オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/07 12:28

ニュース

Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

 2019年3月7日,Acerの日本法人である日本エイサーは,Windows Mixed Reality(以下,Windows MR)に対応するヘッドマウントディスプレイ(以下,HMD)「OJO 500」(型番:AH501)を3月15日に国内発売すると発表した。メーカー想定売価は5万5000円(税込5万9400円)前後となっている。

OJO 500
画像(002)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

 OJO 500は,2017年発売の「AH101」(関連記事)に続く第2世代モデルのWindows MR対応HMDで,液晶パネルやレンズを備えたゴーグル部分をヘッドバンドから取り外せる構造を採用したのが見どころだ。取り外せる構造によって,ゴーグル部分の掃除やメンテナンスが容易になるとAcerはアピールしている。

OJO 500は,HMDの本体とも言えるゴーグル部分をヘッドバンド部分から取り外せる仕組みだ
画像(003)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

Sound Pipeのイメージ図。ヘッドバンド部分に設けた通気孔を通して,ゴーグル部分にあるスピーカーの音を出力する
画像(004)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後
 OJO 500におけるもう1つの新要素は,ゴーグル部分に小型のステレオスピーカーを内蔵したうえで,ヘッドバンド部分に設けた通気孔を通して音声を耳の近くで出力する仕組み「Sound Pipe」の採用にある。OJO 500にはアナログ接続型の専用ヘッドフォンが付属しているのだが,これを使わなくてもサウンドを出力できるわけだ。

 それ以外の仕様は,第1世代モデルと違いはないようで,HMDの前面に組み込んだステレオカメラで,ユーザーやモーションコントローラの位置と動きを検出するインサイドアウト方式を採用する点や,ディスプレイ部分に2.89インチサイズの液晶パネルを2枚使用して,両眼合わせて2880×1440ドット(片目あたり1440×1440ドット)の解像度を実現している点は,第1世代のAH101とまったく同じである。
 ゴーグル部分を跳ね上げて周囲を肉眼で確認できる仕組みも,そのまま変わっていない。

OJO 500の天面(左)と底面(右)。前世代と同様に,IPD(瞳孔間距離)は底面にあるダイヤルを操作して,レンズを左右に動かすことで調整する
画像(005)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後 画像(006)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

AcerのOJO 500製品情報ページ



#### 以下,リリースより ####

2つの世界初*!光学部分取り外し可能なモジュラーデザインと
インテグレーテッドオーディオシステムを採用したWMRヘッドセット
「Acer OJO 500 Windows Mixed Realityヘッドセット」
3月15日(金)より発売開始

画像(007)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

リリース概要
  • 世界初*の光学部分の取外し・交換可能なモジュラーデザインを採用したWMR
  • 世界初*のヘッドセットでインテグレーテッドオーディオシステム「Sound Pipe」を搭載し、非密閉型イヤフォ
  • ンも同梱
  • ダイヤル操作で最適なIPD(瞳孔間距離)に調整可能
  • 長時間の使用も快適なエルゴノミックデザインを採用
  • 外部センサー不要のインサイドアウト方式のトラッキングシステム内蔵ですぐにコンテンツを楽しめる
  • 上下左右前後の動きに対応する6自由度対応でリアルで高い没入感を実現

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、世界初の光学部分取り外し可能なモジュラーデザイン、インテグレ‐テッドオーディオ採用のWMRヘッドセットAcer OJO 500 Windows Mixed Realityヘッドセット「AH501」を2019年3月15日(金) より発売致します。

Acer OJO 500 Mixed Realityヘッドセット シリーズ「AH501」
画像(008)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

型番 カラー JANコード 想定売価 発売予定日
AH501 ステラブルー 4515777560894 オープン 2019年3月15日(金)

世界初*の光学部分の取外し、交換可能なモジュラーデザイン採用
世界初*の光学部分(レンズ部分)が取外し可能なモジュラーデザインを採用したWMRヘッドセットです。
レンズ部分を取外すことでコンパクトに持ち運びや保管ができます。ヘッドストラップも取り外し可能であるため、レンズのホコリや顔に触れる部分の汚れなどの手入れがしやすく清潔に使うことができます。*2019年2月時点当社調べ

画像(009)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

世界初*のヘッドセットでインテグレーテッドオーディオシステム「Sound Pipe」を搭載し、非密閉型イヤフォンも同梱

VR&Windows Mixed Reality ヘッドセットとして初めてインテグレーテッドオーディオシステムを搭載(特許取得済み)。外部の音が聞こえるため、周囲の音を意識しながらも同時に没入感を楽しめます。さらに非密閉型のイヤフォンも同梱しました。
*2019年2月時点当社調べ

