オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ファイナルファンタジーXIV公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:400
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2024/06/06 19:00

プレイレポート

[プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 2024年7月2日にリリースされるMMORPG「ファイナルファンタジーXIV」の最新拡張パッケージ「FFXIV: 黄金のレガシー」PC / PS5 / PS4 / Mac / Xbox Series X|S)では,新ジョブ「ヴァイパー」や「ピクトマンサー」が追加されるほか,既存のジョブのアクションにもさまざまな調整が施される。
 本稿では,そのうちタンクとヒーラーの計8つのジョブについて,調整された箇所を紹介しよう。DPSについては別記事で確認してほしい。

関連記事

[プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」最新2ジョブをプレイ。ヴァイパーとピクトマンサーの手触りは?

[プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」最新2ジョブをプレイ。ヴァイパーとピクトマンサーの手触りは?

 MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」の最新拡張パッケージ「黄金のレガシー」では,新たな戦闘職となる近接DPS「ヴァイパー」と,遠隔魔法DPS「ピクトマンサー」が追加される。それぞれどういったスキルやアビリティがあるのか,メディアツアーに参加して触ってみたので,ジョブ専用装備を含めて紹介しよう。

[2024/06/06 19:00]
関連記事

※このバージョンは最終調整前のものであり,リリース時には大きく変更される可能性があります。


タンクに追加された主な新アクション


 全タンク共通で,レベル98になると「リプライザル」の効果が15秒に延長される。

●ナイト
 ロイエから始まる新コンボが追加に

ジョブ専用装備はカバラリアスシリーズ。非常に騎士らしいいでたちだ
画像集 No.001のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.002のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.003のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

武器の「クラレント」を抜刀した様子。「アーサー王伝説」に登場するモードレッド(Mordred)が,アーサー王の宝物庫から奪い取った剣がモチーフだろうか。剣も盾もかなり細かな装飾が施されている
画像集 No.004のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 新しいスキルとしては,「ロイエ」を起点としたコンボが挙げられる。レベル76で威力460の「ゲベート」と威力480の「グラブカッマー」という新しいスキルが追加され,ロイエ→ゲベート→グラブカッマーとつながるようになった。これまではロイエを3回実行するというスキル回しに違和感を覚えていた人も少なくないと思うが,それが明確なコンボとして確立された点は好印象だ。
 また,ロイエの威力は440であるため,それを3回打っている現状よりも,威力が引き上げられている点も見どころと言えよう。もちろん,ゲベートとグラブカッマーにも,MPを400回復する追加効果がある。
 なお,発動条件を満たすと,ロイエのアイコンがゲベートに,ゲベートがグラブカッマーに置き換わるため,ホットバーを圧迫しない点もありがたい。

斜めに切りつけたあと,水平にぶった切る演出のゲベート
画像集 No.005のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

一方,グラブカッマーは下から上へと振り上げるモーションで攻撃を行う
画像集 No.006のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 さらに,「コンフィテオル」から始まるブレード・オブシリーズのコンボに,新しく「ブレード・オブ・オナー」が追加される。つまり,コンフィテオル→ブレード・オブ・フェイス→ブレード・オブ・トゥルース→ブレード・オブ・ヴァラー→ブレード・オブ・オナーという流れになる。
 ブレード・オブ・オナーはレベル100のアビリティで,威力740の無属性範囲魔法攻撃だが,ほかのブレード・オブシリーズとは異なり,MPの消費を必要としない点も扱いやすい。

複数の剣が飛び交うブレード・オブ・オナー
画像集 No.007のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 そのインペラトルは,レベル96で追加されたアビリティで,威力580の無属性範囲魔法攻撃だ。さらに,同時に4スタックの「レクイエスカット」と「コンフィテオル」実行可を付与する。
 レクイエスカット効果は,魔法を詠唱時間なしで実行でき,ホーリースピリットとホーリーサークル,コンフィテオルとそれ以降のコンボアクションの威力を上昇させるというもの。その内容はレベル68のアビリティであるレクイエスカットそのものと同じだ。
 レベル96でレクイエスカットがこのインペラトルに置き換わるため,今後はインペラトルを起点にして,コンフィテオルの一連のコンボを実行することになるだろう。
 なお,インペラトルのリキャストタイムは60秒でレクイエスカットから変わっていないが,レクイエスカットの威力は320だったので,それに比べると底上げされている。

