オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ファイナルファンタジーXIV公式サイトへ
読者の評価
76
投稿数:380
レビューを投稿する
海外での評価
83
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXIV
公式サイト http://jp.finalfantasyxiv.com/pr/
発売元・開発元
発売日 2013/08/27
価格 オープン価格
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
76
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • やりこみ要素は最大級だが、初心者いじめのゲーム性でもある 20
    • 投稿者:ひものて(男性/30代)
    • 投稿日:2021/04/27
    良い点
    ・対人パーティで移動や戦闘ができるので、知り合い同士における協力プレイにうってつけ。

    ・ミニゲームや非戦闘職といった暇つぶしや縁の下の力持ちに回る要素もある。

    ・フルボイスではないが、ボイス付きイベントもある。

    ・メインクエストをこなすだけで、必要充分なレベルに上がる。

    ・ジョブクエストをこなすだけで、最低限必要な装備がもらえる。
    悪い点
    ・タンク(攻撃引き付け役)がやることが多く大変すぎる。(指示・先導・全体把握。ついでに倒されるとパーティ総崩れするので責任重大)
     Lヒーラーも回復下手だと責められるので大変ですが、攻撃役は自己回復できるので基本的にタンクの回復をすればいいし、攻撃役は代わりがもうひとりいるので、ひとりやられてもそうでもない。

    ・ストーリーを進めるためのクエストでもダンジョン攻略(対人協力プレイ)が必要。

    ・ゲームというものはプレイしながら覚えるものであるはずなのに、プレイする前に攻略サイトで予習が必須という変なゲーム性。
     L初見の人だけでマッチングまたは初心者お断りという申請オプションもない。これが一番害悪。

    ・タンクやヒーラーがやられるとダンジョン進行がしづらくなるのでやる気が失せる。
     Lやられたら開始地点から戻ってくるまで待たなければならず時間がかかる。

    ・ダンジョンボスで全滅するとボスのHPが全回復するのでやる気が失せる。
     L制限時間もあるため、ボスHP1/4ごとに区切りをつけ、そこまで減らしたら次は続きからで良いと思う。

    ・ダンジョンボスで全滅しても救済処置がない。(そのくせにボス戦のみのコンテンツには、やられた回数によってステータスがぐんぐん上がる救済処置がある。どちらにも搭載すればいいのに。)

    ・即死ギミックや初見が気づけないようなギミックがある。
     Lゲーム内で攻略方法は一切説明なし。
    総評
    なんといっても問題だと感じるのは、ストーリーを進めるクエストにも対人協力プレイを強要されること。しかも初見の人同士でマッチングされる要素もなし。
    ゲームが発売されてから間もなくであれば、みんな初心者なので失敗しても許しあえたりすると思います。
    しかし、攻略サイトも充実している今では、昔のコンテンツでは「失敗するのは攻略サイトで予習していないからだ」と言われかねない。

    戦闘の役割も攻撃役・引き付け役・回復役ときっちり決まっていてわかりやすい反面、ほかの人の下手な部分をフォローしてあげるということができない。
    せいぜい攻撃役の人のフォローをタンクが代わりにやる程度。

    いつ何をすればいいというのも決まっているので、対人協力プレイである必要性を感じない。
    むしろ、やるべきことをやるべき時にきっちりやるAIを作ってくれればそれで済む。
    結果的に純粋に知り合い同士で楽しむか、上手くできなかった人を罵るかのどちらかを巻き起こすために対人協力プレイにしているようなもの。

    これがほかの良い部分を台無しにしている。さっさとこれらを改善すればかなり良いゲームになるのに。

    最悪、レベル制限を撤廃(人数制限解除オプション)すれば、攻撃役がうまくなくても回復とタンクだけでどうにかなったりしますが、最初のストーリー終盤にある8人用コンテンツで詰むので、実質、参加者全員がうまくできないとストーリーが進められない。

    ダンジョンをNPCと協力プレイできる機能もありますが、なぜかクリア済みダンジョンでしか利用できなかったり、新パッチエリアでしか利用できなかったりするという変な規制のある微妙なシステム。

    初心者がプレイするダンジョンほど、初回はNPCとプレイして練習するということが必要ではないかと感じる。もしくは他プレイヤーの足を引っ張らないようにへたくそ対策が付いた装備とか、初心者がいると初心者以外のプレイヤーのパラメータが自分だけでも攻略できるくらいに上がるとか、有料継続プレイしてくれるかもわからないフリートライアルで遊べる初心者エリアにおけるAIプレイヤーの開発に費用をかけたくないなら、単純にソロでもクリア可能な難易度に下がるとかでもいいと思う。

    NPC協力だろうとソロだろうと、ダンジョンを1回プレイしてみて雰囲気やコツ、ボスの行動や癖をつかむのと、まったくの初見では違ってくるはず。

    なによりもタンクの人が初見でダンジョン道中の進み方がわからないと、ダンジョンが進められないので一番困る。

    主に新規・初心者募集と思われる14円セールがあったので、初心者が快適にプレイできる環境(経験者の足を引っ張らない救済処置・初見だけでマッチング・ソロでもプレイできる難易度)を作る必要があると思う。
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 4 5
  • 面白いが、人にはオススメ出来ない 50
    • 投稿者:suzu(男性/30代)
    • 投稿日:2021/02/18
    良い点
    自分が良いと思った点を、優先順に挙げます

    1.安い
    ゲーム本体の値段を抜きに考えれば、基本的に一ヶ月1000〜2000円で遊べます
    莫大な金額を投資しなければマトモに遊べないゲームが氾濫するなか、これは破格と言えます

    2.グラフィックが軽い
    現時点で言っても、なかなか良いグラフィックの部類なのではないでしょうか。
    ただし、オンラインRPGの中ではの話です。PCでプレイする際の、要求スペックは高くはありません

    3.戦闘が楽しい
    個人的な感想です

    4.音楽が良い
    過去作の有名曲が良いのは当然ですが、FF14オリジナルの曲もなかなか良いものが多いです

    5.ファイナルファンタジーシリーズの再現性
    過去作で出てきたモンスター、ボスキャラクター等と戦える。ファンには嬉しい

    6.ストーリーが良い
    個人的な感想です。ただし、蒼天編からはです

    7.運営
    比較的には良いほうだと思っています




    悪い点
    自分が悪いと思った点を、優先順に挙げます

    1.敷居が高すぎる
    MMORPG初心者の人にとってはおそらく、吸収しなければならない情報の量に圧倒されるでしょう。基本的に、それらの情報は全て自分で調べなければなりません。
    ゲームをプレイし続けて、いわゆるエンドコンテンツをやるようになっても同じです。
    調べ、理解し、暗記して実践し練習が必要となります

    2.戦闘以外のコンテンツがつまらない
    個人的な感想です。あてられるパッチ内容の推移をみるに、戦闘以外のコンテンツも遊んで欲しいようですが、自分はやる気になれません
    生活系、生産系コンテンツを目的に遊ぶのであれば、自分は他の生活系ゲームをやります

    3.序盤のストーリーがつまらない
    蒼天編からは面白くなりますが、それまでの新生編のストーリーがつまらない。
    しかも、新生編のストーリーはなかなか長いです。
    はじめたばかりの人にこれをやらせるのはどうなんだろう…と思ってしまいます
    総評
    個人的には楽しませていただいています。
    民度について色々言われていますが、それは他の全てのオンラインゲームについて
    言えることだと思います。

    ですが、他人、特にリアルで面識のある人には
    とてもではないですがオススメ出来ません。悪い点に書いた1の理由が非常に大きいです
    それを、むしろ楽しめる人にとっては良いゲームなのではないでしょうか。

    つまり、万人向けのゲームではないということです
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 3 3
  • ゲームそのものは面白い 20
    • 投稿者:◯◯◯(男性/40代)
    • 投稿日:2021/02/09
    良い点
    歴代FFをやったことあるひとは要所要所でニヤリとできる、装備の豊富さと組み合わせをガワだけ変更したりできるのでファッションもいろいろ楽しめるしハウジングで家の外観、庭、屋内に至るまでいろいろ飾ったりできるのでそこはいいとこ。ジョブも戦闘職、生産職といろいろありやることは多く数ヶ月に一回は修正が入りあちこちで歓喜と悲鳴が聞こえてくる。人によっては楽しめると思う。
    悪い点
    修正は入るが基本的に最前線を攻略してる人の意見をみてるのでエンジョイ勢の意見はあまり反映されない、個人的には十二神があり占星術師はそれをカード効果に反映しており誰にどの効果をふるかが非常に楽しかったが最前線の意見を反映した結果基本どのカードも効果がほぼ変わらずとりあえず「とりあえずぶん殴る」になってしまいそれ以来ほとんど触ってない、少し前に様子を見てみたがあれから変わってる様子はない。
    総評
    プレイヤー(最前線)の意見を反映させるいい(人による)ゲーム、コンテンツも多くおおくハウジングファッションなど見るところは多々ある(最近はやたらトゲトゲしい服が多い)すきなら続けられると思う。根性版オープンベータから参加していたが最近の修正内容が最前線の人が中心なので触る気が起きない、次回の大型アップデートでも同じならアカウントごと削除する予定。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 1 2 3
  • 楽しめるが・・・ 85
    良い点
    ガチャが無い
    やる事多く何でも出来る
    グラはきれい
    悪い点
    PTプレイ前提
    時間が莫大に掛かる
    総評
    やって数年経ちますが時間がかなり取られるので1日1〜2時間しか出来ない方はあまりオススメはしません。
    特にジャンプポーションで一気に飛ばして来た方はゲームのシステムや戦闘など慣れていない為古参プレイヤーからは極端に嫌われます
    PTプレイなどでギスギスする事請け合いなのでそういうのが嫌という方は辞めておいた方がいいです、ゲーム自体はかなり良いですが
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • ギスギス・オンライン 65
    • 投稿者:mami tomoe(男性/50代)
    • 投稿日:2021/01/24
    良い点
    俺TUEEEが出来ない仕様。

    役割(ロール)が3つに別れていて(タンク・ヒーラー・DPS)、初心者さんはDPSで慣れてから他二職やると良いとは思います(異論あると思います)。
    特にどの職が強いとか無いです。横並び調整で、どの職も同じようなモノです。

