オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ENDLESS Dungeon公式サイトへ
  • セガ
  • Amplitude Studios
  • 発売日:2024/01/18
  • 価格:通常版:4389円(税込)
    Last Wish Edition:5489円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/01/18 12:00

プレイレポート

ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

画像集 No.036のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 Amplitude Studiosが開発したローグライトアクション「ENDLESS™ Dungeon」PS5/Xbox Series X|S/PS4/Xbox One)のパッケージ版・デジタル版が,本日(2024年1月18日)セガから発売された。PC版も日本語対応で2023年10月19日に発売されている本作は,ローグライトと脱出タワーディフェンスの要素を組み合わせたタイトルだ。公式のジャンル表記は「無限に遊べる脱出ローグライト」とされている。

画像集 No.001のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 今回は,コンソール版を購入したプレイヤーが増えるタイミングということで,マルチプレイをメインに紹介していきたい。以前,クローズドβテストのプレイレポートでゲーム概要はお伝えしているが,本作はもちろんソロプレイでも十分に楽しめる。しかし,やはりみんなで遊ぶと楽しさは無限大だ。
 なお,今回はPC版をプレイしているので,コンソール版とはインタフェースなどが一部異なっている。

画像集 No.002のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】


ダンジョンを踏破し,脱出を目指せ!


 まずは,基本的な部分について紹介していこう。本作の舞台となるのは,モンスターと謎に満ちている宇宙ステーションだ。不幸にも不時着したキャラクターたち(ヒーロー)の目標は,ここから脱出すること。そのためには,入るたびに変化するダンジョンを仲間とともに踏破し,「コア」へたどり着かなければならない。

画像集 No.003のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】 画像集 No.004のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 ダンジョン攻略において重要な役割を担っているのが,「クリスタルボット」と呼ばれるロボットだ。クリスタルボットは一部の扉の解錠や,ダンジョン内の機能を起動させるためのまさしく“カギ”なのだが,ダンジョンに蔓延る凶悪なモンスターたちは,クリスタルボットが重要なモノだと理解しているようで,破壊を目指して襲いかかってくる。プレイヤーは,自動的に攻撃してくれる「タレット」を配置しながら,自身も戦ってクリスタルボットを守りつつ,探索を進めていくことになる。

画像集 No.005のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】 画像集 No.006のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 モンスターたちは時間経過や一部の機能を使用する際にウェーブ単位で発生するので,プレイヤーは銃で攻撃しつつ,タレットを駆使してクリスタルボットを防衛する,というのが本作のタワーディフェンス要素だ。プレイヤーが全員倒れるか,クリスタルボットが破壊されると,その時点でゲームオーバーとなってしまう。

クリスタルボットを連れてくる必要がある扉も。クリスタルボットの移動中はウェーブが発生するので,移動しながらの防衛戦になる
画像集 No.007のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】 画像集 No.008のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 移動や攻撃については,一般的な見下ろし型シューティングと同じだ。今回はPC版なのでキーボード・マウスでの説明になってしまうが,マウスを動かしてエイムし,左クリックで射撃,[W/A/S/D]で移動といった感じだ。コンソール版なら,もちろんゲームパッドでの操作になる。

 ダンジョン内は多くの小部屋が扉で仕切られており,プレイヤーは深部を目指して探索していくことになる。そして,ダンジョンの攻略にとても重要なのが,扉を開けるたびに獲得できる資源だ。資源は,「サイエンス」「インダストリー」「フード」の3種類がある。サイエンスは新しいタレットのレシピ獲得や商人との取引に,インダストリーはタレットの設置に,フードはヒーローの強化や回復用の医療キットの作成に使用する。どれも重要なのだが,タワーディフェンスなだけに,タレットの設置に使うインダストリーは特に不足しがちだ。

資源はつねに右上に表示されている。現在の所持数と,扉を開けるたびに手に入る資源の数が確認できる
画像集 No.009のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 それぞれの小部屋では宝箱や,武器などを売ってくれる商人,扉を開けたときに手に入る各資源を増やしてくれる「ジェネレーター」,タレットのレシピや強化が可能な「研究ターミナル」,ヒーローの強化ができる「アップグレード設備」が見つかる。
 一方,モンスターの発生源となる「スポナー」が見つかることも。さらに,闇雲に扉を開けていくと,スポナーやウェーブが発生したときにモンスターが襲ってくるルートが増え,クリスタルボットがボコボコにされてしまう。扉を開けることで得られるメリットと,敵の発生源やクリスタルボットが攻められるルートが増えてしまうデメリットを天秤にかけながら扉を開ける必要がある,というわけだ。

