オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2015]落書きの世界で戦うTPS「Drawn to Death」がプレイアブル出展。あまりのクレイジーさに爆笑必至の作品だ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/06/22 20:29

イベント

[E3 2015]落書きの世界で戦うTPS「Drawn to Death」がプレイアブル出展。あまりのクレイジーさに爆笑必至の作品だ

 「Twisted Metal」や「GOD OF WAR」シリーズの生みの親として知られる,David Jaffe(デイヴィッド・ジャッフェ)氏による新作シューティングアクション「Drawn to Death」が,E3 2015のソニーブースにてプレイアブル出展されていた。


 2014年末のイベント「PlayStation Experience」で制作が発表された「Drawn to Death」は,「高校生のラク書きで溢れたノートの世界」がテーマになっており,1980年代調のデスメタル風なキャラクターたちが登場し,さらにノートのラク書きがそのままマップになったような,独特のグラフィックスが特徴だ。出展されていた試遊台は,PlayStation Experienceの時よりも,青みがかった薄いグレーで表現された影の部分のテクスチャーが多くなっており,マップにより立体感が出ている雰囲気だった。

ドローン・トゥ・デス

 本作は,アリーナ型のマップの中で,4人の異なるキャラクターを使って戦うTPSで,筆者がプレイしたジョニー・サーベッジというモヒカン頭のキャラクターは,上半身だけのドッジボール選手を担いで,その選手にボールをを投げさせて攻撃するという特殊能力を持っている。
 また,ゲームシステムは,ほかのプレイヤーをキルすると1ポイント獲得し,逆にキルされると1ポイントを失うというスタイルになっている。5ポイントを獲得した時点で,このノートの持ち主と思われる高校生の“手”がゲーム中に登場し,エンピツで敵を串刺しにしたり,拳銃風に指を突き出して相手を撃ちまくったり,さらにはドリンク剤を天井から注いで回復させたりといった,さまざまな能力が発動していた。
 どれをとっても,あまりにもクレイジーな描写すぎて,ゲラゲラと笑いながらプレイできそうな作品に仕上がりつつあるようだ。

ドローン・トゥ・デス
ドローン・トゥ・デス

 なお,ジャッフェ氏はEat Sleep Playからは離籍する形でカリフォルニアに戻っており,現在はThe Bartlet Jones Supernatural Detective Agencyという会社を立ち上げて,Sony Computer Entertainment America傘下のSan Diegoオフィスと「Drawn to Death」を共同制作しているようだ。PlayStation 4専用の基本プレイ無料タイトルとして,気楽に過激に遊べそうな作品だけに,そのリリースを楽しみにしておきたいところである。

「Drawn to Death」公式サイト

4GamerのE3 2015記事一覧ページ

  • 関連タイトル:

    ドローン・トゥ・デス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月16日〜11月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月