    基本的に、装備ゲーなのですが
    強い装備が出回るので、それなりにプレイすれば良い装備が手に入ります(レア装備のため苦労するとか少ないです)。

    普段行く、ダンジョンとかは基本的に難易度が低いです。

    オール・カンストとかの人、用にエンド・コンテンツも充実しています。

    基本無料ゲーに比べて、とても料金が安いです(月額1,800円程度)。
    無料の体験版もあります。

    カジュアルなコンテンツ(麻雀)とかも充実です。

    採取や製作の職も充実しています。

    後発人が先発人と一緒にゲーム出来るし、追いつける。

    ハウジングも出来ます(家、持てます)。
    悪い点
    エンド・コンテンツの人間関係が(運とか悪いと)、ドロドロしてギスギス・オンラインになります。

    MMORPGですので、色んな人が居ますが、
    やはりエンド・コンテンツに手を出すと、全てが崩壊するような感じで人間関係が壊れますね。


    予習しないと、初見殺しギミックにやられます。

    復習しないと、上手くなれないです。


    エンド・コンテンツだと練習しないとダメです。

    ガチ勢とエンジョイ勢に、もう歩み寄れない溝が、あるのでプレイヤー間の温度差あります。


    家は持てますが、土地は何時も不足していて、土地は持てないです。


    MMORPGというより、MO寄りです。

    本当に人間関係が一番の難所だと、教えてくれるようなゲームです。
    総評
    全体的に、良いゲームだと思います。


    ただ、エンド・コンテンツのギスギス・オンラインぶりは、巷で言われている以上の過酷さあります。
    なので、エンド・コンテンツに手を出さない限り、良作ゲーだと思います。


    ただMMORPGなので色んな人がいますので・・・

    超初心者さんとかが、サスタシャなどの初期ダンジョンで

    「初見とか無理w」とかの心無い言葉言われたりする事は、
    公式のロドスト日記とかでも散見されます。

    MMORPGなので色んな人が居て、合う人も居れば、合わない人もいます。


    私が感じたのは、合わない人とエンド・コンテンツやる流れ・・・とかになって、やると

    人間関係が壊れて、悲劇になると・・・そういう事ですね。


    ここを読んだ方々は、エンド・コンテンツだけは、気を付けてくださいね。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 5
  • 評判とは裏腹に何かと問題を抱えているFFファンだけのタイトル 45
    良い点
    料金面→とにかく安い。月額制 1800円 ガチャ、装備/強化に悪質な追加料金一切無し。
    RMT業者は息出来ない環境でもある。

    ゲームバランス→タンク、ヒーラー、DPS、役割3分担の中で、お気に入り職業を気兼ねなく選んで遊べる。コレ1強職、俺ツエーとか一切ない。
    但し、タンク職については慣れてから。
    古参プレイヤーとの差は拝金装備要素がないため、実際どこで何やってもないに等しいので新規がとても入りやすい。

    ゲーム内容→MMOなのでPT協力プレイを楽しむ事が主体になる。本作の第一目標はメインストーリークエストのクリア。追いつけば高難易度系コンテンツ、生産職、ハウジング等に手をつけていく。PTが必要になれば自動で野良PTを作ってくれる。
    オフゲーのFFがオンラインになったらこうなるという延長線上のような感じ。
    ゲーム内で装備を揃えていざダンジョンへ。ネトゲ初心者からコアゲーマーまで幅広く対応できるゲームボリュームを備えている。
    操作性も万人向けですぐ慣れるはず。(個人差は出る)悪質なユーザーへの運営対応も早い。(ゲーム内からすぐ報告できる)
    悪い点
    拝金装備/強化、公にはしない運営指定のコレ強職で俺だけツエーしたい。こういう人には100%向かない。という点で人が離れる可能性がある。

    あえて言うなら、オンラインゲーム(MMO)なので、いろいろな人がいるため、野良PTやコミュニティでハラスメント系プレイヤーの被害に合う可能性が誰にでもある。(ネトゲならどこいっても出くわすものだから自衛する事)

    高難易度系コンテンツとなると、実装された翌日にはどこぞの誰かの攻略動画が上がってくるので、下手すると8人固定PT持ちでも予習必須になる(逆に言えば動画が出てこないとクリア不可能ともいう)また不正ツール利用者(黙認=公認)が一部存在しているためすんごく空気が悪い。

    ターゲット制で万人向けの裏を返せば、リアリティはまったくないよということ。
    あの一瞬で終わったBLESSですよ。あれと一緒。
    おまけにスキル回しが完全に固定されてるからFF14の戦闘は作業と言われている。

    意見要望一つ出すにも公式フォーラムでスレ建てて信者の管理しないといけないのでかなり不親切かと。
    総評
    アイテム課金制でなんだかんだ巻き上げるよりかはるかに低料金。
    新規で入りやすい土俵つくっているけど、
    戦闘が単なる作業、ギミック予習必須、な7年物ということで、いくら料金安いっていってもちょっともうキツイ感じある。自身がこれからやる身であったとしたら、このレビューをみたら絶対やらない。




    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 2 5
  • FFって名乗らなければそれなりに......? 10
    • 投稿者:Kaoru T.(女性/40代)
    • 投稿日:2020/11/06
    良い点
    あまり思い当たりません。
    悪い点
    1. レベルシンクなるものの存在

    結局リミッターかけられてプレイするのがデフォルトって、なんかレベリングの意味を疑いますよね。それならシンクされて下げられたレベルの比で取得経験値増えるのがスジだと思うんだけれども......


    2. 退屈極まりない戦闘システム

    無駄に緊張を強いるPT戦闘のありようなんですが、そういう人間関係の負のオーラをスパイスに使わなければならないくらい、戦闘のありようそのものは退屈極まりないです。あらゆるMMO/MO RPGで、ダンジョンでの戦闘中寝落ちしてしまったのはこのゲームだけです。
    そう、アレと似ています。ベルトコンベアのラインでの組立系作業。


    3. クエスト/ストーリーの陳腐化/破綻

    メインストーリーに良さをサブクエストで足引っ張っている傾向が、後半のアップデート進行に従って増えた感じはあります。
    特にLV30で選択できるジョブのジョブクエは、蒼天編クリア以降は廃止、もしくはクエストクリアなしでもスキルアクションを覚える方向に変えないと、すでに辻褄合わなくなっています。漆黒編クリアしてから未習得職業に手を出すと、ほんと白けます(特に巴術士)。
    メインストーリーがらみで、恐らくは5.4なのか6.xなのかで今後展開されるお話に関係してくると思われるサブクエストで、ロボットアニメゲーム化してしまったサブクエが絡んでくるんでは、と思うと、正直もうこの先にはFFという意味合いでは期待できないなあ、というのが正直なところでしょうか。


    4. 開発スタッフ(主にプロデューサーとクエスト周りのシナリオ担当スタッフ)の無能さ

    なんかロボットアニメゲーム化したコンテンツまで出てくるのもそうなんですが、総じてシナリオは本筋からすれば意味のないおつかいクエが少なからぬ数で存在するうえに、5.3からはかなり初期のメインクエストのクリアに、LV50の額面通りな初心者にはイミフな24人ptでの戦闘を必須にして、「クエストのストーリーを大幅に簡略化した!」と言ってみたり(この「クロニクルクエスト」とて、シナリオ制作陣のクリエイターエゴの爆発とか、伏線回収の失敗プレイヤーにツケ回ししているとか、そういう思惑しか感じられない)、そうしたクエスト制作の稚拙さに付き合わざるを得ないプレイヤーを愚弄している姿勢を最近では隠そうともしていないところ("リターン・トゥ・イヴァリース"での「異邦の劇作家」など)、制作の(文芸面における)レベルはあらゆるネットゲームで最悪かもしれない。
    そのうえ、原作レイプ的なことをやって"オマージュ"と称するところにクリエイターの良心は欠片も感じられません。FFの始祖の箱絵のキャラをボスモンスターとして出すとか本末転倒でしょう。


    数え立てるとキリがなくなるのですが、ここいらが個人的には引退に踏み切ったポイントですね。
    総評
    "FINAL FANTASY"と考えなければ、好きになることはできなくても否定的に捉えるポイントは少ないかな、とも思います。こういうもんだと思えば、苦笑して課金止めるだけの話ですから。もっとも苦笑するだけで済ますにはお金かかりすぎなゲームですが。

    項目評価に対して点数が辛すぎるかもなのは、"快適さ/運営"と"根中度/ストーリー"は1どころかマイナス10くらいつけたいから。
    グラフィックはカットムービーと実プレイグラフィックの乖離とか、キャラの造形部分などに不満はあっても、あの軽さで動くなら、という点で減点を相殺できます。
    サウンド面は、BGMに往年の名曲が出てくる点などは素直にオマージュとして評価したいかなあ。ところどころ現場の空気感と合っていない音楽が多い点は気になりますが。
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 1 3
  • 2020年ではちょっと古くさいけど、良かった 95
    • 投稿者:w.nic(女性/20代)
    • 投稿日:2020/10/24
    良い点
    先に大事なことを付け加えます。先輩の誘いでプレイし始めて、だいぶ介護してもらいました。なので贔屓目な感想になっているはずです。

    フツーのどこにでもありそうな丸いオンラインRPGではあるのですが、すごく面白いです。
    サービス開始からの長い期間で熟成されて、多くの月額課金ユーザーを抱え、今でも人が増え続けているという今作はさすがに快適で、システムやバランスに不可解や理不尽を感じることがほぼありませんでした。
    ユーザーコミュニティが巨大なのも良いですね。
    ゲーム内で家を持ててデザインを作り込めるとか、マウントに相乗りできるとか、とにかく遊びの幅が広く、ツボが抑えられていました。
    悪い点
    全体的にUIとグラフィックに古さを感じてしまった。機能性は高いですし、合理的な落とし所だったのだろうとは思います。
    キャラクタークリエイトもあんまり自由じゃない。見かけのパレットは多いものの、選びたい選択肢が少なかった。
    多数の種族がいますが、人間に余計なものをくっつけて、その種類と体格差でバリエーションを作っているので…
    このトゲ要らないとか、この体型でしっぽつけたいとかが許されない。
    私のキャラクタークリエイトは、許されている選択肢の中からマシなものを選ぶ作業で終わってしまった。もっと想像力のままに作りたかったと思う。
    バトルも単調で面白くなかったです。基本が棒立ちでクールタイムの上がってきたスキルを廻る寿司のようにお出しする。そこにギミックを避ける動きが加わるくらいで、プレイフィールが硬いです。
    総評
    基本無料のPTWゲームが多い中で、月額課金のしっかりしたゲームを体験できたことが一番の収穫だったように思います。課金を煽られることなく、毎月これだけ払っておけば安心して続けられる。その金額にも納得感が得られる作品。

