オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「FF」シリーズをはじめ多くの作品開発に携わったVirtuos(ヴァーチャス),東京にスタジオを設立
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/09/22 11:52

ニュース

「FF」シリーズをはじめ多くの作品開発に携わったVirtuos(ヴァーチャス),東京にスタジオを設立

 Virtuos Holdingsは2023年9月21日,ゲーム開発スタジオVirtuos(ヴァーチャス)東京の設立を発表した。

画像集 No.005のサムネイル画像 / 「FF」シリーズをはじめ多くの作品開発に携わったVirtuos(ヴァーチャス),東京にスタジオを設立

 Virtuosは,「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」「NieR:Automata The End of YoRHa Edition」,Nintendo Switch版「DARK SOULS REMASTERED」など,さまざまな作品の開発に携わっている独立系ゲーム開発会社。2004年に設立され,シンガポールに本社を,欧米やアジアなどに22の拠点を構え,3500名を超える従業員を擁しているという。

画像集 No.004のサムネイル画像 / 「FF」シリーズをはじめ多くの作品開発に携わったVirtuos(ヴァーチャス),東京にスタジオを設立
 今回設立が発表されたVirtuos東京を率いるのは,コーエーテクモゲームスや2Kなど大手企業で15年以上のキャリアを持つギジャロ・ピエール氏だ。これまでに「デッド オア アライブ5」「Civilization VI」といった有名タイトルの開発に携わってきたという。
 同スタジオは,日本国内の開発会社とのパートナーシップを強化する意向で,日本のクライアント特有の市場や文化,制作ニーズに対応してアイデアを生み出すプロセスをサポートし,効率的なプロジェクト管理によって的確なソリューションを提供していくとのことだ。

 また,「東京ゲームショウ2023」の開催に合わせて記者発表会も行われた。ピエール氏は東京スタジオの設立に関して,アジアではクリエイティブなゲームデザインや移植サービスの需要が増加していることを挙げ,Virtuosが日本でのプレゼンスを拡大し,市場に参入するのはエキサイティングな時機であるとコメントを発表している。

画像集 No.001のサムネイル画像 / 「FF」シリーズをはじめ多くの作品開発に携わったVirtuos(ヴァーチャス),東京にスタジオを設立

Virtuos公式サイト

4Gamer「東京ゲームショウ2023」掲載記事一覧


<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>



Virtuosが東京にゲーム開発スタジオを設立

Virtuos東京は日本のゲーム開発会社とのパートナーシップを強化し、創造性と技術、両面の需要を満たすことを目指します。

世界をリードするゲーム開発会社であるVirtuosは本日、ゲーム開発スタジオVirtuos東京の立ち上げを発表致しました。これは、Virtuosがこれまで14年にわたり『FINAL FANTASY X | X-2』『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』『NieR:Automata The End of YoRHa Edition』などのゲーム開発で、共に仕事をしてきた株式会社スクウェア・エニックスをはじめとした日本の開発会社の皆さまとのパートナーシップを強化するというコミットメントを表しています。

Virtuos東京スタジオを率いるのは、コーエーテクモゲームスや2Kでゲーム制作に15年以上携わってきた ゼネラルマネージャーのギジャロ・ピエール です。彼が携わったAAAタイトルには、『NBA 2K19』『Civilization VI(シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI)』『デッド オア アライブ5』などがあります。

スタジオの立ち上げは、東京ゲームショウ2023会期中の9月21日、Virtuosの記者発表会にて先行発表されました。同会の講演においてピエールは、以下のように述べています。「日本は常に世界のゲームハブであり続けています。特にアジアでは今、クリエイティブなゲームデザイン(レベル、クエスト、ダウンロードコンテンツ<DLC>など)や移植サービスの需要が増加しており、Virtuosが日本でのプレゼンスを拡大し、市場に参入するには、きわめてエキサイティングな時機であると考えております。私たちのチームは、創造性および技術、双方のニーズにおいて日本のデベロッパーの皆さまをサポートし、日本国内のゲーム産業の、継続的な成長に貢献できることを楽しみにしております。」

千葉県で開催されたVirtuosの記者発表会で講演するギジャロ・ピエール
画像集 No.001のサムネイル画像 / 「FF」シリーズをはじめ多くの作品開発に携わったVirtuos(ヴァーチャス),東京にスタジオを設立

Virtuos東京は、日本のクライアント様特有の市場・文化・制作のニーズに対応して、アイデアを生み出すプロセスをサポートし、効率的なプロジェクト管理によって的確なソリューションを提供します。東京スタジオのチームは、日本語・英語の2カ国語以上に堪能なゲーム開発のエキスパートで構成されています。Virtuosのグローバルなスタジオネットワークの中で、3,500名を超えるスタッフが提供するさまざまなゲーム制作機能にフルアクセスし、日本の開発会社の皆さまとの円滑なコミュニケーションとコラボレーションの構築をお約束致します。

Virtuos東京メンバー(左から)ギジャロ・ピエール(ゼネラルマネージャー) 荒井綾(ビジネス開発マネージャー) 中川亮(プロダクションマネージャー)
画像集 No.002のサムネイル画像 / 「FF」シリーズをはじめ多くの作品開発に携わったVirtuos(ヴァーチャス),東京にスタジオを設立

Virtuos東京の主要メンバーには、ゲーム業界で10年以上の経験を持つ プロダクションマネージャーの中川亮と、ビジネス開発マネージャーの荒井綾 が含まれます。チームは、日本での事業開発ニーズに対応するため、2009年からVirtuosの営業代理を務めてきたコンサルティング会社である カイオス株式会社 と引き続き提携します。

Virtuos東京は2024年末までの事業拡大を目標に、ゲームデザインとテクニカルアートのシニアレベルの役職者を積極的に採用しています。過去1年の間にVirtuosは、プラハ、ワルシャワ、モンペリエにVirtuos Labsを、クアラルンプールとダラットにスタジオを設立し、グローバルに拠点を拡大しています。

パネル・ディスカッション - 小野憲史、ギジャロ・ピエール、ジル・ランゴリ、橋本真司、名越直子
画像集 No.003のサムネイル画像 / 「FF」シリーズをはじめ多くの作品開発に携わったVirtuos(ヴァーチャス),東京にスタジオを設立

Virtuos<ヴァーチャス>について

2004年に設立されたVirtuosは、世界有数の独立系ゲーム開発会社です。シンガポールに本社を置き、アジア、ヨーロッパ、北米の22拠点に3,500名を超える従業員を擁しています。Virtuosはフルサイクルのゲーム開発とアート制作に特化しており、これまで1,500本以上のコンソール、PC、モバイルゲームタイトルに高品質なコンテンツを提供してきました。Virtuosのクライアントには、世界のゲーム企業トップ25社のうち、23社が含まれています。「ゲームをより良く、皆さまと共に」を目標としているVirtuosに関するより詳しい情報は、 https://www.virtuosgames.com/ja をご覧ください。
  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月05日〜12月06日