資源は超大事なので,ジェネレーターは特に重要……なのだが,ジェネレーターはクリスタルボットと同様にモンスターに狙われるので,しっかり防衛する必要がある
画像集 No.010のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】 画像集 No.011のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 モンスターは,虫なら炎,ロボットなら電気に弱いなど,モンスターにはそれぞれ弱点属性がある。武器は2つ持てるので,2種類の属性の武器を用意したり,対応できるタレットを設置したりすれば戦いやすくなる。

敵のルートを制限するために,マップを見ながらどの扉を開くか考えよう
画像集 No.012のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 そして,本作は個性豊かなプレイアブルキャラが現状8体いる。それぞれ持てる武器の種類が違うほか,ダメージやタンク,ゾーンコントロールやサポーターといったクラスが存在する。ヒーローたちは,パッシブ,スペシャル,アルティメットの計3種類のスキルを持っているので,自身のプレイスタイルに合わせてヒーローを選んでいこう。シングルプレイでは,自身を含め最大3人までのヒーローを選んでチームを組み,ゲーム中に切り替えて戦う。非操作キャラクターは,AIで自動操作になる。

ヒーローの種類や,連れていける数は冒険の進捗に応じて増えていく
画像集 No.013のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 本作はクリアが難しいゲームなので,何度も倒されて,ロビーに戻るのを繰り返すことになるはずだ。ロビーには,ローグライトで定番のパーク要素(持ち帰った素材で,ヒーローや武器などを強化できる)や,ヒーローの開放などが可能なので,死んで強化を繰り返し,何度もトライしていこう。

ゲームオーバーになると,元気に「ではまたロビーで!」と表示される。クセがあって好き
画像集 No.014のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】


マルチプレイは3人まで対応! みんなで無限にダンジョン攻略!


 タワーディフェンスやローグライトといえば,1人で黙々とやるゲームという印象が強いが,本作は最大3人のマルチプレイ(協力プレイ)ができる。というか,本作はマルチがめちゃくちゃ面白い。ここからは4Gamer編集部のプレイヤーとVCを繋いで,ワチャワチャ騒ぎながらプレイしてきた感想をお届けしたいと思う。

画像集 No.015のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 まず,マルチプレイは1人がホストとなってルームを作り,ほかの人がルームに参加するという形式だ。「クイック参加」という機能で,現在建てられているパブリックなルームに入って遊ぶ,ランダムマッチングもできる。なお,ゲームデータはホストのものを使用し,プレイしたデータもホストに保存されるようだ。

ルームを建てるときはセッションの種類やプレイヤー数を指定する。友達と遊びたいときはプライベートを,知らない人と一緒に遊びたいときはパブリックを選択しよう
画像集 No.016のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】 画像集 No.017のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 マルチプレイでも,まずはロビーから始まり,入るダンジョンとプレイキャラを選ぶところまではシングルプレイと同じだ。初回は,筆者がスウィーパー(サポート),担当編集はバンカー(タンク)を選択して2人で遊んでみた。
 そして,本作はダンジョンに入るタイミングで難度を選択できる。ここは,プレイヤーが増えるならなんとかなるだろと,とりあえず最高難度の“ハード”を選択。味見,と言ったところだな……。

 2人ともシステムは理解していたので,とりあえずノープランで思うがままに扉を開けていく。そして,最初のウェーブが到来したので,早速戦っていくのだが……。

画像集 No.018のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】
画像集 No.019のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】 画像集 No.020のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 え,敵のHPが全然減らないし,何より数がまるで減らない。敵の湧いてくるスピードのほうが早い。この銃,弾がBB弾とかだったりする? 一応,タレットもいるんだけどな……。逃げながら戦うも,壁際に追い込まれ動けなくなり,最初のウェーブで惨敗。ハード,ヤッベェ。