    ガチャ、強さ、不便さの解消のためにお金を消費していく、そしてそれを煽ることを前提としたゲーム性には疲弊していました。あくまで自分が一緒に遊びたい人と同じ世界を共有したいのが目的だったから、ログイン自体への課金価値を提案してくれて、セカンドライフのようにプレイできるFF14に定着しました。

    総合を高得点にした理由は、こういうスタンスの作品がもっと増えて欲しいから。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 5 5 5
  • 初心者向けのゲームではない 20
    • 投稿者:ピピン@ (男性/30代)
    • 投稿日:2020/08/21
    良い点
    フリープレイで遊べる範囲が増えた
    悪い点
    ID・レイドが不満ばかりが勝って何一つ面白くない
    総評
    フリプ拡張というメールが来ていたので戻ってプレイした上でのレビューです。

    一切プレイをしたことのない人には勧められるようなゲームではない、と再確認しました。

    メインストーリーを進めるためのインスタンスダンジョンとレイド戦がとにかくマッチングしない。
    IDにNPCを連れていけるアップデートをしたらしいですが、それこそ人の居ない低レベルIDに反映すべきではないのか。
    マッチングするまでに15分〜下手すれば1時間待ち、その時点でやる気が削がれる。
    DPS職以外でマッチング待機すればいい、という意見が出るでしょうが、タンクとヒーラーなど初心者にやらせるべきロールではありません。

    レベルシンク機能がとことん害悪。
    装備やレベルを上げて、自分の使いやすいようにスキルを組んでいればいるほど操作性が不利になる機能はいったい何を考えて実装しているのかわからない。
    「常にギリギリの戦いを強制的にさせられる」という要素に面白みを感じ続ける人間がいると思っているのか。

    レイドやID等に顕著ですが「予習が必要なメインストーリーコンテンツ」という存在の矛盾に開発側は一欠片もおかしいと思わなかったのでしょうか?
    完全初見の初心者がギミックがわからずにオロオロしていると罵倒されるという状況で他プレイヤーとの出会いと共闘を楽しめと?
    頭がおかしいとしか思えない。

    少なくともフリープレイの範囲内は初めて触るプレイヤーに「楽しい」と思わせるべきではないかと思います。そこから製品版に以降させようという導線ならなおのこと。
    私見ですが、フリープレイの範囲内で楽しいと思える要素が何一つありません。
    コンテンツが開放されるごとに「クソゲーでは?」という思いが増えていくばかりです。
    面白くなりそうという光明が何一つ見えません。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 3 3
  • ファイナルファンタジーのガワをかぶった何か 25
    良い点
    1 MMORPGにしては多い日本国内ユーザー数

    2 良い意味でMMORPGらしからぬメインストーリーの重厚さ

    3 日本開発日本運営なので日本語翻訳・ローカライズは完璧

    4 女性ユーザー比率が高いので新規女性ユーザーと出会い厨は安心

    5 BGMの曲数が多い
    悪い点
    6 MMORPGではなくアクションMORPG

    7 メインストーリーは素晴らしいが、メインクエストは漆黒でもおつかいが大部分を占める

    8 デフォルト設定だとBGMが煩くて環境音を台無しにしている

    9 ロードの頻度が高い、ロードが長い、非シームレス

    10 PS2以上PS3未満レベルなグラフィック

    11 開発が用意した謎解きゲームを最適解で解きながら、開発の用意した最適解のスキル回しをするPvE

    12 ほんの一握りの早期攻略組以外は先行クリア組の動画を観てトレースするだけのPvEエンドコンテンツ

    13 PvEで使うアクションスキルの多さとデバイス問題

    14 過去コンテンツ過疎対策のランダムマッチングにより、初見クリア目的と効率周回目的が同じパーティにマッチングするPvE

    15 過疎過ぎてマッチングしないPvP(ザフィースト)

    16 報酬目当てやる気のない人だらけのPvP(フロントライン、ライバルウィングス)

    17 変わり映えしないアップデート内容

    18 発言が矛盾だらけのプロデューサー兼ディレクター

    19 料金の高さ(パッケージ+月額+オプションアイテム+アプリ)

    20 データセンター間を移動するには運営に金と時間を払わなければならない非メガサーバー

    21 ファンフェスティバルの各種価格設定

    22 開発チームの身内ネタをゲーム内やファンフェスティバルに盛り込む

    23 ズレているフェイスシステム

    24 必要とされない強くてニューゲーム

    25 ゴールドソーサーの失敗コンテンツたち
    総評
    5年以上プレイ済み。ゲーム内の様々なコンテンツに触れました。


    ファイナルファンタジー14は開発陣が考案したシステム(実際はWOWクローン)にファイナルファンタジーのガワをかぶせたもの。

    「ブリザドでMPを回復」「サンダーで継続ダメージ」
    「ホーリーは自身中心範囲攻撃で敵にスタン付与」「フレアはMP全消費」「グラビデは割合全く関係無い普通の範囲攻撃」
    「自爆しても死なないボム」「アレキサンダーが時間を操る能力を持つ」「ルビーウェポンの背中が割れて旧FF14ラスボスのオバサンが出てくる」
    「ビビが黒魔法ではなく時魔法を使う」
    等、あくまでファイナルファンタジーなのはガワです。




    1 運営は同時接続数を発表しない。必ず増加する総登録者数のみ発表。それでも発売から7年以上経ったゲームの割にはユーザー数が多いように感じる。

    2 ストーリーをセールスポイントのひとつにしている面がある。ただし新生蒼天紅蓮漆黒のストーリーを追うためには莫大な時間が必要。ストーリーを追うためだけにも知らない人と一緒に参加するパーティコンテンツのバトル(インスタンスダンジョン、蛮神戦)必須。

    3 旧14ではおかしな翻訳もあったが、新生以降ではそういったことは無い。ただし開発には中国のVirtuos社も関わっているので純粋な国産ゲームではないことを留意するよう。

    4 女性49.2% 男性50.8%、10代3.7% 20代38.2% 30代39.7% 40代15.5% 50代2.6% 60代以上0.4%

    5 開発運営元のスクエニには音楽出版部門があるので、円盤化して販売したりライブ・コンサートを開催する都合上BGM曲数が多くなる。ただしヴォーカルに割くコスト削減のためなのかヴォーカル素人の社員が歌唱することもしばしば。

    6 パブリックフィールドから隔離された、4人〜24人(一部コンテンツは72人や144人)で突入するインスタンスエリアで多くのコンテンツが展開される。

    7 「xxxに行ってaaaをn匹討伐しろ」「マップのオレンジ円の中からzzzというNPCを見つけろ」これがメインクエストの大部分。

    8 新生マップには植松さん作曲の名曲もあるが、紅蓮ギラバニアエリア和風戦闘BGMなどおかしなものも多い。魔神セフィロト戦など盗作疑惑のかかったBGMもある。

    9 SSDでもロードが長い。またフィールドマップは非シームレスで移動するたびにロード。

    10 FF14と同じく2013年にリリースされたほかのMMORPGと比べてもFF14だけグラフィックが荒い。キャラの顔は老若男女問わず陶器のようにツルツル。高齢設定キャラはツルツルの顔に髭を生やす。プロデューサー兼ディレクターは多数のキャラを表示することに重点を置いたと言っているが、多数のキャラが集結するモブハントやエウレカではキャラが描画されなくなったり攻撃対象の敵が描画されなくなる。僕のクライアントPCがRTX 2080 Tiのグラボを使ってこれなのだからどの環境でもこうなるのだろう。なおトレーラームービーだけは本編とはかけ離れたグラフィックである。

    11 開発陣想定外の攻略法や想定外のスキル回しをするとこっそり修正されるので開発想定外の行動は許されない。冒険している感は皆無。

    12 ほんの一握りの早期攻略組以外はスキル回しもギミック処理も既に出回った攻略情報の真似をするだけでユーザーに工夫の余地が無い。最適解が決まっているので他プレイヤーの評価は加点方式ではなく減点方式。

    13 紅蓮からはスキル置き換えシステムが出来たがそれでも多い。スキル以外にもホットバーにセットするものは食事や薬やマクロやコンテンツアクションなどがある。

    14 ランダムマッチングを利用するとボーナスが貰えるので多くのプレイヤーがボーナス目当てでランダムマッチングを使い、コンテンツを"攻略"というよりも"消化"をする。

    15 ただでさえ興味を持つ人数が少ないうえにヒーラー・タンク・メレー・レンジとロール指定が厳格に決められている。ランク制度もあるから試合開始まで絶望的。

    16 仕組み上個人の裁量よりも連携が重要なコンテンツ。ソロ申請もパーティ申請も同じ戦場で戦う。皆でタゲを合わせバーストタイミングを合わせ得点とマップと残り時間を確認し続け目の前の敵の動きも見続ける。自分にマーカーを付けられたと判断したら即座に後ろにさがり敵にマーカーをつける場合はマーカー対象及び敵のヒーラーに気づかれないようにする。前線を上げる場合はタンクを先頭に全員で一斉に上げて、前線を下げる場合は時にタンク1人を犠牲にして撤退する。ゲーム内にボイチャは無いのでテキストチャットで連携を取る。ただただ楽して報酬が欲しいだけの野良でそんなことが出来るわけもなくゲームにすらならないことが多々ある。パーティ申請の固定が頗る強くソロ申請の野良が頗る弱い。必要人数が多いのでマッチングしにくい。

    17 x.0 x.2 x.4で新トークン解放と新レイドと零式実装 x.1 x.3 x.5でその緩和と24人レイドの実装。装備はアイテムレベルとメインステータス・サブステータスの数値が増えるだけ。