上空から剣に雷を落とし,そのまま降りかかる演出のインペラトル
画像集 No.008のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 そのほか,自身の被ダメージを40%軽減する防御アビリティの「エクストリームガード」も用意された。このエクストリームガードは,レベル92でセンチネルが置き換わり,回復力1000相当のバリアを15秒間展開する追加効果も備えている。

自身がバリアで覆われるエクストリームガード
画像集 No.009のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

●戦士
 コンボの最終段に大ダメージ技を追加

戦士のジョブ専用装備のアゴージシリーズ。ちなみに,アゴージ(agoge)は,古代ギリシャの都市国家スパルタにおいて,若者に対して行われた教育システムのこと
画像集 No.010のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.011のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.012のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

武器はフェロシティ。金属の質感は高く,重量感はかなりのもの
画像集 No.013のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.014のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 現状の戦士のレベル90では,「原初の解放」から「フェルクリーヴ」を3回続けて撃つというスキル回しを行っている人が多いと思うが,レベル96でフェルクリーヴもしくは「デシメート」を3回放つと,原初の解放が「原初の激震」に変化する。この原初の激震は,威力600のアビリティで範囲物理攻撃だ。
 さらに,原初の解放発動時に実行可となる「プライマルレンド」を使用すると,プライマルレンドが新スキル「ルイネーター」に変化。このルイネーターは,威力740の範囲物理攻撃で,必ずクリティカルかつダイレクトヒットし,それらの発動率を上昇させる効果を受けている場合は与ダメージが上昇する。
 つまり,原初の解放を起点する一連のコンボにおいて,原初の激震とルイネーターの追加により,さらに与ダメージを大きく引き上げられるというわけだ。

広範囲に噴火するような演出の原初の激震
画像集 No.015のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

巨大化した斧を叩きつけるルイネーター
画像集 No.016のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 さらに,レベル92ではナイトと同様に40%の被ダメージを軽減する「ダムネーション」が追加された。このダムネーションは,物理攻撃に限り反撃ダメージを与えられるほか,ダメージを受けるか効果時間の15秒間を過ぎると,回復力400の継続回復効果が15秒間付与される。

前後に紫色のクリスタルの壁のようなエフェクトを展開するダムネーション
画像集 No.017のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

●暗黒騎士
 ブラッドデリリアム周りが大きく変化

黒一色の中に差し色の紫が印象的な暗黒騎士のジョブ専用装備のフォールンシリーズ
画像集 No.018のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.019のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.020のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

武器はマリフィクスで,こちらも紫色がアクセントして修飾されている
画像集 No.021のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.022のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 暗黒騎士のアクションで注目すべきは,「ブラッドデリリアム」の効果が変更された点だ。
 従来は,「クワイタス」と「ブラッドスピラー」を「ブラックブラッド」の消費をせずに実行できるというものだったが,今回は3スタックの新スキルである「レッドデリリアム」と「インペイルメント」を実行できるというものに変わっている。さらに「ブラッドウェポン」も付与され,自身のウェポンスキルおよび魔法が命中するとMPを回復し,ブラックブラッドを10上昇させる。なお,レベル68でブラッドウェポンがブラッドデリリアムに変化する点も押さえておきたい。

 レッドデリリアムは威力500の単体物理攻撃で,続いて威力700で単体物理攻撃の「カマバンス」,威力800で単体物理攻撃の「トアクリーパー」とコンボがつながるようになった。レッドデリリアム→カマバンス→トアクリーパーとコンボをつなげると,スタックをすべて使い切るというわけだ。

