オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/04 00:00

イベント

もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 ドイツ時間2018年8月31日,Huawei Technologies(以下,Huawei)は,家電総合展示会「IFA 2018」で行った基調講演で,同社傘下の半導体設計企業HiSilicon Technologiesが開発したハイエンド市場向け新型SoC(System-on-a-Chip)「Kirin 980」を発表した。
 この発表は,Huaweiのデバイス部門社長を務めるRichard Yu(リチャード・ユー)氏が行ったもので,Kirin 980を採用するフラッグシップシリーズ「HUAWEI Mate」の新製品を,2018年10月16日にロンドンで発表することも明らかにしている。

Kirin 980の概要
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

Kirin 980初の搭載製品となるMate 20シリーズは,10月16日にイギリス・ロンドンで発表の予定
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告
 IFAの講演で新型SoCを発表し,それを搭載する最新フラッグシップスマートフォンを後日の独自イベントで発表するという宣伝方法は,2017年にHuaweiが行ったものとまったく同じである。
 2017年の場合,AI処理専用ユニット「NPU」を統合して話題を呼んだSoC「Kirin 970」を2017年8月末に始まった「IFA 2017」に合わせて発表。続く2017年10月にドイツ・ミュンヘンで行ったイベントで,最初の搭載スマートフォンとなるHUAWEI Mate 10シリーズを発表するという流れだった。
 なお,Kirin 970は2018年3月発表のHUAWEI P20シリーズでも採用しているので,今回のKirin 980も同様に,HuaweiのフラッグシップモデルであるMateシリーズとPシリーズの両方で採用となる可能性が高そうだ。


世界初ラッシュの新型SoC Kirin 980


 いずれも「自社調べ」という注釈はつくもものの,Kirin 980は,世界初づくしのSoCだ。Yu氏が挙げたKirin 980の“世界初”は,以下に示した6種類もある。

  • 7nmプロセス技術で製造
  • Arm製CPU IPコア「Cortex-A76
  • AI処理専用ユニットNPUを2基統合した「Dual NPU」
  • Arm製GPU IPコア「Mali-G76
  • LTE Cat.21対応で帯域幅最大1.4Gbpsのモデム
  • LPDDR4X 2133MHzのサポート

Kirin 980における6つの“世界初”
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 Huaweiが実施したベンチマークテストによると,競合となるQualcomm製「Snapdragon 845 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 845)と比べても,より高性能で,より省電力を実現しているという。
 とくに興味深いのは,CPUコアの構成だ。ArmアーキテクチャのCPUを使うハイエンドSoCの場合,高性能コア(big)と高効率コア(LITTLE)を計8基組み合わせた「big.LITTLE」構成を採用するものが多い。その場合,bigとLITTLEの構成は,4対4となるのが一般的だ。ところがKirin 980の場合,bigを2基,LITTLEを4基に加えて,「Middle」と称するCPUコアを2基という,新しい構成を採用したのである。
 bigとMiddleは,いずれもCortex-A76を用いているが,big側のCPUコアは最大動作クロックが2.6GHzで,Middle側は同1.92GHzと分けて差別化しているという。一方,LITTLEの部分は「Cortex-A55」で,最大動作クロックは1.8GHzとのことだ。

big×2,Middle×2,LITTLE×4で構成する新しいCPU構成を採用
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 big,Middle,LITTLEの3種類でCPUを構成したのは,アプリケーションのワークロードごとに必要なCPUコアの組み合わせを柔軟に変えて,性能と消費電力のバランスを取るためである。たとえば,音楽を再生し続けるだけなら,LITTLE側を1個動かすので足りるが,SNSアプリを使うときは,Middle×1,LITTLE×3程度まで動かすCPUコアを増やす。処理負荷の高いゲームになると,全CPUコアを稼動させるといった具合だ。

処理ごとに稼働するCPUコアが異なる様子をイメージしたスライド。一番背の高い2つのブロックがbig,それに続く高さの2ブロックがMiddle,一番背が低い4ブロックがLITTLE。bigとMiddleを分けて省電力化を実現する
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

アプリケーションの種類別にCPUコアの組み合わせを示したスライド。軽い処理負荷のゲーム(Light-Load Gaming)ではLITTLE×4だけで済むが,処理負荷が極めて重いゲームでは,8コアすべてを動かして対応する
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 既存SoCとの性能比較としてYu氏は,アプリケーションの起動にかかる時間を計測したグラフを例に挙げた。ミリ秒単位の差ではあるが,メジャーなSNSアプリの起動は,いずれもKirin 980がSnapdragon 845を上回るということだ。

SNSアプリの起動時間では,Snapdragon 845を上回る速さを実現
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告


ゲーム性能でもSnapdragon 845に匹敵?


