オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Idol Manager公式サイトへ
  • PLAYISM
  • 発売日:2021/07/27
  • 価格:1980円(税込)
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/07/29 12:00

プレイレポート

「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 PLAYISMは,2021年7月27日にPC「Idol Manager(アイドルマネージャー)」を配信した。
 「Idol Manager」は,ロシアのデベロッパであるGlitch Pitchが開発する,本格的なアイドル育成・事務所経営シミュレーションゲームだ。「事務所の経営」という点がミソで,これまでのアイドル育成ゲームにはない“裏方”の動きと,事務所全体のお金の切り盛りが重要になる。

画像集#001のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 今回,製品版をプレイする機会を得たので,そのプレイレポートをお届けしたい。なお,4Gamerでは6月に体験版のプレイレポートを,7月27日には開発者へのインタビューを掲載しているので,そちらも合わせて読んでほしい。
 ちなみに本稿では体験版のレポート同様,プロデューサー名を「四芸間熱斗」,グループ名を「男坂99」としてゲームを開始している。

関連記事

「Idol Manager」体験版プレイレポート。華やかな世界の裏で繰り広げられるアイドルプロデュース業のリアル

「Idol Manager」体験版プレイレポート。華やかな世界の裏で繰り広げられるアイドルプロデュース業のリアル

 2021年6月16日,PLAYISMは,6月17日2:00から開催されるSteam Next フェスに先駆けて,PC版「Idol Manager」体験版を配信した。ロシアのデベロッパであるGlitch Pitchが開発する,本格的なアイドル育成・事務所経営シミュレーションゲームだ。本稿では,体験版のプレイレポートをお届けしたい。

[2021/06/17 00:00]
関連記事

アイドル事務所経営ゲーム「Idol Manager」メールインタビュー。ロシアの開発者は,日本のアイドルを題材にしたゲームをどう作り上げたのか

アイドル事務所経営ゲーム「Idol Manager」メールインタビュー。ロシアの開発者は,日本のアイドルを題材にしたゲームをどう作り上げたのか

 PLAYISMは,2021年7月27日に「Idol Manager」のPC版を配信する。本作はロシアのデベロッパであるGlitch Pitchが開発した本アイドル育成・事務所経営ゲームだ。本稿では,本作の発起人であるMax Rogozin氏にメールインタビューを実施。日本のアイドルを題材にしたゲームをいかにして作り上げたのかを聞いた。

[2021/07/27 12:00]

アイドル稼業はツラいよ! トラブルに次ぐトラブルに翻弄される日々


 ストーリーモードを開始すると,不二本という男に呼ばれた主人公が暗がりの部屋で謎の女性と出会う場面から始まる。何やら不二本と関わりのある女性のようだが,正体不明のまま去って行く。

不二本を知っているようだが,話しぶりから,女性は不二本には良い感情を持っていない様子だ
画像集#002のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

こちらが不二本。芸能事務所を運営するにあたり,主人公をプロデューサーとして採用した男だ。善人なのか悪人なのか,本心はまだ見えない
画像集#003のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 不二本から最初の資金550万円を渡され,事務所経営がスタートする。以前の体験版のプレイレポートでも触れているが,まずは基本的なシステムのおさらいをしておこう。

 アイドル事務所を経営して仕事を回していくには,最低でもプロデューサーマネージャーダンストレーナー(または振り付け師)ボイストレーナー(または作曲家)が必要だ。プロデューサーはプレイヤー自身なので,まずはほかの3名を雇うところから始めよう。
 雇っているスタッフには週ごとに賃金がかかり,各スタッフ用の部屋を借りるためのテナント料もかかるため,ある程度の利益が出ていなければ,毎週の支出に耐えられない。資金に余裕のない序盤で,この3名以外を雇うのは経営的に厳しい。

