オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「オーバーウォッチ 2」では一つのマップを異なる雰囲気で楽しめる。Blizzardが“2”のための新技術“Environment States”を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/06/09 15:06

ニュース

「オーバーウォッチ 2」では一つのマップを異なる雰囲気で楽しめる。Blizzardが“2”のための新技術“Environment States”を紹介

 Blizzard Entertainmentは米国時間2021年6月8日,チーム対戦シューター「オーバーウォッチ」のゲームエンジンに関する最新情報を,オーバーウォッチ公式サイトのニュース記事(※外部リンク。日本語版は「こちら」)で公開した。今回は,「オーバーウォッチ 2」PC / Nintendo Switch / PlayStation 4 / Xbox One)のための新たな技術として,マップの環境や雰囲気を一変させられるという「Environment States」が紹介されている。

画像集#002のサムネイル/「オーバーウォッチ 2」では一つのマップを異なる雰囲気で楽しめる。Blizzardが“2”のための新技術“Environment States”を紹介

 オーバーウォッチチームのソフトウェアエンジニア・Marco Alamia(マルコ・アラミア)氏を始めとした開発陣の説明によれば,Environment Statesは前述のとおり,ゲーム中の場所(マップ)の雰囲気を一変させられるという技術。核となるアイデアはライティングアーティスト・Fabien Christin(ファビアン・クリスティン)氏の頭の中で生まれたものであるという。

 具体的なできることとして,例えば,夜の冷たい青色と建物に灯された松明の明るいオレンジ色のコントラストが印象的なアリーナマップ「Necropolis」に,ご存じ「Temple of Anubis」の熱い砂漠の色を適用させるといったことが,画像で紹介されている。同じマップでもさまざまな表情を楽しめるというわけである。そしてEnvironment Statesは,このような見た目の変化だけでなく,ミッション遂行中に砂嵐が訪れ,その環境状態によりミッションの難度が高まる――といったような変化を生むことも可能であるという。

画像集#003のサムネイル/「オーバーウォッチ 2」では一つのマップを異なる雰囲気で楽しめる。Blizzardが“2”のための新技術“Environment States”を紹介

画像集#004のサムネイル/「オーバーウォッチ 2」では一つのマップを異なる雰囲気で楽しめる。Blizzardが“2”のための新技術“Environment States”を紹介
画像集#005のサムネイル/「オーバーウォッチ 2」では一つのマップを異なる雰囲気で楽しめる。Blizzardが“2”のための新技術“Environment States”を紹介

 Environment Statesでは,ライティングやサウンド,エフェクトなどの主要な要素をすべて自己完結型のアセットに分割し,それらを積み木のように組み合わせて「環境シナリオ」を作成する。その環境シナリオはマップ間で共有することが可能で,各マップに複数の環境シナリオを設定することもできるという。
 この技術のおかげで,オーバーウォッチ 2のマップはよりダイナミックなものとなり,アーティストのワークフローも改善されたとのこと。プレイヤーとしては,なじみ深いマップでも異なる雰囲気でプレイできるということで,楽しみがまた一つ増えた形だ。

「オーバーウォッチ」公式サイトの「Environment States in Overwatch 2: Behind the scenes with the engineering team」ページ(英語)

「オーバーウォッチ」公式サイトの「『オーバーウォッチ 2』の環境設定:エンジニアリングチームの舞台裏」ページ

  • 関連タイトル:

    オーバーウォッチ 2

  • 関連タイトル:

    オーバーウォッチ 2

  • 関連タイトル:

    オーバーウォッチ 2

  • 関連タイトル:

    オーバーウォッチ 2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月16日〜06月17日