死。左下で射撃を受けているバンカーもほどなく倒され,無事ゲームオーバー
画像集 No.021のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】 画像集 No.022のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 個人的にはこの激ヤバ難度のハードをトライアンドエラーで攻略したい気持ちがあったが,一般的なプレイからは外れてしまうので,やむなくノーマルに下げることに。なお,本作の難易度は「フレンドリー」「イージー」「ノーマル」「ハード」の4段階。易しい方向の難度が多いことから分かるとおり,ノーマルでもかなり歯ごたえのある設計だ。

画像集 No.023のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 初回のハード挑戦で話が少し逸れてしまった感があるが,シングルプレイとマルチプレイの違いについて説明していこう。
 まず,マルチプレイでは,ダンジョン内でのヒーローの切り替えがない。プレイヤーは,ダンジョンに入るときに選んだヒーローを使い続けるのだ。これによる一番大きな影響は,それぞれのプレイヤーが別々に行動できることだ(当たり前のことではあるのだが)。
 敵が来るルートが2つあるときも,「あっち守るから,そっち守っといて」と言うだけでいいし,厳しいウェーブのときはちょっと近くで戦ってもらうなど,状況に応じた戦い方がしやすくなるのだ。これがシングルプレイでは,ヒーローにその場に留まるように命令を出して,2つの場所を確認しながら適宜ヒーローを切り替える,といった動きをする必要がある。まあそれも,操作が忙しくて好きなんだけどね。

集まって防衛することもあれば,別の場所で防衛することもある
画像集 No.024のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】
別々に探索すれば,探索の速さを2倍にできる。ゲームスピードが上がって,スピーディに死ねて楽しい
画像集 No.025のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 逆に,シングルプレイと同じだからこそ,マルチプレイのときに面白い(そして悩ましい)部分として紹介したいのが,“資源や医療キットは全員で共有”であるという点だ。これにより,タレット1つ設置するのも,商人から買い物するのも,ピンチで回復するのも,話し合いが必要になってくる。そのため,自然とゲーム中のコミュニケーションが増えるし,「戦略的にマルチプレイしてるなー!」という感覚を存分に味わえるのだ。

 さらに言えば,仲のいい友達とやるなら,勝手にタレットを大量設置したらインダストリーが足りなくなって,もう1人が見つけた危険なスポナーに対応できなくて死んだ,みたいな展開もただただ笑える。商人を見つけてコッソリ爆買いして,「おい,サイエンスないんだけど!」「おっかしいな……どっかに落とした?」などととぼけるのも面白いだろう(もちろん,本作に資源を落とす機能はない)。資源が共有だからこそ,本作のマルチプレイはより楽しいものになっているのだ。

どのタレットを作るか,どこに設置するか,何を買うか。話し合うことは無限にある
画像集 No.026のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 そして,やはりマルチプレイで一番面白かったのは,ウェーブでの共闘だ。ヒーローごとにクラスがあるので,前衛のタンクが敵を集めて,火力を出せるヒーローが範囲攻撃をするなど,立ち回りやシナジーを考えながら戦える。
 また,本作はレベルアップやチップ,武器により,ヒーローの個性をさらに強めることができる。たとえば,攻撃力を大幅に上げる代わりに,防御力が大幅に下がるチップや,射程が短いけどめちゃくちゃDPSの高い武器など,ロマンのある強化ができるのだ。
 敵から攻撃をもらったらすぐ死ぬスナイパーも,ひたすら硬いだけのタンクも,シングルプレイではAIの操作が入るぶん活かしづらい。マルチプレイなら,仲間と協力して,ロマンビルドを実用ビルドに変えられるのはとても楽しかった。このあたりは,ランダム性が高く何度もプレイしたくなる,ローグライトならではの強みだと感じた。

攻撃力75%アップ,防御力100%ダウンというロマンチップを拾い,仲間を壁にして戦う遠距離スナイパーに。めちゃくちゃな装備もマルチプレイなら使いようが出てくる
画像集 No.027のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 初回のマルチプレイは2人だったが,「これ,人数いたほうが楽しいよ」ということで,3人でも遊んでみた。3人でのマルチプレイのいいところは,探索がスムーズなことだ。なにせ同時に3方向を探索して扉を開けられるので,攻略がサクサク進んでいく。

