オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Dragon Marked For Death公式サイトへ
読者の評価
77
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/28 15:02

リリース

「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

Dragon Marked For Death
配信元 インティ・クリエイツ 配信日 2019/03/28

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

呪われし“龍血の一族”が織りなす
ダークファンタジー・アクションRPG「Dragon Marked For Death」
アップデート情報と追加シナリオ『龍血の盗賊編』配信開始

画像(001)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

 インティ・クリエイツは、好評発売中のNintendo Switch専用ソフト『Dragon Marked For Death』の最新情報を公開しました!

 『Dragon Marked For Death』(読み:ドラゴン・マークト・フォー・デス)は、最大4人同時プレイが可能な本格2D横スクロールアクションRPGです。さらわれた龍血の一族の巫女“アミカ”の救出と一族の復讐を果たすため、ドラゴンの力を受け継いだ全く異なる4種のプレイアブルキャラクター(皇女/戦士/忍び/魔女)を操作し成長させ、時にはマルチプレイでクエストを攻略するなど、独自のダークファンタジー世界で繰り広げられる、龍血の一族の物語をお楽しみいただけます!


 本日はアップデートと追加シナリオ『龍血の盗賊編』配信開始の情報をまとめてお届けします!

■レベルキャップ開放を含むアップデートパッチVer.2.0.0を配信

 本日(3月28日)より、レベルキャップ解放、古龍との契約、闇市の開放、セーブスロット拡張、不具合修正を含むアップデートパッチVer.2.0.0を配信開始しました!闇市の開放により収集要素も追加されたVer.2.0.0も是非お楽しみください!

画像(002)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

 詳しくは公式Webサイト、またはVer.2.0.0紹介PVをご覧ください!


■Vre.2.0.0 (2019年3月28日更新)概要

【新規要素】

1 プレイアブルキャラクターのレベル上限が60まで解放されました

画像(003)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

2 追加シナリオ「龍血の盗賊編」に対応しました

 これにより、追加シナリオシーズンパスを購入している場合、メディウス城下(貧民街)に居るNPC「ラケル」から新クエスト「東方の宝(レベル20)」、及び、「炎獄の迷宮(レベル35)」を受けられます。

画像(004)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始 画像(005)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

 合わせて、追加シナリオ「龍血の盗賊編」の宝箱から得られる、レベル51〜60の武器、及び、アクセサリーが追加されました。

3 プレイアブルキャラクターが契約する古龍の属性を変更できる仕様が追加されました。

 古龍の窟でメニューから「契約を結ぶ」を選択し、アイテム「ドラゴナイト」を使用する事で契約龍を変更できます。皇女は新たに木龍、戦士は金龍、忍びは火龍、魔女は水龍と契約できるようになりました。

画像(006)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始 画像(007)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始
画像(008)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始 画像(009)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

4 メディウス城下(貧民街)の「闇市」が利用可能になりました。

 「闇市」で交換できるレベル10〜48の武器、アクセサリー、及び、消費アイテムが追加されます。それに合わせ、「闇市」で交換できる交換品を敵がドロップするようになりました。

画像(010)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始 画像(011)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

5 ゲームプレイデータのセーブ領域(スロット2)が追加されました。

 タイトル画面の「新しく始める」または「続きから始める」を選択後、「契約の書1」と「契約の書2」からセーブスロットを選択してゲームを開始できます。

画像(012)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

【既知の不具合】

・クエスト「人狼に祈りを」にて、マルチプレイ時にボス「ライカンスロープ」が透明になる事がある

・クエスト「人狼に祈りを」にて、マルチプレイ時にボス「ライカンスロープ」のエフェクトの表示が残り続ける事がある

・アクセサリー「鋼のこて」のVIT補正値が、本来+3の所、+5になっている

 この不具合に対する修正パッチを準備中です。配信日が決まり次第お知らせ致します。この度は、ご不便をお掛けしまして誠に申し訳ございません。

■追加シナリオ『龍血の盗賊編』配信開始!
画像(013)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

その身に流れる血を憎む、孤高の盗賊――その物語。

 追加シナリオシーズンパス(907円+税)に含まれる追加シナリオDLC『龍血の盗賊編』が3月28日に配信開始されました!

 追加シナリオDLC『龍血の盗賊編』はメディウス城下(貧民街)に居るNPC「ラケル」から受注する、孤高の盗賊に関わる全11クエストで構成された追加シナリオです。
 新なエリアと既存のエリアを使用して展開される新クエストは、クエスLV20〜クエストLV50となっており、高レベル帯のクエストではレベル55〜レベル60の新武器、新アクセサリーを取得する事ができます。

 孤高の盗賊の生き様を描く追加シナリオを是非お楽しみください!

【商品情報】
商品名:Dragon Marked For Death 追加シナリオシーズンパス
ハードウェア:Nintendo Switch
発売元:インティ・クリエイツ
配信日:2019年3月28日(木)
価格:907円(+税)

■孤高の盗賊
龍血の一族と人間とのハーフであり、その身に流れる“龍血の一族の血”を嫌悪している。古代の魔法道具を集めており、それらを駆使した奇想天外な戦い方は、対峙するものにとって厄介な相手となる。

画像(014)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

■画面写真
画像(015)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始 画像(016)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始
画像(017)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始 画像(018)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始
画像(019)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始 画像(020)「Dragon Marked For Death」のアップデートでレベルキャップ開放。追加シナリオ「龍血の盗賊編」の配信も開始

「Dragon Marked For Death」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Dragon Marked For Death

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日