最初のフロアだけは不二本氏の厚意により,無料で貸してもらえるが,2フロア目からはテナント料がかかる
画像集#004のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 各スタッフたちは,仕事部屋に配置することで自動的に「研究ポイント」を蓄積していく。研究ポイントはさまざまな用途で使うもので,例えば,作曲家やボイストレーナーであれば,シングル曲制作の際に「ジャンル」や「振付」の幅が増やせたり,各ジャンルにポイントをつぎ込むことで,そのジャンルをレベルアップしたりできる。

研究ポイントはお金で買うこともできるが,買うたびに,次の購入に必要な資金が高額になっていく
画像集#005のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 一方アイドルは,ダンストレーニングとボイストレーニングが行えるほか,1日に1回,「公演」「宣伝」「スパ」という3つのアクティビティを実行できる。「公演」は資金が増え,「宣伝」はファンの数が増えるが,それぞれスタミナを3消費し,「スパ」は資金が減るが,スタミナを2回復できるというものだ。

 アイドルのスタミナは1日経過すると1ずつ自然回復するが,さすがにそれだけでは賄えない。しかもアイドルたちには常に何かしらの行動をさせ,お金を稼いでいかないと,アッサリと事務所は破綻してしまう。スタミナが低下するとアイドルが怪我をする確率が上がってしまうため,スタミナ管理は,このゲームにおいての最重要課題と言ってもいいかもしれない。

 スタミナ管理は「スパ」をどう使うかがカギで,「公演」「宣伝」を選択した翌日のスパだとスタミナが5回復したり,2日空けてからのスパだと10回復したりする。通常は2しか回復せず資金も減ることを考えると,スパは5以上回復する日のみにしたいところだが,かなり気を使っていても0になってしまうことが珍しくない。「あと2日待ってからスパれば+10だから」と欲張っていると,その間にアイドルが負傷してしまうことも。

スタミナ+10になっているスパに気づいたら,即利用しよう
画像集#006のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 「宣伝」でファンを増やし,「公演」でお金を稼ぎ,疲れたアイドルたちを「スパ」で回復させる。この流れをうまく回しながら,合間にシングル曲を制作してお金とファンを同時にゲットする。体験版のプレイレポートでは,こんな感じで試行錯誤しながらシングルCDを3枚ほどリリースした。

 製品版ではその続きから遊ぶこともできるのだが,今回は心機一転,改めて最初からプレイしてみることにした。というのも,このゲームは「いかに無駄なお金と時間を使わずに過ごすか」が大事なので,前回のプレイよりも,もっと切り詰めた事務所経営をシミュレートしてみようと考えたためだ。

 というわけで,まずはオーディションで人材募集。ちょっとレアな人材は背景がシルバー,かなりレアな人材は背景がゴールドで登場するが,体験版のときも今回も,チュートリアルをONにした状態だと,必ずゴールドが1人出現している。チュートリアルをONにした状態だと,最初のオーディションでは,確定でゴールドが1人出現するのかもしれない。

レア人材,中垣百音。「負けずぎらい」を持つレア人材ということで,これは幸先がいい。ボーカルの値が90あるので,センターで歌ってほしい逸材だ
画像集#007のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

中垣と比べると能力的に見劣りはするが,金尾明花里櫻田安見も採用
画像集#008のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム 画像集#009のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 体験版ではCDを作りすぎて痛い目にあったため,今回はその反省点を踏まえて,シングル曲を「デジタル限定配信」でリリースしてみる。メリットは制作費をグッと抑えられることと,「制作枚数」を事前に決めなくていいため,「売れるであろう数」を予測する必要がないことだ。

かなり早い段階で販売枚数454枚,9万円超の利益を獲得。体験版ではサードシングルでも200枚を売るのがやっとだったことを考えると,やはりゲームシステムの理解の差は大きい
画像集#022のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 制作費を抑えられるのがメチャクチャ大きいため,「これ,もうずっとデジタル配信でいいんじゃないかな」と思っていたのだが,説明欄にデメリットとして「ファンは1曲を1回しか購入できない」とサラッと書かれていた。1人のファンが複数枚買うことを前提に書かれているあたりが恐ろしい。