大きく切りつけたあと,突きの動作となるレッドデリリアム
画像集 No.023のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

水平に切ったあと,下から縦に切り上げる演出のカマバンス
画像集 No.024のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

上から大きく振り下ろす動作のトアクリーパー
画像集 No.025のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 一方,インペイルメントは威力320の範囲物理攻撃で,こちらはブラッドデリリアムの効果中であればいつでも実行可能だ。つまり,ブラッドデリリアムのあとに,インペイルメントを3回連続で撃てるほか,インペイルメント→レッドデリリアム→カマバンスのように,途中から単体攻撃に切り替えたり,単体攻撃からインペイルメントに変更したりもできる。

こちらは範囲攻撃のインペイルメント
画像集 No.026のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 また,「影身具現」を実行すると威力800で無属性前方直線範囲物理攻撃の「ディセスティーム」という新スキルを放てるようになり,英雄の影身も最後にこのディセスティームを放つ。
 そのほか,レベル92で被ダメージを40%軽減させる防御アビリティの「シャドウヴィジル」が追加され,自身に「シャドウヴィジル【被】」を付与できる。シャドウヴィジル【被】は,HPが50%を切るか,効果時間の20秒が経過すると,回復力1200の効果が得られるものだ。

前方にかなり派手な演出の直線範囲攻撃が行われるディセスティーム
画像集 No.027のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

自身の周囲を取り囲むような演出のシャドウヴィジル
画像集 No.028のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

●ガンブレイカー
 ソイルから始まるハートコンボに注目

ガンブレイカーのジョブ専用装備となるバスティオンシリーズは,全体が黒一色ながらも,ところどころに赤色が配されている
画像集 No.029のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.030のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.031のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

武器の「シャスティフォル」は,アーサー王が若いころ帯刀していたと言われる剣の名前だ。刀身に鎖が見えるが,これは刀身に鎖が描かれているわけではなく,しっかりと鎖が巻かれている
画像集 No.032のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.033のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 ガンブレイカーは「ブラッドソイル」を実行するとハートコンボ実行可が付与され,そこから新スキル「ライズ・オブ・ハート」→「ルーラー・オブ・ハート」→「エンド・オブ・ハート」という一連のコンボが追加された。
 このコンボはソイルの消費がないうえ,威力は順に800,1000,1200のいずれも範囲物理攻撃となっている。

空中で何度も切りつけるライズ・オブ・ハート
画像集 No.034のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

続くコンボ技のルーラー・オブ・ハート
画像集 No.035のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

コンボの〆がエンド・オブ・ハートとなるが,空中に浮かんで切りつけるのは変わらないため,コンボ中はずっと空中に浮かんでいるような印象を受ける
画像集 No.036のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 さらに,「フェイテッドサークル」に続く新アビリティで,威力120の範囲物理攻撃の「フェイテッドブランド」が追加された。ブラッドソイルを起点にして,ハートコンボとフェイテッドサークルからのコンボで,範囲攻撃がかなり多彩になった印象だ。
 なお,単体攻撃の場合は,ブラッドソイルを起点にして,ビートファングからアイガウジまでのコンボを続け,さらにダブルダウンを実行するという流れは変わらず,そこにハートコンボが追加されたという形になる。

地面に刀身を突き刺し,広範囲に爆発を引き起こすフェイテッドブランド
画像集 No.037のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 追加される防御アビリティは「グレートネビュラ」で,レベル92でネビュラが変化する。効果はほかのタンクと同じく40%の被ダメージを軽減し,追加効果として自身の最大HPが20%上昇する。実行した時点での最大HPの20%分のHPを回復するというものとなる。

前方に光の壁を3枚展開するグレートネビュラ
画像集 No.038のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