    18 「ハウジング自動撤去しない」→実際は自動撤去。「地上から水中への移動はシームレス」→毎回ロードを挟む。「水槽に入れられる魚は20種類弱」→13種類。「天道編零式装備は染色可能」→染色不可。過去の年末生放送でプロデューサー兼ディレクターが部下に殺害予告したこともあった。そのような人物が開発チームのトップである。

    19 パッケージ\6,380(拡張が発売されるたびに新しいものを買う)。月額最安プラン\1,408(毎月払う)。倉庫兼出品枠\220*必要数(毎月払う)。アプリ\550(毎月払う)。

    20 データセンターを移動するたびに\1,887を払い数分待たされる。

    21 FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2016 in TOKYO 2日通し券\12000脱出ゲーム付き\15000。イベントの内容数は少なくコスプレの為の更衣室は有料。会場内で販売される何の変哲も無いわたあめが\1500。

    22 高難易度コンテンツ開放の為に存在するNPC「異邦の詩人」の容姿がプロデューサー兼ディレクターに似せてありそのセリフとモーションをプロデューサー兼ディレクターが担当。「異邦の劇作家」「異邦の社長」などプロデューサー兼ディレクターの知り合いを彷彿とさせる身内ネタがゲーム内に登場する。公式生放送でのプロデューサー兼ディレクター知り合いの発言がのちの24人レイドに採用、など。

    23 NPCとともにインスタンスダンジョンに行けるのなら、コンテンツファインダー申請時一定時間経ってマッチングしなかった際の不足ロールをNPCに任せてコンテンツに突入出来ないものか。ユーザーが望んでいるのはそこだ。

    24 報酬も無しにわざわざ昔のクエストを遊ばない。報酬があれば嫌々遊ぶ。

    25 「トリプルトライアド」には自分だけカードのレベル制限が残り続けて対戦相手のNPCには制限が無い。「チョコボレース」は操作がしにくく育成には長い時間がかかる1回の拘束時間も長い。アーケードカードゲーム出身の「ロード・オブ・ヴァーミニオン」はコンセプトは面白いものの操作性が非常に悪く、他社のクラッシュ・ロワイヤルのようにシンプルな操作やシステムにしたほうが面白いのではかろうか。「一閃!斬魔・デ・三昧」もミニゲームのわりに拘束時間が長い。何れのコンテンツもユーザーからはMGPというゲーム内通貨目当てのためだけに嫌々遊ばれている。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 1 4 1
  • エンドコンテンツのボリューム不足が目立つ国産ネットゲーム 65
    • 投稿者:らの人(男性/30代)
    • 投稿日:2020/03/02
    良い点
    ■コンテンツ

    ・過去コンテンツ
    サービス開始から大分たっているため、新規の方は肌にさえあっていれば、ある程度長い時間楽しめます。

    ■システム

    ・ミラージュプリズム
    装備の性能に関わらず見た目を変更できるため、着せ替えが楽しめます。

    ■グラフィック

    ・フィールド
    メモリマッピングもよくできていて、制限の中で美麗な表現ができています。

    ■サウンド

    ・ボーカル曲

    ・既存のアレンジ

    ■その他

    ・オフラインイベント
    専用のコンセプトカフェやイベントも充実しているため、こういったものが好きな人は楽しめると思います。
    悪い点
    ■コンテンツ

    ・新規エンドコンテンツ
    実装されるコンテンツ自体が少なく、時間を稼ぐための施策も合わさりログボ勢みたいな感じになる方は多いです。

    ■システム

    ・バトル
    ジョブはたくさんあるように見えますが、ある程度最適な行動をした上でバランスがとられているため、自由度はほぼありません。

    ・キャラ成長
    一応レベルは存在しますが、あまり意味はありません。
    よって装備次第となりますが、この装備も定食と俗に言われる代わり映えのないコンテンツ群をパッチごとに延々とこなしていくことで、整形大国韓国のような最終ビルドとなります。

    ■グラフィック

    ・装備
    FFの割にはよくわからないダサい装備が多いように思います。

    ・エフェクト
    一部アクションのエフェクトが攻略の妨げになることがあります。

    ■サウンド

    ・SE
    ノーマライズを加味したうえで、一部大きすぎる音が存在します。

    ■その他

    ・外部ツール
    規約で禁止されているはずの外部ツールへの処分が甘く感じます。
    また、これに起因するユーザー心理の押さえつけが既に崩壊しているため、外部ツールにより外部サイトへアップロードされるパーティの戦闘レポートが公開されており、このサイトを眺めて優劣に浸るユーザーが潜在的に多くいます。
    総評
    シナリオについては好き嫌いあるので明言はなしです。

    興味がある方には、シナリオ分だけ全部遊んだら休眠というプレイングをお勧めします。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 2 2
  • シナリオ100点戦闘バランスは30点くらいのゲーム 85
    良い点
    ・良くも悪くも人を選ぶゲーム(いいところ)
     ┗ゆるく遊ぶひと、はやりにのって遊ぶ人からエンドコンテンツを遊ぶ人まであう人にはあうし合わない人はさっさとやめるゲームだと思う。FF14のルールに従って遊ぶコンテンツが多くその与えられた課題をこなすことが好きな人やそれに追従するのが好きな人がハマると思う。

    ・大型アプデ以外にもゲームのアップデートはそれなりにされる
     ┗例えば大型アプデ直前は過疎期でありユーザー間では「ナギ節」と言われたりもしているがこの時期に過去の取り逃しアイテムを取得できるイベントが追加されたりシーズナルイベントも定期的に行われる。まれにほかのIPとのコラボも行われる

    ・プレイヤー人口が多いため配信やユーザーイベント等がそれなりに盛り上がっている
     ┗例えば1年前のコンテンツである禁断の地エウレカのエンドコンテンツを盛り上げるイベントなどを率先して行うプレイヤーも存在する。後続や緩和後にリワード等をとりたいといったユーザーでも取得機会に恵まれているのは素晴らしいと思う。他のタイトルではあまりみない要素として同じデータセンター内であればサーバーを自由に行き来できるのでこれらをやりやすい点もある。

    ・オフラインイベントのオーケストラ、ファンフェスなどが「ゲームコンテンツが充実」した上で開催されている点
     ┗特に「漆黒のヴィランズ」のストーリーの盛況ぶりからのオケコン開催はとてもよかったのではないだろうか。実際に2公演参加したが泣いている人もそれなりにいた。

    ・GM、サポート対応が早い点
     ┗アイテム関連の問い合わせ、ユーザー通報、ワンタイムパスの解除等いろいろ14の窓口やSQEXのHPからできるが金土日や年末年始などのタイミングでもほぼ24時間以内に返答が返ってくる点。メールを見ると毎回担当者が変わるのでブラックというわけではないのかな(完全に余談)

    ・課金関連は結構マイルド
     ┗例えば服であれば、課金服と同等以上のものが大型アップデートでそれなりの数基本のコンテンツに追加されていったりなど。
    悪い点
    ・5.0〜5.1バージョンの戦闘職のバランス面、デザイン面
     ┗特定のジョブが強すぎるのはゲームとして仕方ないにせよ「弱すぎる」や「使いどころがみつからない」など「虚無感」が強い職が存在する。
      →「1撃のダメージが軽すぎるの割には手数もない上に支援効果がないorタイミングがズレる」ようなアタッカージョブが存在している点。他ジョブはきれいにスキルローテーションが組まれているのになぜかデザインがズレている。FF14のいいところに記載したが、「基本的に課題をきれいにこなすゲーム」なのもあって際立って気持ち悪く感じる。
     その2
     ┗初心者向けに簡略化しようとして紅蓮のリベレーターで完成していたジョブが中身を引き抜かれたしまったようなスカスカでガバガバみたいな感じの歪んだデザインになってしまった点

    ・人口が多いので「やばいプレイヤー」もそれなりに多い
     ┗もちろんBANはされたりするのだが、ユーザーコミュニティに大きく爪痕を残すケースが多い。関連してGMのBAN基準がガバガバだよねっていうトレンドが定期的にあがる(私怨もまじっているが)これに関連して、初心者が「FF14をうまくなるか、楽しめるか」はユーザーガチャになってしまう可能性がだいぶ高い。自己責任といえばそれで終わりなのだが「ヤバイ」層を引いてしまうと・・・。なのでストーリー楽しいよ!となっても一概に気軽に遊んでみたら〜といいづらいゲームなのが残念なところ。結局作業感などはハマればごまかせるところにせよこういう要因は誰にも解決できないので。。。

    ・PvPコンテンツがなんともいえない感じになっている
     ┗フィーストと呼ばれるどちらかというと廃よりな4vs4のPvPはある理由により「虚無」と呼ぶ層が存在していたり。専用アイテムで個人にポーションが渡されるのだがこれがなくなったプレイヤーをひたすらタコ殴りするのがとりあえず強い戦法になっている。
     ┗フロントライン、ライバルウィングスといった多人数のPvP。基本的にフィーストよりにジョブ性能を調整されているのでカオスになりやすい。ライバルウィングスはアップデートが全くされず「いいところ」にあげた過去アイテムの再拾得の対象コンテンツにも指定されたが全く調整されなかったためにゲーム性が完全に崩れたカオスとなってしまった。
    総評
    継続ユーザーには優しく、初心者プレイヤーのフォローはゲームシステムの簡略化やユーザーの善意で行われているゲームだと思う。いい感じの均衡は実はなんとか保っているだけで簡単に崩れてしまうのではないかという危機感がある。
    ストーリーの完成度、戦闘ジョブの崩壊やほかのレビュアーさんが挙げているような生産戦闘職の意義、その他もろもろがこれ以上悪化した際にプレイヤーが崩れれば一発で崩壊する可能性はありそう。ただ、運営様はかなり精力的に盛り上げに注力しているので14を遊んでみたい人はなるべく早く始めて体験してみて、いい感じに飽きるなり満足したら引きどころを見極めるのがいいかなーと個人的には思います。

