オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
PCMark 10公式サイトへ
PCMark 10
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
PC総合ベンチマーク「PCMark 10」に「バッテリー駆動時間テスト」と「Microsoft Officeを使ったアプリテスト」が追加予定――ULが正式発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/02/25 20:43

ニュース

PC総合ベンチマーク「PCMark 10」に「バッテリー駆動時間テスト」と「Microsoft Officeを使ったアプリテスト」が追加予定――ULが正式発表

 フィンランド時間2019年2月25日,ULは,PC総合ベンチマークソフト「PCMark 10」に2つのテストを追加すると予告した。
 具体的には,ノートPCのバッテリー駆動時間を計測する新テスト「PCMark 10 Battery Life benchmark」が2019年3月末に,「Microsoft Office」を使ったアプリケーションテスト「PCMark 10 Applications benchmark」が2019年前半にそれぞれ加わる予定とのことだ。
 CES 2019のタイミングでULは実装を予告していたが,具体的なスケジュールが明らかになったわけである。

追加予定の新テストに関する情報。PCMark 10 Applications benchmarkのリリース時期が「later this year」(2019年後半)になっているが,前半に前倒しとなったようだ
画像(003)PC総合ベンチマーク「PCMark 10」に「バッテリー駆動時間テスト」と「Microsoft Officeを使ったアプリテスト」が追加予定――ULが正式発表

 UL Benchmarksの発表によると,PCMark 10 Battery Life benchmarkでは,PCによる一般的なOfficeアプリケーションによる作業,ビデオ試聴,ゲーム,アイドル時間という4つの使用例におけるバッテリー消費を計測する。
 使用例別の計測値同士を比較することで,ユーザーはバッテリー消費におけるPCの長所を理解できるという。

 一方のPCMark 10 Applications benchmarkは,Microsoft製のOfficeスイートを用いたときの性能を知りたいというユーザーの要望に応えたテストで,「Excel」「Word」「PowerPoint」,およびWindows 10のWebブラウザである「Edge」を使って,Officeユースにおける性能とバッテリー消費を計測するというものだ。
 ちなみに,UL Benchmarksの説明によると,PCMark 10 Applications benchmarkはQualcomm製SoC(System-on-a-Chip)を採用する「Always Connected PC」(関連記事)上で実行することも可能で,x86ベースのCPUを搭載した一般的なPCとスコアを比較できるそうである。

関連記事

レイトレベンチの次はAIベンチ!? 3DMarkは完全なクロスプラットフォーム対応へ? ULに聞く2019年,そして将来のベンチマーク戦略

レイトレベンチの次はAIベンチ!? 3DMarkは完全なクロスプラットフォーム対応へ? ULに聞く2019年,そして将来のベンチマーク戦略

 CES 2019で4Gamerは,UL Benchmarksの担当者に単独インタビューを行うことができた。そこでは,リリースとなったばかりのDXR対応レイトレーシングベンチマーク「Port Royal」についてだけではなく,AIやARベンチマークの可能性,次世代3DMarkに関する示唆といった,貴重な話を盛りだくさんで聞けたので,ここにレポートしたい。

[2019/01/18 00:00]

UL BenchmarksのPCMark 10公式Webページ(英語)


  • 関連タイトル:

    PCMark 10

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月17日〜07月18日