オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Naughty Bear
レビューを書く
海外での評価
40
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
パッと見キッズ向け,実はダークな表現が満載のアクションADV「Naughty Bear」の最新スクリーンショットが公開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/06/28 19:24

ニュース

パッと見キッズ向け,実はダークな表現が満載のアクションADV「Naughty Bear」の最新スクリーンショットが公開に

 北米地域で6月29日に発売予定となっている(欧州地域では発売済み),505 Gamesの新作アクションアドベンチャー「Naughty Bear」PlayStation 3/Xbox 360)の最新スクリーンショットが公開された。
 クマのぬいぐるみ達が暮らす平和な島を舞台とする本作は,パッと見はキッズ向けという感じだが,実は暴力的な表現が満載で,“低年齢層お断り”の作品に仕上がっている。

Naughty Bear


 主人公の“Naughty Bear”は,ほかのぬいぐるみとろくに話をしないどころか,話しかけられても威嚇してばかり。そんな彼は,とあるぬいぐるみのお誕生日会には招待してもらえなかった。
 そこで,プレゼントを手作りし,お誕生日会に飛び入り参加したものの,プレゼントの出来がろくでもないと笑い者にされてしまう。怒りが収まらない彼は,自分を笑った者達への“復讐”を果たすべく,彼らを一匹ずつおびき出して処刑していく(!)ことにしたのだ。

Naughty Bear
Naughty Bear


 ぬいぐるみを始末する方法が過激なほど,より高い“Naughty Point”が獲得できる。それによって,さまざまなアチーブメントやトロフィーがアンロックされていく。
 またマルチプレイも可能で,チームデスマッチや協力プレイなど,4種類のゲームモードが用意されている。シングルプレイを進めていくことで,マルチプレイで使用するキャラクターに装着できる衣装/アクセサリーが入手可能だ。

 流血表現はないものの,傷つき,逃げ惑うぬいぐるみを背後から銃撃したり,トイレの便器に頭を押し付けて窒息させたりするシーンもあり,本作はアメリカにおいて,13歳以上のみを対象とする“Tレーティング”に指定されている。

Naughty Bear


 なお,本作を手がけたカナダのArtificial Mind and Movement(A2M)は,最近では,Bethesda Softworksから2009年に発売された「WET」(PS3)などを開発したデベロッパだ。
 大ヒットするほどではない気がするが,PostalシリーズやManhuntシリーズに通じる暴力性を備えており,この手のゲームが好きな人には十分アピールするのではないだろうか。

Naughty Bear Naughty Bear
Naughty Bear Naughty Bear
  • 関連タイトル:

    Naughty Bear

  • 関連タイトル:

    Naughty Bear

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月23日〜02月24日