    要約すると歪みはあれど開発運営とプレイヤーのマンパワーが支えているタイトルなのでそれが続いてるうちなら安心して遊べると思います。

    自分はFC(ギルド的なもの)マスターをやりながらエンドコンテンツを緩和前にクリアする層のプレイヤーですがこのように考えています。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • FF14を引退する理由 50
    • 投稿者:bkcirno(男性/30代)
    • 投稿日:2020/02/02
    良い点
    <引退するには惜しい点>

    ・ハウジング

    SS投稿サイトでは、本当にリアリティの高いハウスが数多く見られ、とことんこだわれることが分かる。

    ・SS撮影(グループポーズなど)
    ・ミラプリ
    ・グラフィック、サウンド
    ・その他、6年をかけて培われた細かなシステム
    悪い点
    <引退の要因となる点>

    ・レベルレの存在が大きすぎる

    レベル上げ、金策、装備の調達はすべてレベルレで済まされてしまう、とても便利なコンテンツであるが、これに面白みを感じなければ、毎日苦行を強要されているようなもの。効率を意識するあまり、攻略サイトを真似する作業と化している。


    ・パーティプレイが単調

    タンクはタゲ取り、ヒーラーは回復という最低限の役割があるものの、基本的には個人がスキル回しをしているだけ。もうちょっと、連携要素があって良かったと思う。


    ・生産職で金策ができない。

    装備を作って売ろうとしても、買い手がいない。なぜなら、使う人は皆、装備を自作するかドロップするかで自前で調達するから。レベル上げは自己満足でしかなく、レベルの低いフレンドへ装備を作ってあげることぐらいにしか、役に立っていない。


    ・Lv50からの急激な難易度変化

    Lv50を超えてから、戦闘やダンジョン、生産等あらゆる難易度が急増し、途端に面倒になったと感じられる。

    ・ストーリーが一辺倒で面白くない

    プレイヤーは名の知られていない冒険者で、どこへ行っても、「なめられて実力を確かめられる→実はすごいやつ→問題解決→次の場所へ行く」の繰り返し。プレイヤーの成長を感じることがなく、ただ素質や適性があって何でもこなしてしまうスーパーマンだった、という設定でしかなく、面白みに欠ける。

    特に、生産職のジョブクエストで、納品後にいつも褒められ、おだてられる点は違和感があった。
    総評
    PSO2や黒い砂漠とは違う路線で、最初は面白さを感じてプレイしていたが、2〜3ヶ月FF14を続けてきて分かったこと、それは、

    「グラフィックが進化し、きれいなSSを撮影して共有すること」

    については洗練されているが、

    「ゲームそのものは面白くない」

    ということだった。

    プレイ時間
    3〜6ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 3 2 4
  • 暇つぶしには良い 60
    • 投稿者:たんたん(男性/40代)
    • 投稿日:2020/01/25
    良い点
    ・コンテンツに時間がかからない
      コンテンツへのエントリー式のRPGで、MMOでは無い。
      ロビーのようなフィールドはあり、突発発生コンテンツ(fate)はあるが
      現在はそれほど活気が無く、ほぼ無人フィールドと化している。
      街フィールドと、敵がいる外フィールドがある。
      ほとんどの人は街フィールドでぼったち放置である。
      一つのコンテンツは20分程度で終わる為、日に短時間しかログインできない
      場合もプレイは楽。
    ・ジョブが豊富
      ジョブが20ぐらいあり、それぞれにレベルがある。
      ジョブ切替は簡単にでき、いろいろなジョブを育成可能。
    ・移動が楽
      各フィールドに2つぐらいポイントがあり、そこに飛ぶことができる。
    ・レベル上げが楽
      一日一回経験値ボーナスがあるコンテンツがある(ルーレット)
      その為、そこを回ってるだけで、そのうちレベルが上がる。
    悪い点
    ・コンテンツ数は多いが、プレイフィーリングは全て同じ。
     景色の違いやギミックの違いは多少あるが、正直些末な違いである。
     床見て避けて、全ての敵に同じスキル回しで攻撃するだけ。
     そのうち、床を見なくてもどういう順番で攻撃が来るか体が覚える。
     頭を使う場面は一切ない。
    ・ジョブも多いがぶっちゃけ職種が同じならプレイフィーリングはほとんど同じ。
     スキルリキャストが終わったら連打。そんな感じ。
     上級者は「攻撃アップスキルのタイミングを意識するんだ!」なんてことを
     してるが、まあ面倒くさいだけである。
    ・ストーリーがおまけ
     まあ大体のMMOに言えることだが、ストーリーに深みなど全くない。
     なんか深そうな事を言うキャラがいっぱい出てくるが、格言大好きな
     キャラが大したこと無いことを大げさに表現的な雰囲気がすごい。
     MMOの中ではストーリーがある方ではあるかもしれない。
    ・エンドコンテンツが永久ループ
     アプデ→新コンテンツ→新周回アイテム
     アプデ→新コンテンツ→新周回アイテム
     アプデ→新コンテンツ→新周回アイテム
     これをずっと繰り返してる。周回は100周で済めば御の字。
    ・人間関係が皆無。
     永久にソロ活動することが出来る為、ほぼ誰とも会話せずに過ごせる。
     人と関わりたい人は、自分から何かを発信出来る性格でないと厳しい。
     が、誰かと関わり合いになることでメリットが生じるようなコンテンツが
     皆無な為、常に「しょうがねえな、なにも良いことないけど参加してやるよ」
     みたいな状況にしかならない。
     結果として街で突っ立ってるプレイヤーが量産されていく。
    総評
    時短でオンラインの雰囲気を味わいたい人には良いのではないでしょうか。
    がっつりギルドを作ってみんなで目標に向かっていくんだ!みたいな人には
    絶望的に向かないと思う。

    一応リンクシェルとかフリーカンパニーとかいうギルドモドキはあるのだが、
    チャットルーム程度の意味しかない。

    時間無いけどオンラインをしたくて、かといって廃人に置いてかれて焦るのもやだ
    っていう人に最適だと思います。

    ゲームデザイン上、しょうがないんだろうけど、焼き増しコンテンツに
    限界が来てる感じはする。
    アプデ直後と一か月後のオンライン人数の落差が酷い。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 2 3
  • ユーザ-間の交流を期待してはいけません 25
    • 投稿者:ふぉん(女性/20代)
    • 投稿日:2020/01/16
    良い点
    ・グラフィックがそれなりに綺麗 → 最近のゲームとしては並レベルです
    ・音楽が良い → 紅蓮あたりからFFらしくないのが増えました
    ・MOとしてマッチングシステムは快適
    ・月額課金だけで楽しめる
    悪い点
    ・MMOとなってますが、実質MOなソロ推奨システム
    ・高難度の絶も零式も、結局は攻略サイト必須で外部ツール推奨の大縄飛び
    ・コンテンツ中の会話が、マクロに登録した挨拶を最初と最後に2回押すだけ
    ・コンテンツ中にアドバイスしても、反応が無く逆に通報されたりも
    ・LSやFCに勧誘されて入っても、挨拶以外会話することも無い場合が殆ど
    ・コンテンツが変わってもやることは規模が違う大縄飛び
    ・pvpは固定対策が確りされていないので勝負にならない
    ・pvpで戦闘が始まった瞬間、VCでスキル合わせをされ一瞬でPT半壊→逃走→壊滅
    総評
    どなたかが「他者と繋がるのが嫌いな方、他者を認める事が出来ない方、度量が狭い方は合いません。」と書いてましたが、私の場合はまったく逆の印象です。

    ギスギスは他のMMOと同等か少し多いくらいではありますが、とにかく会話がありません。
    ソロで黙々とコンテンツを申請して「宜しくお願いします」「お疲れ様でした」等の挨拶マクロをぽっちとするだけです。
    FCやLSに加入してもそれは変わりません。
    MMOを題材にしたアニメやラノベの様なイメージとは無縁です。
    他のプレイヤーとの交流や共闘を楽しみたいのなら、このゲームはまったくお勧め出来ません。

    漆黒をクリアし、零式もソロで早期にクリアしました。
    紅蓮までと違い漆黒のシナリオはそこそこ良かったですが、ゲーム自体は特に楽しいとは感じませんでした。
    周りでも次の拡張がくるまで休止すると言って、そのまま戻ってこないプレイヤーもよく見ます。

    2010年開始のスクエニの黒歴史とも言える旧14からの引き継ぎなので、やはりゲーム設計自体が古いです。
    またユーザーの(MMOなのに)ソロでも遊べる様にして欲しい!の声を真に受けて、ソロ推奨にしてしまったのがいけなかったのでしょう。
    FF11とは違い息の長いコンテンツになれる気がしません。

    3年後辺りにPC&PS5対応で新しいナンバリングのFFのMMOを開発していると聞きました。
    そちらに期待したいと思います。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 4 3 2
  • やたらと評判が良いので遊んでみたが 30
    良い点
    グラフィックは軽いわりに良い。

    優遇ワールドでは取得経験値にボーナスがある等、新規でも遊びやすい環境がある。
    悪い点
    ストーリーは紅蓮のリベレーターの途中まで進んだが、全く盛り上がらない。とりあえず人殺しとけば盛り上がると思ってる感じ。

    面倒くさいだけの判子クエストで水増ししている。無駄に移動距離が長かったり、範囲内で対象を探すタイプのクエストは高低差を利用して到底気づかないような場所に対象を配置したりするので、それだけでかなりの時間を浪費する。

    メインクエストで必須のコンテンツですら初見殺しのギミックが多く、予習せず臨むとと気まずいことになる。コンテンツ内では会話もなく、事前に初心者であることを伝えても容赦しないプレイヤーばかりなので注意。

    ギミックも訳が分からないギミックが多い。マスゲームを彷彿とさせる。あと、凝視しないといけないので目が疲れる。

    序盤は気にならなかったが、音楽がフィールドに合っていないと感じる部分が多く、世界観にも集中できない。音楽が主張しすぎだと感じる部分が多い。
    総評
    ゲームシステムに慣れるまではそれなりに面白く感じた。

    途中までは必死にコンテンツを消化していたが、作業をさせられている感じがしてきて急に熱が冷めた。ストーリーが面白くないので先が気にならず、今まで遊んでいたゲームの中でも不思議なほどあっさりやめることができた(驚愕)
    ネトゲのパッケージを買ったのに1か月ほどしかもたなかったので、少し損をした気分だが。

