オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
原神公式サイトへ
  • miHoYo
  • 発売日:2020年内
  • 価格:未定
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2019]「原神」のPC版がプレイアブル出展。細かな操作がしやすいぶん,キャラクター交代を駆使したバトルが楽しめそう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/11/16 12:44

ニュース

[G-Star 2019]「原神」のPC版がプレイアブル出展。細かな操作がしやすいぶん,キャラクター交代を駆使したバトルが楽しめそう

 韓国で2019年11月17日まで開催中のG-Star 2019にて,miHoYoが同社の最新作「原神」をプレイアブル出展している。

miHoYoブース。残念ながら今回は新公開のスクリーンショットなどはなく,ゲーム画面の撮影も禁止だった
画像(002)[G-Star 2019]「原神」のPC版がプレイアブル出展。細かな操作がしやすいぶん,キャラクター交代を駆使したバトルが楽しめそう

 本作は,miHoYoらしいアニメ調のグラフィックスが目を引くオープンワールド型RPGだ。本作が発表されたChinaJoy 2019ではPlayStation 4版が,その後の東京ゲームショウ2019ではPlayStation 4版とスマホ版(iOS / Android)が出展されていたが,今回はPC版となっていた。

関連記事

[CJ2019]オープンワールドRPG「原神」の紹介ムービー&直撮りプレイムービーを掲載。キャラクターの動きやバトルシステムをチェック

[CJ2019]オープンワールドRPG「原神」の紹介ムービー&直撮りプレイムービーを掲載。キャラクターの動きやバトルシステムをチェック

 ChinaJoy 2019のPlayStationブースに出展されていた,miHoYoのオープンワールドRPG「原神」ゲーム紹介ムービー直撮りプレイムービーをお届けする。アニメ調のグラフィックスで描かれるキャラクター達がどのようなアクションを見せてくれるのか,その一端を紹介しよう。

[2019/08/05 16:20]
関連記事

[TGS 2019]SIEブースでPS4版「原神」を体験。キャラクターを切り替えながらの戦闘はやみつきになりそうな予感

[TGS 2019]SIEブースでPS4版「原神」を体験。キャラクターを切り替えながらの戦闘はやみつきになりそうな予感

 TGS 2019のSIEブースで,miHoYoが2020年に発売を予定しているPS4用ソフト「原神」をプレイしてきた。本作の試遊は「イージー」「ハード」の2タイプが用意され,それぞれ異なる内容となっている。今回はその両方を遊んでみたので,さっそく紹介していきたい。

[2019/09/13 19:04]

 試遊の内容は,東京ゲームショウ2019での「イージー」と同様に,ゲームの序盤のチュートリアルを体験できるものだ。幻想的な草原を自由に駆け回って,泳いだり敵と戦ったりしていると,巨大な龍のようなものが飛んでいるところに遭遇する。
 その後,弓使いの女の子・アンバーが仲間になり,近くの街を目指すことになる。

画像(003)[G-Star 2019]「原神」のPC版がプレイアブル出展。細かな操作がしやすいぶん,キャラクター交代を駆使したバトルが楽しめそう

 PC版を触ってみると,キーボードでの操作が可能になったことで,1人のキャラクターを集中して動かす場合は,スキルのクールダウンが長く感じられる。[W/A/S/D]キーで移動しつつ,[Q/E/R]キーでスキルを発動する形になるので,スマホ版と比べるとだいぶ操作しやすい。そのため,最大4人のキャラクターを切り替えながら戦う本作のシステムを,存分に活用できるプラットフォームになりそうだ

画像(004)[G-Star 2019]「原神」のPC版がプレイアブル出展。細かな操作がしやすいぶん,キャラクター交代を駆使したバトルが楽しめそう

 しばらく進んで到着した街は,城壁に囲まれた中世風の場所だった。高台の上には,大きな聖堂(だと思われる)があり,街を見下ろしている。
 さて,原神には「壁に向かってジャンプするとそのまましがみつき,さらによじ登れる」という,ちょっと戸惑う強引な移動方法がある。そうなると城壁や高台,建物があれば,とりあえず上へ上へと登りたくのが人情。というわけで,ついクエストを完全に無視して,プレイ時間をすべて使ってよじ登ってみることにした。

 壁だろうと柱だろうと踏破できてしまうので,街に入ってから聖堂までは道も階段も無視して一直線だ。一応,登っている間はスタミナが減少し,なくなると落下してしまうのだが,途中で足場になるところを経由すれば,巨大な聖堂もなんのその。聖堂の屋根に着いたら,今度は塔のような部分へとよじ登れる。

 そして,一番上までたどり着いた筆者を待ち受けていたものは……なんと,宝箱。「高いところに行けるなら,ここに来るだろう」と計算されていたようで,ちょっと悔しい。
 ともあれ,見た目は完全に不審者だが,よじ登りのアクションは楽しいので,製品版でもいろいろな登れるスポットを用意してもらいたいところだ。

画像(001)[G-Star 2019]「原神」のPC版がプレイアブル出展。細かな操作がしやすいぶん,キャラクター交代を駆使したバトルが楽しめそう

「原神」公式サイト


「G-Star 2019」記事一覧

  • 関連タイトル:

    原神

  • 関連タイトル:

    原神

  • 関連タイトル:

    原神

  • 関連タイトル:

    原神

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日