オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/01/20 14:23

イベント

アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 タイトーは2020年1月18日,今年稼働予定のアーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントを,タイトーステーション溝の口店にて開催した。

画像(001)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 本作は,スマホ用RPG「星のドラゴンクエスト」iOS/Android 以下,星ドラ)内のカジノコンテンツ「モガステーション」に登場する同名のコインゲームを,リアルに再現するべく開発したという。「ドラゴンクエスト」シリーズとしても初めてとなるアーケード向けメダルゲームがどんな仕上がりになっているのかを紹介していこう。

最大12人まで同時プレイが可能な大型の筐体。キングスライムの飾りがひときわ大きく目立ち,数多くのゲーム機が並ぶゲームセンターの中でも存在感を発揮できそう
画像(002)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施 画像(003)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施
星ドラのナビゲート役でお馴染みの「モガマル」もイベントに参加し,来場者との記念撮影にも応じていた
画像(004)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 イベントでは,星ドラの市村龍太郎プロデューサーと畑 信太郎ディレクター,そして,ゲーム好きタレントの吉田早希さんがゲストとして登場し,実機によるデモンストレーションを交えつつゲームの解説をしてくれた。

プロデューサーの市村龍太郎氏(左)とディレクターの畑 信太郎氏(右)
画像(005)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施
新宿東南口近くのタイトーのゲーセンによく遊びに行くというゲストの吉田早希さん
画像(006)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 市村氏によると,星ドラ内でキングスプラッシュというコインゲームを実装しようと企画した段階で,すでにアーケード用の実機を作ろうと計画をしていたという。「ドラクエ」の生みの親,堀井雄二氏の監修も受けたそうだが,その際,堀井氏が長時間キングスプラッシュに熱中していたという裏話も明かしてくれた。
 筐体のデザインについては,「スマホアプリと同時に企画が動いていたので,ほぼ同じようにできていると思います」と市村氏は語り,カプセルに入ったモンスターのフィギュアや,モガマルをデザインした特別なメダルなど,細部までこだわって制作したことをアピールした。

 お披露目会では,中学生の頃からメダルゲームを遊んでいたという吉田さんと畑氏が2人並んでキングスプラッシュにチャレンジすることに。2人はスロットで役をそろえ,順調に仲間を集めつつボスであるバラモスまで到達するも,強力な攻撃にあえなく敗戦してしまう。

画像(007)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 と,ここで市村氏がポケットから100円玉を取り出して筐体に投入してコンティニューを発動し,なんとかボスを倒すことに成功。ボスを撃破した後のルーレットでは,一発でジャックポイントチャンスを当てるが,チャンスをものにできずジャックポイントを獲得するには至らない……。ここでも市村氏がポケットマネーで2人を助けるが,なかなか目的達成とはならず,最後は見るに見かねた市村氏自身がチャレンジして見事ジャックポットを当て,大量のメダルを獲得してみせた。
 ちなみに,今回はジャックポイントを獲得するために何度も100円玉を投入したが,ジャックポイントチャレンジ(確率は6分の1)に固執しなければ追加のお金を払う必要はないことを明記しておこう。

画像(008)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 1月19日からタイトーステーション溝の口店にて「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のロケーションテストが行われており,その記念として同店内でコラボドリンクを販売している。メニューは「モガマルピンク こってり濃厚ピーチミルク」と「スライムブルー 青りんごのスッキリ炭酸」の2種類で,購入すると特製モガマルコースターがもらえる。コースターの裏面にQRコードが印刷されており,これを筐体に読み込ませると,メダルがもらえるなどの連動機能が付いているとのことだ。

画像(009)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施
画像(010)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 また,畑氏から星ドラにおいて,フレンド申請が簡単にできる「コード機能」が実装されることが明かされた。詳細は星ドラアプリ内のおしらせで後日発表するとのことなので,続報を待とう。加えて,ジャンプフェスタで発表されたモガステーションの新機能「スライムダーツ」が,今年春に実装予定だったものを前倒しして2月のアップデートで実装することも発表された。

画像(011)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 2020年2月7日(ビジネスデイ)と8日(一般公開日)の両日,幕張メッセで行われる「ジャパンアミューズメントエキスポ2020」に出展することも決まっている「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」。リリース前に本作を体験してみたい人は,ロケテストが行われているタイトーステーション溝の口店に足を運んでみよう。

画像(012)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 イベントでは,先行して本作をプレイすることができたので,ここからは実際に遊んで分かったゲーム内容をお伝えしよう。

筐体の横に簡単な遊び方が書かれた取扱説明書が付いている。直感的に遊べるゲームなので読まなくても大丈夫だが,スムーズに遊びたいなら目を通しておこう
画像(013)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 キングスプラッシュは,メダルを筐体に投入すると前後に動くスライドテーブルにメダルが押し出され,それによってプレイヤーのもとにメダルが落ちていく「プッシャー」と呼ばれるタイプのメダルゲームだ。フィールド内のスライムがチェッカーの役割を持っていて,この後ろをメダルが通るとスロットが回り,役が揃うとメダルが追加されるなどのメリットが得られる。

画像(014)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施
3体のスライムがチェッカーの役割を持っている
画像(015)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施
スロットの役など基本的なゲーム情報は正面の液晶ディスプレイに表示される

 スロットで最も重要となるのが,「カプセル」の役だ。これを当てると左手側にあるカプセルに入ったスライムやさまようよろい,ミニデーモンなどドラクエでおなじみのモンスターがフィールドに落ちてくる。それをフィールドの手前に落とすことができれば,最大3体まで仲間にできる。落としたカプセルと同じ種類のモンスターを仲間にできるのが面白いところで,最初はモガマル1体だけのパーティがどんどん増えていく。

筐体を覗けばどんなカプセルモンスターが入っているのかが分かる。なお,フィギュアの形をしたカプセルモンスターはあくまで筐体のギミックの1つであり,景品として出るわけではない
画像(016)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 パーティが増えていく様子は液晶ディスプレイでも確認でき,仲間のカプセルモンスターが3体になるとボスバトルへと突入する。ボス戦では,メダルがチェッカーを通過する(普段はスロットが回る)ことで攻撃できるので,メダルを落とす手を休めずにプレイを継続しよう。

今回登場したボスはバラモス。仲間がドラゴン,カンダタ,ゴーレムという強そうなメンツだったこともあり,無事に撃破できた
画像(017)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施
ロトの紋章をかたどったボタンなど,ドラクエの世界観に合わせた筐体となっている。BGMもドラクエのテーマが使われており,状況に応じてダンジョンやカジノの曲に変化する仕掛けだ
画像(018)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 ボスを撃破すると,大量のメダルを獲得できるチャンスのルーレットを回せる。運が良ければ,ジャックポットで100枚単位の大量のメダルが降り注ぐことになる本作最大の見せ場である。

画像(019)アーケード用メダルゲーム「星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ」のお披露目イベントレポート。タイトーステーション溝の口店ではロケテが実施

 プレイした感覚としては,メダルを押し出して落とすプッシャーゲームの醍醐味はそのままに,ギミックとしてドラクエの世界観を踏襲したバトルの面白さが加味されている印象だ。今回のイベントでは,QRコードを使用した連動機能も紹介されていたが,将来的には星ドラとの連携も期待したいところだ。
  • 関連タイトル:

    星のドラゴンクエスト キングスプラッシュ

  • 関連タイトル:

    星のドラゴンクエスト

  • 関連タイトル:

    星のドラゴンクエスト

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月26日〜02月27日