オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2011]iPhone/Android向け新作「拡散性ミリオンアーサー」「DEMONS’SCORE」の情報も飛び出した,スクエニのスマートフォン関連発表会レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/09/15 22:34

イベント

[TGS 2011]iPhone/Android向け新作「拡散性ミリオンアーサー」「DEMONS’SCORE」の情報も飛び出した,スクエニのスマートフォン関連発表会レポート

 スクウェア・エニックスは,本日(2011年9月15日)開幕した東京ゲームショウ2011の会場で,「スマートフォン&ソーシャルコンテンツ発表会」を開催した。モバイル事業における同社の今後の展開や,Android端末向けマーケット「SQUARE ENIX MARKET」の開設,そしてiPhone/Android向け新作ゲームなどが明かされた,発表会の模様をレポートしよう。


モバイル事業の軸足を,携帯電話からスマートフォンへ


 最初に登壇したスクウェア・エニックスの専務執行役員 原口洋一氏は,同社のスマートフォンビジネスの現状を説明。App Storeで配信されている同社製コンテンツのダウンロード数が,計300万回を突破したことを明らかにした。

拡散性ミリオンアーサー

 次に原口氏は,Android端末に対する取り組みについて説明した。同社は現在,GoogleのAndroidマーケットで1タイトルのみ配信しているが,原口氏はその理由を「日本のマーケットを優先するため」「セキュリティを重視するため」だったと述べた。
 しかし原口氏は,今冬,SQUARE ENIX MARKETという,Android端末向けのマーケットを満を持して開設し,力を注いでいくことを明らかにした。



 SQUARE ENIX MARKETは,NTTドコモ,KDDI,ソフトバンクの3キャリアに対応。同社はこのマーケットを通じ,ドラゴンクエストシリーズ初となるスマートフォン向けタイトル,「ドラゴンクエストモンスターズ WANTED!」や,名作「クロノ・トリガー」などを,順次提供していく予定だ。
 また原口氏は,Androidマーケットにも積極的にコンテンツを提供し,世界中に展開していきたいと述べていた。

 SQUARE ENIX MARKETでのゲーム配信は近日中にスタートする予定で,それ以降,毎月数本ずつリリースしていく計画とのこと。
 なお,2011年度は携帯電話(フィーチャーフォン)向けのゲーム配信も行うものの,今後はスマートフォン向けゲームの提供に注力していくそうだ。
 現在,SQUARE ENIX MARKETでの配信が予定されているAndroid用ゲームは,以下のとおり。

ドラゴンクエストモンスターズ WANTED!
ファイナルファンタジーレジェンズ 光と闇の戦士

拡散性ミリオンアーサー 拡散性ミリオンアーサー

クロノ・トリガー
いただきストリート Smartphone(仮)

拡散性ミリオンアーサー 拡散性ミリオンアーサー

ケイオスリングス
ケイオスリングス オメガ

拡散性ミリオンアーサー 拡散性ミリオンアーサー

DEMONS’SCORE
拡散性ミリオンアーサー

※画面写真は,すべて開発中のものです
拡散性ミリオンアーサー 拡散性ミリオンアーサー


 次に原口氏は,人気RPG「サガ」シリーズの最新作となる「エンペラーズ サガ」を,携帯電話向けSNS「GREE」で2011年秋から提供すると発表した。


 本作は,Flash Lite 1.1に対応する,NTTドコモ,KDDI,ソフトバンクの携帯電話でプレイできるソーシャルゲーム。一国の皇帝となって親衛隊を率い,世界各地でクエストをこなしたり,バトルを繰り広げたりしていくという内容だ。
 GREEで本日から事前登録受付が行われているので,サガシリーズファンならば,申し込みを済ませておくといいかもしれない。

拡散性ミリオンアーサー
 原口氏は最後に,今後の戦略として,モバイル事業の軸足を携帯電話からスマートフォンに移すこと,基本プレイ無料(アイテム課金)のアプリの比率を上げること,世界に向けた展開を進めていくことを挙げ,プレゼンテーションを締めくくった。


「ファイナルファンタジーレジェンズ 光と闇の戦士」のiPhone/Android版を2012年に。Unreal Engine 3.0採用ゲームも


 次にステージに上がったのは,スクウェア・エニックスのモバイル事業部でプロデューサーを務める時田貴司氏
 まず時田氏は,携帯電話向けに展開してきた“シナリオ配信型RPG”「ファイナルファンタジーレジェンズ 光と闇の戦士」のダウンロード数が,有料ながら100万回を突破したと述べた。
 続いて時田氏は,同作をiPhone/Android版として2012年に配信すると述べ,「パッケージソフトでも100万本以上売り上げるタイトルはなかなかありません。ダウンロード型ゲームでこれだけの記録を打ち立てられたのは,長期にわたって楽しんでもらっているからではないでしょうか」と語っていた。

拡散性ミリオンアーサー 拡散性ミリオンアーサー


 また時田氏は,現在,コンシューマ機向けの作品に匹敵するほどのスマートフォン用ゲームを開発しているとのことで,その中の一つとして「DEMONS’SCORE」iPhone/Android)を紹介した。
 本作は,Unreal Engine 3.0を用いて開発中のiPhone/Android用ゲームで,2012年に配信される予定。公開されたスクリーンショットを見る限り,グラフィックスクオリティは高そうだ。新情報の公開を楽しみにしよう。

拡散性ミリオンアーサー


「スマートフォンは電話機ではなく,ゲーム機だ」(安藤武博プロデューサー)