ヒーラーに追加された新アクション


 全ヒーラージョブ共通で,レベル94になると「迅速魔」のキャストタイムが40秒に短縮される。

●白魔道士
 待望の移動技が追加

ジョブ専用装備のパイエティシリーズは,白魔道士らしく白を基調に赤色が配されたデザイン
画像集 No.039のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.040のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.041のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

杖の先端に木の葉の装飾が施されている武器のセレニティ。頭装備のパイエティ・ヘッドドレスも,木の葉をあしらったデザインだ
画像集 No.042のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.043のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 白魔道士には,新たに威力570の無属性範囲魔法攻撃の「グレアジャ」が追加された。このグレアジャはキャストタイムがない魔法で,レベル92から「神速魔」を使用することで3スタック,つまり3回詠唱可能となる。

大きな光が周辺を包む,無属性範囲魔法攻撃のグレアジャ
画像集 No.044のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 さらに,範囲回復魔法の「メディガ」が登場。このメディガは,回復力は250で,同時に15秒間,回復力175で継続回復する効果が付いており,レベル96でメディカラから変化する。キャストタイムは,レベル100のジョブ専用装備で1.96秒となりメディカラと変わりはない。

範囲回復魔法のメディガ。花びらが舞う演出は印象的だ
画像集 No.045のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 また,レベル98でテトラグラマトンが,チャージ数が2のチャージアクションに変化する。さらに,レベル40で15m前方に素早く移動する「エーテリアルシフト」が追加される。

 そのほか,「テンパランス」から続く新アビリティの「ディヴァインカレス」が追加された。このディヴァインカレスは,自身と周囲のパーティメンバーに回復力400相当のダメージを防ぐバリアを張り,バリア効果が終わると回復力200の継続回復効果を15秒間付与する。先のテンパランスと合わせて,バリアを厚くできるのはうれしいところだ。

周囲に光の柱とともに羽根が降り注ぐ演出のディヴァインカレス
画像集 No.046のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

●学者
 自身にセラフィムが降臨!?

学者のジョブ専用装備のペタゴジィシリーズは,小さめの角帽に少し大きめのモノクルが印象的だ。ちなみにペタゴジィとは,ギリシャ語で子どもを意味するpaidと指導を意味するagogusの合成語。子供を対象に教え導くといった意味合いとなる
画像集 No.047のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.048のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.049のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

武器は学者専用の魔導書「エクレクティシズム」。モノクルから伸びる鎖や,腕の腕章などかなり作りこまれている
画像集 No.050のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.051のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 学者はレベル92で「連環計」から続くアビリティ「埋伏の毒」が追加された。この埋伏の毒は,周囲の敵に15秒間,威力140の無属性の継続ダメージを付与するというもので,「蠱毒法」とは別なので重ね掛けが可能だ。

敵にドットダメージを付与する埋伏の毒
画像集 No.052のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 また,レベル96では,自身と周囲のパーティメンバーのHPを回復する魔法「意気軒昂の策」が追加。この意気軒昂の策は,同時に回復量の180%分のダメージを軽減するバリアも付加する。なお,レベル96で「士気高揚の策」が意気軒昂の策に変化する。

士気高揚の策の強化版となる意気軒昂の策。レベル96で変化する
画像集 No.053のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 そして注目は,レベル100で追加されるアビリティの「セラフィズム」だ。このセラフィズムは,自身が戦闘状態,かつフェアリーが存在する際に発動可能で,20秒間,自身と周囲50m以内にいるパーティメンバーのHPを,回復力100で継続回復する。
 そして,「鼓舞激励の策」が「マニフェステーション」に,意気軒昂の策が「アクセッション」に,それぞれ変化。さらに,「応急戦術」のリキャストタイムがリセットされ,リキャストタイムも1秒に短縮されるため,なかなかに強力だ。なお,セラフィズムはリキャストタイムが3分と長い。効果時間は20秒だが,その間に「転化」を行うと効果が切れてしまう。

