の人々は,アジアのサッカーの重要性について気付き始めたと思います。単にゲームの世界の話だけではなくて。

4Gamer:
 なるほど。確かに世界に対してアジアのサッカーを強くアピールできたと思います。

フェサール王子:
 予選のときは,サウジアラビアと日本が同じ組にいました。そして1位2位でワールドカップに進出しています。いまこそ世界の人々は,その予選グループがどれほど難しいものだったかと理解してくれたと思います(笑)。

※2022 FIFAワールドカップの予選は,各グループ上位2か国がワールドカップの出場権を獲得できる。サウジアラビアと日本はアジア予選のグループBで,そこで1,2位フィニッシュをした。(JFA

4Gamer:
 いやまったくそのとおりですよね。このあともお互い順調に勝てることを願っています。
 しかし……いつもサウジアラビアの動きには驚かされますが,今回はサウジアラビアeスポーツ連盟とJOGAがMOUを締結するとのことで,数日前に聞いてびっくりしました。この話は,どちらが持ち掛けた話なのでしょうか。

フェサール王子:
 我々は,たくさんの会社と多くの連携を作っています。今回JOGAとのMOUも,今回の旅でサインする数多くの契約の中の一つです。そしてそれらの契約の多くは,国家戦略の中で作られているものなのです。

画像集 No.004のサムネイル画像 / [インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く

4Gamer:
 国家戦略というのは,サウジアラビアの戦略ということですよね。

フェサール王子:
 そうです。国家戦略は,産業としてどう成長するか,サウジ全体でどう発展するかの基本的なフレームワークを提示しています。私にとっては,私と日本との関係の深さを考えたら,“最初の一歩”は必ず日本に軸足を置いています。
 我々とJOGAの関係は,いくつかのプロセスを経て今回のMOUに至りました。JOGAとサウジアラビア内閣官房組織との数回の対話を経て,こうして良い関係を築けましたから,私が今回ここに来て,連携のマイルストーンとそこに至る道筋をセットすることにしたわけです。

※11月18日,サウジ皇太子が発表した「国家産業戦略」の一環だと思われる。(ロイター

4Gamer:
 なるほど。最近のサウジアラビアは,ゲーム業界への投資がとても盛んですよね。任天堂の株式5%取得もかなりびっくりしましたが,それ以外にも,日本だけ見てもカプコンだったり,コーエーテクモホールディングスだったり,いろいろなところに投資されています。
 それらの投資は王子とは全然別の組織ですし,王子が主導権を握ってやっているわけではないことは理解していますが,しかしJOGAとのMOUを含めた一連のそういう動きはすべて,サウジアラビアの国家戦略としてのフレームワークの中の一つ……という解釈でよろしいでしょうか。

フェサール王子:
 はい。しかしお伝えしておきたいのですが,その国家戦略の目標は二つあります。
 一つは,我々が目指している目標に向かって進んでいることが分かるようなマイルストーンを設置することです。そしてその目標は「ゲームおよびeスポーツ産業のグローバルハブになること」です。

4Gamer:
 以前からおっしゃっている目標ですよね。

画像集 No.005のサムネイル画像 / [インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く
フェサール王子:
 ええ。人々が,ゲームとeスポーツについて話す時には,日本や韓国,中国,アメリカなどを引き合いに出すように,サウジアラビアも同列に触れてもらえるようになりたい,と思っています。
 そして二つ目。これはサウジの国家戦略において,とても重要な部分でもあります。サウジアラビアの人々を,一つにまとめるようなものになってほしいです。そのため,国家戦略を決めるボードメンバーは,サウジアラビア政府の首相と閣僚大臣がいて,ほかにも民間部門やメガプロジェクトの人達が入っています。
 その全員が同じ方向に向かっているので,一つの規制を作るときには,その規制は全閣僚大臣の熟慮の結果作られるものであって,“規制する目的”で作るものではないのです。コミュニケーションを重ね,同じ方向に向かって一歩一歩進んでいって,そしてそこの誰もが,どこへ行くべきかを知っています。

4Gamer:
 昨今の数々のアクションも,すべてそこから生まれたものなのでしょうか。

フェサール王子:
 その国家戦略からは,たくさんの取り組みがあります。私がやっているeスポーツ連盟(SEF)もそうですし,PIF(The Public Investment Fund)と共に,任天堂など多くの投資を行っているSavvy Games Groupもあります。もちろんそのほかにも,さまざまな取り組みが行われています。国家戦略というものは,我々が正しい方向へ進んでいることを保障するための,これらすべての取り組みの「傘」となっているのです。