プロデュース側にまわってみると,その気持ちは分かるが……
画像集#010のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 順調かと思った矢先に思わぬハプニングが発生する。我がグループのエース,中垣がケガをしてしまったのだ。
 「写真撮影」など各オファーでは,「キュート」や「セクシー」など,求められる方向性が毎回異なるのだが,そのパラメータが高いアイドルに受けさせると報酬がハネ上がる。中垣のように複数のパラメータが高いと,ついつい,1人に連続して仕事を振りがちで,予想以上にスタミナの減少が激しくなってしまうことがある。
 同じ写真撮影でも,消費するスタミナは異なり,たまにサラッと説明欄に「スタミナ-50」とか書かれていたりする。受けるときは目先の高報酬に惑わされず,「エースが疲れ気味だから,今回はほかのメンバーに受けさせよう」といったプロデューサーとしての采配が問われるのだ。

ケガをすると「負傷中」になり,シングルCDを作成しても参加できないなどのデメリットがある
画像集#011のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 負傷したアイドルは「休暇」で回復させてあげましょう,と説明されるが,「休暇」で完治させるには,なんと90日もかかる。3か月間もエースが戦力外になるのはキツすぎるので,何かいい方法はないか……と思っていると,「医者の治療を受けると休暇期間が短縮される」と説明欄に書いてあるではないか。「よし,それだ!」と医者を雇おうとするが,それには「医務室」が必要となる。空いているテナントを借りて「医務室」にするには,なんと100万円もの資金がかかり,毎週2万円ずつテナント料もとられる。資金が20万円という我が事務所には先立つものがなかった。

 やむを得ず,負傷中のまま続行していると,中垣に「ボーイズラブ好き疑惑」イベントが発生。体験版でもいくつか遭遇したが,本作ではこういったアイドルが起こすハプニング系のイベントがランダムで発生する。

ボーイズラブ好き疑惑がかかっている。そ,そうだったのか,中垣
画像集#012のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 こうしたイベントは選択肢を選ぶことで対応するのだが,個人の好みの問題だし,我が事務所としては「中垣が何を好きでも構わない」とフォロー。すると,中垣は「筋金入りのボーイズラブファンだ」と明かした。「筋金入り」って,そこまで言わなくてもいいんだけど……。あと,負傷で休暇中なんだから,せめておとなしくしてて! とプロデューサー的には胃が痛くなる。

 そんな中,櫻田安見が誕生日を迎える。現実なら「おお,ハッピーバースデー!」と言いたくなるところだが,このゲームにおける誕生日は変なところで現実的で全然めでたくない。誕生日を迎えると,身体的な能力値がダウンするのだ。

こんな感じ。櫻田はまだ19歳なのでマシだが,齢を取るたびにダウンの幅も大きくなっていく
画像集#013のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 そんな誕生日にヘコんだわけではなさそうだが,櫻田がゲーム実況で視聴者を「負け犬」呼ばわりしてプチ炎上という,トラブル系のイベントが発生してしまう。

こんな可愛い子に負け犬呼ばわりされるとか,むしろご褒美なのでは?
画像集#014のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 「やれやれ,次から次へと……」と思っていると,画面右下にさりげなく「破産まで14日」の表示が。

あと2週間じゃん……
画像集#015のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 稼ぎ頭の予定だった中垣の長期離脱により,いよいよ資金が底をついた。こうなったら,銀行から1000万の融資を……と考えるが,返済期間は最大で6か月なので,月あたりの返済額がかなりデカい。破産する時期が少し延びるだけになりかねない。

毎週の返済が45万円。うん……無理!
画像集#016のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 しかし破産しては元も子もないと借りてみるが,やはり数か月延びただけで,アッという間に残金が170万円まで落ち込む。ふと休憩室を見ると,櫻田がソファーの上で膝を抱えていた。

