オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
LOLLIPOP CHAINSAW公式サイトへ
読者の評価
61
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
66
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
須田剛一氏のトークショウでは,「LOLLIPOP CHAINSAW」の国内初デモプレイも。海外発の良質タイトルを一挙にプレイできた「World Game Project Fes Vol.2」レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/03/21 01:30

イベント

須田剛一氏のトークショウでは,「LOLLIPOP CHAINSAW」の国内初デモプレイも。海外発の良質タイトルを一挙にプレイできた「World Game Project Fes Vol.2」レポート

会場となったShibuya PLUG
LOLLIPOP CHAINSAW
 2012年3月20日,ソニー・コンピュータエンタテインメントは,都内にあるShibuya PLUGにて,「World Game Project Fes Vol.2」を開催した。これは,海外発の良質なゲームを国内のユーザーに紹介することを主な目的としたイベントだ。昨年7月に東京・秋葉原にて第1回が行われ,海外ゲーム4タイトルをプレイアブル出展,2回目となる今回は,全11タイトルをプレイアブル出展と,大きくパワーアップされていた。
 会場内のステージでは,グラスホッパー・マニファクチュアのCEO 須田剛一氏によるトークイベントや,出展タイトルの1つである「PixelJunk 4am」を使用したライブパフォーマンスも行われた。本稿では,須田氏のトークショウを中心に,イベント全体の模様をレポートしていこう。

出展タイトル

PlayStation 3
  • SSX (エレクトロニック・アーツ)
  • ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング (ワーナーエンターテイメントジャパン)
  • 風ノ旅ビト (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
  • STARHAWK (ソニー・コンピュータエンタテインメント)
  • Dragon Age II (スパイク)
  • BIOHAZARD Operation Raccoon City (カプコン)
  • FIFA ストリート (エレクトロニック・アーツ)
  • PixelJunk 4am(キュー・ゲームス)

PlayStation Vita


須田氏は「風ノ旅ビト」のほかに,「バーンアウト・パラダイス」もお気に入りの1本に挙げていた
 須田氏のトークショウは,氏が現在最も気になっているというゲームタイトル「風ノ旅ビト」(PS3)についての話題からスタート。同作をプレイした感想について須田氏は,「まるでドキュメントを見ているかのような感覚だった」と,クリアした感想を述べた。また同氏曰く,グラスホッパー・マニファクチュアは「やんちゃな作品が多い」ため,いつかはこのようなオシャレな雰囲気の作品も手がけたいと話していた。

 「海外クリエイターから受けた影響は?」という質問に対して須田氏は,クリフィB氏やBiowareのDr Ray氏といった海外クリエイターとのコミュニケーションは非常に勉強になることが多く,作品作りの参考になるとコメント。また,パブリッシャは海外/国内問わず会社ごとのカラーが大きいため,ゲーム作りにおいて,「国内」「海外」間の明確な違いはないのではと,自身の考えを披露していた。

LOLLIPOP CHAINSAW

 続いて,6月14日に発売されるPlayStation 3/Xbox 360用アクション「LOLLIPOP CHAINSAW」PS3 / Xbox 360)についてのトークへ。同作はゾンビを相手に戦うゲームなのだが,須田氏曰く,ホラー要素はないとのこと。むしろ,ゾンビを攻撃をするたびにハートマークや虹のエフェクトが画面を彩る,明るくポップなイメージが強いとアピールした。
 ここで,同作のディレクターが登場して,デモプレイを披露。

 デモでは,チェーンソーをバイク代わりに使って移動するアクションや,ゾンビになってしまった学校の先生とのバトル,生存者を救出するシーンなどが次々に公開された。このほか,主人公ジュリエットが,彼氏のニックに,自分はゾンビハンターだと告げるストーリーの導入部分なども紹介された。
 なお須田氏によると,同作のBGMには,海外の有名アーティストの楽曲が多く使われているという。20曲以上が収録されており,「皆さんが聞いたことあるような曲も入っています」(須田氏)とのこと。

海外発のタイトルをフィーチャーしたイベントということもあり,デモプレイでは海外版が使用された
LOLLIPOP CHAINSAW
LOLLIPOP CHAINSAWのデモプレイが披露されるのは,国内では初めてのこと
LOLLIPOP CHAINSAW LOLLIPOP CHAINSAW
LOLLIPOP CHAINSAW LOLLIPOP CHAINSAW

 デモプレイ終了後は,LOLLIPOP CHAINSAWの国内版PVと海外版PVをそれぞれ上映。そして最後に須田氏が,「本作を遊ぶ前にはポップコーン,コーラを用意して,夕飯はピザ,朝は朝マックなど,ジャンクフードを食べながら遊んでください。それらが似合うゲームになっていますので。あと1人じゃなく,ご家族,友達,恋人など,みんなでプレイしてほしいですね!」とコメントしてトークショウを締めくくった。


リアルタイム性を追求した「PixelJunk 4am」


*デモを行うBaiyon氏
「PixelJunk TM 4am」のディレクターを勤める富永彰一氏
 イベントでは,キュー・ゲームスから2012年春に発売されるPlayStation 3用ダウンロード専売ソフト「PixelJunk 4am」のDJライブも行われた。ここでは,制作に参加したBaiyon氏がステージに立ち,モーションコントローラを使ったさまざまなプレイを披露した。

 また,本作の制作を手がけたキュー・ゲームスのディレクター 富永彰一氏も登場。同氏は,「ライブ経験のない人でも,ライブで通用するパフォーマンスができる」「モーションコントローラの限界をかなり引き出している」と,本作のウリをアピール。そして,制作過程で一番大切にしたという「ライブのリアルタイム性」についても言及していた。


 今回で2回目を迎えるWorld Game Project Fes。最近では,海外発のゲームも国内でだいぶ存在感が出てきたものの,いま一つ盛り上がりに欠ける印象は拭えないのが正直なところだろう。
 本イベントは,海外発のタイトルにスポットを当てるという,日本国内ではなかなか見られないタイプのものだけに,非常に意義深い存在だと言える。ぜひとも3回,4回と継続して,「海外発のゲーム」を,よりスタンダードなジャンルに押し上げていってほしいと思う。

STARHAWK
LOLLIPOP CHAINSAW

PixelJunk 4am
LOLLIPOP CHAINSAW

LOLLIPOP CHAINSAW
Dragon Age II
LOLLIPOP CHAINSAW
BIOHAZARD Operation Raccoon City
LOLLIPOP CHAINSAW
FIFA ワールドクラスサッカー
LOLLIPOP CHAINSAW
風ノ旅ビト
LOLLIPOP CHAINSAW
ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング
LOLLIPOP CHAINSAW
SSX

LOLLIPOP CHAINSAW
PS Vita用ソフト「レイマン オリジン」「ルミネス エレクトロニック シンフォニー」「FIFA ワールドクラスサッカー」の試遊スペースも
LOLLIPOP CHAINSAW LOLLIPOP CHAINSAW

アンケートに答えた人には,ドリンクが無料サービス
LOLLIPOP CHAINSAW LOLLIPOP CHAINSAW
  • 関連タイトル:

    LOLLIPOP CHAINSAW

  • 関連タイトル:

    LOLLIPOP CHAINSAW

  • 関連タイトル:

    風ノ旅ビト

  • 関連タイトル:

    PixelJunk 4am

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日