オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2017]仲間と共に”ゼッド“の襲撃に立ち向かえ。VRゾンビシューター「Killing Floor: Incursion」がプレイアブル出展
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/03/04 12:43

イベント

[GDC 2017]仲間と共に”ゼッド“の襲撃に立ち向かえ。VRゾンビシューター「Killing Floor: Incursion」がプレイアブル出展

 Tripwire InteractiveとOculus VRは,VR ヘッドマウントディスプレイ「Rift」と,モーションコントローラ「Touch」対応FPS「Killing Floor: Incursion」のプレイアブル版を,Game Developers Conference 2017の会場で公開した。

 Killing Floor: Incursionは,過激なゴア表現と高いアクション性で知られる「Killing Floor」シリーズのスピンオフだ。
 プレイヤーはDNAの研究を行う悪徳バイオテク企業Horzineのセキュリティオフィサーとなって,上司の指示に基づき様々な案件の調査を行う。だがそこで,“ゼッド”と呼ばれるゾンビ風の,狂暴化したミュータントたちに襲われてしまう。


 今回用意されたデモでは2人でのCo-opモードをプレイできた。上司の命令と思われる音声で,地下洞窟を改造したような施設の奥にあるという,何かしらのオブジェクトを入手してくるよう指示される。
 移動はテレポーテーションシステムが採用されており,大量に襲い掛かってくるゾンビたちと何度となく交戦しつつ,特殊な照明器具を当てたときに見えるエネルギー物質を破壊するといった謎解きもこなしていく。
 
 もう一人のプレイヤーとボイスチャットで連携をとりながら,異なる方向からやってくるゼッドを始末する。そうして何度かの襲撃に耐え,発見したカギを使って新しいロケーションへと進み,ボスキャラクターが待ち構える施設の奥へと向かっていくのだ。

Killing Floor: Incursion

 「Killing Floor 2」の特徴である,全身に22か所の切断ポイントが用意されたゴア表現システム「M.E.A.T. System」は,本作にも採用されており,過激なアクションをVR世界でも満喫できる。腰のホルスターに装着された二丁の拳銃,背負ったショットガンや斧といった武器だけでなく,切り刻んだ相手の手足や首などで戦うことも可能だった。

 ゼッドの起源に迫るストーリーも用意されているので物語も楽しめそうだが,Co-opにフォーカスしたユニークなゲームプレイが,「Killing Floor: Incursion」のキモといえるだろう。なお,本作は2017年内の発売が予定されている。

Killing Floor: Incursion Killing Floor: Incursion

「Killing Floor: Incursion」公式サイト

4GamerのGDC 2017特集ページ

  • 関連タイトル:

    Killing Floor: Incursion

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日