俺もそんな気分だよ……
画像集#017のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 さらに2週間ほど経過すると,両手で顔を覆う櫻田と,それを慰める金尾の姿が。後になって,事務所に内緒で付き合っていた男と別れたらしいことを知る。たぶんそれ関係だったのだろう。なお,個人的にはドット絵でこういう動きを見て「えっ,何!? 何!?」とソワソワしてしまう状況は好き。

(事務所の残金が43万だってことがバレてるのかなぁ)
画像集#018のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 そんなとき,不二本氏が現れ,「もし『金を払うからおたくのアイドルを一晩貸してくれ』と言われたら,君はどう答える?」と問うてくる。

ど,どうって……
画像集#019のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 やはりコイツ,闇側の人間か……! と思ったが,こっちも破産目前なので「条件次第」という選択肢を選んでみると,意外にも不二本氏は「僕が君くらいの歳のころ,自分の矜持を捨て去り,目の前の小銭に飛びついたことが何度かあった」とプレイヤーを諭し,答えにNOを突きつける。そして「この金で目を覚ましてもらえれば幸いだ」と,多額を融資してくれる。闇寄りの人物だと思っていたので,意外というか,俺の方が闇じゃん……。

 その後も,不二本氏を通じて「ある女性をグループに入れて活動させてやってほしいという申し出があった。報酬は1000万円」と,思いも寄らない助け舟が舞い込む。

いろいろとアレだけど,資金難を脱するチャンス!
画像集#020のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 思いっきりウラの話なのだが,資金難の今,メチャクチャありがたい申し出なので即快諾。さすがにオーディションの体裁はとるものの,その日のオーディションは彼女1人で本人にこの事情は知らされず,オーディションで受かったと思わせるのだろう。お金持ちの親が,自分の娘の夢を叶えたいがために……とか考えると,いかにもありそうな話に思えてくるが,そう考える筆者の志向がやっぱり闇なのだろうか。

箱入り娘の芳田朱音。“裏口入学”のキャラだけあって,各パラメータがどうしようもなく低いのだが,「ガーリー」と「キュート」の数値は高い。どういう事情でもうちの事務所のアイドル,うまくプロデュースしてあげなくては
画像集#021のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

求められる能力が「ガーリー」の写真撮影を任せてみると,なんと報酬が5万もアップ
画像集#023のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム 画像集#024のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 しかし,それでも資金は減る一方。そして悲劇は続くもので,エース中垣が突然の卒業宣言。引き留めようとするも,彼女の意志は固く……。

活動開始直後,早々に故障して,復帰してもほぼ活躍しないまま卒業という,役に立たなかった外国人助っ人みたいなムーブを決めた中垣。なんてこった
画像集#025のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 一方,箱入り娘の芳田も負傷。持っているスキルが「スタミナの消費速度が倍増し,回復速度が半減する」なものだから,スタミナの維持が難しく,普通のアイドル営業がとても難しい。仕方なく「休暇」で休ませるが,これでは加入させた意味がない!
 そんな中,金尾が男性とスキャンダル

こっ,このクソ大変なときに,か,金尾ー!
画像集#026のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 そして立て続けに,今度は卒業が決まった中垣が握手会で表情に嫌悪感を出してしまうという事件が発生。ここはファンに謝罪だ! と思ったのだが,謝罪することで,「腕がつった」という中垣の言い訳を信じていたファンが逆に傷ついてしまうという結果に。

知るかー! アイドル事務所の苦悩が痛いほど分かるわー!
画像集#027のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 そんな感じで相次ぐトラブルに悶えていると,次は櫻田安見が卒業すると言い出す。何なの? 沈む船を察知したネズミなの?