    サービス開始から時間が経っているためコンテンツが豊富だと期待していたが、実際は判子ばかりで水増しされているようなものだった。(まあ、その点は他の量産ゲームでも同じだからFF14だけが悪いわけではないけども)

    時間を潰したい人には最適かもしれないが、ストーリーに期待して始めるのはやめたほうがよい。
    プレイ時間
    1週間〜1ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 1 3 1 3
  • 神ゲー 40
    • 投稿者:ネキキ(女性/40代)
    • 投稿日:2019/10/22
    良い点
    コンテンツの量が多い(最新コンテンツとルーレット入りしてるIDレイド以外過疎)
    ユーザー数が多い(BOTと業者も山ほどいる)
    今じゃ珍しい国産MMO(MMOの皮をかぶったMOに近い)
    BGMが過去作アレンジも多いけどかなり良い
    メインストーリーがそれなりにしっかりしている
    悪い点
    最近のネトゲでは珍しいくらいの民度の悪さ(右も左もわからない初心者をツイッターや5chでよく晒している)
    結婚システムのせいか直結脳のプレイヤーがかなりいる
    面白いストーリーを見るために山積みされたつまらないお使いクエストをやらされる(これのせいで他ゲーのフレンド誘ってもみんな途中で辞めちゃう)
    総評
    MMOっぽいですがインスタンスエリアのID、レイドがすべてのMOゲー
    フィールド狩りでレベリングも漆黒でテコ入れされたFateでできないこともないけど効率最悪
    生活コンテンツは採集系がソシャゲのスタミナ縛りよりもひどいゲーム内時間縛りが待っていて最悪
    クラフト系は制限が無いので無限に楽しめますが慣れたら作業

    ここの評価を見ればわかると思うけど悪い意味で人を選ぶゲーム
    ギスギスOKな人や出会い目的で始めるなら楽しめるネトゲだと思います
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 5 2 4 3
  • 人を選ぶ 100
    良い点
    近年稀に見る「FFってこうだった」と思わせてくれる名作だと思います。BGMやストーリーなど、どれをとっても素晴らしいの一言です。私は新生してからプレイして6年以上経ちますがこれからも遊べる10代や20代の方が羨ましいとさえ思ってしまいます。
    悪い点
    ありません。
    総評
    タイトルにもありますが、この作品は人を選びます。他者と繋がるのが嫌いな方、他者を認める事が出来ない方、度量が狭い方は合いません。そういう方はDQXやPSO2で遊んだほうが楽しめると思います。というかオンライン自体がむいていないと思います。このサイトでもそうですがアンチ活動をされている方は、よくギスギスを主張してきます。私から言わせればギスギスしない世界ってあるの?と疑問です。ff14以前にもMMOで遊んでいますが、同じギルドの人に「下手くそやめちまえ」と言われましたし、ff14でも「ちゃんと○○しろよ」と言われたとこがあります。MMO以外でもそうです。チャットで罵詈雑言が飛び交っているのを目撃してきました。だからと言って引退しよう思ったとこはありません。FCやギルドでの思い出や高難易度バトルを攻略した時の手が震える程の高揚感とか、楽しかった思い出がそれを上回るからです。そもそもリアル世界ですら上司や部下の間に入ってギスギスしてるし、オフラインゲームではローディングが遅い、ストーリーが詰まんないとか独りギスギスしてますよね。話が支離滅裂ですが、ようは漆黒まで遊んでみてくれ!それでも詰まらなかったら貴方には合わなかったんでしょう。私はたくさんの方にff14を遊んで欲しいとは微塵も思っていません。ffとff14が好きな方に遊んで欲しいだけです。
    プレイ時間
    4年以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 5 5 5
  • 初心者には絶対にオススメしないゲーム。 35
    • 投稿者:でにす(男性/20代)
    • 投稿日:2019/08/10
    良い点
    グラフィックは可もなく不可もなく、このゲーム程度が良いかと思われる。たまにグラが崩壊してるがそこは良い。
    沢山のコンテンツがあり、それが長所でもあり短所。理由は後述。
    悪い点
    初心者晒し、初心者叩きが横行している。つい最近も初心者がTwitterっで日記を晒され、引退に追い込まれるという事件が発生していた。晒した者の言い分としては、これは晒しでなく、公開された日記をTwitterシェアしただけ。とのこと。それで炎上してたら世話はない。正直ドン引き…と言った感じ。なので初心者には絶対オススメ出来ない。ゲーム内で初心者だと言っても誰一人配慮しようとしないし、それに対してユーザの言い分としては自分は初心者のお母さんではない。自分も調べたんだから調べられないやつが悪い等。配慮の欠けらも無い。むしろ反論も許さず、初心者様やライトちゃん等という呼称で呼びつけ影でこそこそと笑いものにする陰湿なユーザーが多い。ある意味社会の縮図。他人に配慮出来るような心のゆとりが無いものが多いのだと思う。
    その分、しっかりと初心者を拾い上げ導いてくれるものもいるが、そうじゃないものも多数。そうして救われた者に関しても、自分は救われた事など棚に上げて初心者叩き。後続が育っていない。
    何かある度に調べろと言うが、どう言ったキーワードで、どういう風に調べるのか、仮に目当ての情報が現れたとしても他の全く知りもしない情報に関してはどうなのか。そういう面を考慮していない。言った通りコンテンツが多く、上級者でさえ仕様を完全に理解出来ていないのに、それを間違えた初心者を叩きあげ。ゲーム内集団いじめ。初心者によって得ている情報に違いがあって当然なのに、初心者がロドストを使ってる時点でサブ垢などと根拠の無い発言。全てを熟知している者などいないのだから配慮するべきである。
    総評
    配慮する事によって通報された。優しく教えたのに通報された。ならばもう関わらなければ良いだけ。よってたかって1人を叩く悪質なユーザーばかり。そもそもライトちゃん等と呼称して馬鹿にする必要はなく、面倒だと思ったら関わらないようにすれば良いのだが、自分から首を突っ込んで反論されると、これだから初心者様は、ライトちゃんは、教えてやってんのに…と上から目線。初心者は反論さえ許されず、上級者の言葉をどんなに不条理だと思っても飲み込まなければいけないのか?
    それがいやなら最初から関わらず、反論されてもしっかりと答えられるならば対応すればいいだけの話。
    このゲームはもはや初心者が触れるべきゲームではない。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 5
  • オンラインでは稀にみる超良ゲーム 90
    • 投稿者:廃水の陣(男性/40代)
    • 投稿日:2019/07/27
    良い点
    とにかくガチャ重課金でレアアイテム入手、装備強化してPTで俺ツエーといった、いまどきの集金だけしてサービス終了といったスマホゲー/PCオンラインゲーとは違い、FF14というゲームソフトを買い、月1500円で本気で遊びつくせるとても良心的なオンラインゲームタイトルである。

    色々なタイトルをプレイしてきて痛感していることだが、はっきり言って、リアルマネーの重課金ガチャでレアアイテム入手、装備入手/強化という要素が組み込まれたゲームにロクなものはない。FF14はこの要素がないのでとても安心できる。

    FFといえばファミリーコンピューターから始まる歴史に残る良オフラインゲームだが、FF14はオフゲーのように遊ぶことができる上、オンラインならではの楽しみも得られる内容となっている。

    PTコンテンツはシステムが勝手にPT作ってくれる。自分で板つくることもできる。

    グラフィック、サウンドも非常に良い。お高いPC用意して最高設定で遊んでみてください。
    悪い点
    一番重要な戦闘が少し残念ではある。タンクはタゲを取る、ヒーラーは回復する、DPSはひたすら殴る。範囲指定が出たら避ける、ギミックを知り攻略する、どうしてこうなってしまうんだろうが、今ひとつ新鮮味を感じない。
    最近の他メーカータイトルでいえばピーマンのBLESSと戦闘はまったく一緒か。BLESSは通常攻撃が強力だからFF14よりヒドイことになる。

    戦闘はウィザードリーオンライン、ドラゴンネストのような本物のアクション性を求めたい。

    LV70まであげてしまう2700円の課金アイテム。これやっちゃったらせっかくゲーム買ったのにそのお楽しみがなくなってしまうではないか。せめて1職業70になっていることを前提に販売すべきでは?ど新規はエオルゼアからゆっくり楽しんだほうがいい。

    オンラインゲームだからたまに変なヤツがPTにはいってくる。もしマナー悪いヤツがいたらブラリスにポイ。シカトでおk。
    総評
    ゲームのアイテムやら装備のために何万も重課金というお財布に良くないことがまったくないことが何より高評価できるオンラインゲーム。
    そしてFFという世界観でストーリーも楽しい。
    1キャラクターで全職業をマスターでき、職業/装備変更も一瞬で完了。即PTコンテンツを楽しめる。
    白魔+ナイトカンストでホーリーナイトになれてFFTのような聖剣技出せるとかあるといいんだけどなあ。(ココに書くことではないがあえて一言)
    スクエニさんはこれからも日本を代表する良心的なゲームメーカーとして頑張ってほしい。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 昔ながらの「大縄跳び」がまだ続いている 30
    • 投稿者:春秋(男性/70代)
    • 投稿日:2019/07/24
    良い点
    ・自分の経験内ではほぼバグがない。
    ・FF11よりはキャラクターデザインが向上している。
    ・今風の高級グラボなら軽々描画される。
    悪い点
    ・バトル面での「大縄跳び」仕様が未だ続いている。Lv50以上のバトルの多くが普通の人には難しい。
    ・メインクエストが一本道。ゲームを続ける以上、それを拒否できない。
    ・RMT対策だと思うが、アイテム流通にかなり制限がかかっておりMMORPGとしてはつまらなくなってる。
    ・恐らく開発陣にゲームで人を楽しませようという意識が希薄かな。若しくはその方面の能力不足か。
    総評
    新生開始当時に数か月やって「漆黒のヴィランズ」で5〜6年ぶりに復帰したのですが、ゲームの設計思想はあの頃と変わってないのね。
    例をあげれば昔皆がトラウマを持った真タイタン討滅戦のようなものが形を変えてメインクエスト上に数多く続いていて、一つでもクリアできなければそこでゲーム全体がつむというゲーム設計です。
    普通の人が普通のままでは上位コンテンツの普通のプレイは難しいと思う。
    ギスギスオンラインは(運営の取り締まりによって)解消されたという声があるが、あの頃ギスギスしていた原因が全然解消されてない。
    「大縄跳び」と言われたそういう仕様がまだ続いてます。
    更に昔のギスギスは今ではゲームの外で晒しとなって続いているようです。

