オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Hello Neighbor公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
キモいお向かいさんの家に潜入するステルスアクション,「Hello Neighbor」が2017年8月29日リリース決定。最新トレイラーが公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/05/26 12:43

ムービー

キモいお向かいさんの家に潜入するステルスアクション,「Hello Neighbor」が2017年8月29日リリース決定。最新トレイラーが公開

 tinyBuild Gamesは,ロシアのDynamic Pixelsが開発中の「Hello Neighbor」を2017年8月29日にリリースすると発表し,最新トレイラーを公開した。対応機種はPCMacおよびXbox Oneとなっている。

「Hello Neighbor」公式サイト


 アニメ風のアートワークが気になる「Hello Neighbor」は,プレイヤーが引っ越した先のお向かいさんが,家の増改築を繰り返したり,なにやら不審な行動を取っているので,中の様子を確認しようと家屋内に潜入を試みるという,コミカルながらホラー要素もあるステルスアクションゲームだ。
 ジェットコースターのようなライドやサメの泳ぐ屋内プール,さらには何か怪しいことが行われている地下室まで,さまざまな部屋の状況を確認していくのだが,当然ながら,家の主は侵入者を捕まえようと追いかけてくる。捕まってもそれで即ゲームオーバーというわけではなく,プレイヤーは何度でも侵入を試みるというイタチごっこのようなプレイが楽しめるという。

Hello Neighbor

 本作のキャラクターAIは非常に優れており,プレイヤーがつまみ出されるたびに,侵入を試みた玄関や裏口に監視カメラが設置されたり,使った形跡のある扉を釘で打ち付けたりといった対応策をとってくる。つまりAIには記憶力や学習力があるわけで,そうしたゲームシステムが面白さを生み出しているようだ。
 次回の潜入で逃げ道として使おうと考えていた扉が,いざ入ってみると,椅子が引っ掛けられて開かないようになっていたりなど,同じ潜入方法が通用しないのだ。プレイヤーも,例えばトマトを正面玄関に投げ主の注意を引き付けてから裏に回り,使ったことのないキッチンの小窓から侵入するなど,あの手この手を考えなければいけない。

Hello Neighbor
Hello Neighbor

 現在,アーリーアクセス版が第4フェーズに達した本作。キャラクターAIの改良も十分だと考えたようで,合わせて公開されたトレイラーでは,そんなキャラクターAIがフォーカスされている。
 海外ではXboxストアで予約受付が始まっており,また,公式サイトではPC向けのDRMフリー版が引き続き購入できる。さらに,Steamの公式プロダクトページではデモ版も公開されているので,気になる人はチェックしておこう。
  • 関連タイトル:

    Hello Neighbor

  • 関連タイトル:

    Hello Neighbor

  • 関連タイトル:

    Hello Neighbor

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月22日〜01月23日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月