パッケージ
Rise of the Triad公式サイトへ
レビューを書く
海外での評価
67
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
FPS黎明期の「Rise of the Triad」が,UnrealEngine 3で復活。Apogee Softwareが2012年内の発売を予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/08/07 19:01

ムービー

FPS黎明期の「Rise of the Triad」が,UnrealEngine 3で復活。Apogee Softwareが2012年内の発売を予定

 FPS黎明期の1995年にリリースされた「Rise of the Triad」のリメイクが,オリジナル版のパブリッシャであるApogee Softwareによって制作されることが明らかになった。発売は2012年内で,価格は14.99ドル。PC向けにデジタル配信が予定されている。

「Rise of the Triad」公式サイト


 Rise of the Triadは,id SoftwareがリリースしたFPSの元祖「Wolfenstein 3D」(1992年)の続編としてApogee Softwareに委託され,開発が進められた作品で,タイトルも「Wolfenstein 3D: Rise of the Triad」になる予定だったという。結局は独立した作品として制作されたが,ナチスに絡んだ設定や武器,敵の制服などのアートワークにWolfenstein 3Dの雰囲気を残している。

画像集#003のサムネイル/FPS黎明期の「Rise of the Triad」が,UnrealEngine 3で復活。Apogee Softwareが2012年内の発売を予定

 オリジナル版のゲームデザインは,id Softwareの創立者の1人でもあるTom Hall氏が担当しており,当時のFPSとしては珍しく,5人の異なる能力を持つキャラクターから1人を選んでプレイしたり,ゲーム中にさまざまなパワーアップアイテムやシークレットなどが仕掛けられていたりする。バイオレンス描写もどこかコミカルな雰囲気で,また,一度に5発のミサイルを発射できる「Drunk Missile」などのユニークな武器も数多く登場する。

画像集#002のサムネイル/FPS黎明期の「Rise of the Triad」が,UnrealEngine 3で復活。Apogee Softwareが2012年内の発売を予定

 そんなオリジナル版を「UnrealEngine 3」を使って再現したリメイク作品では,シングルプレイキャンペーンに20種類のマップが用意されているほか,「最大11人」という不思議な参加人数のマルチプレイモードもある。マップパックなどのDLCが予定されているほか,「Steam Workshop」に対応したMODツールも公開されるとのことだ。詳しくは公式サイトを参照してほしい。
  • 関連タイトル:

    Rise of the Triad

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月25日〜06月26日
タイトル評価ランキング
77
ELDEN RING (PS5)
72
ELDEN RING (PS4)
58
54
ELDEN RING (PC)
53
52
Pokémon LEGENDS アルセウス (Nintendo Switch)
48
2021年12月〜2022年06月