オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/01/11 12:00

広告企画

【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介

 FunPlusがサービス中の「ガンズ・オブ・グローリー」iOS / Android。以下「GoG」)は,「三銃士」をベースにしたファンタジー世界での戦乱を描く,スマホ向けのMMOストラテジーゲームだ。2017年8月に,日本を含む世界各国でリリースされた本作は,やり込み甲斐のあるゲーム性や独創的な世界観,美麗なグラフィックスなどが評価され,世界26か国でセールスランキング1位を記録し,累計ダウンロード数が1億回を突破している。

 いまなお多くのプレイヤーが集う「GoG」の魅力を知るには,実際に遊んで体感するのが一番だろう。本作の概要や序盤のプレイサイクルなどを解説するので,本格的にハマってみたい人は参考にしてほしい。

君王を手にかけた悪漢カーディナルが跋扈し,混沌のただなかにある某王国。亡き王に仕えていた銃士の1人である主人公(プレイヤー)は,カーディナルから国を取り戻すべく,かの三銃士やダルタニアンらを従える統治者として立ち上がり,王位継承をめぐる運命の戦いに乗り出すのであった
画像(001)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
画像(002)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(003)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介

「ガンズ・オブ・グローリー」公式サイト

「ガンズ・オブ・グローリー」ダウンロードページ

「ガンズ・オブ・グローリー」ダウンロードページ



数多の君主がひしめく戦場で
城下町を発展させて勢力を拡大せよ


 戦時下の王国で城下町の“君主”となったプレイヤーが,自身の領地を繁栄させて軍備を増強し,周囲の君主(他プレイヤー)とときに敵対し,ときに共闘しながら勢力を広げていくのが本作の目的となる。王国には参加プレイヤーの数だけ城下町が存在し,そのすべてがリアルタイムで活動を行うため,ひとときも休むことなく戦況が変化し続けるのだ。

 君主であるプレイヤーの仕事は,大きく分けて“城下町の発展”“王国マップでの進攻”の2つ。いわゆる村ゲー的要素を含むリアルタイムストラテジー(RTS)としては,オーソドックスなシステム設計になっている。

――プレイヤーのおもな仕事――

●城下町を発展させて生産力を上げる


 領地(城下町)に生産施設や軍事施設を建設し,アップグレードで施設レベルを上げて性能を強化する。城下町での最重要目標は“城”のアップグレードにあり,条件(その他の施設レベル/資源)を満たして城をレベルアップさせると全施設のレベル上限が引き上げられ,さらに建設可能な施設がアンロックされる形だ。

農場では兵士の維持に必要な食料を,材木場では施設の建設/アップグレードに使う木材を生産できる。農場/材木場をアップグレードすると,食料や木材の生産量と保管量が増加する
画像(004)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(005)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
各種訓練所は戦力増強に欠かせない施設で,訓練の実行により部隊を増員できる。アップグレードで施設レベルを上げると,新たな部隊の訓練が行えるように
画像(006)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
施設の建設,アップグレードや訓練は,完了するまでに時間を要する。施設レベルが高くなるほど(上位の部隊になるほど)その時間は長くなるため,発展を急ぎたい場合はスピードアップ系のアイテムを使って時間を短縮しよう
画像(007)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(008)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
画像(009)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
領地にさまざまな施設を揃え,アップグレードで強化を施し,条件を満たしたところで城のレベルを上げる。これをくり返すことで城下町はどんどん栄えていくのだ
画像(010)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(011)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介


●王国マップで資材やリワードを集めよう


 城下町の発展により戦力が整えられたら“王国マップ”に移動しよう。各君主が集う戦場である王国マップには,他プレイヤーの城下町のほかにも農場や製材所などの資源地があり,そこへ部隊を派遣して攻撃を仕掛けることで,資源を収集,収奪できる。また,王国マップには“野獣”と呼ばれるモンスターが点在していて,やはり部隊の進攻させてこれを撃破すると資源やアイテムなどのリワード(報酬)が手に入るのだ。

画面左下の「検索」で,レベルを指定して資源地や野獣を探し出せる。対象をタップし,資源地なら「占拠」,野獣なら「攻撃」を選択して部隊を向かわせよう。ゲーム序盤の進攻であれば,各部隊の兵員は調整ボタンで決めてOKだ
画像(012)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(013)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
画像(014)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(015)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
部隊の進攻には,領地と目的地の往復分の移動時間がかかる。資源収集や戦闘が終わるとメールでレポートが届くので,戦闘の詳細やリワードなどをチェックしよう
画像(016)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(017)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
画像(018)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介

