オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Fallout: New Vegas公式サイトへ
読者の評価
83
投稿数:6
レビューを投稿する
海外での評価
82
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
次はラスベガスで会おう。ゼニマックス・アジア,待望の続編「Fallout: New Vegas」を2010年秋にリリース
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/04/22 13:25

ニュース

次はラスベガスで会おう。ゼニマックス・アジア,待望の続編「Fallout: New Vegas」を2010年秋にリリース


 2008年にリリースされたRPG,「Fallout 3」PC/PlayStation 3/Xbox 360)は,核戦争後の荒廃したワシントンD.C.を舞台に,生き残りをかけた主人公が,ミュータントや敵対する勢力を相手に過酷な戦いを繰り広げるという物語。シリアスな設定とドライなユーモア,そして自由度の高いゲームシステムがメディアやプレイヤーから高い評価を獲得し,PlayStation 3/Xbox 360向けに日本語版も発売されている。
 その後,「Operation: Anchorage」「The Pitt」など,5種類の追加コンテンツが発表されるという息の長いタイトルになったが,ついに待望の続編がアナウンスされた。


 ゼニマックス・アジアが発売を予定している「Fallout: New Vegas」は,Fallout 3と同じ時代設定を基本にしつつ,タイトルどおり“虚栄の街”ラスベガスを中心としたアメリカ南西部にゲームの舞台を移すのだ。対応機種はPlayStation 3Xbox 360で,発売時期は2010年秋が予定されている。CEROレーティングおよび価格などは未定。

 開発を担当するのは,前作Fallout 3のBethesda Softworksではなく,「Alpha Protocol」などを制作したカリフォルニアのデベロッパ,Obsidian Entertainmentだが,ゲームシステムには大きな変更はなく,相変わらず,正義のために生きるのもあり,悪の道を極めるのもありという自由度の高い冒険が楽しめるようだ。

 物語は,ある重要な「何か」を運んでいた主人公が謎の集団に頭を撃ち抜かれ,その何かを奪われてしまう,というまたショッキングなオープニング。頭を撃ち抜かれて大丈夫なのかと思うが,一命を取りとめた彼(もしくは彼女)は,やがてラスベガスの廃墟に作られた都市,New Vegasをめぐる派閥争いに巻き込まれていくことになる。


 Falloutと物語上のつながりはなく,またアメリカ南西部は核戦争の被害から逃れたという設定なので,主人公はシェルター出身ではない。とはいえ,凶悪なミュータントはさらにパワーアップしている様子で,さらに,「Fallout」(1997年)に登場したクリーチャーが再登場するファンサービスもあるというから楽しみだ。
 キャラクター成長システムである「S.P.E.C.I.A.L.」や,戦闘中,自由にポーズをかけて戦略を練られるという「V.A.T.S.」などのシステムは前作同様だが,新たなユーザーインタフェースとして,メニューが放射状になった「Vault-Tec's new Companion Wheel」が採用され,スピーディなアクションの選択が可能になっている。

※掲載したスクリーンショットは,すべてFallout 3のものです

 このFallout: New Vegasのほか,近未来FPS「BRINK」PlayStation 3/Xbox 360),そしてファンタジーアクション「Hunted: The Demon’s Forge」PlayStation 3/Xbox 360)の発売を控えたゼニマックス・アジアには要注目だ。また,Fallout 3のゲーム内容については,2008年12月から8回にわたって掲載した週刊連載「荒野に咲いた一輪の花」に詳しいので,連載のタイトルはちょっと妙だが,こちらも参考にしてほしい。
  • 関連タイトル:

    Fallout: New Vegas

  • 関連タイトル:

    Fallout: New Vegas

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月15日〜12月16日