 最後に,同じくモバイル事業部のプロデューサーである安藤武博氏が登壇した。
 4Gamer読者なら知っている人も多いと思うが,安藤氏はこれまで,iPhone/iPod touch,iPadに対して積極的に取り組んできた。安藤氏は,2010年に配信したRPG「ケイオスリングス」の成功により,それまでの取り組みが結実したと振り返る。同作は,日本だけでなく世界各地でヒットを飛ばし,15か国のApp Storeで売り上げトップを記録するなど,大きな成果を上げたからだ。

 安藤氏は次に,「ケイオスリングス オメガ」について触れた。この作品は,ゲームのリリース後,豪華声優陣による400MB近いボイスデータが追加されたことで話題を集めた。そのキャラクターボイスはプレイヤーに好評で,さらにアップデート以降,売り上げが伸びたのだそうだ。
 また安藤氏は,2011年11月から,コミック誌「ヤングガンガン」でケイオスリングスを題材とする漫画の連載がスタートすることを明らかにし,「スマートフォン向けゲームを原作とする漫画の連載は本邦初ではないでしょうか」と述べた。

 安藤氏は,ケイオスリングスの開発と販売を通じ,「スマートフォンは電話機ではなく,ゲーム機だ」ということを確認したと語る。
 ケイオスリングスは「PlayStation 2+αぐらいの内容」(安藤氏)で,また,PSPでリリースされた「FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争」も,iPhone/iPod touch向けに移植され,現在販売中だ。
 安藤氏は,「PSP用のゲームもiPhoneに十分移植できます。スマートフォンでも,面白いものがしっかり作れることは確かです」と述べていた。

 ところで安藤氏によれば,現在,App Storeで提供されているアプリの65%には,基本プレイ無料でアイテム課金というビジネスモデルが採用されているとのこと。
 安藤氏は,「Free-to-Playやマイクロトランザクションの流れには対応しなければならない」と述べつつ,ケイオスリングスでは,「きちんと中身を作り,売り切り型アプリとしてしっかりお金をいただく」ことを大事にしたという。ケイオスリングスは,他社製アプリと比べて高めの価格で販売されているものの,売り上げ面で成果を上げているとのことだ。
 安藤氏は,売り切り型のアプリで新たな道を切り開けたと自負していると述べていた。

 ちなみに,安藤氏はAppleのスタッフから,「売り切り型で,かつある程度の価格に設定されたアプリを販売し,売り上げを上げているパブリッシャは,世界でもスクウェア・エニックスぐらいです」と言われたことがあるという。

 安藤氏は現在,新作「ケイオスリングス2」の開発に取り組んでおり,ビジネスモデルについて「当然,売り切り型アプリとしての販売に挑戦します」と述べた。
 また安藤氏は,現在開発中のAndroid版「ケイオスリングス」で,一部Android端末に用意されている3D立体視機能への対応を進めているという。iPhoneだけでなく,Android端末向けの開発にも力を注いでいるそうだ。



安藤氏が手がける完全新作「拡散性ミリオンアーサー」


 安藤氏のチームは現在,iPhone/Android向けの完全新作となる「拡散性ミリオンアーサー」の開発に取り組んでいる。
 「100万人のアーサー王の物語を描くカードバトルRPG」と銘打たれた本作の開発には,著名なイラストレーターが多数参加。また,人気ライトノベル「とある魔術の禁書目録」の鎌池和馬氏がシナリオ,「ヒャダイン」こと前山田健一氏が音楽,そしてJ.C.STAFFがアニメーションを手がけるという,豪華な布陣となっている。



 ここから安藤氏は,コンシューマゲームとソーシャルゲームの融合へとテーマを移した。
 安藤氏によれば,現在のゲーム市場ではミリオンヒットは出しづらいものの,GREEやMobageの存在により,その可能性が再び高まりつつあるという。安藤氏は,これまでのゲームと,GREEやMobageでサービスされているタイトルは厳密にいえば質の異なるものだが,遊ぶ人から見ると,プラットフォームがゲーム機であれ,携帯電話であれ,ゲームには違いないと指摘。スマートフォン向けのゲームを作るにあたり,「とにかく面白い作品を作る」ということを大事にしているそうだ。

 また,これまでは,コンシューマからモバイル向けに移植したり,リメイクしたりするという流れがあった。しかし,ケイオスリングスや拡散性ミリオンアーサーはスマートフォン向けに誕生したオリジナルIPであり,今後,モバイルからコンシューマに向かうという流れができる可能性があるという。
 これまで,コンシューマゲームの名作を多数手がけてきた時田氏が,スマートフォン向けゲームの開発に参加することは,こういった流れの変化を象徴する“事件”だと安藤氏は語る。

 安藤氏は今後,スマートフォン向けにゲームを作るうえで,コンシューマゲームとソーシャルゲームの良い部分を取り入れたコンテンツを作れるように模索していくと述べていた。

 最後に安藤氏は,「スマートフォンはゲーム機であり,スマートフォン向けの作品が新たな遊びを生み出すことを確信しています。過去のIPを用いた作品と,新作という二つの軸で作っていきますので,これからのスクウェア・エニックスのスマートフォン向けタイトルに期待してください」と述べ,発表会を締めくくった。
  • 関連タイトル:

    拡散性ミリオンアーサー

  • 関連タイトル:

    拡散性ミリオンアーサー

  • 関連タイトル:

    DEMONS’ SCORE

  • 関連タイトル:

    DEMONS’ SCORE

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月27日〜01月28日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月