 ここまで,本作の基本システムやプレイサイクルを簡単にまとめたが,以上の内容はすべて,クエスト(メインクエスト/成長クエスト)とチャプターをこなすことで順番に学べるようになっている。このタイプのRTSに馴染みがある人もそうでない人も,ゲーム開始からしばらくはクエストやチャプターの処理に打ち込もう。それだけで城下町は順調に発展しクリア報酬も獲得できるのだ。

メインメニューの「クエスト」をタップすると,クエストの詳細や達成状況を確認できる。達成済みの項目があると通知が付くので,ここでリワードを受け取ろう
画像(019)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
現在進行しているチャプターの内容は,城下町画面の左下のアイコンをタップすれば確認可能。チャプターは,王座奪還を目指す主人公の物語を進行させるもので,目標クエストをすべて達成するたび大量のリワードが獲得でき,次のチャプターに切り替わる
画像(020)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
画像(021)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(022)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
クエスト/チャプター達成などで得られる「君主EXP」が溜まると,君主のレベルがアップ。リワードや能力ポイント(君主にスキルを修得させるのに使用)がもらえる
画像(023)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
画像(024)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(025)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
王国マップで兵士とともに戦う強力な兵器であり,資源を輸送する手段にもなる「飛行船」は,本作ならではの要素の1つ。その能力強化やカスタマイズも,クエスト/チャプターの項目に含まれている
画像(026)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(027)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
画像(028)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(029)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介


同盟で他プレイヤーと手を組もう!
強豪同盟に入れば“究極の同盟イベント”への参加も


 世界中からプレイヤーが集まって覇権を競うMMOゲーム(多人数参加型オンラインゲーム)である本作は,ほかのプレイヤーと連携するほうが断然楽しく,効率よく攻略を進められる。そのために用意されているのが同盟システムで,敵勢力の進攻を仲間と共闘して撃退できたり,メンバー間で資源をシェアできたりと,同盟に所属するメリットは多い。単純に,複数の君主が団結すれば周囲から攻め込まれにくくなるため,アクティブなプレイヤーが多い同盟になるべく早い段階で加入しておきたい。

同盟に属していれば,施設の建設/アップグレードや訓練を実行したあとメンバー全員に“ヘルプ”を出し,作業時間を短縮してもらえる。プレイ中にメンバーからヘルプリクエストがあった場合はしっかり応じること
画像(030)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(031)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
同盟メンバーは資源などを同盟に“寄付”できる。寄付が一定量溜まると同盟がスキルを習得し,メンバー全員に特別な効果が付与される
画像(032)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(033)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
同盟に加入しているプレイヤーのみ参加できるイベントもある。2週間ごとに開催される“究極の同盟イベント”は,各王国(サーバー)のトップ10にいる強豪同盟にのみ参戦資格があるGvGイベントだ。同盟所有の砦や塔,戦術指揮所に分配された財宝を同盟同士が奪い合うという内容で,対戦終了後のスコアに応じて個人および同盟全体でリワードを受け取れる
画像(034)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介 画像(035)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介
画像(036)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介

 オープニングのあと,軽めのチュートリアルを終えるとすぐ“プレイヤーのターン!”となるのだが,城下町の視覚的な情報量の多さに圧倒されどこから手を着けていいものやらと戸惑う人もいるかもしれない。しかし,クエストとチャプターを進めればシステムを理解しながら攻略を進められると気付くと,“できることの多さ”“いくらでも領地を発展させられる快感”に変換され,時間を忘れてついついやり込んでしまった。

 本稿で触れたのはあくまで「GoG」の概要,序盤の要素であり,RTSの醍醐味を堪能できるのはここから。2019年11月にサーバー間対戦のテストがアナウンスされたとおり,戦いは同サーバー内に留まらずさらなる激戦が見込まれるだろう。遊べば遊ぶだけ魅力が増すタイトルであるのは,1時間,いや,30分もプレイすれば分かると思う。累計DL数1億オーバーはダテじゃないのだ。

画像(037)【PR】王道でいて奥深い“村ゲー+RTS”。「ガンズ・オブ・グローリー」の基本システムとプレイサイクルを紹介

「ガンズ・オブ・グローリー」公式サイト

「ガンズ・オブ・グローリー」ダウンロードページ

「ガンズ・オブ・グローリー」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    ガンズ・オブ・グローリー

  • 関連タイトル:

    ガンズ・オブ・グローリー

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月29日〜01月30日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月