画像集 No.028のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 ただ,それぞれが好き勝手やると,いつのまにか資源がなくなっていたり,もらえる資源が増えるジェネレーターをまだ作っていないのに扉を開けまくってしまったり,襲われるルートを制限するために閉めていた扉がいつの間にか空いていたりと,いろいろな事故も起きる。回復アイテムを共有する都合上,全員がボロボロのときなどもかなり困ったことになる。
 こうしたトラブルは,起きれば起きるほど楽しいので,ぜひ仲のいいメンバーで騒ぎながら遊んでほしいところだ。

画像集 No.029のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

 また,マルチプレイの場合,ヒーローの使用感も変わってくる。いくつかのヒーローを紹介しておこう。

画像集 No.030のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】
ゼド

クラス:ダメージ/ロール:ヘッドバンカー

 シンプルなアタッカーで,殲滅力がかなり強力。その一方,耐久力が低く,知力(タレットの修理に関係しているステータス)が低いため,タレットを活かした戦闘が少しやりづらいのが弱点だ。逆に言えば,味方にタンクやヒーラーがいる戦闘では活躍しやすいので,パーティで支えてあげたい。


画像集 No.031のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】
バンカー

クラス:タンク/ロール:シェリフ

 分かりやすいタンクで,スペシャルスキルで範囲攻撃スタン,アルティメットスキルで周囲の敵を引き付けながら無敵になって攻撃できる。ダメージを受けると与えるダメージが増えるというパッシブスキルを持っているので,1人での戦闘もある程度こなせる。ただしゼドと同じく知力が低いので,タレットを守ってあげるような立ち回りが必要かも。


画像集 No.032のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】
シュルーム

クラス:サポーター・ヒーラー/ロール:メディック

 現状のヒーローの中で,スキルでの回復手段を持っている唯一無二のヒーラー。本作の回復手段は,フードを使用して作る医療キットを使用するか,ウェーブ完了時にほんの少し回復する程度と,非常に少ない。そのためマルチプレイでも強力で,とくに3人プレイなら1人は欲しい印象だ。ただ,攻撃力は低いため,1人で戦うときはタレットと一緒に戦う必要がある。


画像集 No.033のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】
ブレイズ

クラス:ゾーンコントロール/ロール:アウトロー

 ダメージと耐久に優れていて,バランスがいい。スペシャルスキルでは地雷を設置でき,役割分担できるマルチプレイだと「俺はこのルート守るから」みたいなことがやりやすい。アルティメットスキルでは,自動追尾のミサイルを発射でき,ピンチのときの対応力も高い。


 なお,ヒーロー関連の情報として,コンソール版には日本語の吹き替えボイスが収録される(PC版もアップデートで1月18日に実装)。
 吹き替えキャストは,「ゼド」(CV:内田真礼),「バンカー」(CV:ポポナ セガ公式VTuber),「ブレイズ」(CV:三宅健太),「シュルーム」(CV:Lynn),「コムラッド」(CV:山本 格),「ファッシー」(CV:狩野英孝),「カルティエ」(CV:市ノ瀬加那)と,幅広いジャンルの著名人と声優が吹き替えを担当している。実際にボイスを聞いてみるのが楽しみだ。

 本作はローグライト特有のランダム性と,タワーディフェンスの戦略性,見下ろし型シューティングとしてのアクション性を楽しめる。そのうえでマルチプレイが可能なゲームというのは,結構珍しいのではないだろうか。ゲームクリアの難度は高いものの,操作やゲームシステムはシンプルで,みんなでカジュアルに遊べるのがとてもいい。
 組み合わさった要素は多いが,そのうち1つでも刺さりそうだと思った人は,ぜひプレイしてみてほしい。とりあえず筆者は,死ねるゲームが大好物なので,ハードをクリアできるまでプレイしてくれる仲間を集めて挑みたいところだ。

 ではまた,次はロビーで会おう!

画像集 No.034のサムネイル画像 / ローグライト×タワーディフェンスの「ENDLESS Dungeon」はマルチが面白い! 無限のダンジョンにみんなで挑戦しよう【PR】

「ENDLESS Dungeon」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ENDLESS Dungeon

  • 関連タイトル:

    ENDLESS Dungeon

  • 関連タイトル:

    ENDLESS Dungeon

  • 関連タイトル:

    ENDLESS Dungeon

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月12日〜04月13日