オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2015]SCE,仮想現実対応HMD「Morpheus」を2016年前半に発売と予告。新型試作機は5.7インチ有機ELパネル採用でフルHD@120fps対応に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/03/04 11:37

イベント

[GDC 2015]SCE,仮想現実対応HMD「Morpheus」を2016年前半に発売と予告。新型試作機は5.7インチ有機ELパネル採用でフルHD@120fps対応に

 北米時間2015年3月3日,ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下,SCE)は,PlayStation 4用となる仮想現実対応ヘッドマウントディスプレイ「Project Morpheus」(プロジェクトモーフィアス,開発コードネーム)について,2016年前半の発売を目指して開発中と予告した。具体的な発売時期に関する情報が明らかになったのはこれが初めてだ。

SCEワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏が,Morpheusは,2016年前半の発売を目指して開発中と明らかにした。イベントの詳細は追ってお伝えしたい
画像(003)[GDC 2015]SCE,仮想現実対応HMD「Morpheus」を2016年前半に発売と予告。新型試作機は5.7インチ有機ELパネル採用でフルHD@120fps対応に

 またSCEは,GDC 2015のタイミングで新型の試作機を公開している。この新型試作機は,5.7インチで解像度1920×1080ドットの有機ELパネルを採用し,視野角は100度リフレッシュレート120Hz&60Hz対応遅延は18ms未満となる。従来型だと5インチで解像度1920×1080ドットの液晶パネルを採用し,視野角90度といったスペックだったので,新型は大幅なスペック向上を果たしたわけだ。

Morpheusの新型試作機。ポジショントラッキング用のLEDは,従来より3基増えて9基となった
画像(002)[GDC 2015]SCE,仮想現実対応HMD「Morpheus」を2016年前半に発売と予告。新型試作機は5.7インチ有機ELパネル採用でフルHD@120fps対応に

 ちなみにOculus VRの最新開発版ヘッドマウントディスプレイ「Crescent Bay」(クレセントベイ,開発コードネーム)は,解像度が2560×1440ドット,リフレッシュレートが90Hzと言われている。それが正しいと仮定した場合,すべてのスペックで新型開発版Morpheusが一番というわけではない。ただ,仮想現実対応のヘッドマウントディスプレイにおける3D酔いの主因はリフレッシュレートの低さと遅延の大きさと言われているので,その点で,今回の新型開発版Morpheusは相当高いレベルにあるとまとめられそうである。

従来のMorpheus開発版は液晶パネルを採用していたが,今回は有機ELに。解像度は変わらずだ
画像(004)[GDC 2015]SCE,仮想現実対応HMD「Morpheus」を2016年前半に発売と予告。新型試作機は5.7インチ有機ELパネル採用でフルHD@120fps対応に
画面サイズは5.7インチに大型化した。有機ELパネルのサイズは,Samsung Electronics製のAndroidスマートフォン(や,同スマートフォンを填め込んで使う仮想現実対応のヘッドマウントディスプレイ「Gear VR」)と同じなので,同じ種類のパネルを採用しているものと思われる
画像(005)[GDC 2015]SCE,仮想現実対応HMD「Morpheus」を2016年前半に発売と予告。新型試作機は5.7インチ有機ELパネル採用でフルHD@120fps対応に
リフレッシュレートは120Hz対応に。これに合わせてSCEは,60fpsで動作する一般的なPlayStation 4用タイトルを120fpsで出力するためのSDK(ソフトウェア開発キット)を提供するという
画像(007)[GDC 2015]SCE,仮想現実対応HMD「Morpheus」を2016年前半に発売と予告。新型試作機は5.7インチ有機ELパネル採用でフルHD@120fps対応に
3D酔いに関する重要な要素と指摘されている遅延は,18ms未満を実現したとのこと
画像(006)[GDC 2015]SCE,仮想現実対応HMD「Morpheus」を2016年前半に発売と予告。新型試作機は5.7インチ有機ELパネル採用でフルHD@120fps対応に

●Morpheus新型開発機の主なスペック
  • 構成:プロセッサユニット+仮想現実対応ヘッドマウントディスプレイ
  • ディスプレイ:5.7インチ有機ELパネル
  • ディスプレイ解像度:1920×RGB×1080ドット(※左右の目それぞれに960×RGB×1080ドットの映像を表示)
  • リフレッシュレート:120Hz,60Hz
  • 視野角:約100度
  • 搭載センサー:加速度,ジャイロ
  • 接続インタフェース:HDMI+USB
  • 機能:3Dサラウンドサウンド,ソーシャルスクリーン

SCE公式Webサイト

GDC公式Webサイト

4GamerのGDC 2015関連記事一覧

  • 関連タイトル:

    PlayStation VR本体

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/10/29)
PlayStation VR PlayStation Camera同梱版
Video Games
発売日:2016/10/13
価格:¥31,500円(Amazon) / 37800円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月28日〜11月29日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月