画像(004)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

ダイヤル操作で最適なIPD(瞳孔間距離)に調整可能
ヘッドセットについているダイヤルを操作するだけで最適な距離に調整可能。ユーザーそれぞれの瞳孔間距離に合わせて簡単に調整できるので、映像の歪みやぼやけ、疲労を防ぎ、よりクリアな映像で快適にVRを楽しめます。

画像(010)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

長時間の使用も快適なエルゴノミックデザイン採用
人間が可能な限り自然な動きで効率的に使用できるエルゴノミックデザインを採用。ヘッドストラップはハードタイプとソフトタイプを選択可能。前頭部の大き目のコーブ (くぼみ)、ソフトタイプのフェイスフォームスポンジ、ダブルパッドのヘッドバンド、調整用ダイヤルにより、長時間の使用も快適です。後頭部に特大のパッドを採用したことで、ヘッドセットがフィットし、正しい位置でスムーズに装着できます。また、ゴーグル部分を上にずらすフリップ
アップをした際にも、ヘッドセットがずれることがありません。ブラック&ダークブルーのボディカラーとシャープなフロントセンサーでスタイリッシュなデザインです。

外部センサー不要のインサイドアウト方式のトラッキングシステム内蔵ですぐにコンテンツを楽しめる
Acer Windows Mixed Realityは外部センサーを必要としないインサイドアウト方式のトラッキングシステムをヘッドセットに内蔵。セットアップ時間約10分という短時間で手軽に複合現実の体験を楽しめます。

上下左右前後の動きに対応する6自由度対応でリアルで高い没入感を実現
上下左右前後の動きに対応できる6自由度(6DOF)*という高い自由度の位置トラッキングで体と頭の細かい動きを敏感にキャッチします。視点移動や、空間内の移動、付属のモーションコントローラーの動きに応じてWindows Mixed Reality内の空間が双方向に反応し、よりリアルな体験を実現します。
*6自由度=6 Degrees Of Freedom:前後、左右、上下の移動、傾き、回転

推奨PCスペック
画像(011)Acer,ゴーグル部分が取り外し可能なWindows MR対応HMD「OJO 500」を国内発売。価格は6万円前後

Windows Mixed Reality Ultra には、次のような追加の機能が含まれます。
  • 鮮明なビジュアルと高リフレッシュ レート (1 秒あたり 90 フレーム)。
  • グラフィックス負荷の高いほとんどのゲームを含む、より多くのアプリとエクスペリエンス。
  • Mixed Reality で見えるものをデスクトップに表示するミラー ウィンドウ。
  • Mixed Reality エクスペリエンスのビデオ および写真 の記録と共有。

リリースページ
https://acerjapan.com/news/2019/489626

製品ページ
https://acerjapan.com/virtualmixedreality/wmr/ah501/AH501

主な仕様
<ヘッドセット本体>
型番 AH501
JANコード 4515777560894
視野(FOV) 100° (ハイブリッドフレネルレンズ)
ディスプレイサイズ 2.89 インチ ×2
解像度 2,880×1,440 (単眼:1,440×1,440)
PPI (Pixel Per Inch) 706
液晶モジュール (LCM) Impulse backlight LCD
リフレッシュレート 60 Hz (HDMI 1.4) / 90 Hz (HDMI 2.0)
IPD (Interpupillary Distance) 54 - 69 mm
トラッキングセンサー ジャイロスコープ、加速度計、磁力計、近接センサー
トラッキングカメラ B+W VGA カメラ
オーディオ 内蔵ステレオ・スピーカー x2、内蔵マイクロフォン x2、3.5mm ヘッドフォン/スピーカー・ジャック x1
ケーブル HDMI 1.4/2.0+USB 3.0 ケーブル (4 m)
カラー ステラブルー
本体サイズ 350 (L) x 190 (W) x 178 (H) mm (ハードストラップ装着時)
73 (L) x 178 (W) x 101 (H) mm (光学システムのみ)
本体質量 840g (ハードストラップ装着時)
500g (光学システムのみ)
付属品 モーションコントローラー x2/ヘッドフォン x2/
ハードストラップ (光学システムに取り付け済み)/
単三電池 (試供品) x4 (モーションコントローラー1個につき2個)/
保証書/クイックスタートガイド (ヘッドセット用)/
クイックスタートガイド (モーションコントローラー用)
保証期間 1年間センドバック保証

<モーションコントローラー (1基)>
電源 単三電池 ×2
PC接続 Bluetooth
本体サイズ 154 (W)×120 (H)×120 (L)mm
本体質量 180 g (電池装着時)/130 g(電池なし)

<ヘッドフォン>
PC接続 3.5mm オーディオジャック
本体サイズ 185 (W)×54 (H)×43 (L)mm
本体質量 80g

  • 関連タイトル:

    Windows Mixed Reality

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月20日〜03月21日