パッケージ
Omega Crafter公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/05/24 12:00

プレイレポート

[プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

 Preferred Networksが,今冬の配信を目指して開発を進めている「Omega Crafter」は,ランダムに構築された広大なオープンワールドで,クラフトを駆使しながらサバイバル生活を行うという“マインクラフトライク”な作品だ。
 だがその世界は(作品内で開発されている)ゲームの中であり,プレイヤーは開発者としてその内部に入り込み,その立場を生かしながら相棒と共に,さまざまな妨害を排除してゲームを完成させていく……という,ひねりが効いた設定の作品となっている。

画像集 No.001のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

 2023年5月20日からは期間限定のオープンαテストが実施されており,将来的にはマルチプレイも予定されているとあって,リリースに向けて盛り上がりを見せている本作。今回筆者はそのテストに先駆けて,開発中のビルドをプレイしてきたので,そのインプレッションをお届けしたい。
 体験できたのは序盤と思しき限られた部分のみだったが,相棒“グラミー”を簡単なプログラミングによって自動化することで,サバイバル生活が一気に効率化される快感がクセになりそうな一作だ。




おなじみのオープンワールドサバイバル生活が,“グラミー”の活用で一変していく


 本作は自動生成された広大なフィールドを舞台に,木を伐採したり,岩を砕いたりして材料を集め,道具や装備,あるいは自宅や街そのものをクラフトしながら探索や冒険を繰り広げていく,サバイバル型のアクションゲームだ。ジャンルとしては,いわゆる「マインクラフト」や「テラリア」などと同系統の作品であり,プレイヤーはクラフトで武具を始めとした装備や住環境をととのえつつ,まだ見ぬ領域の探索や,特定の場所に居座る強大なボスに挑んでいくことになる。
 行動の制限がきわめて少なく,プレイヤーがいつ何をするかは自由に決められるといった,このジャンルの特徴は本作でも当然踏襲されている。

プレイヤーの分身と,相棒の黄色のグラミー。これから二人三脚で,サバイバル生活をすることになる
画像集 No.002のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

 今回の先行プレイでは,基本的な装備とクラフト用の製造道具などが利用可能で,スタート地点の近くに拠点を作り,少し離れた場所に出現するボスを倒すところまでを体験できた。プレイするワールドの名前とシード値(ワールドの地形や構成を決定する文字列)を決めるとすぐにゲームはスタートし,丁寧なチュートリアルと共に,基本的なルールやクラフト方法を学ぶことができたため,迷うことがほとんどなかったのは好印象だ。

周囲でモンスターを倒しながらアイテムを集めたり,拠点で街づくりを行いながら,徐々に冒険を進めていく
画像集 No.003のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】
画像集 No.004のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

 木を伐採し,石を拾って最低限の道具や器具を製作。キノコなどの食料を集めつつ,場合によっては鹿などのNPCを狩り,ちょっとずつ拠点を充実させていく……という序盤の展開は忙しいが,やっぱり楽しい。時間が経つと夜になって近くに敵対的なNPCが沸くようになるが,最初から作成可能なリスポーンポイントでもある「大かがり火」を使えば,簡単に朝まで時間を進めて危険を回避できる。なお空腹度の概念も(今回プレイした限りでは)存在しなかったので,飲まず食わずでひたすらクラフトに注力しても大丈夫だった。
 ちなみにプレイヤーキャラクターには経験値やレベルなどは存在せず,作成した装備と,食事による一時的なバフでステータスを上げる仕組みが採用されているため,とにかくクラフト環境を充実させることが冒険をスムーズに進めるコツだ。さらに装備の耐久度も存在していなかったので,一度作れば何回でも使用できた。

 本作ならではの大きな特徴が,プレイヤーの相棒や仲間として働いてくれる「グラミー」という存在だ。一見ロボットのように見える,丸みを帯びたマスコットのようなキャラクターで,ゲーム開始直後から黄色い「バディ」が常に同行してくれる。戦闘になると自動的に武器を取り出して加勢してくれるので,最初からなかなかに頼れる存在だ。

時間が経つと夜になり,拠点の近くでも敵対的なNPCが沸き始める。街グラミーも最低限の自己防衛を行ってはくれるが,朝まで時間を進めれば危険を回避できる
画像集 No.005のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

 なおグラミーにはもう一種類,白い「街グラミー」というタイプもおり,こちらは街のシンボルから特定のアイテムを消費することで,何体も呼び出すことが可能。プレイヤーが指示を出すまで動かないが,その“指示”の部分が本作のキモだ。

