オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/06/03 00:00

イベント

[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露

お馴染みの……とまでは言えないが,Razerオリジナルキースイッチ初期モデルの製造元だったりといった具合に,Kaihuaは,ゲーマー向けキーボード市場と関わりが深い。ちなみにブランド名は「Kailh」だが,呼び名を聞くのを忘れてしまった。不覚
 COMPUTEX TAIPEI 2017は,昨年に引き続きゲーム(とVR)がメインテーマの1つとなっているのだが,今年の裏テーマは“オリジナルキースイッチ”採用キーボードと言ってもいいほど,そこかしこで「(メーカー名)オリジナルキースイッチを搭載した」と謳うキーボードにお目にかかることができる。
 そして,その先鞭を付けたメーカーの一社と断言しておそらく差し支えないのが,Cherry MX互換のメカニカルキースイッチメーカーとしてPCゲーマーの間でも知られている,中国Kaihua Electronics(カイフアエレクトロニクス,以下 Kaihua)である。

 そんな同社は,Taipei Nangang Exhibition Centerの1Fにブースを構えていたのだが,訪ねてみたところ,まだ採用例もないという出来たてホヤホヤのキースイッチ「PG1425」を披露していたので,紹介してみたい。

PG1425キースイッチ
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露

上の写真だとLEDは青く光っているが,LEDの色は選択可能だ。会場のデモは,下に示した基板上で行われたのだが,これはUSBで給電すると,スイッチにより発光色を赤,緑,青の3色から切り換えられるようになっていた
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露
 上の写真を見ただけで分かる人は分かると思うが,PG1425は,日本語だとパンタグラフ,英語だと一般的に「Scissors」(シザー,はさみ)と呼ばれるタイプのキースイッチである。また,ご丁寧にも軸は茶色なので,スイッチがオンになるところで軽い手応えのある「Cherry MX Brown」風の操作感だとピンとくるようにもなっている。

 キーストロークは2.0mmで,キーを押下したときにスイッチがオンになる深さを示すアクチュエーションポイント(Actuation point)は1.5mmとのこと。「ゲーマー向けキーボードやゲーマー向けノートPCあたりがターゲットか」と聞いたところ,KaihuaのセールスマネージャーであるShirley Qin氏は「もちろんだ」と言っていたので,将来的に,PG1425,もしくはそのカスタマイズ版を採用する製品がゲーマー用として出てくる可能性は高そうだ。

ブースの壁面にイラストで描かれていたPG1442キースイッチ
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露
 もう1つ,展示こそなかったものの,同じパンタグラフ式で約1677万色から発光色を選択できるメカニカルキースイッチ「PG1442」を,Kaihuaはラインナップしているとのこと。こちらはストロークが2.8mm,アクチュエーションポイントが1.4mmで,ちょっとストロークが長いので,よほど大きな筐体を採用したものでもない限り,ノートPCへ実装するのは難しそうだ。おそらくはキーボード用ということになるものと思われる。

PG1511キースイッチ。「BOX」という愛称があるそうだ
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露
 なお,KaihuaはPG1425とPG1442以外にも,防塵防水を謳うキースイッチ「PG1511」も売り出し中とのことで,話を聞いてみた。
 Qin氏によれば,キースイッチの形状自体はCherry MX互換ながら,スイッチ内部にある金具部分を,「粉塵の侵入を防ぎ,あらゆる方向からの強い噴流に対しても保護できる」という「IP56」準拠のカバーで覆っているのが,PG1511の持つ最大の特徴とのことだ。

特別に分解してもらった。左端に見えるのが,IP56準拠のカバーだ。ちなみに軸は,強度や耐久性の高さで知られるPOM(ポリアセタール)性で,こちらもキースイッチ全体の耐久性向上に一役買っているそうだ。Kaihuaによれば,キースイッチレベルでは8000万回の打鍵に堪えるとのことである
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露
COMPUTEX TAIPEI 2017におけるKaihuaのイチオシはPG1511のようで,ブース内のPCでは概要紹介ムービーが流れていた
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露 [COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露 [COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露

 ストロークは3.6mm±0.3mm,アクチュエーションポイントは1.8mm±0.3mmと,いずれもCherry MX比で10%短い。荷重は40gf±10gfという仕様になっており,ラインナップとしてはそれぞれがCherry MXの同じ色と対応する黒,茶,赤軸,そしてCherry MX Blueに対応する白軸を用意しているとのことだった。

[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露

 ゲーマー向けキーボードでも防塵防水のニーズは一定量あるだけに,こちらも今後,搭載キーボードが出てきそうである。

こちらは,COMPUTEX TAIPEI 2017会場内の,いろいろな場所で見ることのできた「オリジナルキースイッチ搭載キーボードあるいはノートPC」で採用例の多い「PG1350」(左)と「PG1425」(右)。パッっと見,同じもののように思えるが,PG1350はストローク3.0mm,アクチュエーションポイント1.5mmで,軸は赤,茶と,Cherry MX Blue互換の白。PG1425はより薄く,ノートPCにフォーカスしたキースイッチで,ストロークは2.4mm,アクチュエーションポイントは1.2mmとなっている。軸は白いが,こちらはCherry MX Brown互換だ
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露 [COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露
MSIの新しい「メカニカルキースイッチ採用ゲーマー向けノートPC」となる「GS75VR Titan」は,PG1350かPG1425かは分からないながらも,Kaihua製スイッチを採用していた
[COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露 [COMPUTEX]これからのゲーマー向けキーボードではパンタグラフ式メカニカルの時代が来る? Kaihuaが最新製品を披露

Kaihua公式Webサイト(英語)

COMPUTEX TAIPEI 2017取材記事一覧

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月20日〜11月21日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月