オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
仁王2公式サイトへ
準備中
準備中
仁王2
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/12 14:19

イベント

[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け

 千葉・幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2019。そのコーエーテクモゲームスブースで「仁王2」がプレイアブル出展されている。本作は,日本の戦国時代を舞台に妖怪と死闘を繰り広げるという,“戦国死にゲー”の続編だ。これまではクローズドαテストに当選した人だけが遊べた本作を,さっそく会場で体験してきた。

コーエーテクモブースに「仁王2」の巨大な立像が出現(左)。今回の主人公はなかなかのイケメンだ(右)
画像(001)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け 画像(002)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け

多数用意されていた試遊台もすぐに満席に
画像(003)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け 画像(004)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け


「仁王2」公式サイト



 今回の試遊で確認できた,前作からの大きな変化は「キャラクタークリエイト」「妖怪化」「妖怪技」「特技」の4つだ。

画像(006)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け 画像(005)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け

●キャラクタークリエイト
 前作の主人公は基本的にウィリアムで固定。アップデートでNPCに姿を変えられる「姿映し」というシステムが追加されはしたが,自由にキャラクターを作れるものではなかった。しかし本作では,自分なりのキャラクターを作れるようになっている。
 出展バージョンでは男女の性別が選択でき,それぞれに外見のプリセットが数種類ずつ用意されていた。侍らしい日本人顔はもちろんのこと,金髪美女や黒人男性などもあり,これまで以上に感情移入が深まりそうだ。

画像(008)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け 画像(007)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け

●妖怪化
 本作で追加された「妖怪化」は,バトル派のプレイヤーには最も嬉しい新システムだろう。敵を倒すと出現する「アムリタ」を最大限まで溜めることにより,主人公が妖怪に変身できる。変身中は通常技も変化し,戦闘力が大幅にアップ。これまで以上に豪快な戦いを楽しめるという印象だ。

画像(009)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け

●妖怪技
 妖怪を倒して手に入れた「魂代」を装備すると,「妖力」ゲージを消費してその妖怪の技を使用できる。豪快に金棒を叩きつけるなど,これまでになかった技を使うことができ,魂代集めも楽しくなりそうだ。

●特技
 「特技」は一時的に妖怪の姿になれるというもので,敵が赤いオーラをまとった強烈な攻撃を仕掛けてきたときにタイミングよくボタンを押すと,カウンターでダメージを与えられる。慣れてくると敵の大技が反撃のチャンスとなるので,立ち回りがより奥深くなった。個人的にはかなり楽しめた要素だ。

画像(010)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け

 出展バージョンの内容は,出だしからプレイヤーを殺しにかかってくるという,実に「仁王」らしいもの。もちろん理不尽な難度ではなく,敵の攻撃はじっくり観察すれば攻略法が見つかるものばかり。慎重に敵と対峙し,隙を突いて畳み掛ける感覚は前作同様だ。また,マップの脇道に逸れると「シブサワ・コウ」という名前の付いた「義刃塚」があり,ニヤリとさせられた(残念ながら,アイテムが不足していたので義刃塚を使うことはできなかった)。

 最後に待ち受けるボスの「馬頭鬼」は,巨大なノコギリを振るって大暴れする首から上が馬の化け物。ガードしていても容赦なく掴み技を出してくるなど,かなり厄介だ。筆者も妖怪化や特技を駆使して戦ったが,勝つことはできなかった。ボスまでの道中にいる雑魚を倒すと武器や防具が出現し,これを拾って装備することで戦力アップできるので,まずは良い防具で守りを固めてから挑むといいかもしれない。

画像(011)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け
画像(012)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け 画像(013)[TGS 2019]「仁王2」はやっぱり面白い“戦国死にゲー”だった! プレイレポートをお届け

 緊張感のあるバトルや素早いリトライといった前作の長所はそのままに,豪快な妖怪化やテクニカルに戦える特技,魂代のコレクション要素にも期待できそうな妖怪技といった新要素を盛り込んで,正統進化を遂げた「仁王2」。早くも発売が楽しみになってしまった。

4Gamer「TGS 2019」記事一覧

  • 関連タイトル:

    仁王2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月21日〜09月22日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
47
マジカミ (BROWSER)
2019年03月〜2019年09月