ブルータス,お前もか……
画像集#028のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 卒業予定者が2名と,ついにメンタルも0になって「ふさぎ込み」状態になってしまった箱入り娘。まともに活動できるのがスキャンダル後の金尾1人となり,ただでさえ急激に減っていた資金が枯渇。
 そして不二本が現れ,「残念だ」と言い放つ。どうやら,二度目の援助はないらしい。

すみません。いろいろあって……ホントにいろいろあって……
画像集#029のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 君の最後の仕事はアイドルとスタッフに「終わった」ことを告げに行くことだ,と言われ,1人1人に説明をしていくのだが……これがまたツラい。アイドルやスタッフたちに「君はよくやってくれた」等の言葉をかけても,金の切れ目が縁の切れ目と言わんばかりに,全員がプイッと去って行く。

 こういった冷たい態度を取られたのは,アイドルたちとマメに会話をせず,信頼関係を築けなかったことが影響していたのかもしれない。
 アイドルたちとの会話では,雑談や各人の希望を聞き出せ,希望をかなえてあげるとプロデューサーとの信頼関係を示すゲージが上昇する。しかし,毎日公演やスパのタイミングを計りつつお金の流れに目をギラギラさせつつ,さらにアイドル1人1人と面談となると,やることがさらに増える。序盤にエースが離脱し,窮地に追い込まれていた筆者はそれどころではなかったのだ。

多いのが「センターになりたい」という希望。メンバー全員がセンターを希望することもある
画像集#064のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム


マネーとスタミナのコントロールゲーム。アイドルはアスリートだ!


 以前,体験版をプレイしたときに感じたのは,とにかく「ファンの数」がモノをいうのではないかということだった。地道な宣伝と公演を繰り返してファンを増やし,シングルを売って資金を作り,また地道な宣伝と公演を繰り返す。こうしているうちにファンの数は増えていくため,シングル発売時の利益は少しずつ上っていく。この流れが,ゲームの基本だと思っていた。

 しかし製品版をプレイしてみて,その考えは間違いだということに気づいた。最も大事なのはアイドルのスタミナだ。スタミナがほとんどない状態で無理をさせると負傷する。これ自体は育成シミュレーションでもよくある要素だが,本作の場合,医者なしだと完全に休暇を与えても完治に90日を要するため,序盤では致命傷となる。

 というわけで改めて最初からプレイ。まず,最初のオーディションのアイドルガチャによる人選は慎重を極める。もちろんスタミナは最優先だ。「超回復」のスキルを持つ人材を「合格」にする。

頼もしい! 君に決めたッ!
画像集#030のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 そして事前にセーブしておき,10万円で開催できる「地区」のオーディションで出費を抑え,いい人材が来なかったらロード。これを3回繰り返して,30万円の出費で,いい人材を3人見つけるのだ。卑怯? 勝てばよかろうなのだァーッ!

能力がそこそこ高く,「負けずぎらい」のスキルを持つ池野も合格に
画像集#031のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

「地区」のオーディションだと出現率が5%しかないシルバーも出現。ゴールドよりは若干劣るが,レア人材だ。キュート・ダンス・ガーリーの値が高く,恋愛関係を持たない「色いらず」のスキル持ち。合格!
画像集#032のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 採用基準として,どうしても年齢は考慮することになる。結果的に卒業が早くなってしまうからだ。誕生日を迎えるごとに能力が上がるスキルを持っている子もいるが,活躍できる期間が短いことは,経営面でも大きなリスクとなってしまうのだ。

 アイドルたちの給料にも要注意だ。それなりに稼ぎ始めると,画面右下に「給料に不満」といった表示が出るのだが,「まあ,これだけ稼いでるんだから少しアップしてやるか」と甘い気持ちで上げると,地味に経営を圧迫していく。これだけが原因ではないが,1回目のプレイにおいて失敗要因の1つだったことは間違いない。本格的な売れっ子になるまでは,多少の不満はあっても薄給で頑張ってもらえないと,事務所が先に潰れてしまう。

