オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/11/15 22:07

イベント

[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに

 韓国・釜山で2018年11月15日から18日まで開催中のゲームショウG-Star 2018にて,Nexon Koreaのスマートフォン用MMORPG「マビノギモバイル」iOS / Android)が初めてプレイアブル出展されていた。

画像集#002のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに 画像集#001のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに

 本作は,日本でも2005年からサービスされているMMORPG「マビノギ」をモバイルプラットフォームで受け継いだタイトルだ。原作の世界観はそのままに,G1までのストーリーラインやNPC,村の構成などがモバイルで表現される予定となっている。モバイル版のマビノギはどのようなものなのか,プレイレポートをお届けしよう。

画像集#016のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに

 今回の出展バージョンは,原作プレイヤーならおなじみ,ティルコネイルの村を15分ほど探索できる内容だった。NPCに話しかけてクエストをもらい,それをクリアしたら次のクエストへ……というシンプルな進行だ。

試遊を始めると,プレイヤーキャラクターをロナがお出迎え。最初のクエストは猫にご飯をあげることからスタートする
画像集#007のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに 画像集#008のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに

自動移動を使うと,馬で目的地までかっ飛ばしてくれるのでクエストも楽ちん。もちろん手動でも移動できる
画像集#009のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに

 操作していてすぐに気付くのは,「ティルコネイルなんだけど,知っているティルコネイルじゃない……」ということ。建物の配置や道のつながりなどはPC版のままで,カメラも自由に動かせるのだが,スマートフォンの画面サイズやカメラワークで探索していると,記憶にある場所とは違う印象を受けるのが不思議だ。筆者だけかと思ったら,韓国のメディアも同じ反応をしていたので,マビノギをプレイしたことがある人なら同様の感想になるのではないだろうか。

画像集#010のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに 画像集#011のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに

 また,村にいるNPCも原作同様だが,話しかけてもイラストが表示されず,マビノギらしいデフォルメの効いたキャラクターモデルだけが表示される。こちらもまた「こんなNPCだったっけ?」という印象だ。というか,キャラクターによっては髪形などが変わっている気がする。
 イラストがなくなったぶん,表情や仕草などの細かい演出が入るようになっており,反応を見られるのは嬉しい。

聖堂のエンデリオン。祝福ポーションくださ……えっと,どなた?
画像集#012のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに 画像集#013のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに

 クエストの途中,羊の毛を刈り,その毛を使って糸を作るところがあるのだが,このあたりはまさにマビノギといった感じ。採集や生産だけでなく,もちろん衣装の着せ替えも用意されており,本作でも自分のキャラクターを着飾れそうだ。

画像集#014のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに 画像集#003のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに

 一方,戦闘システムは簡略化されている。筆者のキャラクターは剣で攻撃するタイプだったが,割り当てられているスキルがウインドミルやスマッシュなどで,ディフェンスやカウンターは持っていない。タイミングを計って通常攻撃を連打することもなく,自動攻撃の合間に適時スキルを使うという感じだった。
 とはいえ,クマを相手にするときは,範囲攻撃のモーションに入ったら回避しないとボコボコにされたので,位置取りは気にする必要がありそうだ。

出展バージョンのボスとなっていた,禍々しい何かに寄生されたクマ。助けるためとはいえ,プレイヤーが集団で殴り掛かるのでちょっとかわいそう
画像集#004のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに 画像集#005のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに

 試遊の感想としては,生活系コンテンツを詰め込んでマビノギならではの雰囲気は持たせつつ,モバイルに向かない部分は簡略化したといったところだろうか。ダンジョンはどうなるのか,生活に力を入れるならハウンジングは実装されるのかなど,現時点では分からない点は多いが,手軽にマビノギの暖かな世界に戻れるようなタイトルになることを期待したい。

エンディングの焚火シーン。今回の試遊でも自由に焚火を設置したかったが,そう思えるのも“マビノギらしさ”を本作から感じているからこそだろう
画像集#006のサムネイル/[G-Star 2018]「マビノギモバイル」が初のプレイアブル出展。採集や生産などの生活系コンテンツは受け継ぎつつ,戦闘は手軽なものに


G-Star 2018記事一覧

  • 関連タイトル:

    マビノギモバイル

  • 関連タイトル:

    マビノギモバイル

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月27日〜10月28日
タイトル評価ランキング
93
70
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年04月〜2020年10月