オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
エンタテインメントの未来考える会 2014年度大賞の受賞コメントが公開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/04/03 17:29

リリース

エンタテインメントの未来考える会 2014年度大賞の受賞コメントが公開に

2014年度 エンタテインメントの未来を考える会
配信元 黒川塾 エンタテインメントの未来を考える会 配信日 2015/04/03

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

2014年度 エンタテインメントの未来を考える会
大賞授与ならびに受賞コメント

2015年3月9日、「黒川塾二十四(24)」に於いては、2014年度を振り返り、2014年度を代表する優良なコンテンツ等に大賞を託するものです。今回もゲーム、エンタメ系メディア有識者に登壇をいただき、登壇ゲストの印象に残る今年のコンテンツなどを語り合っていただきました。またご来場いただきました一般のお客様からも意見を伺いまして、以下のハードウェアとコンテンツを大賞として決定しました。

受賞クリスタル盾を授与しコメントをいただきましたのでご案内いたします。

受賞盾 向かって左から「テラバトル」「イングレス」「OculusRift」「プロジェクト モーフィアス」「P.T.」
画像(001)エンタテインメントの未来考える会 2014年度大賞の受賞コメントが公開に 画像(002)エンタテインメントの未来考える会 2014年度大賞の受賞コメントが公開に

■1・「Project Morpheus」 株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント

3月のGDCでアップデートされた情報が公開されました。発売は2016年上半期となりました。「VR(バーチャルリアリティ)」における世界観の可能性を感じさせるヘッドマウントディスプレイのハードウェア・デバイスとしての大きな存在感を感じさせました。

受賞のコメント
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
ワールドワイド・スタジオ プレジデント 吉田修平 様 コメント

「エンタテインメントの未来を担うと期待されているプロダクトに送られるこの賞を昨年のPlayStation 4に引き続き今年プロジェクト モーフィアスにもいただいたということで、PlayStationチームの取り組みに対して非常に高い期待をいただいている事をひしひしと感じ、光栄と同時に大きなプレッシャーを感じます。VRの高い技術を使いやすく、誰でも手軽に楽しめるよう、システムとソフトを商品化に向けて頑張って作っていきます。」

画像(003)エンタテインメントの未来考える会 2014年度大賞の受賞コメントが公開に

※「PlayStation」は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です。

■2・「Oculus Rift」

画像(004)エンタテインメントの未来考える会 2014年度大賞の受賞コメントが公開に
2012年のE3でのプロトタイプの発表を経て、Kickstarterによる開発費募集、2013年に開発者向けキットが出荷されています。2014年の3月には開発キットの第2弾であるDK2が導入されマイナーチェンジが図られました。
インディー系ゲーム開発者にとって新しい可能性を感じさせるバーチャルリアリティ (VR) に特化したヘッドマウントディスプレイとして大きな賛同を受けています。

受賞のコメント
Oculus VR.LLC. CEO Palmer Freeman Luckey パルマー・ラッキー 様 コメント 

We’re honored to have been chosen for the Thinking About the Future of Entertainment 2014 Award. Thank you very much. We’re committed to building the best VR platform in the world, and we're very grateful to have the support of Japan’s developers and communities.

翻訳
「エンタテインメントの未来を考える会2014年度大賞にご選出いただき誠にありがとうございます。最高のVRプラットフォームを創るために日々努力しておりますので、これからも日本の開発者およびコミュニティの皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。」

■1・「P.T.」 株式会社コナミデジタルエンタテインメント

画像(005)エンタテインメントの未来考える会 2014年度大賞の受賞コメントが公開に
事前情報や開発者などの従来のセオリーにとらわれずに敢えて謎めいたものとしてコンテンツをダウンロードできる状況で導入。開発も少人数で行い、グラフィックのクォリティーもインディーズゲーム風に仕上げ、特徴的なプロモーション施策を評価するとともに、実際のコンテンツ内容も最恐という評価をいたしました。

受賞のコメント
株式会社コナミデジタルエンタテイメント 広報担当 様

エンタテインメントの未来を考える上で、2014年度の優れたコンテンツとして『P.T.』を選出していただき、ありがとうございます。“ゲームだからこそ実現可能な「遊べる予告編」”という制作者の意欲的な試みを評価頂きましたこと、嬉しく思います。ありがとうございました。

■2・「テラバトル」 ミストウォーカーコーポレーション

一般からの賛同をもとに資金を調達する「クラウドファンディング」の仕組みをゲームの運営や進化形態に取り入れた「ダウンロードスターター」という新たな取り組みを取り入れたこと。正統派ゲームの世界観や演出を用いながらも誰もが遊びやすいパズルタイプのゲームとして昇華したことを高く評価いたしました。

受賞のコメント
MISTWALKER CORPORATION CEO 坂口博信 様

エンタテインメントの未来を考える会・2014年度大賞をいただきまして、ありがとうございました。「テラバトル」は人(スタッフ)ありきで、彼らの才能を少人数チームの中で自分自身がたっぷりと味わいながら、充実感をもってつくれた作品です。ある意味、濃い色のでているものに仕上がったと思っております。そのぶん、評価していただいたこともひときわ嬉しく、非常に感じ入っております。本当にありがとうございました。

画像(006)エンタテインメントの未来考える会 2014年度大賞の受賞コメントが公開に

■3・「Ingress(イングレス)」 ナイアンティック・ラボ

グーグルならではのビッグデータやマップデータなどを有効活用したコンテンツ。また歩くという行動を取り入れることで健康という要素をエンタテインメントコンテンツに取り込んでいることにより、幅広いユーザーへの訴求の可能性がさらに広がるコンテンツという評価に至りました。

受賞のコメント
ナイアンティック・ラボ創業者 ジョン・ハンケ 様

ナイアンティック・ラボを代表して、この度はイングレスに優秀賞をいただけたことを感謝いたします。私達ナイアンティック・ラボのミッションはインタラクティブなエンターテイメントの限界を屋内という境界を超えて、現実の外の世界へと押し広げていくことです。私達はテクノロジーが人々と周りの世界との現実での個々のつながりを作ることができると信じています。イングレスが生まれてから2年に渡り、サポートしてくれたすべての人に感謝します。そして最も重要なこと、世界の何百万人ものスニーカーを履いて、外へと踏み出し、新しい道を共に探索するという挑戦し続けてくれているプレイヤーたちに感謝します。今年もイングレスでは、胸を躍らせる新しい事が沢山ありますので、エージェントの皆さん、是非楽しみにしていてください。

画像(007)エンタテインメントの未来考える会 2014年度大賞の受賞コメントが公開に

※受賞盾は、ナイアンティック・ラボ アジア統括マーケティングマネージャー須賀健人様に受領いただきました。

選定協力ならびに当日ゲスト
  • 林克彦編集長:株式会社KADOKAWA エンターブレイン ブランドカンパニー 週刊ファミ通編集長
  • 西岡美道編集長:株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス ブランドカンパニー 電撃プレイステーション 編集長
  • 佐藤和也氏:朝日インタラクティブ 株式会社 CNET Japan編集記者
  • 黒川塾主宰 黒川文雄
  • 会場参加者
  • フェイスブックコミュニティ「エンタテインメントの未来を考える会」(会員数3996人 4月3日現在)
  • 関連タイトル:

    P.T.

  • 関連タイトル:

    TERRA BATTLE

  • 関連タイトル:

    TERRA BATTLE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月09日〜12月10日