1回目のプレイで事務所が潰れる前の,彼女たちの給料。採算を考えるとこれでもあげすぎていた
画像集#033のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 正直,プロデュース業とかアイドルを薄給でこき使ってボロ儲けしているんだろうくらいに思っていたが,実際のところ,アイドルたちがそれなりの額を稼げるようになるまでものすごい勢いでお金が出ていくため,最初の資金を維持することすら困難なのだ。なんとかトントンでやってもまだ,アイドルたちの昇給は先の話。

 地道にシングルを発売するのもいいが,その前に力尽きていては意味がない。もっと儲かる何かはないか……と探っていたら,「スペシャルイベント」というのが目に付いた。1回目のプレイでは,エース中垣の長期離脱によってシングル曲が制作できず,回復を待っている間に経営状況が危なくなってきたので,スペシャルイベントにまで気を回す余裕がなかったが,今回は挑戦できそうだ。
 ちなみにスペシャルイベントには「コンサート」「総選挙」「ワールドツアー」の3種があり,コンサートの開催にはシングルを5枚以上発売しておく必要がある。

ほう,コンサートですか……
画像集#034のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 これまでのプレイで得たノウハウを生かして,出費とスタミナ減に目を光らせつつ,とにかくシングルを5枚出すことに専念。時間はかかったが,なんとか無借金で達成することができた。戦いの中で成長している……!

変なタイトルの曲ばかりだが気にするな
画像集#044のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 「柿ピーみたいな恋」は,筆者が柿ピーを食べながらプレイしていて,いよいよ曲名が思いつかなくなってきたから適当につけたものなのだが,「柿の種とピーナッツは単体でも成立するけど,柿ピーって,2つ揃わないと柿ピーじゃない。お互いが存在することで,より高め合う。そんな2人になりたいから……」とか考えると,なんか良さそうな曲に見えてこないだろうか……え,こない? そうか。

 シングル5枚リリース達成により,ついにコンサートの開催が可能になった。チケットの価格設定から,どの曲をどの順でやるか,どこでトーク休憩を入れるかなどをセッティングしていく。無意識の内に「ファンならチケットの価格をもう少しくらい上げても買うだろ……」などと考えて調整している自分がいたりして,このあたりは,本当にコンサートというイベントをプロデュースしている感がスゴい。

適当につけがちになりつつあったシングル名をまざまざと見せられる。こんなタイトルの曲がコンサートを〆るキラーチューンになるなんて……。みんなはもっとマジメに考えよう
画像集#036のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

コンサート中にもハプニングは発生する。会場のボルテージを下げずに切り抜けられるか?
画像集#042のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム 画像集#043のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

初コンサートは140万円の利益を上げて終了。う,美味すぎる
画像集#039のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

コンサートを成功させたことで,「公演」のレベルがアップ。なんと,1回の公演で20万円ほど稼げるようになった
画像集#040のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 資金に余裕が出てきたので,これまではデジタル限定配信だったシングルを,物理的に生産する形に移行してみることに。ファンの数が5700ほどだったので,4000枚くらいならいけるか? と設定してみたところ,ニューシングル「夏が終わったら……知らんのか? 秋が来る」は4000枚を見事に完売。130万円の利益を得る。

売り切ったー! でも女性ファンが全然いねぇー!
画像集#045のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム 画像集#046のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 「これ,軌道に乗ったんじゃない……?」とウキウキしていたら,「男坂99の歌がカルト教団を宣伝しているように聞こえる」という謎の空耳騒ぎが。しかし,どんなトラブルが来ても大して怖くはない。圧倒的な金が手元にある安心感……! コンサートは1か月のクールダウン期間が必要だが,開催可能になり次第,ガンガン開催していく。

「夏が終わったら……知らんのか? 秋が来る」のタイトルで,カルト教団を宣伝しているように聴こえる歌詞ってどんなのだよ……
画像集#047のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