 さて,一般的なアプリケーションにおける性能が優れているのは分かった。だが,4Gamer読者にとって重要なのは,「ゲームの性能はどうなんだ?」という点だろう。
 現行世代のSoCである「Kirin 970」は,総合的にはハイエンドと呼べる性能を有するものの,ことゲームにおいては,競合のハイエンド市場向けSnapdragon 800番台に比べて遅いという評価が一般的だった(関連記事)。ゲームにおける性能差は,採用するGPUの性能に起因するもので,Huaweiもその問題を十分に認識している。

 そこでKirin 980では,グラフィックス性能においてSnapdragon 845に比肩しうる性能を目指して,Arm製の最新GPU IPコアとなるMali-G76を採用してきた。

Kirin 970とKirin 980のスペックや性能比較
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

Mali-G76搭載のKirin 980と,Mali-G72搭載のKirin 970の性能比較グラフ(左)。性能は46%,電力効率は178%も向上したという。右の写真は,Kirin 980とSnapdragon 845(※グラフ中ではS845)の性能をゲームで比較したグラフ。平均フレームレートは上回る一方で,1フレームあたりの平均消費電力は,Kirin 980のほうが少ないという
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告 もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 Huaweiによる比較では,実ゲームでのフレームレートにおいて,Snapdragon 845を上回る性能を見せたという。

ゲームにおけるフレームレートの比較。左のKirin 980は平均フレームレートが59.34fpsで,フレームレートの落ち込みも少ない。一方,Snapdragon 845は,平均フレームレートこそ50.78fpsであるものの,シーンによってはfpsが大きく落ち込み,写真では39fpsまで下がっていたという
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

Kirin 980とSnapdragon 845の性能比較グラフに,GPU Turbo使用時に結果を加えたグラフ。フレームレートは若干向上し,消費電力はさらに減るとのこと
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告
 またHuaweiでは,2018年春から,「GPU Turbo」というソフトウェア機能により,Kirinのゲーム性能を向上させる対策を行っているそうだ。
 GPU Turbo機能は,既存のHuawei製デバイスから順次に実装しているそうで,Kirin 970搭載のHUAWEI Mate 10シリーズを皮切りに,直近ではグローバル市場向けのHUAWEI P20シリーズ向けに提供を始めたとのこと。10月に発表となるKirin 980搭載のMateシリーズは,最初から実装した状態で出荷されるようだ。

Kirin 980の仕様や性能をSnapdragon 845と比較したレーダーチャート。全般的にSnapdragon 845を上回るものの「GPU Benchmark」だけは届かないのだが(左),GPU Turboを有効にすることで,全項目で上回ったという(右)
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告 もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 なお,GPU Turbo機能は,国内市場向けの既存製品への提供も行われるだろう。ただ,セキュリティパッチと合わせたシステムアップデートとして配信するそうなので,国内における配信時期がいつになるかは不明である。


NPUのデュアル化により,映像のリアルタイム認識も可能に


 Kirin 970ではAI処理用のNPUを導入することで,SoCのエッジAI性能をアピールしたHuaweiだが,Kirin 980はその路線をさらに強化して,NPUを2基搭載したそうだ。これまでのNPUは,主に写真における画像認識に注目が集まったものだが,デュアル化による性能向上によって,映像における動態認識にも使えるようになったとのこと。
 講演のデモでは,リアルタイムで複数の人間の動きを検出したり,走るランナーを横から撮影した映像から人物と背景を完全に分離して,リアルタイムに別の背景を合成する様子が披露された。

エッジAIの処理ユニットであるNPUを2基内蔵(左)。Kirin 970で注目を集めた写真の画像認識から,動画の画像認識へと拡張して,複数の人間とその動きをリアルタイムに検出することも可能に(右)
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告 もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

リアルタイムに人と背景を区別して,人物だけを切り出し(左),別撮りの背景に重ねてレンダリングする(右)。これをスマートフォンでやってしまうのがDual NPUの威力というわけだ
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告 もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

Dual ISPの採用で,画像処理能力はKirin 970比で大きく伸びた
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告
 NPUのデュアル化に歩調を合わせたわけではないかもしれないが,SoCに統合する映像処理プロセッサ(Image Signal Processor,ISP)もデュアル化したという。これによりKirin 980は,高精細な画像処理を高速にこなせるようになり,Snapdragon 845の内蔵ISP「Spectra 280 ISP」では,性能面で処理しきれずにつぶれてしまうようなディテールまで,きちんと画像化できると,Yu氏は主張していた。

