オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
歴史に残る名勝負がまた一つ。「ウルIV」最後の長期戦「第5期トパンガAリーグ」最終日フォトレポート。優勝・ウメハラ選手へのミニインタビューも
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/12/06 19:32

イベント

歴史に残る名勝負がまた一つ。「ウルIV」最後の長期戦「第5期トパンガAリーグ」最終日フォトレポート。優勝・ウメハラ選手へのミニインタビューも

ウルトラストリートファイターIV
 2015年11月21日から23日までの3日間,「ウルトラストリートファイターIV」PC / PS4 / PS3 / Xbox 360 / AC)(以下,ウルIV)の大会イベント「第5期トパンガAリーグ」が,秋葉原のイベントスペース「e-sports SQUARE」で開催された。

 このイベントは,同作を中心としたプロゲーミング団体であるTOPANGAによって主催されたもので,先に行われていた「トパンガAリーグ暫定順位決定 総当たり戦」の上位4名に,「決勝リーグ 順位決定戦」(いわゆる下位リーグ)を勝ち抜いた2名を加えた総勢6名によって頂点が争われた。
 長期間にわたる激戦のうえ,上位決勝リーグ戦に進んだ選手は,以下の6名だ。

  • MCZ|ウメハラ選手(使用キャラクター:殺意の波動に目覚めたリュウ)
  • RB|ボンちゃん選手(使用キャラクター:サガット/リュウ)
  • かずのこ選手(使用キャラクター:ユン/セス)
  • ネモ選手(使用キャラクター:ロレント)
  • EG|ももち選手(使用キャラクター:ケン/ガイ)
  • YBK|だしお選手(使用キャラクター:セス/ディカープリ)

※順番はそれまでの戦績による順位順。

 いささか掲載が遅れてしまったが,本稿ではその最終日の模様をフォトレポートでお伝えしていく。また最後には,優勝したウメハラ選手へのミニインタビューもあるので,格闘ゲームファンはそちらも要チェックだ。

スト4シリーズで最後の開催となったトパンガリーグ。そのためか,会場にはその戦いを一目見ようと,多くの観客が詰めかけた。一時期は,入場規制が行われたほどだ

「ウルトラストリートファイターIV」公式サイト

「「第5期トパンガAリーグ」公式サイト



世界最高峰の超ハイレベルバトルが展開


最終日の初戦は,ここまでの戦績によって自力での優勝の目がなくなってしまったウメハラ選手と,ボンちゃん選手の試合からスタートした
ウルトラストリートファイターIV

ボンちゃん選手はこの試合に勝利できれば,優勝にかなり近づける。一方で,負けた場合はほぼ優勝の目がなくなる大事な試合だ
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV

試合が始まってみれば,ウメハラ選手の完璧なサガット対策……と言うより,ボンちゃん対策が光る試合となった。とくにウメハラ選手の間合い管理がすさまじく,終わってみれば7-1というスコアでウメハラ選手が圧勝
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV

第二試合は,優勝を射程圏内に捉えたネモ選手とももち選手の組み合わせ。前半はネモ選手が強烈なオフェンスでももち選手を圧倒。スコアを5-2と大きく広げたが……
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV

ピンチに陥ったももち選手が,これまでのディフェンス中心から,オフェンス中心のプレイスタイルに変更すると流れは一変。切り替えし技に乏しいロレントの弱点を突く形でそのまま5連勝し,ももち選手の逆転勝利となった
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV

第三試合は,ここまで苦戦を強いられてきたかずのこ選手と,同じく戦績が振わないだしお選手の組み合わせ。だしお選手はメインのセスではなくディカープリを選択。しかし,かずのこ選手の苛烈な攻めをしのぐことはできず,6-1にまで追い込まれる。その後をセスを出して一矢報いるも,7-2でかずのこ選手が勝利した
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV

第四試合は,先ほどの敗退でお互い優勝の目がなくなってしまったネモ選手とボンちゃん選手のカード。展開はシーソーゲームで幕を開けたが,後半になるにつれボンちゃん選手のガード精度が増し,じわじわとネモ選手を追い詰めて7-4でボンちゃん選手の勝利となった
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV

最後の試合は,5月のStunfest 2015を始め,幾度となく決勝を争ってきた因縁の対決・ウメハラ選手vs.ももち選手。それに加え,ここまでの試合の得失点差によって,この時点ではなんと両者に優勝の目がある――つまり,この対決に勝った方が優勝ということになる
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV

試合前のコメントで「スト4シリーズにおいてケン戦は最も詰めたと言っても良い」と語ったウメハラ選手。この発言に,ギャラリーの期待も最高潮に
ウルトラストリートファイターIV

試合前のコメントどおり,超ハイレベルな戦いとなった最終戦。序盤の展開はシーソーゲームで進んだが,中盤からウメハラ選手がこれまで以上に洗練された動きを見せる。ももち選手は次第に押され気味に
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV
ウルトラストリートファイターIV

