オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PS4向けのFree-to-Play型TPS「Drawn to Death」が発表。落書きノートから一つの世界を作り上げた驚きのアートワークに注目
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/12/08 14:34

イベント

PS4向けのFree-to-Play型TPS「Drawn to Death」が発表。落書きノートから一つの世界を作り上げた驚きのアートワークに注目

 2014年12月6日,7日に開催されたPlayStation Experienceで,David Jaffe(デイヴィッド・ジャッフェ)氏が率いるEat Sleep PlayとSCE San Diego Studiosにより共同開発されているPlayStation 4用Free-to-Play型シューティング「Drawn to Death」が発表され,会場内でプレイアブルデモが公開された。

会場で「Drawn to Death」の電撃発表を行う,Eat Sleep Playのデイヴィッド・ジャッフェ氏


 本作は,絵の得意な高校生のノートの落書きを,そのままゲームグラフィックスにしてしまったかのようなアートワークが独創的なサードパーソンシューティングだ。
 高校生の落書きと言っても,イメージは悪魔やモンスター,内臓表現などをモチーフにした,ヘビメタ好きな男の子の絵といったもので,それがそのまま3Dグラフィックス化されて,ゲームキャラクターや背景,さらには炎や爆破のようなエフェクトになっているのが面白い。

ドローン・トゥ・デス ドローン・トゥ・デス

 最大で4人のプレイヤーがデスマッチを繰り広げるFree for All専用のアリーナシューターとなる「Drawn to Death」は,今回のデモではタトゥーだらけのモヒカン男,悪魔のような角を付けた女性,フランケンシュタイン風のコウモリ男,そして熊の被り物つけた凶悪犯といった感じの4体のキャラクターが利用できるようになっており,それぞれがさまざまなスキルやパワーを持っている。

ドローン・トゥ・デス

 5キルを達成すると,落書きをした高校生自身の手と思われる大きな手が発動でき,プレイヤーを別のところに移動させたり,体力を回復させるドリンク剤を注いだり,さらには鉛筆を握りしめたまま敵を串刺しにしたりといった,スペシャルパワーが利用できる。現在のデモでは,1人のプレイヤーにつき最大で3回分のスペシャルパワーが繰り出せるようだが,相手にキルされると1ポイント分が差し引かれてしまうので,それほど使える頻度は高くないようだった。

ドローン・トゥ・デス ドローン・トゥ・デス
ドローン・トゥ・デス ドローン・トゥ・デス

 San Diego Studiosのスタッフによると,有料アイテムは販売するものの,Pay-to-Winにはしたくないとのことで,基本的には衣装アイテムなどが販売されていく見込みだ。デスマッチしかないというのが気になるところだが,一目見ただけで「Drawn to Death」だと分かる,唯一無二のユニークな作風で,アクションのスピード感もなかなかのもの。2015年中には開始されるというβテストに期待しつつ,今後の詳細発表を楽しみにしよう。

「Drawn to Death」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ドローン・トゥ・デス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月19日〜11月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
73
DEATH STRANDING (PS4)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年05月〜2019年11月