制作費は初コンサートからほとんど変わっていないが,利益が350万円に。俺もうコンサートだけやっていくよ!
画像集#048のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

新曲の売上枚数も8000枚近くに。今まであまり気にしていなかったが,シングルを出す度に結構な数のファンも増えるようになった
画像集#049のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 公演とコンサート,そして適切なスパによるスタミナ管理により,ついに所持金が2000万円を突破する。筆者のアイドルプロデュースの才能が開花した瞬間である……。

 コンサート以外にできる「スペシャルイベント」は,「ワールドツアー」と「総選挙」がある。ただ,「ワールドツアー」はさすがに早すぎるようで,今の段階ではどう計画しても黒字転換は難しそうだ。

ワールドツアーは,移動距離も考慮して,どの順でどの国をまわるかを設定する必要がある
画像集#050のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

「総選挙」を実行するには,メンバーが5人以上必要だ
画像集#051のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 総選挙はやってみたいところだが,メンバーをあと2名,増員しなければいけない。今までは資金難とスタミナ管理の難しさで,人員を増やすなど考えられなかったが,資金に余裕ができた今なら,あと2名くらいならいけそうだ。

 前回と同じ方法で10万円のオーディションを繰り返したところ,またもシルバーレア人材が出現。年齢が20歳だが,能力とスキル「負けずぎらい」を見て,合格に。

シングルがチャートトップをとるのはまだまだ無理そうなので,しばらくはボーナスを得られるはずだ
画像集#052のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

さらにもう1人,シルバーの「奥谷 育」が出現し,これも合格に。14歳という年齢にも将来性がある
画像集#053のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 5人グループとなった男坂99の,満を持してのニューシングル「25時のシンデレラ」は15,000枚を売り上げ,利益480万円をゲット。このシングル発売だけで,ファンが一気に4300人も増えた。序盤と比べるとインフレがスゴいが,チャートは厳しい。これだけ売っても,7位から上に行けないのだ。

480万……フヒヒ,たまらねぇ
画像集#054のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 実は曲のジャンル,歌詞,振り付けには「トレンド」があり,これが合致しないと上を目指すのは難しい。
 しかも,各ジャンルを全解放するだけでも作曲スタッフの研究ポイントがかなり必要なうえ,各ジャンルには「レベル」が存在する。より多くのポイントを同ジャンルにつぎ込むことでレベルアップしていくので,時間をかけてレベルを上げても,そのころにはもうほかのジャンルがトレンドになっていたりもする。

 しかし,ものは試しだ。もうマーケットのトレンドしか見ない戦略で,ニューシングル「流行りに媚びて,ただ売れたい」をリリースしたところ,チャート3位を達成。ストーリーモードの進行の条件に「チャート5位以上」というのがあり,これがなかなか達成できずに停滞していたのだが,ようやく進むことができた。

1位の枚数がケタ違いなのが気になるけど……ひとまずヨシ!
画像集#055のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム 画像集#056のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 コンサートとシングルで数百万を稼げるようになると,もう怖いものはないように見えてくる。しかし,そううまくはいかない。というのも本作では,スパにかかる価格がどんどん上昇していくのだ。公演1回で20万円の収入を得られるようになって喜んでいたら,いつの間にかスパ1回に4万5000円かかるようになっていたり。さらにもうしばらくプレイしていたら,いつの間にかスパ1回が10万円になっていた。ちなみに,最初はスパ1回が1万5000円である。
 こうなってくると,1回の公演で20万円入ろうが,所持金が2000万円になろうが安心はできないし,「現状維持」をしたくても,アイドルたちはいずれ卒業していく。たとえ「稼げる状態」を作れたとしても,それは永遠ではないのだ……。


