オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
The Elder Scrolls V: Skyrim公式サイトへ
読者の評価
98
投稿数:58
レビューを投稿する
海外での評価
94
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
オブリビオンの続編「The Elder Scrolls V: Skyrim」が発表に。“エルダー・スクロール”シリーズ最新作は2011年11月11日発売予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/12/13 11:27

ニュース

オブリビオンの続編「The Elder Scrolls V: Skyrim」が発表に。“エルダー・スクロール”シリーズ最新作は2011年11月11日発売予定

画像集#001のサムネイル/オブリビオンの続編「The Elder Scrolls V: Skyrim」が発表に。“エルダー・スクロール”シリーズ最新作は2011年11月11日発売予定

 Bethesda Softworksが,同社の看板タイトルとも言えるオープンワールド型RPGの最新作「The Elder Scrolls V: Skyrim」の制作を発表した。先週11日にアメリカのケーブルネットワーク“Spike TV”において開催されたSpike Video Game Awardsの中で,Bethesdaの開発を率いるピート・ハインズ(Pete Hines)氏が,そのティザームービーを紹介したのだ。発売は2011年11月11日を予定しているという。

「The Elder Scrolls V: Skyrim」公式サイト


 現在のところは,The Elder Scrollsの公式サイトにも,このティザームービーが紹介されているのみで,ゲームに関する詳細はまったく公開されていない。とりあえず,このムービーのセリフ部分の日本語訳を以下に掲載しておこう。名称が聞き取れない部分は,本シリーズの古語か,人名であると思われるが,BGMも大きくて,ドラゴンボーン(Dragonborn)という最後のセリフで,辛うじて人物もしくは役職名であることは理解できる。


お前は逃げたんじゃなかったのか? やつらはもう,あたりに来ているぞ。
エルダー・スクロールも,やつらの再来を予言している。
敗北はちょっとした延期でしかなかったのだ。

オブリビオンの扉が開いた後に,やつらはもう戻ってきていたのだ。
スカイリムの男達が,自分達の血を流し合っているときにだ。

誰も信じたがってはいなかった。
誰も,やつらが存在するなんて信じていなかったんだ。
そして,真実が明らかになったのは,すでに火に包まれた後だったのだ。

しかし,やつらが恐れるたった1人の男がいる……。
――ドラゴンボーンの(名称聞き取れず)だ。



 スカイリムと言えば,日本ではあまり知られていない「The Elder Scrolls: Arena」にも登場し,「The Elder Scrolls IV: Oblivion」でも訪れることができた,タムリエル大陸の北にある地域だ。雪に覆われた山岳地帯だが,鉱山経営などで経済は潤っており,屈強な人間種族“ノルド”のふるさととされている。
 この北国で,いったいどんなアドベンチャーが待ち構えているのか。発売は,約1年後のことになるが,その新情報を待ちたいところである。

画像集#002のサムネイル/オブリビオンの続編「The Elder Scrolls V: Skyrim」が発表に。“エルダー・スクロール”シリーズ最新作は2011年11月11日発売予定
画像集#003のサムネイル/オブリビオンの続編「The Elder Scrolls V: Skyrim」が発表に。“エルダー・スクロール”シリーズ最新作は2011年11月11日発売予定

「The Elder Scrolls」シリーズ公式サイト


  • 関連タイトル:

    The Elder Scrolls V: Skyrim

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/11/12)
The Elder Scrolls V : Skyrim
Software
発売日:2012/01/26
価格:6091円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月08日〜05月09日