お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
2024年第1四半期に登場する「3DMark」の新テスト「Steel Nomad」は,3DMark無料版でも実行可能に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/12/20 14:19

ニュース

2024年第1四半期に登場する「3DMark」の新テスト「Steel Nomad」は,3DMark無料版でも実行可能に

 欧州時間2023年12月19日,UL Solutionsのベンチマーク部門であるUL Benchmark(旧称 Futuremark)は,3Dグラフィックスベンチマークソフト「3DMark」の新マルチプラットフォームテスト「Steel Nomad」を,3DMarkの有料版(Advanced Edition,Professional Edition,Steam Edition)だけでなく,無料版のBasic Editionにも提供すると発表した。Steel Nomadは,2024年第1四半期にリリースとなる予定だ。

Steel Nomadのイメージビジュアル。スター・ウォーズのアニメシリーズ「クローン・ウォーズ」に登場する凄腕の賞金稼ぎ「エンボ」を思わせる人物が主人公のようだ
画像集 No.002のサムネイル画像 / 2024年第1四半期に登場する「3DMark」の新テスト「Steel Nomad」は,3DMark無料版でも実行可能に

 Steel Nomadは,既存のDirectX 12テストである「Time Spy」を置き換えるものとなる。UL Benchmarkによると,2016年に登場したTime Spyは,すでに最新のハイエンドハードウェアの性能を計測するには限界に到達しているとのこと。そうした最新の環境でも適切な性能計測が可能なテストとして,Steel Nomadを開発しているそうだ。
 ただ,DirectX 12テストとしてはTime Spyのほかにも,DirectX 12 Ultimateを利用する「Speed Way」が存在する。ただ,Speed Wayは3DMarkの有料版でしか実行できないプレミアムなテストで,リアルタイムレイトレーシングを使用する非常に負荷の高いテストだ。それに対してSteel Nomadは,無料版でも実行でき,リアルタイムレイトレーシングも使用していないのが大きな違いである。

画像集 No.003のサムネイル画像 / 2024年第1四半期に登場する「3DMark」の新テスト「Steel Nomad」は,3DMark無料版でも実行可能に

 Steel Nomadには,単体GPUを搭載するWindows PCやLinux,Macを対象とするSteel Nomad“無印”と,CPU組み込みの統合型グラフィックス機能(内蔵GPU)や,Arm版Windows,Apple Silicon搭載Mac,iOSやAndroidといった携帯端末を対象とする「Steel Nomad Light」の2種類が存在するという。
 4Gamerの場合,PC用グラフィックスカードやゲーマー向けPCの性能計測には,Steel Nomad“無印”を,iPhoneやAndroid端末の性能計測にはSteel Nomad Lightを使うことになりそうだ。なお,Steel Nomad Lightは,無印よりも遅れて2024年後半に登場する予定となっている。

画像集 No.005のサムネイル画像 / 2024年第1四半期に登場する「3DMark」の新テスト「Steel Nomad」は,3DMark無料版でも実行可能に
画像集 No.004のサムネイル画像 / 2024年第1四半期に登場する「3DMark」の新テスト「Steel Nomad」は,3DMark無料版でも実行可能に

4Gamerの3DMark紹介記事

3DMark公式Webページ

  • 関連タイトル:

    3DMark

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日