4Gamer:
 その「正しい方向」が行き着く先はどこなのでしょうか。

フェサール王子:
 我々の野望……というより,2030年までに達成したい主要なKPI(指標)としては,
・1%のGDPを,国内のゲーム産業およびeスポーツから生み出すこと
・39000人の雇用を創出すること
・サウジアラビアベースのゲームおよびeスポーツの関連会社を200社以上作ること
・サウジアラビアで,サウジアラビア人によって制作されたAAAゲームを最低一つ作ること

などがあります。

4Gamer:
 あと8年でそれらを実行するのは,なかなか大変そうです。

フェサール王子:
 それこそが,JOGAやそのほかの会社さんとの連携がとても重要な理由です。我々は0%から産業を興すわけではなく,できれば90%あたりから始めたいのです(笑)。

画像集 No.008のサムネイル画像 / [インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く

4Gamer:
 なるほど。ではお話を聞く限り,単に投資案件として株式を購入して資本関係を結んで,例えば日本の大手メーカーのカプコンであったり,コーエーテクモであったり,そういう会社をサウジアラビアに誘致してそこでビジネスを起こして……という話ではなく,サウジの国内で新しくIPを作り出して,それを世界に向けてローンチしたいという感じが強いのでしょうか。

フェサール王子:
 いえ,両方ともやりたいです。今すでにあるたくさんの素晴らしいコンテンツを,アラビア語にローカライズすることもしたい。そうすれば,ゲームをプレイする人口をもっと増やせます。
 また一方では,連携することによって,サウジアラビアでスタジオや地域のヘッドクォーター(APACのHQなど)を設立して,そこで新しいIPを創り出したいです。サウジアラビアはストーリーテリングについて長い歴史があり,独自のスタイルがあります。そういうものは,連携を通じてうまく着地ポイントが見つかると思います。

※もっとも有名なのは「千夜一夜物語」だろうか

4Gamer:
 そのための新たな一歩が,今回のJOGAとのMOUであるということですね。

フェサール王子:
 はい,そうです。

4Gamer:
 でも日本のゲーム会社は,ちょっと怖がっているというのが本音だと思います。このあとどう動くのか分からないという,底知れぬ怖さがあると言いますか。

フェサール王子:
画像集 No.011のサムネイル画像 / [インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く
 目的は,投資だけではありません。特にSavvy Games Groupによる買収は,マイノリティの投資もありますし,マジョリティの投資もあります。もちろん,100%の買収もあります,例えば,FACEITグループのESLを完全買収しました。
 でも我々がやってきたことの大多数は,連携です。どう連携して,そこにあるビジネスをどう成長させるのかと同時に,サウジの中で何と連携して,国の未来の成長基盤を作れるのか。

※1997年に設立された,eスポーツという言葉がまだないころから存在する,世界最大のeスポーツリーグ運営会社。本社はドイツ。(公式サイト

4Gamer:
 なるほど。行き着くところはそこなのですね。

フェサール王子:
 また,我々が何をやるにせよ,どの道を進むにせよ,その指針となるものの基本は,必ず「win-win-win」であることです。

4Gamer:
 winが1つ多いようですが。

フェサール王子:
 はい(笑)。まず,一緒に連携してくれる会社に“win”させないといけません。ですので,一緒に仕事をするにあたって正しい方法を探さないといけません。そうでないと,一緒に仕事する理由がなくなってしまいますから。
 次に,我々にとっても“win”でないといけません。そうでないと,我々がここにパワーをかける理由がなくなってしまいますから。

4Gamer:
 最後はなんでしょうか。

フェサール王子:
 そして最後に一番重要なのは,コミュニティにとっても“win”でないといけません。そうでないと,前へ進む理由がなくなってしまいますから。

4Gamer:
 なるほど,3番目はコミュニティでしたか。ではそういう活動を,日本だけでなくゲームの盛んな世界各地でやる感じなのですね。

フェサール王子:
 はい。

4Gamer:
 王子が直接関わっているeスポーツもそうなんですが,サウジアラビアのゲーム業界が今後発展することをお祈りしていますし,これからも何かありましたらぜひ教えてください。本日は本当にお時間がないなか,ありがとうございました。

フェサール王子:
 我々はすでに古い友人です。このあとのサポートも期待していますよ(笑)。
 改めてありがとうございました。

画像集 No.006のサムネイル画像 / [インタビュー]サウジアラビアが本当にやりたいことは,投資ではなくて連携ですーーーJOGAとのMOU締結の意図を,サウジアラビアのフェサール王子に聞く

―――2022年11月25日 
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月05日〜02月06日