アイドル稼業のオモテとウラを楽しめる,前人未到のシミュレーションゲーム。アイドルに興味がない人もきっと楽しめるはず


 アイドルを故障させず,確かなお金の流れを作って破産もさせないというのは想像以上に難しい。いい感じに資金が貯まってきても,自分が気づかないうちに手遅れになっていることが多い。オートセーブはあるが,そのセーブが「手遅れになる前」とは限らない。正直,予想以上のボリュームと難度で,誰しも一度はピンチを迎えるはずだ。
 筆者は本稿のとおり,一度破産し,その経験を元に無借金で資金2600万まで盛り返したが,それでもシングルの最高売上枚数はまだ1万5000枚で,チャートも最高3位。チャート1位の枚数が18万枚なので,まだまだ先は長い。

 ストーリーモードのほか,タイトル画面には「フリープレイ」と「MOD」の表示があるが,「フリープレイ」はその名のとおり,ストーリーをまったく気にせず遊べるモードだ。設定で,ランダムイベントやスキャンダルなどをオフにすることもできるし,難度を「ルーズ」にすると資金の心配をせずに遊べるので,「ノーマル」で苦戦したら,一旦「フリープレイ」で難度を「ルーズ」に設定してコツを掴むまでプレイしてみるのもいいかもしれない。

こうなってくると恐ろしいのが,難度「リスキー」の存在。一体,どれだけ難しいんだ?
画像集#057のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム 画像集#058のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 もう一方の「MOD」は既報のとおり,アイドルの姿を自分で用意した画像と替えられるという,無限の可能性を持つ機能だ。ただ,発売前にプレイした本稿執筆時にはその方法が不明で,ゲーム内には,どこにもやり方の説明がない。インストールされているフォルダのどこかにMOD用のフォルダを作って,そこに画像を入れるのだと思うが,どれくらいのサイズの画像にする必要があるのか,画像の時点で透過させておく必要はあるのか等も不明だ。仮にその方法がいま分かっていたとしても,あまり勝手な画像を使ったスクリーンショットは載せられないのだけども……。友人・知人の写真を取り込んでグループを組ませると楽しいかもしれない。

MOD機能を使うと画像を差し替えれる。画像は「ごく普通の鹿のゲーム -DEEEER Simulator」に登場する普通の鹿を使ったサンプル
画像集#059のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 体験版のプレイレポートでは「製品版でミリオンヒットを飛ばす」ことを目標としていたが,無理な借金や破産をせずに1万5000本を売り上げるまでに結構な時間がかかっており,10万本ですらなかなかハードルの高い目標となりそうだ。
 と言っても筆者は完全な手探り状態でのプレイだったため,本作のリリース後,ネット上ではもっと効率の良い方法が編み出されていくはずだ。また,あえてそうした情報を見ずに自分の手で開拓していくのもいい。

オートセーブは頻度を設定できる
画像集#060のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

体験版で見られた「漢字を入力しようとするとゲーム画面が非アクティブになってしまう」現象については,設定で「フルスクリーン」→「ボーダレスウィンドウ」にすることで解消できる
画像集#065のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 体験版のプレイレポートでも書いたが,ローカライズは完璧だ。日本のSNSでいかにもありそうな小事件やプチ炎上騒ぎを的確なニュアンスで表現しているため,どのトラブルも「うわー,ありそう」感(とか,あ。あれか感)がスゴい。それは本稿のスクリーンショットを見ても明らかだろう。というか,日本のゲームにしか見えないのではないだろうか。

「実際にあったよね,こういうの……」というイベントも
画像集#061のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

 もし本稿を読んで少しでも興味を持ったら,渾身のタイトル名を付けた「俺だけのシングル」でミリオンヒットを飛ばすことを目指してみてほしい。時間を忘れて入れ込んでしまうことを保証する。

画像集#062のサムネイル/「Idol Manager」プレイレポート。アイドルプロデュース業の光と闇を体験できる本格事務所経営シム

「Idol Manager」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Idol Manager

  • 関連タイトル:

    Idol Manager

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
74
BLESS UNLEASHED (PC)
67
67
DEKARON (PC)
55
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年03月〜2021年09月