Snapdragon 845のISPでは処理しきれずにつぶれてしまうような部分も,Kirin 980なら画像化できるというスライド
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 モデム関連の特徴については,スライドで紹介しておこう。

Kirin 980の統合型モデムが備える機能(左)。4×4 MIMO,5キャリアアグリゲーション対応など,最新の機能を備える。加えて,世界初というLTE Cat.21(カテゴリー21)にも対応し,下り最大通信速度は1.4Gbpsに達した
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告 もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

高速鉄道や地下鉄など,移動中の通信ではハンドオーバーが必要な状況でも,スムーズで途切れの少ないデータ通信が可能なので,ゲームへの影響を最小限に抑えられるという(左)。Huawei純正の5G対応モデム「Balong 5000」と組み合わせれば,5Gにも対応するとのこと
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告 もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告


P20シリーズの新色登場

P20 Proには革張りのラグジュアリーモデルも


Kirin 970を搭載するMate 10シリーズとP20シリーズは,いずれも1000万台を超える出荷台数を達成
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告
 基調講演では,既存スマートフォンのバリエーションモデルに関する発表もあった。
 その1つが,世界的に売れ行き好調というHUAWEI P20シリーズのカラーバリエーションモデルの投入である。1つはオーロラをテーマにした「Morpho Aurora」で,もう1つが真珠貝をイメージした「Pearl White」の2モデルがラインナップに加わるという。

P20シリーズの新たなカラーバリエーションとして,白系の「Pearl White」と青系の「Morpho Aurora」を追加。価格は据え置きで9月5日から出荷開始
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 加えて,HUAWEI P20 Pro(以下,P20 Pro)には,背面パネルにイタリアンレザーを採用したラグジュアリーモデル「Genuine Leather」を2モデル追加する。レザー素材に合わせて,フレーム部分の色も従来のステンレスカラーから,皮の色調に合ったものに変更したとのこと。

 P20 Proのカラーバリエーションモデルの製品仕様は,メインメモリ容量6GB,内蔵ストレージ容量128GBで既存製品と変わらないが,ラグジュアリーモデルでは,メインメモリ容量8GB,内蔵ストレージ容量256GBに増量してあるのものも特徴だ。価格は999ユーロ(税別,約12万8900円)と,さすがにお高い。
 なお,新色やラグジュアリーモデルは,いずれも世界市場向けの製品なので,国内市場で販売するかどうかは不明である。

背面がイタリアンレザー仕様になるGenuine Leatherは,メインメモリ容量やストレージ容量も強化。カラーは「Elegant Black」と「Golden Brown」の2色。こちらも9月5日より出荷開始の予定だ
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 新たな一般消費者向けデバイスとして販売するのが,Huawei初のスマートスピーカー「HUAWEI AI Cube」(以下,AI Cube)だ。
 Amazon.comの音声アシスタントサービス「Alexa」対応に対応するスマートスピーカーは珍しくもないが,AI CubeはHuawei製品らしくLTE接続機能とルーター機能を内蔵して,スマートホームのWAN接続とLAN接続を,これ1台で完結させられるのが特徴だ。日本のように光ファイバーでのインターネット接続が整備済みの地域ならともかく,そうでない国や地域では,セルラー(携帯電話系)通信機能付きのルーターはニーズがあるという話だった。

4Gルーター機能付きのスマートスピーカーAI Cube
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

 ほかにも「HUAWEI Locator」という,GPS搭載のいわゆる「失せ物探しデバイス」も発表となっている。
 この種の製品はすでに多数存在するが,それらはBluetoothを利用して位置情報をサーバーと交換するものが大半だ。それに対してHUAWEI Locatorは,デバイス自体にセルラー機能を持たせているのが特徴だ。日本ではすでに使っていない2Gや,「NB-IoT」(ナローバンドIoT)の仕組みを使って,定期的にきわめて小さなパケットを送受信する仕組みで,取り付けたデバイスの位置情報をアップロードする。
 このまま日本で展開するのは難しいだろうが,5G化後も見据えた長期的な意味では,注目すべきデバイスのひとつになるだろう。

既存の失せ物探しデバイスとは,アプローチが異なるHUAWEI Locator(左)。「戻ってくればラッキー」というイメージの既存製品に対し,見失ったアイテムを取り戻せることが前提だ。SOSボタンやエマージェンシーコールなどの機能も備えるので,子供に持たせるセキュリティデバイスとしても使える
もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告 もう「ゲームで遅い」とは言わせない? 新型SoC「Kirin 980」をHuaweiが発表。搭載製品「Mate 20」は10月16日に発表と予告

HuaweiのKirin 980製品情報ページ(英語)

  • 関連タイトル:

    HUAWEI

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月23日〜05月24日