    アイテムレベル(IL)がどんどん解禁されていったので今では下位になったコンテンツでは上位プレイヤーが上位装備を付けてプロ並みの立ち回りでガンガン勝手にやってくれるので後ついていけばクリアは可能だが、ただそれだけの話で。
    時にはヒーラー死んでてもラスボス楽勝です。

    だが上位コンテンツに進むにつれて難易度が上がってくると昔のような辛い思いをします。
    普通の人には難しい仕掛けが各ダンジョンに千差万別に仕掛けてあって、とてもじゃないが普通にやってられない。
    予習なし新規がまともに動ける余地はないと思う。そして普通の人には予習しても困難だと思う。
    しかしそれらのクリアが強制されていて、クリアなくして一本道のメインクエストは進まない。
    Lv50以降、戦闘職なしで生産・採集オンリーでやるのも困難みたいです。

    普通の人にとってはつまんないお使い風クエをLv40くらいまで長々させられて金取られるゲームでしょう。時間を潰させるのね。
    そして新生50レベル以降の新世界行くには長々とつまらんメインクエストを100もクリアしないと駄目だし、その途中にめんどくさいギミック満載のIDや討滅戦を幾つもクリアせんといかんし、普通は最大そこらへんでギブアップだと思う。
    それらクリアしてもまた次のメインクエストが同じように100もあって、それしないと各コンテンツが解放されませんし、してもその次にまたメインクエストが100も続く。
    この辛い一本道です。

    普通の人が普通ではプレイできない変ちくりんなゲームでして、金払ってしまっても、やるよりやらない方が良いように思える。
    昔のMMORPGの伝統はどこに行ったのだろうか。
    目標を達成するにしてもFF14のようにただの一本道じゃなくて、10も20も道筋があってほしい。慣れない新米がいるから今回は遠回りだが安全な道を行こうとか、100戦錬磨のセミプロメンバーだから途中の大ボスに挑戦してみようとか、事情に応じて選択可能であるのがMMORPGの楽しさだ。
    アバウトに作っておけば自然にそうなるのにわざわざ手間かけてつまらんゲームにしてる。

    昔やめて正解だったし、戻ってくるべきじゃなかった。
    プレイ時間
    6〜12ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 1 3
  • 不要な追加と、ベテラン勢の常識の温度差により終焉へ 20
    良い点
    BGMとストーリーだけは良い
    コンテンツが多い
    人だけは多い
    悪い点
    ベテラン陣の当たり前行為による。新規・初心者への迫害
    ・コンテンツクリアできて当たり前
    ・装備揃ってて当たり前
    ・習してて当たり前等と上げたらキリがない

    過去より、ゲーム内でのギスギス度は減りました(運営の取り締まり等)
    ですがSNS・掲示板・公式のロドスト等での晒し行為や動画配信等も目立つように

    サーバー間テレポの追加が何といっても改悪
    ・色々な人達と交流できるというメリットは確かにありますが、サーバーによっては生産職人が急激にいなくなる現象も起こってます
    ・他サーバーでのトレード・取引を何故解放したのか?←ここが一番の問題
    ・サーバー間テレポ実装で、モブハントは活性化していますが、タイムスケジュール管理したり仕切り屋がどんどん幅をきかせてきていてるのと、俺様ルールみたいなのが蔓延している
    例として A鯖で12時にモブハン開始 B鯖は13時からやるので対象モブを狩るな
    みたいな感じで、サーバー間移動が起こしている問題は多い
    総評
    正直ソロでストーリー追ってBGMを聞きつつFFの世界観のオンラインとして楽しむだけならまだしも、エンコンや高難易度コンテンツは上記でも書いた通りの
    上級者による"当たり前"行為の蔓延が酷く、新規や初心者はその場で叩かれたり、その場は適当に話合わしておいて、PT解散したらSNSとかで晒す等の陰湿行為が増えてます。
    これに気付いた新規勢がどうなるかなんて、普通に考えれば分かるはずでは?
    上級者さんの、さりげない一言で傷付いたり、楽しめなくなる人達も多いんですよ

    無料体験版で、出来る事が増えて折角人が増えだしてきているのですが
    無料体験版プレイヤーを麻雀乞食とか、パッケも買えない貧民みたいに見下すのはいかがなものでしょうか?

    サーバー間移動はできても、トレードやマーケットの使用禁止と他鯖の人がモブハントしてもメリットが無いようにしない限り、狩り好きプレイヤーや、生産大好きプレイヤー等が肩身が狭くなっている等の改悪点の改善がないと5.0以降も厳しいのでは?

    とにもかくにも人を選ぶゲームという方向性に舵切をした運営が、どう対処するのか?
    サーバー移動が出来ない時代の方が、自由度は間違いなく高かったです

    それとクリゲーとかスマホのMMO慣れてる人には、スクエニのオンゲは、かなりとっつきにくいかもしれませんね

    これから始めてみようかと悩んでる人は
    とりあえず体験版をプレイしてみての判断が適切かと思われます
    プレイ時間
    2〜3年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 4 3 4 4
  • 「ギスギスオンライン」時代からの出戻りレビュー 90
    • 投稿者:化石(男性/30代)
    • 投稿日:2019/05/27
    良い点
    ☆ほぼ解消されたマッチングでの「ギスギスオンライン」

    …FF14と聞いて「ギスギスしている」という第一印象のプレイヤーは多く
    実際当方も正にギスギス絶頂期、5年と少し前にプレイしました。

    当時のFF14のゲーム内環境と言えば、
    「ムービーを見てる > 除名投票」「初見です > 除名投票」」
    「ギミック失敗 > 人格否定 > 除名投票」「むーたん」
    と言った多種多用、ありとあらゆる殺伐の風がCFを吹き荒れ、
    被害者は一様にFF14を引退した後「FF14はやるな」と口を揃えて言う
    凄まじい状況でありました。
    当方も極タイタンで凄まじい罵り合いの末のパーティー解散を味わい、
    「もうこのクソゲーやってらんねえ!」と当時サービスインしたばかり、
    特攻イベ等催してた頃の某お空へ逃げ出した経緯がございます。

    ではその様なFF14の今はと言いますと、
    運営が暴言、ハラスメントの類に精査、厳罰を処すようになって久しい事、
    プレイヤー全体の高年齢化やコンテンツへの慣れが進み、
    所謂「必死さ」「余裕の無さ」が抜けた事の二点の相乗効果もあり、
    当方が復帰してから現状のエンドコンテンツの入り口にたどり着くまでの
    約1か月半、ゲーム内で露骨な暴言を聞いたことは一度もありませんでした。

    ゲーム全体の空気も何処となくのんびりしており、
    都市でもフィールドでも悠々と過ごしている
    プレイヤーの姿を見ることができます。

    オンラインゲーム界のボットン便所であったあの初期の新生FF14が
    今のようなウォッシュレット付きの水洗便所になるに至るには
    運営、開発の多大な努力があったのでしょう。

    貴方がもし零式、絶等の高難易度コンテンツをプレイしない範疇ならば、
    FF14は最早ギスギスオンラインではないと断言できます。
    ただし、WoWクローンのMMOの常として、高難易度コンテンツに挑むには
    深い深いネトゲ廃人達の心の闇を見る覚悟は必要でしょう。

    --------以下は当たり触りのない浦島太郎レビューとなります----------

    ◎コンテンツ

    5年前のFF14と言えば猫も杓子もインスタンス。
    前のインスタンスをクリアしたら次のインスタンスをプレイする他無く、
    全然技量が追い付いていないのに出荷されてきてしまったユーザーが
    前に進むのに必死で余裕がないユーザーにぶつかり火花を散らす
    サーバー上の積乱雲状態だったわけですが、
    2019年5月現在、4人用或いは8人用インスタンス以外にも
    遊びきれないほどのコンテンツがあり、
    ユーザーが自分に適したコンテンツを選んで遊ぶことができます。
    生産コンテンツも機能しており、取引不能かつ非性能品で腐りにくい報酬が
    サイドコンテンツに設定されている事も多く、
    この点に関してはオンラインゲーム全体の中でも最高峰だと思います。


    ◎ストーリー

    新生当初、2.0のストーリーたるや、悪い意味でお手本のような
    MMORPGらしいシナリオであり、抑揚もなく、
    あまつさえマッチングしたIDではムービー等見ていられない、
    面白味の希薄な内容でしたが、
    拡張パッケージ、蒼天のイシュガルドのストーリーは素晴らしく
    ハンカチ無しではプレイに支障が出るレベルでした。
    続く紅蓮のリベレーターは蒼天に比べるとパンチ力不足ではありましたが、
    それでも魅力的なキャラクターや、印象深いシーンは多々あり、
    FFとしては十分及第点の内容だったと思います。
    2.0の退屈、冗長さに耐えられるなら、
    それ以降のストーリーはパッケージ代分以上の価値はあるでしょう。


    ◎演出、音楽、過去作からの登場人物、モンスター

    旧作ファンがよだれを垂らして喜ぶ演出だらけです。
    新曲も素晴らしいものが揃っており、
    誇張無しで「常時BGMON」でプレイできる数少ないオンラインゲームです。
    敵役も神竜、オメガ、アルテマウェポンと言った有名どころから
    カーラボス、ナンバーXXIV、ハリカルナッソスと言った
    少しマイナーなところまで幅広く取り揃えており、
    特にFF1〜FF6のファンなら確実に満足できること請け合いです。


    〇グラフィック

    今となっては特段写実的なグラフィックではなく、
    正直2世代程度前のクォリティになっているとは思うのですが、
    如何にもFF然としたモデルの数々はやはり魅力的であり、
    描画品質が今後上がるなら大化けする可能性があります。
    悪い点
    ×精妙なゲームデザインが故のインスタンス内での遊びの無さ

