オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
Android版「3DMark」がメジャーアップデート。OpenGL ES 3.1/3.0対応の新テスト「Sling Shot」が加わる
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2015/07/28 16:48

ニュース

Android版「3DMark」がメジャーアップデート。OpenGL ES 3.1/3.0対応の新テスト「Sling Shot」が加わる

 フィンランド時間2015年7月27日,Futuremarkは,Android版「3DMark」のバージョン1.5.3263をリリースした。Android版3DMarkで初のメジャーアップデートと位置づけられる新版は,OpenGL ES 3.1/3.0に対応する新しいテスト「Sling Shot」の追加が見どころだ。
 なお,Android版3DMark自体はAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)以上が対応OSだが,Sling Shotテストを実行できるのはAndroid 5.0(Lollipop)以上とのこと。Android 5.0以降がインストールされたスマートフォンやタブレット端末,Android TVデバイスで実行可能とされている。

Android 5.0搭載端末で起動したAndroid版3DMark。アプリのバージョンは「1.5.3263」となる。アプリ内からのアップデートを済ませると,新テストシークエンスのSling Shotを選択できるようになった
画像集#002のサムネイル/Android版「3DMark」がメジャーアップデート。OpenGL ES 3.1/3.0対応の新テスト「Sling Shot」が加わる

 Sling Shotは,FuturemarkのプレジデントであるOliver Baltuch氏が,2014年11月に開かれたイベントで開発を表明していたもので(関連記事),当時は開発コードネーム「Arken」と呼ばれていた。オリジナルの3DMarkに含まれるテスト「Ice Storm」は,2014年に登場したハイエンドのモバイルデバイスにとって負荷が低すぎたため,より高い処理能力を要するOpenGL ES 3.1/3.0対応テストとして,開発を進められていたものだ。

単独のアプリだった頃のSling Shot
画像集#008のサムネイル/Android版「3DMark」がメジャーアップデート。OpenGL ES 3.1/3.0対応の新テスト「Sling Shot」が加わる
 発表当時のArkenは,PC版に含まれるテストシークエンス「Sky Diver」をベースにしたものになるとされていたが,2015年になって公開された,3DMark本体とは別のOpenGL ES 3.1/3.0対応ベンチマークアプリケーション「3DMark Sling Shot Benchmark」(※現在は公開されていない)は,PC版のテスト「Cloud Gate」をベースにしたものになっていた。
 つまり,Android版3DMarkで今回追加されたSling Shotは,Cloud Gateをベースに独立して開発されていたものが,正式版となってAndroid版3DMark本体に統合されたものというわけだ。

 Cloud Gateで追加されたテスト項目は,OpenGL ES 3.1ベースの「Sling Shot using ES 3.1」と,OpenGL ES 3.0ベースの「Sling Shot using ES 3.0」,および,これらをベースに解像度や,解像度に応じた画面のスケーリングといった影響を排除したオフスクリーンテスト「Sling Shot Unlimited using ES 3.1」「Sling Shot Unlimited using ES 3.0」の4種類となっている。

Sling Shotでは,OpenGL ES 3.1対応のテストが2種類と,OpenGL ES 3.0対応のテストが2種類という,計4種類のテスト項目が用意されている
画像集#003のサムネイル/Android版「3DMark」がメジャーアップデート。OpenGL ES 3.1/3.0対応の新テスト「Sling Shot」が加わる 画像集#004のサムネイル/Android版「3DMark」がメジャーアップデート。OpenGL ES 3.1/3.0対応の新テスト「Sling Shot」が加わる

 いずれもかなり負荷の高いテストなので,現行製品では最高クラスの3Dグラフィックス性能を誇るNVIDIA製SoC(System-on-a-Chip)である「Tegra K1」を搭載するAndroidタブレット「Nexus 9」」を持ってしても,テスト映像のフレームレートはかなり低いという状況だ。なので,今後登場するであろうハイエンドSoC搭載製品の性能を測るのに役立ちそうである。

上から順に,Sling Shot using ES 3.1のGraphics test 1とGraphics test 2,およびPhysics testの画面。表示負荷はかなり高く,テストを実行したNexus 9でも総合スコアは2000台後半がせいぜいだった
画像集#005のサムネイル/Android版「3DMark」がメジャーアップデート。OpenGL ES 3.1/3.0対応の新テスト「Sling Shot」が加わる
画像集#006のサムネイル/Android版「3DMark」がメジャーアップデート。OpenGL ES 3.1/3.0対応の新テスト「Sling Shot」が加わる
画像集#007のサムネイル/Android版「3DMark」がメジャーアップデート。OpenGL ES 3.1/3.0対応の新テスト「Sling Shot」が加わる

 なお,Sling Shotに対応した3DMarkのiOS版も開発は進められており,こちらは近日公開の予定とのことだった。

Futuremarkによる当該プレスリリース(英語)

「3DMark」ダウンロードページ


  • 関連タイトル:

    3DMark

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
74
BLESS UNLEASHED (PC)
67
67
DEKARON (PC)
55
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年03月〜2021年09月