オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
仁王2公式サイトへ
読者の評価
62
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
仁王2
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

仁王2

仁王2
公式サイト https://www.gamecity.ne.jp/nioh2/
発売元 コーエーテクモゲームス
開発元
発売日 2020/03/12
価格 通常版:7800円(+税)
Deluxe Edition:1万800円(+税)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
62
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 前作よりめんどくさくなった。 45
    • 投稿者:pocos(男性/20代)
    • 投稿日:2020/03/27
    良い点
    グラフィックは前から良かったが、今回はさらに良くなった。
    やり込み要素が増えた。
    気軽にNPCを呼べるようになった。
    悪い点
    ザコの一撃一撃が異常な強さ。
    妖力を削ろうにも、ザコですら連続攻撃のオンパレード。〈避ければいいだけですが)
    木の上や扉の裏で待ち構えてる敵が多すぎで、いちいち確認しながらじゃないと
    進めない配置。多くの屋根の上からの銃撃や砲撃、難しいのではなく、ウザいだけ。
    サブクエは数の暴力クエがほとんどで前作のDLCと何も変わってない。
    ザコの異常なリーチの長さや、起き上がり攻撃が正確過ぎて、これまたウザいだけ。
    MAPも常闇で見にくい状態の所に落とし穴があったり、狭い場所に範囲攻撃の
    ザコを複数隊配置とか、楽しませる前に殺してやろうと考えたMAPや敵の配置
    に萎える。
    敵やエフェクトが多い場所は処理落ち&遅延がひどい。
    鍛冶屋の妖怪のカンカンがうるさくてじっくり鍛冶ができない。
    総評
    誉め言葉は、うまい方たちがレビューで書いてくれるでしょうから、
    少し悪い点を多く書きましたが、クソゲーではないですよ。
    ただし、2週目?はやるつもりないです。
    前作はトロコンもして200時間以上遊びましたが、今作は無理。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 2 3 1 5
  • 難易度を保ちつつ自由度を増した感じ 80
    良い点
    ・妖怪技が使用出来るようになった
    ・大技に対抗するカウンター
    ・思考錯誤が必要な難易度
    悪い点
    ・序盤は難易度高いが終盤のバランスは悪い
    (装備などしっかり揃えたり一部の妖怪技を使用すれば2周目は作業レベル)
    ・妖怪技のコストと威力使いやすさなどのバランスが悪い
    ・スキルツリーの序盤制限がちょっと多い
    ・アプデで緩和されたが修行ミッションの要求熟練度が高い
    総評
    最初の体験版の時点では前作と大差ないのではという感じはあったが、
    最終体験版での内容で購入し、プラチナ取得済み。

    仁王はダークソウル系やSEKIROと同じく高難易度な死にゲーの1つです。
    ただ、SEKIROは正確な回避やカウンター重視の縛りが多いゲームスタイルに比べ、仁王2は装備カスタマイズや守護霊妖怪技などで、ある程度カバーが可能になっている分、序盤を除けば難易度は低めに感じた。
    今作追加の敵の赤表示の大技に対してカウンターが出来るようになり、ピンチをチャンスに生かす事が重要な内容に。
    スキル次第ではカウンターで、敵の大技を崩しダメージを与え、HPや気力回復などの効果をつける事が可能だったり、気力が切れても妖力があれば妖怪技が使えるので、気力管理が前作より緩くなり、ある程度ごり押しができる。
    基本残心回復を使わないプレイだったが、普通にクリアできてます。
    個人的にはSEKIROより難易度は低いと感じた。
    難しいと感じてる人はカウンターがしやすい守護タイプ、妖怪技のチョイス、重装備や揃え効果や焼き直しと忍術陰陽の把握が重要だと思う。
    特に陰陽術や強い妖怪技は難易度をかなり下げる効果があり、1週目は使わなかった強い妖怪技はバランス崩壊してると感じるほど。
    回線をつながないオフラインでも、NPCの救援青塚は強い設定にされているので、プレイヤーの塚より強い事も多い。
    自由度がある分、アクションが不得意でもカバーできる要素は多いので、しっかり攻略を考えればクリア出来る内容になっていると思う。
    ダークソウルやSEKIROなど死にゲーをプレイした事がない人には、難しい可能性はあるので事前に内容把握をお勧めします。

    最後に仁王2の出来は良いと思うが、個人的にはもう少し期待をしていた。
    次作に期待。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 4 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2020/03/30)
仁王2 (早期購入特典(「太初の侍の鎧一式」ダウンロードシリアル) 同梱)
Video Games
発売日:2020/03/12
価格:¥5,500円(Amazon) / 6820円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月08日〜04月09日