    このゲームのコンテンツ毎の難易度は
    「運営が想定するロール毎の動きの理論値に対して何%の働きができるか」
    というデザインがされているように感じられ
    事実序盤のインスタンス内ではタンクとヒーラーが全力の5割程度で動き、
    DPSが機械的に攻撃すればクリアはできる、という様な塩梅になっています。
    エンドコンテンツに行くまでも無く、メインストーリーの進行に従い
    これらのハードルも向上していく為、カンスト手前当たりのIDでは
    全員が少なくとも役割として求められることをこなしている必要があります。
    しかしその為インスタンス内でチャット等する余裕は微塵も無く、
    ミスをして謝ってる暇があればさっさとその挽回をしろといった塩梅で
    メインストーリー進行中のインスタンスはMMOと言うより
    忙しいフローを只管こなしている作業と言う印象が強く残りました。
    この作業そのものがエンドコンテンツの練習になっており
    レベルデザインとして機能している為有意義なものではあるのですが、
    それ故に撤廃も出来ず、FF14には明らかに、コンテンツに対し、
    「合う、合わない」「付いていける、いけない」の問題が発生します。
    これは本来「長時間プレイしてレベルを上げれば誰でもクリアできる」
    という理不尽難易度のアクションゲームへのアンチテーゼとしてスタートした
    JRPGと言うジャンルの看板タイトルとしてはかなり致命的な問題であり、
    この点で「FF14はFFではない」と断じてしまう人が出るのは
    避けられない問題ではあると思います。


    △冗長になってしまったコンテンツへの入場条件

    このゲームは環境エンドコンテンツの入場に
    最新拡張パックのメインストーリー完遂が必要です。
    これには当然それ以前のメインストーリーの完遂が前提です。
    当方がエンドコンテンツの入場条件を得た時
    プレイ時間を確認したところ約460時間ほどでした。
    寄り道の多いプレイで、職業も三つほど跨いだ為
    すんなりいけばこれの半分ほどですが、それでも200時間。
    15年前のMMORPGと比較すればとても少ない時間と言えますが、
    今は娯楽の多様化の中にあってゲームも多様化しており
    また、MMORPGを遊ぶプレイヤー全体も高年齢化に伴い
    自身の可処分時間と言うのは減少傾向にあると思います。
    総じてゲーム一本あたりに掛けられる時間が
    MMORPG全盛期とは違いすぎる今、コンテンツの参加の為に
    これだけの労力が必要なゲームは
    恐らく敬遠されがちでしょう。
    解決の中々難しい問題ではあるのですが、
    此処から更に二つ、三つと拡張パックを重ねたとき
    どうなるかは想像に難くないので、判断に悩む点だとは思います。
    総評
    エウレカ行ってきます!
    プレイ時間
    1〜3ヶ月
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 5 5 5 5
  • かなり優秀なオンラインゲーム 90
    • 投稿者:ライ麦(男性/20代)
    • 投稿日:2019/05/20
    良い点
    ・メインクエスト、特に新生エオルゼア編終盤の、イシュガルドが絡んできたあたりからの盛り上がりが良い。特に蒼天編のファミコン時代のFFっぽさ全開のストーリーや、紅蓮編中盤で遊べるバトルコンテンツの、ストーリーを絡めた演出は必見。
    ・メインクエスト以外にも、サブストーリークエストやジョブクエストなど、ギャグからシリアスまで幅広いクエストが用意されている。これらはいくつもの連続したクエストから構成される長編なので、バトルコンテンツだけでなく、クエストだけでもかなりのボリュームがある。
    ・極や零式レイド、絶などのエンドコンテンツはそれなりに難易度が高く、クリアした時の達成感が良い。
    ・もちろんエンドコンテンツ以外にも、蛮神戦やノーマルレイド、アライアンスレイドなどの、ライトプレイヤー向けのバトルコンテンツも充実しており、そちらはワイワイ遊べるようなコンテンツが多いので、気楽に遊べる。
    ・FF1〜6、FFT、FF12に近い世界観。ここら辺が好きならやってみる価値アリ。
    ・エンドコンテンツである零式レイドをクリアできなくても、強い装備を手に入れる機会が用意されている。
    ・コンテンツファインダーによるマッチングのおかげで、少なくともインスタンスダンジョンやメインクエストに絡むボスバトルでは自分でPTを探す必要がない。
    ・How Toによる導線が親切。
    ・効果音や環境音の作り込みが素晴らしく、BGMのクオリティもかなり高い。過去作のアレンジも良い。
    ・キャラの着せ替えや、エモートなどのアバター要素がかなり充実している。
    ・公式でスクリーンショット機能が用意されており、カメラの距離や角度だけでなく、エモートや表情の切り替え、顔の向き、光源の配置や光の色の設定、被写界深度における絞り値や焦点距離、画面全体にかけるエフェクトなど、非常に細かく設定できるので、これだけでもかなり遊ぶことができる。
    ・ハウジングの家具が充実しており、これもスクリーンショットと同じくらい遊べるシステムになっている。
    悪い点
    ・新生エオルゼア編序盤から中盤にかけては世界観の説明だったり、有名な「珍味クエスト」のせいでテンポが悪い。
    ・極や零式レイドなどは、旬を逃すとコンテンツファインダーだとマッチングが遅いので、PT募集をする必要がある。
    ・選んだワールドによっては、ハウジングの土地が空いていない。
    総評
    ゲーム序盤のテンポや、一部コンテンツもマッチングなど、改善すべき点がありはするものの、それを忘れさせるほどの楽しさを提供してくれるので、全体的にはかなり優秀なゲームになっている。
    バトルコンテンツを遊ぶときに挨拶をする、助けてもらったらお礼を言うなどの、一般的なマナーや、高難度コンテンツを遊ぶときには装備を整えて、準備をしてから挑むなどの、ネトゲにおけるマナーを守れる人であれば、ネトゲ初心者、経験者問わず自信をもってお勧めできる。
    プレイ時間
    1〜2年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 4 5 4
  • まったり,のんびりやりましょう 80
    良い点
    (1)グラフィックが良い(美しかわいいキャラクターデザイン,FFシリーズのモンスター登場,フィールドの風景)
    (2)BGMがよい(フィールドでもバトルコンテンツでも。特にボス戦はGOOD。またFFIIIやFFVなどの,過去作のBGMが聞けることも)
    (3)オープンワールドではないが,それなりに広いフィールド。「蒼天のイシュガルド」からはマウントで飛べる(マウントはかなり多彩)。「紅蓮のリベレーター」からは水域で泳げる・潜れる。採集ポイントはある程度定まっているものの採掘・木こり・釣り・潜り漁ができる。
    悪い点
    (4)装備にランダムパラメーターがつかない(あっても低レベル帯のごく一部にしかない)。装備欲しさに特定のダンジョンを回ることはあるが,出るか出ないかだけなので,追加の楽しみがない。「とんでもないのが出た,うひゃ〜〜」みたいな喜びはなく,むしろ出なかったがっかり感の方が出てしまう。

    ウハウハパラメータのせいで旬の高難度コンテンツが楽にクリアされてしまうのを懸念しているのではないかと思われますが,旬が過ぎた高難度は超える力(強化状態で戦える)や,レベル制限解除で有利に戦わせてくれるので,高難度コンテンツをクリアさせたくないわけではないようです。
    ならば旬の高難度コンテンツだけ,ウハウハパラメータがOFFになるようにすればいいと思う。
    ハクスラ要素が薄いのは残念。
    総評
    良くも悪くもない点を書く欄がないのでここに書きます。

    (5)フィールド・町は他プレイヤーも居るMMOっぽい所。フィールドではモンスの取り合いになることもあるが,雑魚はすぐポップするのでそれほど問題はない。フィールドではFATEという,誰でも乱入して参加できるバトルがある(ランダムに発生)

    (6)ダンジョンやレイドは,突入するパーティーごとに生成されるMOです。他のパーティーと取り合いになることはない代わりに,ギミックが多彩・豊富で,初見だと手こずる可能性があります。
    (6ーa)CF(コンテンツファインダー)で突入する:ランダムにマッチングされます。初心者の初見でも,そのダンジョンをやりまくっているプレイヤーでも,無差別にマッチングされるので,進め方に関する態度の相違から,ギスギスする可能性があります。
    もちろん優しくしてくれるプレイヤーもいますが,怖い人は,CFで突入するのはそのダンジョンを(6ーb)の方法で1回経験するか,攻略サイトを見てからにすることをお勧めします。
    (6−b)「パーティー募集掲示板」で集まってから突入する:「初見歓迎」を初めとして,攻略の姿勢を募集主が書けるので,同じような態度の人が集まりやすく,怖い人はこちらがおすすめです。
    自分でも「クリアしたいです。どなたか手伝って」のようなことを書いて募集すれば,割と早く集まってくれます。最近は複数のサーバーにまたがって募集できるので,違うサーバー(ワールド)の人が来てくれた入りして,利便性が向上しています。

    (7)IL(アイテムレベル)制
    旬の高難度バトルコンテンツを,苦労して何度も練習して,やっと高レベルの装備をゲットしても,新しいパッチで「お古」となります。私自身もある時までは食らいついていましたが,この螺旋階段に嫌気が差して,今は最高難度未満で楽しむようにしています。最高難度未満の装備を揃えきって,あとは最高難度コンテンツに挑むしかなくなったら・・・
    次のパッチが当たるまで他のゲームをするなどしてまったり待てばよいのです。最高難度コンテンツに,何度も挑戦して,時間を掛けて取り組みたい人はそれでもよし。私はそれに費やされる時間を,他の面白いゲームをして過ごす方を選択しています。エウレカとかいうコンテンツも,他のゲームをやったほうが時間の無駄にならなくていいと割り切って無視しています。

    (8)
    他にも生産,ハウジング,着飾り(ミラプリ),チョコボレース,麻雀など,やることはたくさんありますので,プレイ時間によっては,最高難度を無視してもやり尽くせいない可能性すらあります。自分のやりたいことを見つけて楽しむことは,十分にできるでしょう。
    プレイ時間
    3〜4年
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 4 5
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月06日〜05月07日