セラフィズムを実行すると容姿が大きく変化する
画像集 No.054のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 マニフェステーションは,回復力360で対象のHPを回復し,回復量の180%分のダメージを軽減するバリアである「鼓舞」を付与する。さらに,クリティカル時には回復量の180%分のダメージを防ぐバリアである「激励」が付与される。「鼓舞激励の策」より回復力が高め以外は同じ効果だが,マニフェステーションはキャストタイムがないという点が最大の利点だろう。なお,「秘策」の必ずクリティカルする効果は,マニフェステーションには発揮されない。

バリアと回復を詠唱なしで同時に行うマニフェステーション
画像集 No.055のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 また,アクセッションは,自身と周囲のパーティメンバーのHPを回復力240で回復し,対象に回復量の180%分のダメージを軽減するバリアを張るというものだ。

天を大きく仰ぐ動作を行うアクセッション
画像集 No.056のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

●占星術師
 カードのランダム性を廃止

占星術師のジョブ専用装備であるエフェメリストシリーズ。フェルト生地の質感がかなり表現できている
画像集 No.057のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.058のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.059のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

武器はメティスで,その天球儀はかなり緻密な細工が施されている
画像集 No.060のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.061のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 占星術師の最大の変化は,カードのランダム性が廃止された点だ。「ドロー」は「アストラルドロー」となり,「アーゼマの均衡」「オシュオンの矢」「ビエルゴの塔」「クラウンロード」のカードを一度にドローする。
 これらのカードを発動させるアクションの「プレイ」は「プレイI」「プレイII」「プレイIII」と分けられており,順にアーゼマの均衡,オシュオンの矢,ビエルゴの塔を発動させるアイコンに変わる。クラウンロードは「マイナーアルカナ」のアイコンが変化する。さらに,アストラルドローは実行後,「アンブラルドロー」のアイコンに置き換わる。

同時に4枚のカードをドローするアストラルドロー
画像集 No.062のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 アンブラルドローでは,「ハルオーネの槍」「世界樹の幹」「サリャクの水瓶」「クラウンレディ」のカードがドローできる。アストラルドローと同じく,プレイIがハルオーネの槍に,プレイIIが世界樹の幹に,プレイIIIがサリャクの水瓶に,マイナーアルカナがクラウンレディにそれぞれ変化する。

こちらはアンブラルドロー。こちらも4枚のカードを同時にドローする
画像集 No.063のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 各アルカナの効果は以下のとおり。

・アーゼマの均衡:自身またはパーティメンバーの1人を対象に,15秒間,与ダメージを上昇させる。効果量は近接攻撃を主体とするクラス・ジョブであれば6%,それ以外ならば3%。
・オシュオンの矢:自身またはパーティメンバーの1人を対象に,15秒間,対象が受ける回復効果を10%上昇させる。
・ビエルゴの塔:自身またはパーティメンバーの1人を対象に,30秒間,回復力400相当のダメージを軽減するバリアを張る。
・クラウンロード:威力400の無属性範囲魔法攻撃
・ハルオーネの槍:自身またはパーティメンバーの1人を対象に,15秒間,与ダメージを上昇させる。効果量は遠隔攻撃を主体とするクラス・ジョブであれば6%,それ以外ならば3%。
・世界樹の幹:自身またはパーティメンバーの1人を対象に,15秒間,被ダメージを10%軽減する。
・サリャクの水瓶:自身またはパーティメンバーの1人を対象に,15秒間,回復力200で継続回復する。
・クラウンレディ:自身とパーティメンバーのHPを回復する。(回復力400)

 アーゼマの均衡やクラウンロード,クラウンレディは,従来の効果をある程度踏襲しているものの,それ以外はバリア付与や回復効果の追加などで大きく変わっている。なお,アストラルドローとアンブラルドローは,どちらもリキャストタイムが60秒で,交互に各グループのアルカナを選択していく格好だ。なお,アストロサインを揃える要素がなくなったため,「アストロダイン」は削除された。