立ち回りで一度も前ジャンプを使わず,地上戦のみでももち選手を圧倒していくウメハラ選手。最後はグラ潰し強Pからの高威力コンボを完走しての華麗な勝利。第5期TOPANGAリーグの優勝はウメハラ選手に決定した
ウルトラストリートファイターIV

3位入賞となったももち選手。戦績は3勝2敗(得失点差-1)
ウルトラストリートファイターIV

準優勝のボンちゃん選手。戦績は3勝2敗(得失点差-2)
ウルトラストリートファイターIV

優勝し,また同時にTOPANGAリーグ4連覇を成し遂げたウメハラ選手。戦績は3勝2敗(得失点差+6)で,僅差での優勝である
ウルトラストリートファイターIV


第5期TOPANGAリーグ優勝・ウメハラ選手ミニインタビュー


4Gamer:
 優勝おめでとうございます。本当に,もの凄い試合でしたね! 一つ聞きたいのですが,今日の試合でウメハラ選手は一度も飛び込みをしませんでしたよね。これは意識してそうしたのですか。

ウルトラストリートファイターIV
ウメハラ選手:
 あれ,そうだっけ。ボン(ボンちゃん選手)にも飛んでなかった? ……言われてみれば,確かにそうかもしれない。でも,真面目にやり込んだ組み合わせは,前飛びは減るよね。

4Gamer:
 確かにそうですが,それでは相手は対空をまったく意識しなくて良くなってしまいます。普通はもう少し相手の意識を対空に分散させるものだと思うのですが。

ウメハラ選手:
 そうだね。でも今回は,そういった戦法にはならなかった。殺意リュウは,相手の飛び道具はセービングすればいいわけだし,それに,あの2人は昔からそうとうやり込んでる相手だから。なるべく飛ばないようにしていたら,結果的にまったく飛ばなかった,ということなんじゃないかな。

4Gamer:
 なるほど。ももち選手との試合前のコメントで「一番詰めてきた」と言っていましたよね。この言葉からは,2013年の「Mad Catz Unveiled JAPAN」で行われたInfiltration選手とのエキシビションマッチが思い出されますが,あの時と比べてどちらが「詰めた」と言えるでしょうか。

ウメハラ選手:
 まず,期間が全然違うからね。Infiltrationとやったときは,練習期間が1か月くらいしかなかったけど,今回はそれ以上に時間がとれた。だから,ケン対策はもう自分でも覚えてないほどやりました。それこそ,自分でケンが使えるくらいに。

4Gamer:
 具体的には,どんな対策を?

ウメハラ選手:
 腕に覚えのあるプレイヤーにケンを使ってもらって,「どんな発想やパターンがあるのか」を洗い出していくっていう。ももちのことは皆がマークしていたから,ボンとかにも手伝ってもらって。お互いにケンを使って,自分では考えつかないような動きをしてもらったりね。でも,「これはイケる!」って思えたのは……3日前ぐらいだった。

4Gamer:
 3日前! 本当にギリギリだったんですね。
 ところで今回のTOPANGAリーグでは,2日目のかずのこ選手との対決で,0-7で敗れてしまうというという波乱がありました。あれは「Cupcom Cup Finals」に向けて,なにか隠していた……とかなのでしょうか。

ウメハラ選手:
 いや。あれは単純にやられただけです。というか,あんな苦しい条件にワザワザしないでしょ(笑)。だから,単純にユン対策を怠っていたという。限られた時間の中で,どの相手を攻略するか。リソースは上位に来るだろうキャラに優先的に充てなくちゃならないから,どうしても詰められない相手は出てきます。まあ,基本的には一敗はしてもいいルールだからね。

4Gamer:
 分りました。では最後に,12月のCupcom Cup Finalsに向けた意気込みをいただけますか。これまで7年続いてきたスト4シリーズの総決算になるわけですが。

ウメハラ選手:
 それは勝ちたいよ。トーナメントって,どんなに頑張っても結果は運次第なところがあるから,これまでは力半分というか,リーグ戦の大会と比べて全力では臨んでなかった。だけど今年はシリーズの最後でもあるし,トーナメントでも勝てるように,EVO2015のあとから自分なりに取り組んできたつもりです。

4Gamer:
 コンディションはどうなのでしょうか。

ウメハラ選手:
 コンディションは……なんとも言えないけど(笑)。今日の優勝だって,ルールに救われた部分が大きいわけだし。でも,今の状態は結構イケてると思うんだ。とにかく,今までになく勝ちたい大会なので,頑張りますよ。

4Gamer:
 期待しています。本日はありがとうございました!

「ウルトラストリートファイターIV」公式サイト

「「第5期トパンガAリーグ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • 関連タイトル:

    ウルトラストリートファイターIV

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月22日〜10月23日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年04月〜2019年10月