拠点で働く白いグラミーが「街グラミー」。役割としては拠点の周囲で働くことに特化しており,素材を集めたり,アイテムを作ったりといった作業に従事させることになるだろう
画像集 No.006のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

 冒頭でも少しだけ触れたが,本作の舞台は(作中に設定された)“ゲーム内の世界”。プレイヤーはその開発者の一人として,発生しているトラブルを解決して作品を完成させるべく,ゲームの内部に入り込んでいる。それゆえプレイヤーはグラミー達のプログラミングが可能で,ブロックを組み合わせる簡単なビジュアル型のエディターをいつでも起動し,グラミーの作業を自動化させられる。
 これによって黄色のバディと一緒に素材や食料を協力して集めたり,街グラミーに木の植林と伐採を繰り返させて,街づくりの材料を大量に集めたり……といったことが簡単に可能になるのだ。収集やクラフトの自動化はほかの作品でも珍しくないが,本作では最序盤から利用可能であることと,プログラムさえ組めれば基本的にグラミー単体に何でも任せられる,というあたりがポイントと言えるだろう。

グラミーのエディタを起動し,プログラムの修正を行っているところ。分岐やループなども当然存在している。最初はゼロから組むよりも,サンプルの調整から入るほうがハードルが低いだろう
画像集 No.007のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

例えばサンプルの石拾いのプログラムを実行させれば,周囲の石を勝手に拾ってきてこちらに渡してくれる。街グラミーにも協力させれば,さらに効率は上がる
画像集 No.008のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

 肝心のプログラムも,アイテムの製造や木の伐採といった必須の基本動作はすでにテンプレート(セーブ済みのサンプル)として用意されており,そのまま使うこともできるし,調整してさらに条件に合った形にすることもできる。各種の指示や条件指定はブロック単位で用意されており,さらにすべて平坦な日本語になっているので,プログラム未経験者でも気軽に試行錯誤ができるのだ。例えば「近くの石を探し,1個拾う」と「プレイヤーに持っているアイテムを渡す」を「ずっと繰り返す」で挟めば,石の収集作業を自動化できる,といった感じになる。
 さらにダンスを踊らせるなど,ちょっとしたお遊び的な要素も含まれているので,楽しみ方はかなり広そうだ。

拠点にさまざまなオブジェクトを増やすほど,グラミーの動作レベルがアップしていく
画像集 No.009のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

エディタには,グラミーにダンスを踊らせるといった選択肢も。一仕事終えるたびにダンスを踊る愉快なグラミー,なんてプログラムも組めそうだ
画像集 No.010のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

 また,マルチプレイも実装予定なので,例えば自分は拠点でグラミーのプログラムを改良しつつ,仲間には収集や探索に向かってもらう,なんてことも将来的にはできそうだ。もっとも,ソロプレイでも街グラミーは同時にたくさん利用できるので,いろんな作業を分担させているだけでも華やかで楽しいプレイになるのが印象的だ。


グラミーの生かし方でプレイの幅が大きく広がりそうな,クラフトゲームの期待の一作


 本作のクラフト作業はもちろんプレイヤー一人でも可能だが,全体的に必要な材料や時間が多めなようで,グラミーを活用するのとしないのとでは,発展速度にかなり差が出る印象だ。そのため,街グラミーを増やし,プログラムを少しずつ改良/最適化してクラフト環境を充実させつつ,より大きな街を作り上げていく……といった流れが定番になるのではないかと思う。最序盤から探索をしつつ,街づくりの下準備などもできるので,慣れてくればタイムアタック的に大きな街づくりにチャレンジするなんてことも実現できそうで,期待が持てる。

今回プレイしたバージョンでは一つの区切りとして,巨大なボスに挑むことができた。ザコとは比べものにならない強さなので,しっかりと装備をそろえておく必要がある
画像集 No.011のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

画像集 No.012のサムネイル画像 / [プレイレポ]「Omega Crafter」は,プログラミング可能な相棒と共にオープンワールドでサバイバル生活を楽しめる期待作【PR】

 今回プレイしたのはあくまでテスト版ということで,実装されているアイテムも必要最低限といった感じだったが,今後リリースに向けて完成度はどんどん高まっていくことだろう。前述のとおり現在はオープンαテスト中の本作だが,生,録画を問わずプレイの動画配信も大歓迎とのこと。。プログラムの入門にも良さそうな本作だが,クラフト系のゲームが好きな人にオススメできるのはもちろんのこと,動画などの配信環境があるならギャラリーと一緒に盛り上がれると思う。ぜひこの機会にテストに参加し,作品を体験してみてほしい。

  • 関連タイトル:

    Omega Crafter

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月21日〜06月22日