 そのほか,レベル96で回復力250で自身と周囲のパーティメンバーのHPを回復する「コンジャクション・ヘリオス」が追加されている。このコンジャクション・ヘリオスは,レベル96で「アスペクト・ヘリオス」が変化し,15秒間,回復力175で対象のHPを継続回復する効果も備えている。

アスペクト・ヘリオスの上位版にあたるコンジャクション・ヘリオス
画像集 No.064のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 さらに「ディヴィネーション」から続く無属性範囲魔法攻撃のアビリティ「オラクル」は威力600で,ディヴィネーションのアイコンが置き換わる。また,「ニュートラルセクト」からも新アビリティの「サンサイン」が実行できるようになっており,このサンサインは自身と周囲のパーティメンバーの被ダメージを10%軽減させるというものとなる。

範囲魔法攻撃のオラクル。ディヴィネーションから実行可能だ
画像集 No.065のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

惑星が恒星を周回する演出が行われるサンサイン
画像集 No.066のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

●賢者
 エウダイモニアの効果はかなり使いやすい

白色を基調にしたデザインの賢者のジョブ専用装備であるアスクレーピアンシリーズ。アスクレーピアンは,古代ギリシャにおいて医学の守護神であったアスクレーピオスを祀った神殿,Asclepeionから来ているのではないだろうか
画像集 No.067のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.068のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.069のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

賢具の「メタノイア」のカラーリングもアスクレーピアンシリーズを踏襲している。なお,メタノイアは聖書の中で悔い改めるという意味で用いられている言葉だ
画像集 No.070のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック
画像集 No.071のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 賢者の特徴でもある,特定の魔法を強化するアクション「エウクラシア」の強化対象に「ディスクラシアII」が追加された。これによって,レベル82で「エウクラシア・ディスクラシア」が使用可能となり,攻撃の効果が継続ダメージに変化する。
 さらに,「エウクラシア・プログノシス」が,レベル96で「エウクラシア・プログノシスII」に変化。エウクラシア・プログノシスIIは,自身と周囲のパーティメンバーのHPを回復力100で回復するほか,対象に回復量の360%分のダメージを軽減するバリアを付与する。

回復とバリアを同時にこなすエウクラシア・プログノシスII
画像集 No.072のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 また,レベル92で威力が600の無属性範囲魔法攻撃のアビリティ「プシュケー」が追加された。

無属性範囲魔法攻撃のアビリティであるプシュケー
画像集 No.073のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

 さらに,レベル100で「フィロソフィア」が使用でき,このアビリティを使うと自身の回復魔法の回復量を20%増加させるほか,自身と周囲のパーティメンバーに「エウダイモニア」の効果を付与させる。エウダイモニアの効果中は,魔法を命中させると,自身のHPが回復力150で回復するので,攻撃と回復の両立が実現する。ちなみに,プシュケーはアビリティのためか,エウダイモニアの効果は発揮されなかった。

魔法を命中させると,対象のHPが回復するエウダイモニアの効果を付与できるフィロソフィア
画像集 No.074のサムネイル画像 / [プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」で既存のタンクとヒーラーは何が変わったのか。計8ジョブの調整点をチェック

関連記事
関連記事

[プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」最新2ジョブをプレイ。ヴァイパーとピクトマンサーの手触りは?

[プレイレポ]「FFXIV: 黄金のレガシー」最新2ジョブをプレイ。ヴァイパーとピクトマンサーの手触りは?

 MMORPG「ファイナルファンタジーXIV」の最新拡張パッケージ「黄金のレガシー」では,新たな戦闘職となる近接DPS「ヴァイパー」と,遠隔魔法DPS「ピクトマンサー」が追加される。それぞれどういったスキルやアビリティがあるのか,メディアツアーに参加して触ってみたので,ジョブ専用装備を含めて紹介しよう。

[2024/06/06 19:00]
関連記事

「ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシー」公式プロモーションサイト

「ファイナルファンタジーXIV」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシー

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシー

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシー

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシー

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 黄金のレガシー

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月12日〜06月13日